神殺し単語

カミゴロシ
1.6千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

神殺しとは、「を殺すこと」「を殺せるもの」「を殺したもの」の総称である。

概要

単純に言えばを殺したもの、あるいはそれを行えるを有するものをして呼ばれることが多い。
初めから「を殺す(殺せる)存在」として誕生するものの他、中には「誤ってを殺してしまった存在」なども神殺しと呼ばれ、畏れられることもある。

また古代における大自然の化身や、人間の成長を管理しる者として表現されることも多かった。
そのが殺されることにより、世界に(良いか悪いかは別として)多種多様な変化が起こったとされ、時に歓迎されることもあれば忌避されることもあったようだ。

余談

神殺しに関わる伝説は実は意外とポピュラーで、古来から神殺しは何度も行われてきたことであり、「さまざまなを殺した、が殺されていた」という言い伝えは世界中に残っている。

一般的に「神殺し」という呼称は人や具につけられることが多いが、古代神話では同士で殺しあっていたりするために神殺しと呼ばれるが多数存在したり、実際はではないが“人からと呼ばれ崇められるもの”を倒したりすることで呼ばれる存在がいたりと、対の種類や用法がけっこう多い。
(特にとある神話あたりでは、血で血を洗う恐ろしい闘いがやその他諸々で繰り広げられていたりするので、正直きりがないくらいの神殺しがゴロゴロ存在していたりする)

これに小説ゲームなどの現代の創作などを合わせると、現在でも非常に多くの神殺しが世界には存在していると推察される。

神殺しに関連のある人物

伝説・神話など
創作関連

神殺しに関連のあるアイテム

実際に神殺しのを持つ物や、を殺す際に使用された物、神殺しのアイテムとしてり上げられた物など種類はさまざま。

伝説・神話など
創作関連

神殺しを扱った作品など

神話

他多数

創作関連

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A5%9E%E6%AE%BA%E3%81%97
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

神殺し

61 ななしのよっしん
2020/04/16(木) 17:38:24 ID: eXl1WdqtXi
津上翔一くんは体を破壊しただけで殺してはいないのでセーフですね
62 ななしのよっしん
2020/05/24(日) 09:27:36 ID: 9Itp6i6eX2
花寺のどか・・・中の人神殺しで知られる主人公もやっている

蛇遣い座が出来た事はスタープリンセスにも同じ事が出来る事を明してしまったし、キュアグレース神殺しがあってあの最終決戦乱入したら蛇遣い座なんてフルボッコだったんだろうね。
63 ななしのよっしん
2020/07/28(火) 00:11:35 ID: zDpJIA80LA
は死んだ(絶望
64 ななしのよっしん
2020/08/13(木) 00:05:30 ID: nPriz9KpVb
第三の神殺しアメリカ合衆国
65 ななしのよっしん
2021/02/10(水) 08:11:26 ID: w2t8AGpwaf
合衆はむしろ忠実ななんだよなぁ
66 ななしのよっしん
2021/02/10(水) 08:13:31 ID: IKzFZuD4jG
あのは4文字様じゃないからなー
67 削除しました
削除しました ID: p3C1HuAaUc
削除しました
68 ななしのよっしん
2022/01/16(日) 17:55:54 ID: orzRZLxrjh
サブカルチャーじゃありふれた存在だけど
神話や伝承みたいな話が出典の
以外の者がを殺した話だと意外とくね?

強いて言えば半神半人ギルガメッシュがフンババ殺したぐらい?
69 ななしのよっしん
2022/01/21(金) 19:49:40 ID: M6aK7uqM14
ちょっとずれた話になりますが。

古代社会だと、やそれに等しいとみなされる人間
様々な理由
(期待する恵みをもたらしてくれないとか、老齢や外傷などでにふさわしい全性が失われた、とか)で殺する、というケース
枝篇」で多く引用されてましたね。

時代が下るとそういう「人間」側にも延命の機会が設けられたり、逆に人間側が祭たちを殺してシステムそのものをひっくり返したり、なんてケースも出てきたり。

なかなか興味深い題材なんですよね、このあたり。
70 ななしのよっしん
2022/01/25(火) 11:04:02 ID: snlWRIpLls
思えばマジレンジャーは敵のカテゴリー上、終盤から最終回にかけて連戦で神殺しをしているような作品だったな