アクアフォース単語

アクアフォース

アクアフォースとは、

  1. イタリア水着メーカーArena(アリーナ)より発売されている競泳水着
  2. 株式会社オルビスより発売されている化粧
  3. TCGカードファイト!! ヴァンガードクラン(組織)の1つ

ここでは3.について説明する。

概要

古代より復活したメガラニカの軍。
アクアロイドと呼ばれる人の種族を中心に、水竜人魚などで構成される。

軍の初代トップ蒼波元帥 ヴァレオス
しかし、彼が破壊の竜神 ギーゼに心酔したことで、創世メサイア成す存在と成り果てる。
その結果メサイアは、浄化の為にアクアフォースごとヴァレオスを封印するという判断に至り、長らく封印され続けていた。

他の連続攻撃クランと違い、攻撃の順番によってが変化する特性を持つ。
また、連続攻撃自体をメインとするのではなく連続攻撃をトリガーに発動する効果が多く、それをサポートするための連続攻撃手段が多い。
後にこれらの特性キーワード「連波(ウェーブ)」としてアクアフォースの個性となる。
その特性上、攻撃一回一回のパワーは低い傾向にある為、ダメージチェックで相手がトリガーを引くと連続攻撃が単にスキル発動条件を満たすためだけのものになりやすい。
一方でグレード2以下の状態でも連続攻撃の条件を整えやすく、グレード2以下での速攻戦術は強である。

余談だが、「ブースターパック2回に1回は収録される」「強化とほぼ同時に敵のリンクジョーカーが強化される」という二つのジンクスがあった。前者は5期にほぼ崩壊している。

アニメカードファイト!! ヴァンガード」では、蒼龍レオン率いる「チームドレッドノート」だけが使用していたクラン
かつて封印され、蒼龍の民にしか伝わっていなかったカード群だが、後に蒼龍レオンが中心となり普及活動に従事。
結果、続編「ヴァンガードG」では一般的なクランとなっており、新たにハイメ・アルカラスが使用している。ハイメは普及以前に、蒼龍の民が外界の人間に助けられた際に礼として渡されたえる者 サヴァス》を紆余曲折を経て手に入れていたが、普及前は「サヴァス」しか手元になく、デッキを組むことができなかったという。
ハイメとチームドレッドノートはG2期「ギアースクライシス編」において夢の共同チームスペシャルアクアフォース」を結成し、Gクエストを盛り上げている。
また、アニメにおいて惑星レイにおけるアクアフォースの発展と現実蒼龍の民の発展はリンクしているようで、封印状態だった時代は忘れられた孤でひっそりと暮らし滅びを待つだけだったが、普及が了している「ヴァンガードG」時点ではレオン蒼龍財団総帥という立場に就いている。

そしてG最終期「カードファイト!!ヴァンガードG Z」では、アクアフォース封印という事態を招いた元である初代元帥「ヴァレオス」が復活し、直接地球に干渉するという暴挙に出た。

各期におけるアクアフォース

2期

トライアルデッキ皇の末裔」で初登場。
アニメラスボス使用クランということで、玉の「メイルストローム」にアルティメットブレイク持ちのクロスライド蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストロームが登場するなど扱いは良好である。

3期

第11弾 「封解放」にて登場。以降、G2弾「風華」までブースターパック2弾刻みで登場した、定番の人気クランとなる。
後に大躍進を遂げる「波紋」はここで収録された。
ブレイクライドユニット トランスコアドラゴンと、第13弾「絶禍繚乱」で登場した テトラドライブドラゴンの組み合わせが強である。
第15弾「限転生」では「メイルストローム」に新たなクロスライドユニットが登場したのをきっかけに、メイルストロームを内部名称として「」名称が誕生した。
ただし、環境的には敵中の敵であるリンクジョーカーが台頭した状態であるため、いまいち奮わなかった。

4期

17弾「煉焔舞」にて登場し、双闘環境の波に乗る。
今回は「メイルストローム」を名称に含まない新たな「」を創ろうとしている動きが見られる。が、同時期にやはりリンクジョーカーが強化されてしまい・・・。

5期

G2弾「風華」にて登場し、同時期にトライアルデッキ海神騎兵」が登場。2弾刻みの強化はここで途切れる。
連続攻撃を強サポートするGペルソナブラスト持ちの将 ランブロス》の登場により、連続攻撃自体が悪な火力叩き出すようになり、再び環境に顔を出すようになる。
ボーナス特有の縛りの緩い名称「サヴァス」が登場したのもここから。

