フェイズシフト装甲単語

フェイズシフトソウコウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

フェイズシフト装甲(PS装甲)とは、「機動戦士ガンダムSEEDシリーズに登場する装甲技術である。相転移装甲とも。

生として「トランスフェイズ装甲」(TP装甲)、「ヴァリアブルフェイズシフト装甲」(VPS装甲)がある。

概要

電流を流すことで相転移する特殊な金属を用いた装甲で、相転移させると装甲材が極めて高い硬度を誇るようになり、実弾や実体などの攻撃による物理的な衝撃を緩和ないし効化する。
単独での大気圏突入にも耐えることができる。
ビーム兵器に対してもある程度の耐性があるが、ビームマシンガンなど低出のものに耐えられる程度。
よってビームに対する防御のためにはアンチビームシールドを携行する必要がある。
ちなみに、アンチビームシールド素材をフェイズシフト化することは技術的に不可能とされている模様。
ザフト軍の戦略兵器ジェネシスほどの巨大な質量を持つものに装備されている装甲であれば、負荷が拡散するので戦艦ビームをも効化可。)

通常時(ディアクティブモード)ではグレーの装甲だが、通電してフェイズシフト装甲を展開すると相転移によって分子配列が変わり、各MS固有のカラーへと変化する。色の変化はかける電圧によって決まる。

最大の欠点は消費電の大きさであり、エネルギーを切らす(フェイズシフトダウン)と装甲色がグレーに戻り、防御効果も失われる。
見たで容易にエネルギー切れがバレてしまうという問題も。
バッテリーを動とし、ビーム兵器をも運用するPS装甲採用MSは稼働時間の短さが欠点となっており、作中でもエネルギー切れでピンチに陥ったり撤退を余儀なくされることは少なくない。
ただし、フリーダムを始めとする核動MSでは事実エネルギー切れが起こらなくなり、この欠点も解消される。

また、当然通常装甲よりもコストがかかるため、量産機に採用されることはなかった。そのため、SEEDにおける「ガンダム」の徴の一つでもある。

作中中盤ごろまではビーム兵器を携行したMSは極めて少なく、その価値は大きかったが、SEED終盤にはストライクダガーゲイツ等のビーム兵器を標準装備した量産機が登場、SEED DESTINYの頃にはほぼ全にビーム兵器が普及したため、PS装甲の登場当時にべれば価値は薄れたといえる。

搭載されたMSは、ストライク等のGAT-Xシリーズフリーダム等のZGMF-Xシリーズなど。

トランスフェイズ装甲

PS装甲の欠点である電消費を軽減した生技術。

PS装甲を常時展開するのではなく、PS装甲の上に通常装甲を施した二重装甲とし、圧センサーに反応があった時のみフェイズシフトを展開する、というシステム
これによって、消費電を削減すると共に、見たエネルギー切れがバレるという欠点をしている。
TP装甲を採用したカラミティ等の新GAT-Xシリーズでは、TP装甲をコクピットエンジンブロック周辺に限定することで更にエネルギー消費を軽減し、浮いたエネルギーで装備を充実させることに成功している。

搭載されたMSは少なく、カラミティ、フォビドゥン、レイダーの3機とその生機に限られる。
正式なTP装甲ではないが、SEED ASTRAYではロウ・ギュールアスレイブルーフレーム修する際に同様の二重構造を独自に思いつき、コクピット周辺に組み込んだ。
この際には同時に製造されていたストライクルージュのパーツが流用されている。

ヴァリアブルフェイズシフト装甲

SEED DESTINYにおけるPS装甲の生技術。

PS装甲との違いは、かける電圧を変化させることで防御性と消費電を調整できる点。
被弾しやすい近接戦闘を想定する場合は電圧を上げて防御を高め、武装にエネルギーを多く割く必要がある撃戦では電圧を下げる、という具合になる。
とはいっても、戦闘中に動的に出を変える機体はZGMF-X12A テスタメント程度であり、基本的には機体ごとに固定されているか、インパルスのように装備によって切り替わる程度。
アンドリュー・バルトフェルドのように、電圧による装甲色の変化を利用して機体色をパーソナルカラーに変更しているパイロットもいる。

ストライクフリーダムは、キラ・ヤマトの反応速度と操縦スキルから来る機体への負荷に耐えるために、装甲だけでなくフレームもPS装甲素材で作られている。
大きな負荷がかかってフレームのフェイズシフト限界まで作動すると、関節部が色のを放つ。
インフィニットジャスティスデスティニーも同様に作られているが、ストライクフリーダムほどこの特徴が着されることはない。
インフィニットジャスティス銀色デスティニーは鈍い金属色)

ちなみに本編ではストライクフリーダム棒立ち・等速直線運動中にもかかわらず、間接部が色にいていた(どういうことなの・・・)

