出来らあっ!単語

デキラアッ
3.5千文字の記事
  • 29
  • 0pt
掲示板へ

出来らあっ!」とは、漫画作品『スーパーくいしん坊』に登場した台詞である。

概要

包丁人味平』で知られる原作次郎」と絵「ビッグ錠」のコンビによる、漫画作品『スーパーくいしん坊』の「美味ステーキ勝負!!の巻」のエピソード内で登場した台詞

後述する「おなじ値段でもっとうまいステーキを食わせられるっていったんだよ!!」「え!! おなじ値段でステーキを!?」という台詞と共に、これらの台詞が登場する一連のシーンが面画像としてネット上で流布されている。テキストとしては、むしろ「できらぁ!」と言った少し異なる表記の方が広まっている感もある。

この 「美味ステーキ勝負!!の巻」は、『スーパーくいしん坊』のマガジンKCコミックスでは7巻に、KCデラックス版では4巻に収録されているようだ。選抜エピソードのみが収録されている中公文庫版では前編が1巻に、後編が2巻にと分割収録されているようだ。

当該ページへの流れ

(※ここから以下の内容は、電子書籍サイトebookjapanで『スーパーくいしん坊』7巻の電子書籍版exitを購入して確認したものである。媒体のコミックスや雑誌掲載時とは細部が異なっている可性もある。)

主人公鍋島香介」はレストラン「キッチンくいしん坊」のオーナーシェフ息子で、料理に関して柔軟なアイディアを出す才を持つ少年である。しかし料理のことになるとすぐにムキになり、そのために他人とトラブルとなることが多いという欠点もある。

ある日の、香介の父親新聞に挟まっていたチラシ広告で「ステーキ(200g)が980円」と謳う「ステーキハウス」の開店広告を見て低価格に驚いていたところ香介も興味を持ち、父親と一緒に食べに行くことになった。

かしこの値段じゃきっとかたくて食えたもんじゃねえぜ」「そうだなあうちのだって最低五百円はするもんなあ」「ともかく勉強のためだいってみようぜ」「ほんとに牛肉をつかってんのかねえ」と、低価格でまともなステーキが出せるものか疑念を抱いていた子だったが、「ステーキハウス」に到着して実際に食べてみるとはやわらかく味も美味しく、どんな工夫でこれを実現しているものかと不思議に思う。

その食事中、父親駐車場に止めていたの位置が悪く他のお客のが出られなくなっていたため、店内放送で「キッチンくいしん坊さま」とアナウンスで呼び出されてしまい、父親は慌ててを動かしに行った(子が乗ってきたには「キッチンくいしん坊」の店名が記されていた)。

かしこ店内放送を聞きつけた「ステーキハウス」のコックが「人の店の技術を盗みにくるのにずいぶん大胆なやり方ですなあ」とわざわざ座席まで嫌味を言いに来る。それに昂した香介は言い返しはじめ、以下の口論へと発展してしまうのだった。

香介「フンよくいうよだいたい盗まれるような技術があるのかよ」
コック「なにい!?

香介「ヘンッステーキなんかいいさえありゃあだれだって焼けらあ!!」

コック「ファッハハハたしかにそうだ!」

コック「しかしなうちほど安い値段でこれほどやわらかくおいしくたべさせる店がほかにあるかな!?

コック(※父親に向かって)あんたプロならわかるだろ このが九十円でだせるものかどうか!」

そしてここから、ネット上で面画像として流布されている以下の2ページに繋がるのである。

問題の2ページ

(※右ページ

コック「まあうちのマネをしようなんてバカな考えはよすんだなハハハハ」(※そう言い捨てて席を立ち去ろうとする)

香介(‥‥‥‥)(※を流し、睨みつけている)

香介「出来らあっ!

コック「いまなんていった?」

父親「よせ香介!!」
香介「いいんだよちゃん」

香介「おなじ値段でもっとうまいステーキを食わせられるっていったんだよ!!

(※左ページ

コック「こりゃあおもしろい小僧だぜ」

父親「いやこいつは食い物のことになるとすぐにムキになるんだよ すまんこいつにかわってあやまる!!」

コック「そうはいかないぜくいしん坊さん」

コック「大勢のお客の前でケチをつけられたんだ」(※騒動を聞いて、多くの客が3人に注している)

コック「こりゃあどうしてもうちの同じ値段で うまいステーキをつくってもらおう」

香介「え!! おなじ値段でステーキを!?

ページで「おなじ値段でもっとうまいステーキを食わせられる」と堂々と宣言しているにも関わらず、その直後の左のページではそれを実行しろと言われてなぜか驚愕している主人公……というこの見開き2ページの画像は、「お前ついさっき自分でそう言ったのに何で驚いてんだ?」というツッコミなどとともに「面画像」としてインターネット上で流布されるようになった。これを元ネタとした様々な二次創作画像なども作成されている。

「この左のページから右のページに繋げられそう」という、無限ループにできそうという意見もある。無限ループってこわくね?

