桂さん単語

カツラサン

桂さんとは、苗字もしくは名前に「」が付く人物への敬称である。ネットでは、以下挙げた人達に使われることが多い。

  1. 桂小五郎 - 幕末の志士、明治時代の政治家。後の木戸孝允
  2. 桂小太郎 - 漫画銀魂」の登場人物。
  3. 上院 - アニメYAT安心!宇宙旅行」の登場人物。
  4. - ライトノベルマリア様がみてる」の登場人物。

ここでは、4.について解説する。

概要

担当声優下屋則子

福沢祐巳クラスメート(初年度)で、テニス部所属。入部してすぐに部活の先輩姉妹スール)になった。これといった特徴のないごく普通の生徒で、山百合会への認識もごく一般的な憧れ程度。ミーハーで周りに流されやすいところがあり、薔薇革命島津由乃支倉令ロザリオを返した時、便乗して一時姉妹を解消してしまったことがある(由乃が仲直りすると、こちらもすぐに復縁した)。

当初はの親友としてそれなりに出番があったが、小笠原祥子(プティスール)となって山百合会に入ると、クラス内の描写と例するかのように登場回数が減っていく。そして決定打となったのが、2年生進級時のクラス替えである。と違うクラスになった桂さんは藤堂志摩子と一緒のクラスになるが、志摩子は同じ山百合会のメンバーとして今まで通り活躍するのに対して、一般生徒の桂さんはと疎遠になってしまう。アニメ(一期・二期)が放送された連載中期の頃には、名前すら全く出てこない、忘れられた存在になってしまったのである。

桂さんの不幸伝説

桂さんの不遇なところは出番だけではない。原作1巻からの古参キャラにも関わらず、現在に至るまで未だに苗字が不明である(リリアン女学園では、同級生に対して名前で「○○さん」と呼ぶのが普通で、苗字で呼ばれることはまずい)。短編集を含めて、一回限りのゲストキャラでもフルネームがある人は多いのに、なぜ桂さんの苗字明らかにされていないのかは一切不明である。アニメの出演者の間では、実は苗字三枝(さえぐさ)ではないか?というまで上がる始末である。

出番が少ないのは原作に限らず、アニメなどでも同様である。当初は原作に桂さんの挿絵はく、アニメ化に際してその外見が明らかになり。色素の薄いボブカットヘアという活発な印を受ける可らしい姿で人気を集めた(後に第26巻「イラストコレクション」で、アニメ絵を基にしたひびき玲音による公式絵が載せられた)。一期の前半では出番があったが、こちらもやはり話が進むたびに影が薄くなる。二期では台詞いただのモブキャラ(と言うより背景)にされてしまい、三期(OVA)と四期ではとうとう一度も映ることがかった。漫画版に至っては、桂さんの出番が全てもう一人のの親友である武嶋蔦子に置き換わってしまい(しかも全く不自然に感じない)、存在そのものがなかったことにされている。実写映画版では、桂さんの立ち位置に相当するのは、「薔薇革命」などで登場した他のクラスメイト小山田みゆきに変わってしまっている。なぜ桂さんを直接出さなかったのかも、わかっていない。

が祥子のになる前、祥子がが自分のことなんて忘れてしまっていることをしょげるに対して、「スターは素人のことなんかわざわざ覚えていない」と励ましたが、皮にも自分がにとって忘れられた存在という立ち位置になってしまったのである。山百合会に入ったに対して、桂さんは有名人になって遠い存在になってしまったかつての友達と思っていたのだろうか?クラス合同体育祭修学旅行でも名前が一度も挙がらなかった桂さんは、「本当にあの場にいたのか?」「消えてしまったのではないか?」と危惧するすら上がっていたのである。

だが。そんな桂さんのの時代も終わる時がやって来た。原作者の今野緒雪先生二次創作人気その存在を思い出したのか、松平瞳子姉妹問題が佳になった頃から徐々に出番が復活。ともこれまで通り、友人関係が続いていたことも判明して、ほっとしたファンも多かったのではないだろうか。そして、第34巻「卒業前小」の短編「おさまのラケット」で、初めて彼女視点で描かれたエピソードが登場した。第1巻の初版から10年にして、短編とは言え遂に念願の役の地位を獲得した桂さん。長く厳しいを乗り越え、やっと待ち望んだがやって来た間だった。

