クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者単語

クレヨンシンチャンチョーアラシヲヨブキンポコノユウシャ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者とは、劇場版クレヨンしんちゃんの第16作である。

概要

選ばれし”おバカ”の伝説と冒険が始まる!

2008年4月19日開、行収入は約12.3億円、観客総動員数は約108万人、上映時間は93分。監督・脚本は本郷みつる音楽荒川敏行等。

双葉社創立60周年記念作品。監督が前作のムトウユージから本郷みつるバトンタッチした。本郷みつる劇場版クレヨンしんちゃん監督を務めるのは、ヘンダーランド以来12年ぶりである。それ故ファンタジー的な世界観となってる。

ゲスト小島よしお。本人がそのまま登場。主題歌DJ OZMAの「人気者で行こう!」。

あらすじ

世界ドンクラーイの王であるアセ・ダク・ダーク人間世界侵略論む。その障となる闇を打ち払う「三つの宝」と「勇者」の存在を知り、ダークは三つの宝の内の一つである鐸を強奪。残りの二つであるの矛はマタ・タビという男によって人間界に送られた。

その頃、しんのすけおもちゃ物差しになったり、捨て犬のクロを拾ったり、外がファンタジー世界だったり、マックという男と出会うなど奇妙な出来事が起こっていた。ある日、しんのすけはプリリンという美人の頼みで外出する。だがそれはダークで、しんのすけドンクラーイと人間界を繋ぐを開けてしまった。

それ以降、野原不幸が起こり続ける。そんなある日、しんのすけの前にマタ・タミという少女が現れる。彼女しんのすけは選ばれた勇者だと告げ、マタはしんのすけを守るためにやって来たのだ。しんのすけダークと戦うことを決意する。

登場人物

マタ・タミ

「安心してしんちゃん、君はが守ってあげる」

CV - 堀江由衣

しんのすけを守るために現れた少女。外見が男性的で、一人称が「」であるため、しんのすけは当初男の子だと思っていた。(しんのすけが胸をいた時に判明した。)つまりボクっ娘。アラ・コラ・マイッタ・マイッカ法術(略してア法)の一つである「ヘンジル」という変身魔法で、いろんな姿に変身できる。

アセ・ダク・ダーク

お前たちは何も考えなくていい。 私に従え!」

CV - 銀河万丈

ドンクラーイの帝王人間界の侵略を企む。体色が左右で異なり、右半身が黒色・左半身が白色ドラゴン変身するなど様々な魔法が使える。マタ・タビを殺し本人。

マック・ラ・クラノスケ

「そっちも暗くしてやろうか?!」

CV - 宮本充

ダークの配下の一人。細長い長身の男。紳士のような姿をしてる。回文作りが得意。イタチのチタイを飼っている。

イタチのチタイ

CV - 佐久間レイ

マックが飼ってるイタチ。上から読んでも下から読んでも同じ名前。

プリリン・アンコック

「もういいわ、選ばれし者ごと頂いちゃうわ」

CV - 本田貴子

ダークの配下の一人。ナイスバディで巨乳を持つ女性踊り子のような姿をしてる。

マタ・タビ

「頼むぞ、タミ!」

CV - 大西

マタ・タミの父親の矛と人間界に送った直後、ダークに殺された。魔法変身したのかクワガタみたいな姿をしていた。

クロ

CV - 間宮くるみ

しんのすけに拾われたシロと姿がよく似ているが大きさは一回り小さく、小屋や首輪の色がシロと対照的になってる。

スタッフ

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%A8%E3%83%B3%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%20%E3%81%A1%E3%82%87%E3%83%BC%E5%B5%90%E3%82%92%E5%91%BC%E3%81%B6%20%E9%87%91%E7%9F%9B%E3%81%AE%E5%8B%87%E8%80%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者

3 ななしのよっしん
2016/04/23(土) 23:43:04 ID: im+pW0nDaP
ネットの評判悪かったから期待しないで観たけど、結構面かった。キャラリアクションをする前に妙な間があったりアニメと設定が違って(野原の台所に薄テレビがあったりひまわりの言葉をみさえがわざわざ訳す)そこは違和感とか不満があったけど、映像や演出は中々見ごたえあったし、初期のアニメであった「あー言えばこう言う」的なキャラ同士の掛け合いも面かった。
4 ななしのよっしん
2016/06/23(木) 10:37:39 ID: C35eMo24wq
タイトルや敵キャラの名前からドタバタギャグものかと思ったら、
予想以上にシリアスでびっくりしたよ。

マックミュージカル調で「お金=なんでも手に入る」と洗脳させてから契約書のサインを迫ろうとするシーンは狂気を感じた。
(結局しんちゃんには通じなかった訳だが)

あと敵大将ダークジャスティスラブ有益増以上に外道な敵キャラだったなぁ。
しんちゃんを、野原一家カスカベ防衛隊といった「いつもの味方」が作れない孤独な状況に追い込んだり、言葉の暴力で執拗に攻めたり、最終決戦では分身作って二人掛かりでガチで殺そうとしたりと色々容赦ないだった。
5 ななしのよっしん
2016/10/17(月) 06:00:08 ID: 0haOjYy46u
しんのすけキャラがおかしいし、みさえひまわりの通訳いちいちしてたのに違和感あるし、シロの使い方も雑だった
やたら立った所々の拘りとかノリが全体的に滑っていてダークファンタジーと見てもセンスかった
今年似た系統のユメミ―が良かっただけに、何故この人がここまで外したのかわからん
待望の復帰ってことで調子に乗って趣味に走り過ぎたのかな
6 ななしのよっしん
2017/02/01(水) 00:52:30 ID: oN8jkNWN46
つばきちゃん(14)を子ども扱いしてたしんちゃん
マタ・タミをお姉さん呼びしてたのがちょっと気になったな。
小学生くらいにしか見えないけど胸もあったようだし実は高校生くらい
なんだろうか
7 ななしのよっしん
2017/08/25(金) 06:19:16 ID: JJ/qYFr11v
酷評されてるほど酷くはいな
序盤の異世界春日部シーンが凄かったから、そこで期待値上がったんじゃないか
徐々にダークファンタジー感は薄れてったから
8 ななしのよっしん
2017/09/06(水) 08:19:58 ID: GDNKicDok0
見た当時は思わず愚痴るほど面くなかった記憶
やっぱり監督らしいファンタジーではあるけれど現在クレしんっぽさとは遠くなってしまった感じかな。雰囲気がちょっと暗すぎた。
とりあえず声優は定番のさだった。
9 ななしのよっしん
2018/04/28(土) 11:28:27 ID: aHkFg+NxMj
ひろし課長昇進をしにされて、笑顔で断りつつトイレで衝動的になってる姿みたいな“1番見たくない”系の描写があるのも酷評された理由の1つだと思ってる
10 ななしのよっしん
2018/06/08(金) 22:12:12 ID: u3D0d2Q2BU
>>9
お、考察くん!今日も性が出るね〜
元気があってよろしいよろしい
11 ななしのよっしん
2018/11/17(土) 00:37:00 ID: 5AtUHk7MYG
お前もな
12 ななしのよっしん
2019/08/23(金) 15:36:22 ID: lf03Mu/UIg
マタのポジションや挿入歌とかどことなくヘンダーランド思い出したな