かげろう(カードファイト!! ヴァンガード)単語

カゲロウ

かげろうとは、カードファイト!! ヴァンガードに登場するクラン(組織)の1つである。

概要

ドラゴンエンパイア所属の陸上強襲部隊。(爆撃部隊・航空部隊とも)
手持ちの武器などで武装したドラゴンを中核に、人(フレイムドラゴン)、人間竜騎士などで構成される、「炎」をイメージさせるクラン

相手ユニットの除去やヴァンガードの連続攻撃を得意とする、万という名の攻撃クラン
前列・後列を問わず相手ユニットを退却させることができ、相手の布を崩すことに長ける。長く居座ることで強な効果を発揮できるリアガードは多く、かげろうの場合それの処理が容易なため、理想の布を敷けてもそれを即座に覆すことができる。
かつ、ヴァンガードの攻撃性が高い傾向にあるため、ガタガタになった布に強な一撃を叩き込みゲームエンド、が理想の動きである。
ただし、直接的にカード枚数に差をつける効果が多いためか、カウンターコストの使用頻度が高いため、コスト管理に注意する必要がある。

各期におけるかげろう

1期

初期から登場。トライアルデッキ帝国の暴」が初期から存在。全ての通常パックに収録され、強化され続けてきた。
初期の頃からドラゴニック・オーバーロードパワー11000が有視され、第5弾「双剣覚醒」ではそのクロスライドユニットドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンドが登場。これにより覇権が決定的となった。
アニメではメインキャラクター櫂トシキを代表として、非常に多くのキャラクターがこのクランを使用していた。

2期

1期で強化されすぎた反動か、アニメ櫂トシキの使用クランとしても新たなクランなるかみ」に席を譲り、通常パックには一切収録されなかった。
エクストラブースター鋼の戦騎」にて辛うじて収録された程度。

3期

通常ブースターの収録が第11弾「封解放」にて復活。同時に、新たな名称「封」を手に入れる。
ドラゴニック・オーバーロードヴァンガード初の同名別効果リメイクとして登場、かげろうのみを収録したエクストラブースター「創世の竜神」にて通常使用可な初のグレード4 ドラゴニック・ヌーベルバーグ》が登場するなど、2期の不遇を覆すかのような優遇を受けている。
なお、あまりに高すぎた利便性を危惧されファーストヴァンガードリザードソルジャー コンロー》ファーストヴァンガードとして使用できない裁定を下され、2015年7月現在まで解除されていない。

4期

17弾「煉焔舞」とムービーパック「ネオンメサイア」にて収録。
アニメ櫂トシキ三和タイシが再び使用したためか、強双闘ユニットが多数登場。
列を参照した効果の多い「煉」名称もこのタイミングで登場。

5期

G1弾「時越」とG3弾「覇竜星」にて登場。
炎帝龍王 ルートフレアドラゴン神竜騎士 ムスタファーと使いやすいGユニットが登場したが、リバイバル双闘ドラゴニック・オーバーロード “The X”》と名称定のGユニット《覇天皇 ドラゴニック・オーバーロード “The Ace”》話題を持って行かれているのが現状か。
双闘軸の台頭を危惧され、双闘サポートとして活躍できる《カラミティタワーワイバーンが投入2枚制限をかけられている。

6期

ブースターパックG7弾「勇爛」、そしてアニメヴァンガードG」に櫂が復帰したことと絡めて登場したレジェンドデッキ「The Overlord blazeToshiki Kai”」にて収録。
オーバーロード」の再びの強化が玉になっているが、新たなキーワード炎(ブレイズ)」を中心としたカードも収録されており、特に《覇天皇 ドラゴニックブレードマスター“戴”》オーバーロード依存しない切り札として申し分ない性を誇っている。
また、Gガーディアン《炎 ディナイアルグリフォンにより、相手ターンに相手ユニットを退却させることでアタックを不成立にできるようになり、リアガード利用戦術にはめっぽう強い。

7期

やや間がき、G11弾「神降臨」にて収録。
相手のサークル依存するが純に高いガード値を発揮できるGガーディアン神龍騎士 アブサラーム》や、相手のリアガードが少ないほど消費を抑えられるVスタンドが可Gユニット《炎熱機 ズィーゲンブルク》など、本弾のカード「退却できるリアガードが居ない時に実利を得られるカードが多く収録されている。これにより、自分ターン中の相手リアガード退却がほぼ通用しなかったグランブルー等に回答を得ることができるようになった。
また、「封」も強化を受け、より的確に相手の動きを拘束できるようになる。