桂さんは鵜沢美冬とはまた違った意味で、ありえたかもしれないもう一人の福沢祐巳という立ち位置とも言える。もし、タイが曲がっていることを祥子が気づかなかったら、もまた桂さんと同じようにごく学生生活を送っていたのかもしれない。だからと言って、別に桂さんの学園生活が面みのない、ありきたりなものではなかったことも事実である。実は山百合会以外のリリアン女学園のキャラクターの多くは、姉妹スール)の契りを結んでいない、独り身の人物が大半を占めており、グランスール)や(プティスール)がいるのは、新聞部の面々と桂さんぐらいしかいないのである。桂さんは彼女なりに、学園生活の中で色々なドラマがあったのは想像に難くない。近年のマリみては、山百合会以外の生徒が中心となった短編が多いので、今後もしかしたら、桂さんがメイン、もしくは桂さんが物語に深く関わるエピソードが作られるかもしれない。

ファンからの扱い

桂さんの不憫な扱いが表面化したのが、ちょうどアニメが放送された時期と重なったこともあり、二次創作ではい段階から人気を集めていた。同じ友人ポジションながら、レギュラーの座を死守した子との落差もまた、桂さんの不遇っぷりに拍を掛けた。ギャグSS小ネタにも出てくることがあるが、桂さんが特にネタにされやすかったのは某お絵かき掲示板を中心にしたファンアートであり、存在感いのでにも見えない、透明人間にされる、意図的に皆にスルーされる、「ウォーリーを探せ」状態でしか映らないなど、散々な扱いを受けることもしばしばあった。

また、蟹名静がロサ・カニーナ(薔薇さま)と呼ばれるのに対して、桂さんにも何か称号を作ろうというが上がり、静と同様にその名を取って、ロサ・カツーラ(並薔薇さま)という称までできてしまった(本人にしてみれば、少しも嬉しくないだろうが・・・)。

こうしたネットでの人気が高まったため、原作の新刊が販売される際に桂さんが登場すると、それだけでニュースなるほどだった。これが台詞もあるとさらに盛り上がるなど、もはやレアキャラ並の扱いとなっていたのである。出番や台詞だけでこの騒ぎなのだから、先述の「卒業前小」で役に抜された時のファンの歓喜は、々の想像をえるものがあっただろう。

後に、女の子達のライト百合を描いた某漫画では、主人公なのに出番がく影も薄い不憫なキャラクターが登場する。百合というジャンルで後の作品に大きな影を与えたマリみてのことだから、もしかしたらそのモデルの一人が桂さんなのかもしれない・・・?

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A1%82%E3%81%95%E3%82%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

桂さん

1 ななしのよっしん
2012/05/10(木) 12:58:27 ID: ddHjNTq5pJ
作成乙

桂さん以上に普通女の子だよな、典的な一般的リリアン生というか
おそらくそういうモデルとして出てきたのかなと思うんだが
さまがいて本命がいてもできて、山百合会も楽しそうだけど
桂さん学生生活も普通に楽しそう
2 ななしのよっしん
2016/02/07(日) 19:14:53 ID: pJc6C4WuQF
二次小説では某人食い博士と精融合
「闇薔薇様(ロサ・ノワール)」として学園教頭代行および
BF団非常勤軍師として大活躍させてますww
3 ななしのよっしん
2017/02/04(土) 18:42:54 ID: 4OEYrrKYOF
>おさまがいて
うん
>本命がいて
うん!
これ一歩間違えたら危うく姉妹関係の崩壊になってたのでは
例の遠くから見初めた下級生に似ている別人を間違えてにした人のごとく
4 ななしのよっしん
2017/08/03(木) 22:16:09 ID: V0tb5tFsZu
いやアッカリーン普通に出番あるだろ・・・