哲学的ゾンビ単語

テツガクテキゾンビ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

哲学的ゾンビphilosophical zombie)とは、哲学的な思索を行うゾンビのこと……ではなくて。

心の哲学思考実験の上で提示される、「人間物理的/行動的には全く同様であるにもかかわらず、主観的な意識やクオリアを一切持たない存在」である。

なお、あくまで思考実験上の存在である。実在するとされているわけではない。そもそも「このような存在は実在不可能である」とする意見も根強い。

「p-zombie」と略されることもある。あるいは、哲学の場で使用される場合は単純に「zombie」とも。

概要

哲学的ゾンビは、も含めてあらゆる物理的な構造やその働きは人間と同一である。しかし実は、あらゆるクオリアを一切感じないし、主観的な意識も持たない。

だが物理的構造もその働きも全く同じなので、「とても悲しいこと」が起きれば人間と同じく悲しみにむせび泣く振る舞いを見せるだろうし、「とても嬉しいこと」が起きれば人間と同じく喜びに舞い踊るかもしれない。これらの「振る舞い」は物理的反応なので、物理的に何も変わらない哲学的ゾンビが人間と同じ反応をするのは当然である。

芸術肌の人間と全く同じ物理的構造を持つ哲学的ゾンビは、芸術活動だってできるであろう。自分の悲しみを表現したという、観る者が息をむような絵画を描くかもしれないし、自分の喜びを表現したものとして、聴衆が心躍るような楽曲を作曲するかもしれない。

恋愛だってできるだろう。かに対して自分が持つという情を告白して受け入れられ、結婚し、末永幸せに暮らすかもしれない。あるいは、すげなく振られてしまい、失恋に思い悩む振る舞いを見せるかもしれない。

哲学的ゾンビは「感情そうな冷たい行動をとるやつ」ではない。いや、冷人間と同じ物理的構造の哲学的ゾンビは冷人間のように振る舞う可性はある。しかし熱血的な性格を持つ人間と同じ物理的構造の哲学的ゾンビは、その人間と全く同じ言動をとるだろう。

哲学的ゾンビは「演技をしている」わけではない。哲学的ゾンビのの中では「悲しみ」「喜び」「創作活動」「恋愛」「正義感」といった出来事を人間が体験した時と同じ内物質が出て、同じ内活動が生じているだろう。「物理を観察して、今感じている感情を解析する機械」にかければ、哲学的ゾンビのは喜びや悲しみを感じている、という解析結果が出るだろう。

だが、それでも実は哲学的ゾンビは主観的な意識やクオリアは全く持っていないのだ……

といった存在が「哲学的ゾンビ」である。

さて、このような存在がありえるのだろうか?

背景

現代の医学的な知見では、意識やクオリア物理的な作用によって生まれているように見える。剤などの物理的作用を加えることで意識やクオリアは変動するし、また意識の変動はの活動としてある程度外部から観察できる。

ここから、「意識やクオリアを含む「心」は物理的な現であるのだ」という言説が生まれる。これを「物理義」(physicalism)とよぶ。これは「一元論」(monism)、「物論」(materialism)の一種である。

しかし、主観的な意識やクオリア「そのもの」は客観的な観測が困難である。どんなに意識の変化に伴うの変化を精密に観測したとしても、あくまで観測しているのは「意識の変化を反映した物理」でしかないので「主観的な意識そのものの変化」を観測しているとは言い難い……とも言えるからだ。

この点に注して、「意識のハードプロレム」(hard problem of consciousness)という考え方も生まれた。これは「主観的な意識やクオリアとはいったい何なのか?物理的現であるからどうやって生じているのだ?」という問題について、「物理的な解析をいくら精緻に進めても解明できたとは言えまい」という考え方である。この考え方は哲学者のデイヴィッド・チャーマーズDavid Chalmers)が提示した。この「意識のハードプロレム」の考え方は「意識についての本質的な部分は、現在物理義では解明できないのではないか」という、その時点の物理義に一石を投じるものでもあった。

そこからさらに踏み込んだ物理義への批判として、デイヴィッド・チャーマーズ1990年代に「哲学的ゾンビ」の考え方を広めた。

「意識のハードプロレム」の考え方が正しいならば、意識やクオリアといったものが物理的現からどのように生まれているのかは解明できない。ならば「物理的現から意識やクオリアが実は生まれてはいない存在」すなわち「哲学的ゾンビ」も想像可である(conceivable)とチャーマーズした。

さらにチャーマーズはそこからさらに「哲学的ゾンビは形上学的に可metaphysically possible)でもある」と進み、「よって現在物理義は誤っている」という論法を提示したのである。

物理義が正しければ、哲学的ゾンビはありえない。物理義によれば意識やクオリアを含めた「心」は物理的なものであるため、物理的に同一ならば当然、人間同様に意識やクオリアを持ってしまうであろう。裏を返せば、哲学的ゾンビがありえる(形上学的に可metaphysically possible))ならば、物理義は誤りであることにもなるわけだ。

このチャーマーズの論法には他の哲学者から様々な意見が寄せられた。その中にはこの論法が誤っているという批判もあった。

ちなみに、「哲学的ゾンビ」の概念を始めて記述したのはチャーマーズではない。このような概念について最初に喩えとして「ゾンビ」のを使ったのは別の哲学ロバートカーク(Robert Kirk)で、1974年の論文で既に言及している。チャーマーズはこの喩えを多用することで広め、議論を活発化させた。

哲学者らの意見

2009年には、哲学論文関連のウェブサイト「PhilPapers」にて、様々な哲学的論点に対する哲学者の意見を確認するためのインターネットアンケート調がなされた。[1]

この調は「Philosophical Gourmet Report」(「哲学グルメレポート」。英語圏限定だが、世界の様々な哲学研究施設を点数付けしたランキング)で少なくとも1.9以上を付けている施設に属する哲学者をな対とし、有効回答者数は931人だった。

そのアンケート内には、哲学的ゾンビについての以下の質問も含まれていた。

Zombies: inconceivable, conceivable but not metaphysically possible, or metaphysically possible?

