ものまね王座決定戦単語

モノマネオウザケッテイセン

ものまね王座決定戦とは、フジテレビ系で季節の変わりを中心にスペシャルで放送されるバラエティ番組。
ものまね紅白歌合戦」をはじめとする生番組についてもここで付記したい。

概要

1973年オールスターものまね王座決定戦」タイトルで放送開始。初期はオールスターの名の通り、当代人気歌手たちが(衣装も含めて)他人になりきって歌う様子を楽しむのが旨だった。

この番組が特に人気を獲得するようになったのは、笑いの要素を前面に押し出したスタイルに特化した爆笑スターものまね王座決定戦」行して放送されるようになった1985年7月頃からである。

出演者やスタッフが共通しており番組演出も似ているの見分けづらいが、頃に放送されていたのがお笑い特化の「爆笑スターものまね王座決定戦」頃に放送されていたのが純に歌唱や演技を競う「オールスターものまね王座決定戦」である。

あのねのね、所ジョージ井上順、松本代、榊原郁恵、研ナオコらをはじめとするの軽妙な進行に加えて、ものまね四天王を中心とした、ただ似せるだけでなくひと工夫混ざった芸と、純に歌まねで聞かせる勢の対決、淡のり子の辛口批評、針すなおの似顔絵などが好評を得る。ほぼ同時に、ものまね芸人カテゴリーの一種として確立され、四天王レギュラー出演する番組もスピンオフで作られるなどして、1980年代後半~1990年代前半に一大ブームを巻き起こした。

しかし、四天王の一を担っていたコロッケが当時の番組プロデューサーと芸などを巡っての対立し、1992年に降。研など当時の出演者も続くように降を申し出て、日本テレビ系ものまね番組をホームにしたあたりから勢いが衰え始め、2000年に放送された「第25爆笑スターものまね王座決定戦」「第32オールスターものまね王座決定戦スペシャル」をもってシリーズは一度終了に追い込まれた。
この後、フジテレビモノマネ番組は1988年から「新春かくし芸大会」とともに正月の恒例番組として放送していた「オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!」をリニューアルさせた「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」へと引き継がれ、2000年より年末より現在まで続いている。

ものまね紅白」にリニューアル後は、初期のような歌ネタ体のスタイルになり、次長課長のような状況のものまねや、顔まねだけのコント形式のネタの割合は減った。また、特番時代から恒例となっていたご本人登場の頻度が上がったのも特徴。

2012年、「復活!ものまね王座決定戦」が放送され、12年ぶりに復活。以降は毎年年末に放送され現在に至っている。

審査方式

基本はトーナメント戦。各ブロックを勝ち上がった1組ずつが決勝を争うが、回によって2ブロック制~4ブロック制があった。に年1回開催の「オールスターものまね王座決定戦」は3ブロック制、年2~3回開催の「爆笑スターものまね王座決定戦」は2ブロック制。末期は4ブロック制である。
初期では審員5人の投票で勝敗が決められていたが、後に審員10人が1人あたり持ち点を10点(厳密には6点~10点の5段階評価)までとした100点満点に変更。先攻、後攻は別々に採点され、同点になった場合はじゃんけんで勝敗を決められていた。
2000リニューアル後から、現在ものまね紅白や「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦」でも使われている、審員1人あたり3票までの持ち点方式に変更。対戦者2組がその場で同時に審されるようになった。

日本ものまね大賞

ものまね王座」番組内での呼びかけに応募した素人を対にした企画本家同様の審方法で優勝者を決めていたが、本選での結果に関わらず評判がよかった参加者が本家に呼ばれ、栗田貫一松村邦洋などプロデビューした者も多い。

主な出演者

司会陣

概要で触れた以外にも、坂上二郎明石家さんま、ガダルカナル・タカらが務めた時期もある。
2000年からは今田耕司東野幸治フジテレビ女性アナウンサーという組合わせで定着。

出場者

コロッケ
者の特徴を誇したり、ロボットダンスを織り交ぜたりしたネタはこの頃から健在。しかし、していた方向が番組のに収まりきらないと判断し1992年に降
清水アキラ
者の顔に似せるための工夫として、セロテープや洗濯ばさみなどで自身の顔を加工するなど、ネタ勢の一画。コロッケともども、淡から酷評されるのは番組のお約束のひとつだった。
栗田貫一
もしもあの人が○○だったら…というネタシリーズも持つが、四天王の中では正統派寄り。じゃんけん決戦に弱く、優勝した時期は1番遅いが、通算優勝回数は4回と歴代3位。
ビジーフォー
四天王の中で一のユニット。通算優勝回数5回は清水とならぶ歴代最多タイ記録だが、放送当時でも懐かしさを感じる洋楽ネタが中心だったため、実際に似ているかどうか判断しにくい面もあった。
  • 布施
    コロッケ後、代わりに四天王の一画と称されるようになった人物。笑いの要素がない、いわゆるガチ勢であり、初出場で優勝という快挙を成し遂げている。
  • 鈴木末吉
    清水アキラも所属してたハンダースの一員。大抵は一回戦で敗退することが多かったが、一度だけ準決勝まで勝ちあがったこともある(しかも驚くことに一回戦の相手である栗田貫一を倒している)。レパートリーとしては稲川淳二アントニオ猪木(ちなみに彼が元祖)。特に稲川淳二は、今の怪談の頃ではなく、リアクション芸人だったころのものまねである。

  • 懐かしいネタ美空ひばりやディック・ミネ)を得意としている。審員の常連である淡屋のり子ものまねをしたこともあるが、当の本人は「迷惑ですね」と切り捨て 点数も6点をつけられている。なおおなじ6点は同年に後述するしのざき美知もつけられている。もっともこちらは6点が二つもつき、ものまね王座決定戦至上最低の「80点」をつけられてしまう。なおものまね王座決定戦では6点以下の点数はついたことはない。なお、田は2004年に死去。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%AD%E7%8E%8B%E5%BA%A7%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E6%88%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ものまね王座決定戦

1 ななしのよっしん
2012/10/15(月) 11:28:52 ID: IH2rhFVFS9
良記事
作成GJ
2 ななしのよっしん
2013/06/30(日) 16:47:55 ID: t8wlRBuPm6
原田ゆかり岩本恭生、おぼんこぼん、桑野信義、わたる哲斉藤ルミ子
ぼんちおさむ、篠塚満由美あたりも名脇役だったよな
3 ななしのよっしん
2013/09/21(土) 20:13:10 ID: 8qSv2/0gfW
番組収録の舞台裏を昔見たことあるけど、
収録が深夜から明けくらいまでぶっ続けで行われて大変だったみたいね
出演者はもちろん、観客も拘束時間が異常に長くて終わる頃にはへとへとになってたらしい
4 ななしのよっしん
2017/11/04(土) 03:47:57 ID: Wk20+xFYLj
>>3
郁恵「終了標午前5時ー!!」
※第23オールスター冒頭にて