編集  

Blackadder Chord単語

ブラックアダーコード

Blackadder Chordブラックアダーコード)とは、根音に減5度・短7度・長9度上の音を加えて作られる和音である。あるいは、オーグメントコードaug)の根音の減5度下にベースを置いたオンコード(分数コード)と解釈することもできる。

日本では「分数aug」などの名前で知られ、作曲田中秀和がよく用いることから「田中aug」と呼ばれることもある。ニコニコ動画では、音楽クリエイターゆゆうたが独自に発見したことから「イキスギコード」としても知られている。

ただし、呼び名が増えすぎると検索性が低下してしまうため、一刻もく呼称が統一されることが望ましい。本項では際標準の確立し「Blackadder Chord」の名前を執拗に積極的に用いることとする。

注意 ニコニコ動画YouTubeTwitterなどにおいて、Blackadder Chordを一切使用していない動画に対し「イキスギコード」というコメント投稿される事例が確認されています。
分数augという特徴的な形だからこそこの名前がついたわけであって、この単エモいきに対して差別に適用することは行き過ぎた行為といえます。世の中に満ち溢れたノンダイアトニックコードいちいち絶頂しているようでは日常生活を送るうえで身体がもちませんのでご注意ください。

こんなコード

16307
構成音: C, G♭, B♭, D

コードネーム表記は「C9-5omit3」となる。解釈違いとして「C9(11)omit3,5」と捉えたり、分数コードで「G♭aug/C」や「G♭7(♭13)omit3,5/C」と書くこともできる。

音楽理論サイトSoundQuestでは、このコードに「C blk」という表記を与えている。

以下、実際の楽曲におけるな使われ方を、種類ごとに分けて解説していく。

Iaug/♯IV (♯IV blk)

16309
| I | % | Iaug/IV | % |
| IVM7 | #IVm7-5 Iadd9/III | IIm7 | IIm7/V |

サンボマスター世界はそれをと呼ぶんだぜ」(作曲山口)のサビ。このように、Iaug/IVIVM7 の形で用いられることが多い。

16310
| IVM7 | IIIm7 VIm7 | IIm7 IIm7/V | I | I Iaug/IV |
(ここからサビ
| IVM7 | Iadd9/III | IIm7 III7 | VIm7 |

槇原敬之どんなときも。」(作編曲槇原敬之)のサビ入り直前に用いられているもの。

16311
| I | VIIm7 III7 | VIm7 | VmIaug/IV |
| IVM7 V/IV | IIIm7 VI | IIm7 | IIm7/V |

CINDERELLA PROJECTStar!!」(アイドルマスターシンデレラガールズOP、作編曲田中秀和)のイントロツーファイブを用いるカノンコード亜種ん中に挟んでいる。ちなみに、サビではい部分のコードがただのIaugになっている。

Vaug/♭II (♭II blk)

16885
| IIIm7 VIm7 | IIm7 V7sus4 | IIIm7 VIm7 | ♭VIM7 | IIm7/V Iaug/IV |
(ここからBメロ
| IVM7 ♭VII7 | IIIm7 IIdim7 | IIm7 Vaug/♭II | I IIIm7 |

オーイシマサヨシ「オトモダチフィルム」(多田くんは恋をしないOP、作編曲大石昌良)のBメロ4536251進行のV7の代わりに♭VII7、VIm7の代わりにIIdim7、そして2回のV7の代わりとしてVaug/♭IIが用いられている。

IIIaug/♭VII (♭VII blk)

16405
| IIIaug/♭VII | VIm7 | I7 | IVm7 |
| VIIm7-5 | III7 | VIm Vaug | Vm7 Iaug |

が原中学卓球部「灼熱スイッチ」(灼熱の卓球娘OP、作編曲田中秀和)。この曲はサビIIIaug/♭VIIで始まる尋常ではないコード進行となっている。作曲者による解説ツイートexitが存在するが、どうやったらこんな発想ができるのか初版作成者はまだ理解できていない。