ゾンビ:「想像不可能」、「想像可だが形上学的に不可能」、「形上学的に可

この質問に対する回答結果は以下の通り。

  1. 想像不可能(inconceivable)である:16.0%(「そう」(Accept):8.8%、「どちらかといえばそう」(Lean toward):7.2%
  2. 想像可(conceivable)だが、形上学的に不可能not metaphysically possible)である:35.6%(「そう」(Accept):20.5%、「どちらかといえばそう」(Lean toward):15%
  3. 上学的に可metaphysically possible)である:23.3%(「そう」(Accept):12.4%、「どちらかといえばそう」(Lean toward):11.0%
  4. その他:25.1%(この件について十分に詳しくない(Insufficiently familiar with the issue):9.0 %、不可知である/不確定である(Agnostic/undecided):6.6 %、回答するには質問が不明瞭すぎる(The question is too unclear to answer ):4.3 %

つまり、チャーマーズと同じく哲学的ゾンビが「形上学的にありうる」と考える哲学者は23.3%であった。一方、哲学的ゾンビは「ありえない」と考える哲学者は16.0%35.6%を合計して51.6%。そして「その他」とした哲学者が25.1%であった。

独我論

あなた、そう、この文章を読んでいるあなただ。あなたは意識を持っているだろうか?

もしあなたに意識があるなら、おめでとう!あなたは哲学的ゾンビではない。

しかし、これは秘密なので黙っていてほしいのだが……世界中のあなた以外の人間は……いや、人間だけではなく動物たちですら、実はみな哲学的ゾンビである。

あなたにとって大切な者たち、例えば家族や友人や人やペットたちも、みな哲学的ゾンビだ。歴史上の偉人達も、あなたが知っているあの有名人も、みんなみんな「意識を持っているかのように振る舞っていた」だけだ。彼らの内面的には「意識」や「クオリア」は持たなかったのだ。

この宇宙で意識を持っているのは、実はあなた一人だけなのだ

……ということをかがあなたに言い出したとする。

哲学的ゾンビがもしありうるものだとすれば、哲学的ゾンビは「物理的に人間と同一である」ので、見分けるすべはない。

自分以外のかが「哲学的ゾンビではない」ことを確かめる方法はいのだ。

さて、あなたは「自分以外の全ての者が哲学的ゾンビかもしれない」と疑いながら生きていかなくてはならないのだろうか?

ちょっと不安になってしまったあなたは、「世界五分前仮説」の記事を読むといいだろう。ゾンビだろうがゾンビでなかろうが、世界のすべては五分前に作られたかもしれないような細なことでしかないんだ。気にするな!

関連動画

関連項目

脚注

  1. *Bourget, D. & Chalmers. What do philosophers believe? D.J. Philos Stud (2014) 170: 465.exit

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%93%B2%E5%AD%A6%E7%9A%84%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%83%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

哲学的ゾンビ

1 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 22:36:52 ID: brf7E99qlu
実際、自分自身が10分毎に哲学的ゾンビになったり意識を取り戻したりしても一切気付かないわけで、そんな考えに意味はあるのか? という気もする。
2 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 20:34:40 ID: ujkm2gbjQJ
>>1
高校ぐらいのとき、哲学的ゾンビとか哲学にハマったのも影して文系を選んだ
文理問わずAIの基礎を学習させるとかいう報道就活を経験して今死ぬほど後悔してる
3 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 17:06:54 ID: ujkm2gbjQJ
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/01883/exit
1つは、これまで日本は産業におけるIT情報技術)の重要性は訴えつつも、その基盤である数学と産業との連携がおろそかになっていた点だ。 IT産業の盛を誇る米国コンピューターサイエンス(計算機科学)は伝統的に数理科学の研究との結びつきが強い。例えばグーグルを創業したセルゲイブリン氏は大学コンピューターサイエンスと数学の双方を専攻している。

経産省はこの反に立ち、文科省と共同で19年3月26日、「数理資本主義の時代~数学パワー世界を変える~」というリポートを発表した。

リポートがす「数学」は、純数学、応用数学統計学確率論、さらには数学的な表現を必要とする量子論、素粒子物理学宇宙物理学なども含むとしている。AIなど専門領域のプログラマー数学により飛躍的に高まるとし、数学は破壊的なイノベーションを起こすための普遍的かつ強ツールになるとうたう。
4 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 08:17:26 ID: 5TUvJAM09n
見当違いなことを言ってるかもしれんが、ぱっと読んだ感じゲームとかアニメキャラがそれっぽいなーと思った
そうだとしたら、ますます現実には実在しにくい存在になるのかな
5 ななしのよっしん
2019/07/14(日) 07:46:04 ID: ieNCiv00lQ
この世界に「いる」々がゲームキャラで、この世界を「感じてる」々はプレイヤーって例えはあるな(ただし操作はできない)。
キャラの中にはNPCもいるかもしれないし、プレイヤーが寝てる間もキャラクターは勝手にゲーム進めてるかもしれない。