今注目のニュース
『ゴールデンアイ 007』を「ピアノ」でプレイする海外ファンが登場。奏でられる音楽は意外にもゲームにマッチ
加藤浩次「僕は会社を辞める」発言でネット「かっこよすぎる」と話題に
「仕事を選べるなら再び中学教員に」日本が他国より少ない理由 教師の仕事が「外れる子を出さない品質管理」になっているため?

コウサカ・ユウマ単語

ユウクン

掲示板をみる(354)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

コウサカ・ユウマとは、「ガンダムビルドファイターズトライ」の登場人物。
前作「ガンダムビルドファイターズ」のヒロインであったコウサカ・チナの実である。

内田雄馬(幼少期:広橋涼

概要

上述の通りチナのであり、彼女とフミナからは「ユウくん」と呼ばれているが、フミナに対しては「その呼び方はやめてください」と訂正していた(結局呼ばれているけど)。

ホシノ・フミナとは幼馴染。かつてフミナと「中等部に入ったら一緒にガンプラバトル選手権に出よう」と約束していたが、本作の時間軸から2年前、アドウ・サガとのバトルでのトラウマから、ガンプラバトルから身を引いていた。

そのため、中等部では模型部に所属。上記のトラウマからガンプラバトル部に所属することを拒否していたが、セカイとフミナのタッグ相手の試合にて、拳でってきたセカイの説得と、「あの人」との約束を果たすためにひたむきに戦うまっすぐなフミナの姿勢に心が動き、規定違反改造をされたガンプラ「アグリッサ」をセカイ、フミナと共に仕留める。
その後、再びガンプラバトルに身を投じる覚悟をし、正式にガンプラバトル部に入部した。カイちゃんに心を奪われ揚げ足とられたからではない

ガンプラ製作技術は前作主人公イオリ・セイに師事しており、ビルダーとしてのは高い。
アーティスティックガンプラコンテストグランプリを獲得するほど。

温厚だが優しいとは違い冷静沈着で、頭。腕が立つ代わりに頭の方が若干残念なセカイを「ミトコンドリア以下」と評する。
そのほか、セカイに対しては「素人」「戦に入っていない」など散々な評価を下しており、事あるごとにいがみあっている。
だが彼のであるカミキ・ミライにはベタ惚れしている。3話にてさっそくキャラ崩壊。フミナとの幼馴染設定は恋愛方面のフラグではなかった。
特別編アイランド・ウォーズ」に至ってはミライの撮影補佐のアルバイトを始めており、それを優先し、をついてまでトラファイターズに対しての依頼を断るほどに重度。

ライトニングガンダム

彼が劇中で使用するガンプラ
ガンダムもどきことリ・ガズィベースとしており、スナイパー仕様改造が施されている。
ゼータ系の顔や、センサーのある肩部など、ゼータガンダムの系譜に沿ってガンダムとして仕立て上げられており、劇中でも「アーティスティックガンプラコンテスト」の優勝作でもあるためけして〝情けないMSガンプラ)”とは言えない出来栄えを誇る。

ユウマの高いスナイプ技術を生かした、遠距離体の狙撃戦を披露。
距離のセカイ、中距離のフミナ、遠距離ユウマと偶然にもバランスの取れたフォーメーションとなっている。
とはいえ、後先考えずに突っ込む……というか誤射の可性の高い格闘機とのタッグ相性は悪く、結果的に前衛のセカイとは現実での凸凹コンビぶりを徴するかのようである。

選手権においては本格的にリ・ガズィとしてのアドバンテージである変形機を実戦投入。
背負っていたバックパックと左腕部のシールドをいったんパージした後、腕と足を折りたたんで仰向けの姿勢になった本体の胸部にバックパックがとして被さり、頭部を保護する形でシールドが被さりこれが機首となる。
ゼータ系特有の複雑化ゆえのパーツ差し替えやバックパックの投棄などをクリアしたシンプルな変形機構となった。ゼータ式変形は投げ捨てるもの
バックパックにはミサイルが内蔵され、ドッグファイト対策も備。

は未だ天井知らずだが、あのラルさんグフR-35から両手のシールドを奪っている。
前作最終話大物量戦ですら片方しか喪失しなかったこと、「を落とさせたのは5人といない」というラルさんの発言を考えると質的な強さはかなりの準に達していると考えられる。

ライトニングガンダムフルバーニアン

大会に向けてユウマが修した新たなライトニングガンダム
基本構想はライトニングガンダムと変わらないが、バックパックのバーニアが一新されている。
名前にGP01のものを使っているのは、元機体であるリ・ガズィ及びΖガンダムと同じく宇宙世紀で統一するためだろう。

機動性に関しては変形しトランザムしたガンダムキュリオスモビルスーツ形態で追いつくライトニングガンダムとは全に別物といっていいほど上がっている。

ライトニングガンダムストライダー

アイランド・ウォーズ」でユウマが使用する新たなライトニング修機。
再びバックパックを新造しており、今までとは違いメインバックパックとなっている。このバックパックはガンダムAGE-2ノーマル元ネタにしていると思われ、名称もAGE-2の変形した形態「ストライダーフォーム」からか。
特徴的な四枚羽もあり、スピードはさらに向上。ライフルと本体の連結ギミックも健在である。

ライトニングゼータガンダム

メイジン杯にてユウマが開発したガンプラ
ベースΖガンダムだが、ヤスメグパーツを全面修してほぼ別物の機体になっているらしい。
ライトニングガンダム時代からあった高出スナイパーライフルは更に威を増し、
ビルドバーニング系列を操作するセカイが放っていた不死鳥の衝撃波に似たエネルギーを発射可になっている。

その威は凄まじく、並み居るガンプラを一撃のもとに粉砕するほど。
メイジン・カワグチもその出来を認めており、本機はメイジン杯で優勝した。

ライトニングブラックウォーリア

「バトローグ」でサカイ・ミナトドライオン3と共に登場。
以前メイジン・カワグチから貸与してバトルをしたアメイジンレッドウォーリアユウマなりの解釈で開発。機体スペックではアメイジンレッドウォーリアに及ばないものの、ユウマの得意な射撃に振った装備にする事でユウマ自身が使った場合、メイジン仕様レッドウォーリアにも勝るとも劣らない。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP