出光佐三単語

イデミツサゾウ
3.3千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

出光佐三とは、日本の大手企業出光興産』の創業者である。

概要

に石油の販売を行っている、日本の大手企業である『出光興産』の創業者。百田尚樹氏が手掛け、民的なベストセラーとなった歴史経済小説海賊とよばれた男』の主人公である「造」のモデルとなった人物で、タイトルになっている「海賊」とは出光氏が実際に呼ばれていた異名で、数多くの武勇伝を持つ伝説的な実業

経歴

明治18年8月22日福岡県宗像赤間村(現:宗像赤間)において、問屋を営むの間に生まれ、「神戸商大」の通称で知られる神戸高等商業学校(現:神戸大学経済学部)に入学して商売を学んだ。そこで、師事した神戸商大の創立者であり初代校長であった水島銕也の「士魂商才」の理念、商学・財政学者として知られる内池廉吉教授の講義「商業概論」で受けた「商売はけではない」との教えに感銘を受け、自身の信条としていった。

この頃に生涯の恩人となる資産の日田重太郎と出会い、彼に息子家庭教師を頼まれて日田を訪れるようになったことが縁で交を深める内に、彼から秘めたる資質を見込まれるようになる。卒業後は、同校では運会社に就職するのが一般的だったが、神戸小麦粉と石油・機械油などを扱っている酒井商店に丁稚として入店し、そのため学友の中には「気違い」「学校の面汚し」などと蔑む者もいたというが、この経験が後に石油販売を始めるきっかけなることとなり、かねてより自身を見込んでいた日田重太郎から資援助を受け、25歳独立を果たす。

明治44年現在出光興産の前身である『出光商会』を創業して機械油や石油の販売を開始し、多くの困難にぶつかりながらも事業を海外まで拡大させた。戦後には、住居や食糧事情すらままならない困窮した状態にも関わらず、社員の首を1人も切らずに残し、不当な占領下の政策に怒りGHQの本部に乗り込んでっ向から抗議を行い、大手石油メジャーと戦うためにイランとの困難な取引(日章丸事件)を決行するなど、それら過酷な状況を何度も乗り越え再び大企業へと返り咲かせた。上述した田氏の小説の大ヒットもあって現代でも広くその名が知られるようになり、彼が著した書籍の復刻版や、今でも通ずるものがある彼の思想や信条、名言を載せた著書が数多く出版されている。

至言

玉音を拝して

昭和20年(1945年)8月17日銀座出光館」で行われた訓示

十五日おそれ多くも玉音を拝し、ご詔勅を賜り、のとどまるを知らず、言い表すべき適当なる言葉を持ち合わせませぬ。(中略)私はこの際、店員諸君に三つのことを申し上げます。「一、愚痴をやめよ」「二、世界の三千年の歴史を見直せ」「三、そして今から建設にかかれ」愚痴は鳴きである。亡である。婦女子の言であり、断じて男子のとらざるところである。ただ昨日までの敵の長所を研究し、とり入れ、己の短所を猛省し、すべてをしっかりと肚の中にたたみこんで大民の態度を失うな。 三千年の歴史を見直して、その偉大なる積極的民性と広大限の包容と恐るべき咀嚼とを強く信じ、安心して容迫らず、堂々として再建設に進まねばならぬ。

黄金の奴隷になるな。学問の奴隷になるな

“人が資本” “人間尊重”を掲げ、社員たちに言い聞かせ、口癖にしていた言葉。

人間がしっかりしておれば、自然に集まる。卒業書を捨てよ。学問や知識に囚われ、理論奴隷となってはならぬ。に囚われ、奴隷となってはならぬ。人としての尊さはどこにあるのかを見極めよ。

日本の“美”

昭和47年(1972年)に、日経連常任理事・参議院議員であった有田一寿氏の渡しで、自社にてイギリスジャーナリストヘンリー・S・ストークス氏と対談した際の彼の質問への答え。ヘンリー氏はこの対談で、日本人について深く考え、精性を理解するきっかけになったという。