6期

G5弾発売の直前にアクアフォースのみを収録したクランブースター「連波の指揮官」が登場。
この弾での強化が恐ろしく、これまでに登場した全名称軸が一気に強化されたことに加え、3期に登場していた「波紋」と「波」がそれぞれ名称サポートや専用Gユニットを貰い、一気に価値を上げることになる。
アクアフォースはグレード2でライドを止めて戦う戦術をしてもさほど痛くないことが、環境の「グレード2止め戦法」と合致したこともあり、環境最上位を争う強クランと相成った。しかしやはりグレード2の段階で十二分に戦える波紋デッキが突出しており、ファイターズロード2015年、そして世界大会の優勝を飾った。
それを加味してか波紋 オデュッセウスが投入2枚制限を受けることになる。

7期

ブースターパックG9弾「竜神」、G13弾「究極越」にて収録。
後者が特に強な強化を得ており、元帥の所属する「波」が連続攻撃の弱点をさらに対策する効果を持ち、より連続攻撃での圧倒がしやすくなった。

デッキの基本軸

蒼嵐

3期で新たに制定された名称。リミットブレイク双闘に対応している。
内部名称に対応しないタイプ双闘体のカードが多く、パワーライン低下をなるべく抑えた状態でリアガードスタンドするため、較的連続攻撃がしやすい。
それらを体とする場合、どちらかというと、リアガードの「4回以降のアタックで効果を発揮できる」ユニットを補佐し、そのユニットアドバンテージを稼ぐことが多い。

メイルストローム

アニメ蒼龍レオンのみが使用する、アクアフォース初の名称にして看
3期以降は「」の内部名称となる、リミットブレイク体のデッキ
4回以降ヴァンガードバトルすることで発揮する効果が多く、それによりアドバンテージを獲得する効果も多い。
リメイク蒼嵐竜 メイルストロームブレイクライドユニットとなり、グレード0でのガードを封じることができる。
メイルストロームあるいはデスピナ》蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストロームアルティメットブレイクと組み合わせることで、相手は手札のカードを何一つガードに使うことができなくなるという凄まじい決定を持つ。
クロスライド先を「グローリー」と共用する メイルストローム “Я”》も、クリティカル増加に加え、ヒットしないならしないで退却効果を発動できると、非常に強いことが書いてあり有用。

蒼波

クランブースター「連波の指揮官」にて新たに名称となったデッキ
3期時点で既に テトラドライブドラゴンが登場していたが、クランブースターの強化で越を絡めた動きができるようになった。対が限定されたボーナスユニット アンガーボイルドラゴンを抱える。
テトラドライブドラゴンと複数のGユニットは、ヴァンガードが2回に攻撃し、リアガードの4回の攻撃でヴァンガードスタンドするのが特徴的であり、それを前提としたサポートが多い。
Vスタンドも絡めた決定の高さもあり、6期時点での環境に顔を出してきた実績もあるが、その下地を経て、相手ヴァンガードパワー11000で固定化する諸悪の根源蒼波元帥 ヴァレオスが遂に解禁。

波紋

こちらもクランブースター「連波の指揮官」にて新たに名称となったデッキ
アニメではレオンの側近の双子の片割れであるシャーリーン・チェンが使用している。
3期時点では単なる連携ライドサイクルであったが、ディメンジョンポリス怪獣に連携ライドサポートが登場したように、それを彷彿とさせる波紋 オデュッセウスが登場。
それどころかリバイバル双闘に選ばれ、波紋 ジノビオス》レギオンメイトとするレギオンリーダー《打寄せる波紋 ミルティアディス》が登場。おまけGユニット《逆巻く波紋 ポドロモスまで登場し、一気に関連サポートが充実した。
これにより、波紋 オデュッセウス依存するながら相手のグレードに関わらず強な動きができるようになり、こちらも一気に6期環境に躍り出た。それまで全くの名であったため驚愕を以て迎え入れられ、遂に2015年覇者となったが、双闘越をさせないような動きが立つため相手にする側からの評判はよろしくなかった。
故にか、2016年1月22日よりパワーカード波紋 オデュッセウスが投入2枚制限をかけられることとなった。
特徴として、他のレストしているユニットの数を参照した効果が多い。