電圧と装甲色の具体的な関係性は不明。

搭載されたMSインパルス等のザフトセカンドステージシリーズや、ストライクフリーダム等。

ゲームにおける扱い

スパロボシリーズGジェネシリーズといったSLGでは、エネルギーを消費して物理ダメージを一定量軽減する、という具合に再現されていることが多い。

ニンテンドー3DSソフトスーパーロボット大戦UX」でも同様に被弾時にエネルギーを消費して非ビーム兵器ダメージを軽減するシステムとして実装されているが、このゲームでは「蒼穹のファフナー」とのクロスオーバーとして、「SEED世界モビルスーツは対フェストゥムのために開発された」と言う設定がある。
フェストゥムの攻撃は食らうとダメージ以外にパイロットの気が削り取られる特殊効果を持ち、気が一定値を割ると残りHPに関係なく撃墜されてしまうという危険なもので、フェストゥムの攻撃は全にダメージを0にしてしまうか、攻撃自体を回避する必要がある。しかしフェストゥムは「読心」により、ごく一部のパイロットに対する場合を除いてとても高い命中補正を持つため、回避も現実的ではない。それなのにフェストゥムの攻撃はほぼ全てバリア貫通効果が付いており、バリア持ち機体で防ぐ事ができない。
そう、VPS装甲はバリアではなく特殊装甲扱いであり、フェストゥムの攻撃のダメージを軽減する事が可なのだ。フェイズシフト装甲の仕様そのものは従来とど変わっていないのだが、この仕様によってPS装甲持ちモビルスーツは他のユニットべだいぶ楽にフェストゥムと戦う事ができる。システムクロスオーバー設定の裏づけになっている好例である。

ゲームボーイアドバンス格闘ゲーム機動戦士ガンダムSEED DESTINY」でも同じように、PS装甲ゲージ(いわゆるパワーゲージに相応)を消費して物理ダメージを一定量軽減する、という具合に再現されている。PS装甲ゲージは試合中に回復することはく、になるとフェイズシフトダウンするほか、フリーダム等核搭載機はPS装甲ゲージが低速回復するもフェイズシフトダウンは起きるので、実弾しか持たないシグーでも詰むことはい。またビーム攻撃を使用しても減少し、PS装甲非装備機でも、PS装甲ゲージが0になるとビームの攻撃が低下してしまう。ちなみに、このゲームビーム攻撃を持っていないのはシグーだけである。というか、半数以上のMSがPS装甲装備機である。メインキャラ搭乗のMSだけ登場させればそうなるよね。北米版DESTINYMSがいなかったので、PS装甲非装備機はシグーレッドフレームだけである。

でのみ発売されたPS2格闘ゲームGUNDAM BATTLE ASSAULT 3」では核搭載機はフェイズシフトダウンしないらしいが、飽くまで効化ではなく軽減なので、不利ではあっても全に詰むことにはならない。どうやら、PS装甲装備機は体ゲージが半分以下になるとフェイズシフトダウンして防御が低下する模様。非装備機は常時防御が低く、核搭載機は常時防御が高いようだ。こちらは一般兵搭乗の量産機も登場するので、PS装甲非装備機も多い。

一方、ガンダムアクションゲームの代表格である機動戦士ガンダム vs.シリーズでは、SEEDが初登場した連合vs.Z.A.F.T.から一貫して再現されていない。
SLGと違い、再現してしまうと機体によってはゲームが成り立たなくなるためである。
ジンシグー等の実弾しか持たない機体はフリーダム等に対して全に詰むことになる)
しかし、近年のvs.シリーズではνガンダムファンネルリアクロスボーン系のABCマントといった防御装備が登場していることを考えれば、実弾版ABCマントのような形でPS装甲を実装するのもアリではないかと筆者は思うがどうだろうか?

ちなみにストライクガンダム敗北したときのリザルト演出として、ストライカーパックが外れた状態でフェイズシフトダウンして膝をつき項垂れるという演出がされている。他の機体は破損したまま漂ったり爆発したりするのでこの演出がされているのはストライクガンダムと、素体(MS)を同じくするパーフェクトストライクガンダムだけである。

関連動画

「フェイズシフト装甲」でタグ検索してもSEED関連動画以外しかヒットしない・・・

関連商品

フェイズシフト装甲に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

フェイズシフト装甲に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%88%E8%A3%85%E7%94%B2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フェイズシフト装甲

162 ななしのよっしん
2019/05/24(金) 15:22:40 ID: gdd3Vw77q5
>>160
PS装甲は被弾するとエネルギーを喰うけど被弾してないなら大してエネルギーを使わないし
フェイズシフト状態で被弾→間的にフェイズシフトダウンエネルギー供給で再度相転移して形状記憶合金的な修復
エネルギーを消費して損傷(相転移の解除と分子結合の破断・変形)を修復(再相転移と分子再結合)する装甲って説があった気が

>>161
撃墜はされてないけどフレイが開放された時のフリーダムミョルニルでぶっかれて頭がもげてたけど
あの時の頭部はフェイズシフトしてたっけ
163 ななしのよっしん
2019/06/02(日) 14:18:55 ID: ppmUviiXqz
>>162
あの時は先にビームが当たってて部分的にPSダウンしてた
164 ななしのよっしん
2019/07/16(火) 17:23:55 ID: oLhG2jejF8
こういう事言っちゃ駄なんだろうけど、電圧で色変わるってんならなんであんなカラフルにしてんの?イージスとかみたいにほぼ単色っていうんなら分かるけど