世界平和、人類の福が美ということになれば、その実現は非常に難しい。その難しい美を実現するうえで、日本民族が大きな使命をもっておると私は思っております。なぜ、そういうことが言えるのかというと、その第一は、日本の『道徳』と外の『モラル』が根本的に違うということです。道徳モラルなどと訳しておるところに大きな間違いがある。

これは、ご存知かもしれませんが、先年亡くなられた鈴木大拙といわれる世界的な大哲学者におられました。この方が私にこういうことをおっしゃった。「モラルは、征者が大衆を治めるために法律・規則・組織をつくる。この法律・規則・組織などのいわゆるを書いたものを大衆が守ることがモラルである。これに反し、日本道徳平和に仲よく暮らすためには、かくしなければならないという人間心から自然に出るものである」と言われたのです。

そこで私が思うに、鈴木先生の言われた征者とは、外エンペラーキング皇帝国王していると思います。こういう人たちは、欲のために人を征した。いわゆる虐殺をやったり財産没収をやったり芸術を破壊したりして、自分一人はぜいたくな暮らしをしておった。ですから長くて二、三百年しか続いていないのです。英国は別ですよ。ほかのところは二、三百年しか続いていない。したがって、民からみれば、欲の征者が二、三百年ごとに代わっておる。そのたびに民は虐殺され、財産を没収されて、だれも自分らの生命、財産を保護してくれる者がいない。

そこで民としては、私たちにも自由があります、権利があります、というので、ここに個人義、自由義、権利思想というものがでてきて、対立闘争の形ができたということです。そこで、モラルということになりますが、この征者が大衆を治めるために法律・規則・組織というものをつくった。そして大衆は征者のつくった法律・規則・組織を守ること、いわゆる書いたものを守ることがモラルということになったのです。

いまの世の中が、まさにそういう行き方ですね。自分の給料をあげるために、鉄道をとめたり、郵便をとめたりして、なんら関係のない一般の民に迷惑をかけても、モラルの上からいえば合法的であり、順法精に反しないから当然のこととして、行われておる。こういうことは日本道徳の上からは、絶対に許されないことなのです。

ここに道徳モラルの違いがあるのです。ところが道徳は書いたものではない。人間がお互いに、しあわせに、平和に暮らしていく。これをいまの世界的な言葉でいえば、人類の平和・福をうちたてるということだが、それにはかくしなければならないという人間心から自然に湧き出るものが道徳です。

ですから心のない人間道徳はありません。換言すれば、道徳のある人にして、はじめてモラルも活きてくるということですよ。道徳のない者がモラル奴隷となって、合法的、順法精であれば何をやってもいいというようなことになっているのが、いまの世界ありさまではありませんか。そこで次に、こういう道徳がどうして日本に起こったかということについてお話します。

京都の御所をご覧になればわかりますが、日本天皇皇室欲です。ですから虐殺ということが日本にはない。皇室は質素に暮らしておられたから民から財産を没収したり搾取したりする必要がなかった。そこで民からこれを見たときに、生命を保護され、財産を保護されておるから、「ありがとうございます」という感謝の念が自然に湧き出してくる。これが『恩』ということです。この恩を知るということは、日本人だけが知っておることですね。

ここから日本民族性が出ておるということなのです。皇室によって、生命、財産を保護されておるから皇室に対して「ありがとうございます」という感謝の念をもっておる。これが日本国体のあり方です。日本皇室は二千数年続いておられるというが、こういう長い間、民の中心として民が敬愛しておる姿が続いておるというのは、日本だけである。これが日本の美ですよ。そこから道徳が出てきておる。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%87%BA%E5%85%89%E4%BD%90%E4%B8%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

出光佐三

1 ななしのよっしん
2018/04/03(火) 20:20:15 ID: agmUtQb0YW
至言がダラダラしてるうえに太字+斜体で読みにくいこと読みにくいこと…
2 削除しました
削除しました ID: W/CaQhTzEy
削除しました

急上昇ワード改