8期

G13弾「究極越」にて収録。今弾の収録カードの多くは「オーバーロード」名称の強化に終始しており、「神降臨」の頃から始まっていたカードパワーインフレの波を受け、オーバーロードが大きく成長することとなる。
呪縛への解答に加え抵抗視退却を持つドラゴニック・オーバーロード “The Destiny”》問答用でダメージを詰める《覇天皇 ドラゴニック・オーバーロード “The Purge”》など、デッキパワーがぐっと上昇。
おまけに相性のいい切り札獄炎ゼロスドラゴン ドラクマまで十分使用可デッキであり、あまりに恵まれたパワーから登場当初から環境トップリンクジョーカーと争うこととなり、世界大会でオーバーロードデッキが優勝を果たす。世界決勝の相手が刀剣乱舞だったことはかなり驚かれたが

デッキの基本軸

オーバーロード

1期から存在する由緒正しい名称。アニメにおいてThis is THE 櫂トシキ称号を賜るほどに彼の徴となっている。
数多くのを束ねる指揮官ドラゴニック・オーバーロードを中心とした名称。その人気たるや、ブレイクライド、双闘Gユニットの全ての要素を所持し、「Я」ユニットすら掟破りのクラン内2枚で登場するほど。
特徴として、大半のユニットが「ヴァンガードスタンドする」を何かしらの形で備えているのが特徴。
リメイクドラゴニック・オーバーロードブレイクライド時に与えるスキルとして所持、ドラゴニック・オーバーロード “The X”》レギオンメイトドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンドがそのままスキルを使える。
総じて、相手を殴り倒す効果を多数そろえた極めて強デッキとなっている。

なお、「究極越」で収録されたドラゴニック・オーバーロード “The Destiny”》《覇天皇 ドラゴニック・オーバーロード “The Purge”》についてはVスタンド以外の効果を与えており、実利を得られる退却やダメージ効果などが加わった。これにより、攻撃的な方向性がさらに広がることとなる。

アンバー・ドラゴン

1期に登場したフルバ連携ライド軸。
しかし、グレード3アンバードラゴン “蝕”》 はお世辞にも強カードとは言い難く、どちらかといえばかげろう一の連携ライドとしてパーツで運用されることが多い。
現在名称定はされていないが、櫂が一時期使用していたためか、リアガード要因の「アンバードラゴン」が後に登場している。

封竜

アニメ3期で三和タイシが使用した名称。アニメ一、使用者が三和タイシただ一人である名称デッキであり、「三和デッキ」とも言われる。
グレード2に干渉する効果と、相手のユニットを退却させる代わりにデッキからグレー22を不確定スペリオルコールさせる効果を持つ。
ちなみに、この名称の中で相手のインターセプトを封じるグレード3《封 ブロケード》のみ1期のカード。むしろこのカードに設定を合わせて「封」名称が生まれたものと思われる。
その《封 ブロケード》クロスライドユニット《炎 ブロケード・インフェルノと、ブレイクライドユニット《炎 ウェザークロスを抱えており、カードプールは充実している。

ドーントレス

一応名称定はされているが、特段強サポートカードは存在しないため、基本的に《ドーントレスドライブドラゴンブレイクライド効果を中心としたデッキとなる。
カードは、ブレイクライドしたターン中に、手札3枚をコストにしたVスタンドヴァンガードに付与するという強なものであり、ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンドと組み合わせることで確実なVスタンドを狙う、後述の ドラゴニック・ヌーベルバーグ》とのコンボなど、様々なコンボが狙える。
もう一種の「ドーントレス」かつクロスライド対である《ドーントレスドミネイト・ドラゴン“Я”クロスブレイクライドした場合でも、同カードグレード1以上がドライブチェックでめくれた際に相手リアガードを退却しつつ自己強化を行う効果を持ち、純ドライブチェックが増加するブレイクライド効果と相性がいい。