ちなみに、坂本真綾Be mine!」(世界征服~謀略のズヴィズダー~OP、作曲the band apart編曲the band apart江口)のサビはほぼ同じコード進行である。実際、「灼熱スイッチ元ネタBe mine!である」旨の発言が田中秀和本人からあったようだ。

さらに、韓国女性アイドルグループLovelyzが歌う「SHINING☆STAR」(作編曲:1TakeTAK)のサビもほぼ同じコード進行である。もしかしたらこれらの曲が元ネタになっているのかもしれない。

16900
| IIm | IVdim | Vsus4 | V Vaug/♭II |
(ここから間奏)
| I | IVm7-5 | IV | ♭VII7 ♭II7 |
| I | IVm7-5 | IV | IIIaug/♭VII |
(ここからAメロ
| I | ...

なお、灼熱スイッチといえばサビ冒頭が注されがちだが、イントロ末尾と1番Aメロ直前にもBlackadder Chordが含まれている。コード以外にも様々な仕掛けが施されており話題は尽きないが、本記事の題と離れてしまうため解説サイトなどを参照されたい。

命名までの経緯

Blackadder Chord」という名前は、音楽理論を扱うYouTubeチャンネルOngaku Conceptexit」を運営するJoshua Taipaleが名付け、2017年5月29日投稿した解説動画exit表したものである。

日本ゲーム音楽アニメ音楽が好きなTaipaleは、ラブライブ!サンシャイン!!の楽曲「Guilty Eyes Fever」(作曲本多友紀、編曲酒井拓也)を聞いていた際に、聞き慣れないコードに出会う。構成音を書き起こしたものの解釈ができずにしばらく放置していたが、他の曲にも同じコードが登場したため、Twitterで「このコードに見覚えがあるかexit」とジャズファンに尋ねたものの返答が得られなかった。

このコードになにか名前をつけられないかと考えていたところ、Ongaku Conceptdiscordに参加しているTerryが「Blackadder」()という名前を提案、Taipaleが「クールに聞こえるから」それを採用したと動画中でられている。Terryがなぜこの名前を提案したのかはられていないので不明。


ところで、このコードアニソンを数多く手がける田中秀和がよく用いることで以前から知られていた。本記事の初版作成者が分数augという形のコードを知ったのも、田中秀和の楽曲がきっかけである。特に、前述の「灼熱スイッチ」はアニソンファンどころかアニソン興味がなかった音楽ファンの度肝すら抜いている。

それ以外にも、日本ポップスでは確認できるだけで1970年代から用いられてきたコードであり、名前は知らなくても得体の知れないものとして聞き覚えがある人も多いと思われる。例えば1977年発売のアルバムに収録された山下達郎の「Candy」に用いられている。この曲は山下く「コード進行への興味のために作ったような曲」であり、「休憩時間に細野さんサビコードピアノで弾いて確かめていたのが、妙にうれしかったのを今でも覚えています」[1]というエピソードが存在する。

そのため、Taipaleが日本音楽ファンに上記の質問をしていれば、すぐに回答が得られていた可性が大いに考えられる。余談だが、本記事作成直前(2018年8月12日午前1時ごろ)に「"blackadder chord"」でGoogle検索し、日本語ページだけを表示しようとしたところ、検索結果が実質0件であった(前述の動画を高評価したYouTubeユーザーページヒット)。日本音楽シーンガラパゴス進化を遂げていると言われることもあるが、日本で長らく親しまれてきたコード海外で分析され、その名前が日本に紹介されるのが1年以上遅れたのは皮な結果と言えよう。

なお、前述の解説動画には「1980年代R&Bやゴスペルソングには普通に用いられている」というコメント投稿されている。特に日本でしか使われなかったコードというわけではないようだ(よく考えれば当然であるが)。