そもそも電圧が違うと色変わるって事は色によって強度変わるって事だけど、どの色が一番頑丈なの?
165 ななしのよっしん
2019/07/16(火) 21:01:48 ID: gdd3Vw77q5
前期GAT-Xはパッと見でも分かる外見上の違いを与えつつ、電圧による色々な影の確認って辺りじゃないかな
(初期のGAT-X機はそのまま実戦投入の予定じゃなくて、色々試す為の機体群のはず)
後期GAT-Xは乗ってるパイロットが信頼できないパイロットだから立つ塗装にしたってのがあるだろうし
(TP装甲だから表面は感圧センサー付きの通常装甲=PSした色ではないはず+そもそもTP装甲なのは急所のみ)
フリーダムジャスティスザフトプロパガンダ的が大きいと思う
(ナチュラル正義鉄槌を下し、コーディネイターの自由を勝ち取る機体)

投入される電が多くなるとストライクピンク系(ルージュ)になるし、接近戦用=被弾機会の増えるソードインパルスい≒電消費が多いであろう色にPSさせてる事を思うと一応は赤色系が頑丈なんじゃないかな
(どこかで強度が上がる、って話も見たけど元ソース忘れた)
どのMSに使える程度の電PS装甲の量だとビームを耐え切れない程度ではあるし
単純にければ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
166 ななしのよっしん
2019/09/23(月) 13:16:44 ID: 95vmPpOVhi
そういえば今更だけど対に対して最適な振動数へ自動調整するなんて代物とはいえ高周波振動でぶったられたって事は、いくらPS装甲もGNソード系(ソースが曖昧だけどまではGN粒子による高周波振動、以降はそもそも熱量による溶断)やゼダスソードなんかなられるのかな?

鉄血の武装もバルバトスメイスクやキマリスのランスチャージクラスなら、レイダーミョルニルと同様に内部部品やパイロットへのダメージ狙えそうだし。MFは存在自体がバグみたいなもんなので多分素でぶち抜きそうだが。
AGEのDOOSビームももしかしたらナノラミネート装甲ブチ抜きかねないけど。他にはない回転付与の特性ナノラミのビーム拡散に抵抗出来るかもしれないし、小説版の解説を信用するなら回転による貫通強化以上にエゲツない効果なので。
167 ななしのよっしん
2019/09/23(月) 14:38:10 ID: gdd3Vw77q5
アスレイの設定は正直SEED本編とは分けて考えたい気もするけど(MSが振るわれる側にならずに振るいうる150mのとかどんだけ軽いねん、とか)
本編でもCEの対ビームコート(振動を起こしつつビームを反射等で減衰)がPS装甲に施されたのは1例だけなのを思うと
PS装甲は振動による悪影や破壊は(少なくとも単純な着弾の衝撃とかよりは)較的起こりやすいのかもしれない

ただそもそもGNソードはGN粒子ってる影ビームサーベル的な性質もあるんじゃなかったっけ?
168 ななしのよっしん
2019/10/17(木) 21:25:54 ID: ee1XyWQ68A
ナノラミネートがビーム限定にされたのはこれとの住み分けの為に理やりだろうな
製作者ともども足を引っるのだけは得意らしい
169 ななしのよっしん
2019/10/21(月) 12:11:01 ID: FaEHvlmNWO
いや、そもそも
ビーム物理も効果薄いってなったら「じゃあ弱点なんだよ」ってならん?オルフェンズ本編では鈍器で殴ったりしてたけどそれって「パワーごり押しする」って感じで弱点って感じじゃなかったし。

170 ななしのよっしん
2019/10/22(火) 04:50:47 ID: 95vmPpOVhi
パワーごり押しダイスレイヴの方で、ナノラミは装甲表面に展開されるクッションの様な場が間的な衝撃なら吸収し切るけど打撃の様な持続性のある負荷なら潰れた後もを伝達出来るから有効って話だから一応はナノラミの性質による弱点を利用した攻撃方法ではあるよ。
ならミサイルみたいな推進の付いた徹甲弾とか作らないのかとか、なんでパイルバンカー(作品によっては例外もあれど基本的には射出原理は射撃武器と同じなので間的な衝撃)が通じるのか分からないけど。

後弱点としては射撃を効化しても被弾した分塗装が剥げていって最後は効化される
衝撃の効化なのに何故か被弾の衝撃で体勢は崩すので、射撃も牽制や打撃を叩き込む布石にはなる
ナパームの様な持続性の熱でも剥げる(ビーム余波の熱も基本的に暑いで済んだが獅電は内装にダメージ行って機不全起こしたので効化は出来てない)
ナノラミが受け止められる衝撃の上限は素の装甲強度にもよるので安物装甲だと普通に撃ち抜かれる事もありえる(グレイズ部分)。おそらくナノラミでほぼ効化しつつ最終的に
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
171 ななしのよっしん
2019/10/25(金) 08:01:25 ID: Hrhss1pd4t
アレックスジンサーベル程度ではが立たんぞ!」

急上昇ワード

おすすめトレンド