超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ

3期で登場。漫画1期ラスト櫂トシキが使用したユニット ドラゴニック・ヌーベルバーグ》を中心としたデッキタイプ。特殊構築をせざるを得ないので特記する。
グレード4のノーマルユニットであるメインデッキに投入しているため、手札事故の危険性こそ高いが、各種サポートカードで手厚くカバーされている。
相手のダメージトリガー全に効化する効果と常時グレード0でのガードを封じる効果がノーコストで発動していることに加え、周辺サポートによる退却効率のよさが持ち味。
先にグレード3にライドする必要がある以上、ブレイクライドとの相性はよく、《ドーントレスドライブドラゴンの効果によりヴァンガード2回攻撃ができる状態になったこのカードの攻撃を受ける側からすれば悪夢の一言である。

煉獄

4期で登場した名称で、双闘を基本軸とする。アニメでは櫂トシキ三和タイシの両名が使用し、櫂トシキの使用カードには先述の「オーバーロード」名称を持つ煉も存在する。
列を定した効果が多く、列単位で相手のユニットを退却させる効果や、相手のユニットのいない列にコールすると効果を得られるカード立つ。
要件は若干厳しいが3枚を同時に退却させつつ1ダメージを確定で与える煉獄竜 ボーテックス・ドラゴニュートリアガードアタックした後手札2枚をコストヴァンガードスタンドする煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート要なグレード3。

ドラゴニック・ブレードマスター / 竜炎(ブレイズ)

5期で登場した軸。アニメヴァンガードG」で安城マモルが使用。「GNEXT」では渕高サオリも使用している。
ジェネレーションブレイクを要する代わりにコスト効率のいいリアガード退却効果が多く、扱いやすい。

6期以降はキーワードブレイズを中心としたデッキとして名称が本格化。
炎」効果を所持しているカードが自分の盤面に存在しているアタックステップの開始時、相手よりリアガードが多い状態だとヴァンガードターン中「炎」状態になる。それによる恩恵はカウンターチャージやパワーアップなど多岐に渡り、非常に強。なお、炎」状態になるのは強制であり、タイミングが制御できないところには注意。
特にクリティカルパワーが低コストで上昇する《覇天皇 ドラゴニックブレードマスター“戴”》、相手リアガードが少なければ少ないほど低コストでVスタンドが行える《炎熱機 ズィーゲンブルク》の2枚が切り札として強

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%8B%E3%81%92%E3%82%8D%E3%81%86%28%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%88%21%21%20%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

かげろう(カードファイト!! ヴァンガード)

1 ななしのよっしん
2012/07/25(水) 22:44:22 ID: nA7r/b+3Jm
コンローとバーサークとバニホとオバロジエンドが悪い
色々と
2 ななしのよっしん
2013/04/02(火) 16:02:05 ID: 1E5MFU/zzC
解放でジエンド以前本来の高い安定感と安いコストによる除去連発で切り崩していく姿がパワーアップして戻ってきそうだ
BRが一人だけ攻撃的だけど
3 ななしのよっしん
2013/10/07(月) 08:33:22 ID: gjNiwTWJ/j
初めて本格参入するグレード4がかげろう・・・
なんだかんだで優遇されてるんだな
4 ななしのよっしん
2013/11/19(火) 21:08:06 ID: p/CNqx8C+A
まぁ、メインの櫂くんが使う(使ってた)クランですからねぇ
15弾にも収録されるみたいだし
5 カオブレ様再登場希望さん
2014/05/24(土) 18:11:12 ID: pxeoX7238w
LJ編後半~LM編4話は使っていたけど、わずかだけだった。
6 カオブレ様再登場希望さん
2014/05/24(土) 18:15:01 ID: pxeoX7238w
三和くんがかげろうと共に活躍してくれると思うで、いいけど。
7 ななしのよっしん
2015/08/23(日) 17:21:32 ID: 1E5MFU/zzC
あ、ドーントレスいのか……まぁそもそも記事がいんだから当然だわな

ペコは今までもこれからも絶対来ないだろうし、カラミティタワーでわかったんだから安易なドローも手渡さないだろうが、それを除けば万クランだし安いのから高いのまで色んな軸があるから楽しいよなかげろう
とくに「手札をえる手段は充実していても、増やす手段が限られている」ってあたりから、クセの強いサブクラン使う前の入門に最適だと思う
8 ななしのよっしん
2015/08/23(日) 19:02:46 ID: QYhKIjCRsj
>>7
アンバードラゴンも記事ないのに記載されてるし、ミスじゃないの?