Blackadder Chordを用いている曲の一覧

前述のTaipaleが見つけられたのは以下の7曲。

  1. Guilty Eyes FeverGuilty Kissラブライブ!サンシャイン!!より、作曲本多友紀、編曲酒井拓也)
  2. ラブドライト/OSTER project feat.常盤ゆう(作編曲OSTER project
  3. CANDY LOVE竹達彩奈(作編曲小林太郎
  4. リズムメロディの為のバラッド竹達彩奈作曲沖井礼二編曲:New Old Stock)
  5. わんだふるワールド竹達彩奈(作編曲小林太郎
  6. クローバー♣かくめーしょん/とりぷる♣ふぃーりんぐ(三者三葉OP、作曲おぐらあすか編曲manzo
  7. おはよう、またあした放課後ティータイム映画 けいおん!ED、作編曲百石元

その他、分数augコードの例としてよく取り上げられるものを列挙する。加筆希望!)

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *「SPACY」2002年再発売版(商品番号:BVCR-17014)のライナーノーツより引用

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/blackadder%20chord
ページ番号: 5538410 リビジョン番号: 2662568
読み:ブラックアダーコード
初版作成日: 18/08/12 01:18 ◆ 最終更新日: 19/01/26 20:39
編集内容についての説明/コメント: 作曲者の横に編曲者を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Eaug/A#→D...
G→Gaug/Db...
例えばこんな感じ?
Dm7→Gaug/...
C→F#7-5→F...

Blackadder Chordについて語るスレ

119 : ななしのよっしん :2019/01/18(金) 14:22:20 ID: Ix4oEUJ+aL
>>sm34489714exit_nicovideo

もうイキスギコードとか呼ぶの辞めません?
こんな人間性のが作った言葉ですよ、このコードを好んで使う作曲者たちに風評被害を与えたいか侮辱してるとしか思えません
120 : ななしのよっしん :2019/01/21(月) 18:06:18 ID: uy94R5s0Cd
>>110
もう「世界ゆゆうた」ですね
音楽史に名を残すことは間違いない
121 : ななしのよっしん :2019/01/23(水) 18:51:10 ID: N8s3axZ0L4
てっき剛竜馬テーマMake up city)や帝国少女イントロに使われる半音下がっていくコード進行のことかと思ったら違った。
122 : ななしのよっしん :2019/01/24(木) 21:31:07 ID: PcNO9KR3pl
>>121
ベース音が半音ずつ下がってくのならそれはクリシェだな
123 : ななしのよっしん :2019/01/26(土) 15:29:27 ID: GaMjCD2sN/
>>122
セカンダリードミナント裏コードとして使うと必ずクリシェを伴うので、どうしても勘違いされやすいという側面もあります……

>>118
あとで対応します
124 : ななしのよっしん :2019/01/27(日) 00:12:16 ID: q5jk6mWG7e
田中がこれを大好きなことを知っていた作曲滝澤俊輔
シンデレラガールズで共同作曲したEVERMOREにて自分の担当パートイキスギコードを仕込み
滝澤君ここの音めっちゃいいじゃないですか!!」と田中の反応を楽しんでいたという逸話がある
125 : ななしのよっしん :2019/02/08(金) 05:40:17 ID: uv4nlgc7yy
初学者です
灼熱スイッチ頭のGaug/Fって、
構成音はG、B、D#、Fで、Gaug7とも表記できると思うんですが、
そう表記しないのはあくまでベース音がFで鳴っているから、の理解で合ってますかね…?
126 : ななしのよっしん :2019/02/09(土) 12:02:15 ID: GaMjCD2sN/
>>125
仰るとおり構成音はGaug7なので、そこにベースを付記して「Gaug7/F」と書くこともできますね
127 : ななしのよっしん :2019/02/09(土) 21:27:42 ID: h0b5QKPJ57
灼熱とBe mind両方好きだったのにここでコード進行がほぼ同じと聞いておっぱ…おっぱげた
あと個人的にポストロックとかジャパニーズジャズとかよく聞くけど結構使ってる気がする(適当

学問として解析したり使ったり出来るし、感性だけで適当に聞いたり使ったり出来る音楽ってすごいと思った
128 : ななしのよっしん :2019/02/18(月) 03:20:35 ID: f2dESLv8/B
わかる
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス