前田大和単語

マエダヤマト
2.2千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

大和やまと1987年11月5日-)とは、鹿児島県鹿屋市出身のプロ野球選手内野手外野手)である。現在横浜DeNAベイスターズに所属。

本名は「前田大和」。記事名も便宜上本名を用いる。

概要

樟南高校で1番遊撃手として3年夏の甲子園ベスト8入りに貢献。この時たまたまテレビで見ていた岡田彰布監督(当時)のに留まり、2005年高校生ドラフト4巡阪神タイガース名され入団した。

阪神時代

2006年からその内野守備が非常に高く評価され、二軍遊撃手レギュラーを獲得。


2007年から登録名を「大和」に変更。二軍で3年連続最多犠打マークするなど、小技の巧さや俊足もアピールしていたが、打撃に難があり、本職の遊撃には不動のレギュラー鳥谷敬がいたこともあってなかなか一軍に上がるチャンスはなかった。


2009年先に一軍初出場。5月末にチャンス四球を狙って三振に倒れた消極性を怒られ二軍落ちしたが、7月に復帰すると、8月4日中日戦で初スタメン。この試合でチェン・ウェインから2安打を放ったが、この試合の阪神安打はこの大和の2安打だけであった。この年は代走・二塁の守備要員として起用され、66試合に出場した。以降も専ら代走・守備要員として起用。平野恵一の代走として起用されるなど、走塁面での高評価を得た。


2011年からは背番号を66から0に変更。


2012年からは出場機会を増やすため外野に挑戦。後半戦はほぼ2番・センターレギュラーの座を掴み、上本博紀と俊足1・2番コンビを組んだ。最終的に自己最多の128試合に出場、打率.257、17盗塁の数字を残した。


2013年も引き続き2番・センターレギュラーを確保、開幕からスタメンで起用されていたが、8月20日横浜DeNA戦で大田阿斗里から死球を受け右手折。復帰はクライマックスシリーズになってしまった。出場試合数こそ104試合と前年を下回ったが、初めて規定打席に到達。打率.273、19盗塁、35犠打の成績を残した。


2014年からは外野手登録になった。上本が故障で離脱していた間は二塁手を守っていた。5月14日広島東洋カープ戦でプロ入り初ホームランを放った。


2015年は打撃不振に陥り、外野手のスタメンを江越大賀らに奪われる。上本博紀が故障で離脱した後は2番二塁手で出場した。


2017年スイッチヒッターに転向。100試合に出場し、打率.280マークした。

DeNA時代

2017年オフFA宣言し、横浜DeNAベイスターズに移籍。背番号は9。


2018年倉本寿彦と併用されながら113試合に出場し、打率.244、2本塁打、27打点を記録した。一方で遊撃手の守備ではリーグワーストの11失策を喫した。


2020年は85試合の出場だったが、打率.281、4本塁打と自己最高の成績を残した。3年契約の最終年だったが、契約更改サインした。

プレースタイル・その他

なぜかチェン・ウェインキラー。前述の2安打だけでなく基本的に相性が良く、通算で26打数10安打の.384と得意にしていたが理由は不明である。

登場曲は名前ひっかけて「宇宙戦艦ヤマト」。

成績

年度別打撃成績









































2009年 阪神 66 72 62 12 11 3 0 0 1 3 7 0 3 0 7 0 .177 .215
2010年 62 50 44 19 12 0 1 0 4 8 1 1 4 0 8 1 .273 .327
2011年 47 62 51 13 12 1 1 0 6 5 5 3 3 0 6 0 .235 .263
2012年 128 349 311 29 80 13 3 0 26 17 19 0 15 4 46 3 .257 .300
2013年 104 454 384 51 105 12 3 0 21 19 35 0 27 8 40 2 .273 .334
2014年 121 481 398 54 105 17 1 1 24 11 50 1 28 4 52 7 .264 .318
2015年 123 293 249 25 56 5 0 0 12 5 28 0 12 4 35 2 .225 .272
2016年 111 259 229 24 53 16 1 1 20 3 15 2 12 1 53 9 .231 .270
2017年 100 252 232 25 65 6 0 1 16 2 1 1 18 0 37 5 .280 .331
2018年 DeNA 113 435 394 54 96 24 3 2 27 10 9 3 24 5 73 0 .244 .293
2019年 137 490 438 42 104 17 2 0 37 3 10 2 34 6 75 7 .237 .300
2020年 85 225 199 23 56 7 1 4 23 3 3 3 20 0 28 8 .281 .342
NPB:12年 1197 3422 2991 371 755 121 16 9 217 89 183 16 200 32 460 44 .252 .305

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%89%8D%E7%94%B0%E5%A4%A7%E5%92%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

前田大和

46 ななしのよっしん
2018/08/07(火) 09:27:02 ID: rp42Wv0R0f
あの守備あったらスタメンで使い続けるのが普通でしょ、それはなにも間違ってない阪神がおかしいだけ
だいたいいくらスタメンで出続けて打てなかったからってあれだけ守れれば別に良いでしょ
47 削除しました
削除しました ID: ag6BWK7Sbp
削除しました
48 ななしのよっしん
2018/08/13(月) 12:55:50 ID: GVdI82YBCb
あの時期でWAR-0.8まで稼いでた選手を使い続けるのが普通ってのはないわ
49 ななしのよっしん
2018/08/21(火) 20:01:25 ID: Knz+5UjcSg
しっかり休んだだけあって活躍してくれるな
50 ななしのよっしん
2019/12/22(日) 05:41:47 ID: eNOtfCP2GQ

>>sm34758397exit_nicovideo

倉本寿彦VS大和
51 ななしのよっしん
2020/05/31(日) 07:59:43 ID: JGeidTBPQo
横浜はいい加減新しいまともなショート守れるを用意できないと
大和年齢的にショートフルはさすがにキツくなってくるぞ
52 ななしのよっしん
2020/06/17(水) 17:40:50 ID: UyIwZmi/MF
>>51
そのためにドラフトと田部獲得したんやで
二人ともかなりの逸材だからければ3年後には大和の後継者になれるはず
53 ななしのよっしん
2020/06/23(火) 01:23:47 ID: OunKmT0WN3
2010年代横浜内野手の確保にかなり苦労したからな。崎の起用や育成失敗→倉本離れでもフルイニング強行しないと回せない内野事情→柴田らもいまいち定着できずじまい
ショート西武田加入前までに確保するの4,5年くらい結構苦労したからなぁ。タクローの幻もあるから中々要ハードルが高い
や田部がピロヤスコーチらのでどこまで守備を伸ばせるか
54 ななしのよっしん
2021/05/30(日) 21:26:20 ID: ZTgjkqYjkX
阪神時代2000打席以上で通算本塁打3本の男が横浜だと1000打席ちょっとで8本。
本人の努もあるだろうがそれも含めても甲子園ハマスタの差ってやはりデカいな。
(ハマスタ以外の球場からもホームランを放っているとは言え)

正直通算で二桁乗るとか有り得ないと思ってたから良い思い出になったのでは。
球児や涌井みたいなビッグネームからも打ったんだから孫の代にも自慢できるし。
55 ななしのよっしん
2021/09/15(水) 09:41:46 ID: 0925PsweMw
スーパージャンピングキャッチ。

昨年出場試合数が減したが、スタミナのない
大和はむしろこれが正解。
70試合程度スタメン出場で、30~40試合程度
守備固めで出場というのがちょうどいい。

急上昇ワード改