サヴァス

トライアルデッキ海神騎兵」で登場したボーナス持ちえる者 サヴァス》を中心としたデッキ
ボーナスで相手のリアガードを消耗させ、確実にアドバンテージを稼いでいくことができる。
名称に依存しないGユニットが連続攻撃をサポートするものが多く、将 ランブロス》による高火力でフィニッシュを狙いやすい。
ちなみに、グレード3に依存せずともを統べる者 コマンダー・サヴァス》を使用することで「サヴァス」サポートを他のデッキでも使用できる。

トランスコア

は3期に登場したブレイクライドユニット《 トランスコアドラゴンブレイクライド強化の流れを受け、ファイターズコレクション2015winterにて名称化と相成る。
少々リスクは高いがアンフィビアンドラゴンによりライドの安定性を高めたり多重スペリオルライドによりブレイクライドを高速で使用できるようになった。また、Gユニット ミスリルコアドラゴンの多大なるガードにより、ブレイクライドからの一撃までにより多くの手札を削れるようになった。

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アクアフォース

19 ななしのよっしん
2014/04/17(木) 00:20:51 ID: fsXSKj3Ngr
バニホケイ互換きてくれただけでも全然助かるわ

そしてBRがなんかかいてあることがおかしい
メイルЯが乗ると3枚ドローしながら2枚焼いていくんだが?
20 ななしのよっしん
2014/12/13(土) 13:22:27 ID: P1A19XTKw4
アクフォの皆様方は艦これやってそう(偏見
21 ななしのよっしん
2015/01/13(火) 23:06:17 ID: 0wyBX+c8DP
ここ最近のアクフォって、リアガードは優秀だけど肝心のヴァンガードが不甲斐ないって印がある。特に双闘はなんじゃこりゃって思ったぜ。
22 ななしのよっしん
2015/10/28(水) 21:47:28 ID: 3dUXjVQxlE
オデュッセウスというスーパーカードを手に入れ、展開、速攻、手札補充までし始めた波紋
波紋べたら遅めだが、GB2の突破が非常に高い波。
BRではあるが13000になりやすく、グロメのガード不能メイルЯのアド稼ぎを使い分けるメイル軸。
サヴァスのストライドボーナスアリストテレスの焼きでペースを握るサヴァス軸。
レギオン定の優秀なカードを用い、ランブロスをフィニッシャーに据えたレギオン軸。

今回のCBはアクフォ使いにとってはかなりの良パックでしたね。
23 ななしのよっしん
2015/10/31(土) 22:30:20 ID: P2S0E5jrnh
>>2
全体的な強化の質も、それぞれのテーマへの枚数と差別化も、どれもトップクラスのパックでびっくりしたわ
ランブロスの時といい、この短い間に二回もアクフォが環境取るとは。なんか感慨深いわ
24 ななしのよっしん
2015/12/22(火) 00:57:33 ID: P2S0E5jrnh
なかなかGで強化された他のクランみたいに更新されないなここ。書くこと多いから大変なんだろうなと思うけど
25 ななしのよっしん
2017/10/22(日) 13:00:04 ID: f+Dhs8Gt6v
初代元帥がヴォイド側に組した理由が何とも…
26 ななしのよっしん
2017/10/24(火) 22:30:30 ID: R2hjor4YFH
レオン対ヴァレオスは絶対やってほしい、だいたい全部ヴァレオスのせいだし。いや確実にやるだろうけど。どんな話になるんだろ。
27 ななしのよっしん
2017/11/09(木) 02:16:25 ID: TPNuTJjBEa
【悲報】波、ヴァレオスに制圧される
テトラ系が好きだったからこれは衝撃的だった。PBDiabloの時もそうだったけど過去ユニットをことごとく新規ユニット噛ませ犬にしていくな
アンガーボイルテトラドライブは戦死したのかヴァレオスに屈して具扱いされてるのか
28 ななしのよっしん
2018/07/12(木) 23:08:42 ID: 5RblrCVcda
なおヴァレオスは因縁なフィデスアルトマイユ(ロイパラ)に負け、クレイに送還された直ぐにサヴァスに討ち取られた模様
まぁ、惑星レイ物語だとフィデスアルトマイユ、サヴァス、メイルの4体に負け波艦隊は洗脳から解除されたけどね

シリーズアクアアクセルと非常に相性いいよね