さらには「これ、本当は左のページが先にあって、後から右ページに繋がるんじゃないの?乱丁でページの順序が狂っているのでは」といった意見も出るそうだ。しかし、上記のような前ページまでの流れからは右ページにしかつながらないし、またこの2ページのさらに次のページはコックが「そうだこの小僧とうちで」「ステーキデリシャスマッチだ!」「いいな小僧勝負は二日後!場所はこの店だ!!」と話すシーンなので上記の左ページからしかつながらない。よって乱丁の可性はいと思われる。

その後の展開

ここから「キッチンくいしん坊」と「ステーキハウス」の2店の対決となり、香介の工夫によって「キッチンくいしん坊」側が勝利した上で両者が和解する流れとなる。

その香介による「工夫」とは、「極上脂肪を細く切ったものを安いの中にたくさん縫い通しておく」という、要するにいわゆる「脂注入」の手法と、「ステーキハウス」の調理場を見て真似た「野菜のエキスに漬けてを柔らかくする方法」、およびや半などを使用して汁の旨味を閉じ込めるといったマンガ的ないくつかの手法である。

ちなみに余談ながら、敗北した「ステーキハウス」側がうまいステーキを安く提供できていた秘は、上記の「野菜のエキスに漬けてを柔らかくする方法」の他、「多くの支店を持つチェーン店なので直営牧場から良質なを安く仕入れている」というものだった。普通に優良店!

しかも「うちの技術を盗みに来たのか」と嫌味を言いに来たコックの態度は少し悪かったかもしれないが、上記の通り香介は実際に「ステーキハウス」のキッチンを見て知った技術を盗んでいるので、結果的にではあるが「言いがかりをつけただけ」ではなくなってしまっている。

インターネット上で話題となり始めた時期について

ちなみに『スーパーくいしん坊』は1982年から1987年に『月刊少年マガジン』に連載された漫画であり、インターネットの普及よりかなり前の作品である。

よって、インターネット普及後のどこかの時点でかがこの見開き2ページの画像をインターネット上にわざわざ投稿して紹介し、それが徐々に普及したものと思われる。ただしそのきっかけとなった時期や場所などはよくわからない

Google検索で探し出せたのは、2012年の個人ブログ話題に出されているものが最古だった。また、Twitter検索したところ、2011年には既に話題に出している人がいた。

それらの2011年頃のTwitter投稿ツイート)には「えっ!同じ値段でステーキを!?→できらぁ!って言い回しが最近流行っている」と言うものがあったので、この付近に盛んに流布し始めたのかもしれない。また同じく2011年投稿でこの言い回しについて「いつ頃からふたばに登場したんだろ?」と言うものもあったため、画像掲示板ふたば☆ちゃんねる」の関与も疑われる。

もちろん、このツイートをした人々がそう認識しているだけのことではあるため、もっと以前から別のサイトをきっかけとして普及し始めていた可性もある。

え!! 同じコマでお絵カキコを!?

 

関連動画

料理動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 29
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

出来らあっ!

136 ななしのよっしん
2023/12/18(月) 21:20:45 ID: ycqjjhI+L8
それはこの作者の作包丁人味平とかも一緒
料理勝負で負けたら料理人辞める」って賭けで負けてドラマチックに去っていったキャラが数巻後では何事もなかったように料理人続けてても一人それに疑問はさまない。あれたぶん作者も描いた内容忘れてる
👍
高評価
11
👎
低評価
0
137 ななしのよっしん
2023/12/19(火) 14:18:49 ID: YcWSDKc5KX
結局ガッツリ技術真似してるの
👍
高評価
13
👎
低評価
0
138 ななしのよっしん
2023/12/24(日) 22:08:21 ID: WjFEUtCusD
>>136
プロだって思い出深い所はともかく全部の仕事を事細かに覚えてられないし・・・。
しかしまさかつべ作者本人が見れるとは・・・。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
139 ななしのよっしん
2023/12/27(水) 19:08:31 ID: dY9WrYIFBa
これ驚く台詞言ってるの出来るって言った本人だったのか
👍
高評価
2
👎
低評価
1
140 ななしのよっしん
2024/01/11(木) 10:35:31 ID: AbqoZY4+e8
たまに一緒に貼られるできねぇーの元ネタも知りたい
👍
高評価
1
👎
低評価
0
141 ななしのよっしん
2024/01/11(木) 12:17:20 ID: OpWm+ZX6Vb
>>137
割と毎回然とパクリ+奇抜なアイディアで勝負するパターンだから…
正面からの実勝負で決着をつけるなどというナイーブな考えは捨てろ
👍
高評価
6
👎
低評価
0
142 ななしのよっしん
2024/01/11(木) 13:01:08 ID: tskrnb/1iC
👍
高評価
0
👎
低評価
0
143 ななしのよっしん
2024/01/11(木) 13:32:50 ID: +rqeYWWPwh
次郎ビッグ錠のコンビは『包丁人味平』で料理対決という要素を盛り込んでヒットさせた
料理漫画の開祖的存在なんだけど、極端に言うとスポ根モノの題材を料理に置き換えただけなんだよね
だから野球漫画サッカー漫画なんかでのライバル魔球真似るのと同じノリの描写が多い

ちなみにこのコンビの最初のヒット作『釘師サブやん』もパチンコを題材にしたスポ根モノという新な作品
主人公がひたすらパチプロ対決するぶっとんだ漫画で面いよ
👍
高評価
3
👎
低評価
0
144 ななしのよっしん
2024/01/11(木) 15:26:03 ID: xS/3SqZTh7
👍
高評価
0
👎
低評価
0
145 ななしのよっしん
2024/02/10(土) 13:11:03 ID: FNf+hHRBrV
>>141
実際この時代の有名な料理漫画って
仕込みや工夫、技巧による料理人自身の磨かれた技術よりも
奇抜で新で手なアイデアをいかに見せるかが多かったな
👍
高評価
1
👎
低評価
0