シーザスターズ単語

シーザスターズ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

シーザスターズ(Sea The Stars)とは、2009年まれのアイルランド競走馬である。

2009年にGⅠ6連勝を挙げ、が付く良血に恥じない活躍を見せた。騎手マイケル・キネーン。

概要

現役時代

マイルGⅠ1勝のみながら種として活躍したCape Crossは13番人気凱旋門賞を制したUrban Seaはこれまた名種Miswaki英ダービーキングジョージなどを制したGalileoを持ち、ほかの兄弟姉妹にもGⅠや重賞ゴロゴロいる世界でも最高レベルの良血。

2歳7月デビュー戦こそ4着と敗れるが、その後未勝利戦、GⅡを2連勝。血統も手伝い3戦2勝ながらクラシックの有に数えられ始める。

その後7か余りの長期休養を挟み英2000ギニーへ直行。有が多数出走しており、戦歴の少ないシーザスターズは6番人気どまりだったが、中団から直線で1番人気Delegatorを差し切り優勝。GⅠ初制覇を果たした。

英ダービー出走に関しては、短距離だったCape Crossイメージからか距離不安がささやかれ、営も馬場が悪化したら回避する可性もあるとしていたが、最終的には出走を決定。2000ギニーダービー参戦は6年ぶりであったというから、この挑戦がいかに難しいものであるかうかがい知れよう。

そんな不安の中で参戦したダービーだったが、インコースの中団前で追走すると直線で手ごたえ抜群に脚を伸ばし、最後は追ってきたFame and Glory以下を封じ込めて勝。Nashwan以来20年ぶりの英国二冠となった。

この後愛ダービー馬場悪化で回避すると、営は古距離戦線へを切ることを決定。英国三冠?なにそれ美味しいの?手始めにエクリプスSに参戦する。前年のBCターフConduit、後にGⅠ3勝を挙げるRip Van Vinkleなど有ったが、内ラチ沿いからまたも強な末脚を繰り出し勝利。古相手にも全く見劣りしないを見せつけた。

続いて僅か4頭立てとなった英インターナショナルSに参戦。最後方からレースを進めると直線でMastercraftsmanを差し切りレコード勝利。続くチャンピオンSは英ダービーの後愛ダービーを圧勝したFame and Gloryと再戦するが、添え物にもならないような強さで勝。勇躍凱旋門賞へ駒を進める。セントレジャー?バカ言うんじゃないよ。まぁな話をするなら2400のダービーでも長いかも知れない扱いしてた3000に出す選択肢はあまりないと思う

この凱旋門賞、これまで戦ってきたConduitやFame and Gloryのほかにも6戦敗でヴェルメイユ賞を制した3歳*スタセリタ(後にソウルスターリングとなる)、2年連続凱旋門賞2着のオルフェYoumzainなど多くの有が集まっていたが、シーザスターズはその中でもオッズ2倍を切る圧倒的人気を集めた。

本番、シーザスターズは行きたがる素振りを見せるがどうにか中団のインで落ち着く。そのまま直線に入ると最内に進路を取り群を突破。最後は尽きた*スタセリタを避けて2頭の間から抜け出し、そのまま2身差をつけてゴール。GⅠ6連勝で凱旋門賞を制した。英2000ギニー英ダービーの二冠が3歳で凱旋門賞を勝つのは史上初。また、Urban Seaと史上2組凱旋門賞制覇も成し遂げた。ちなみにその後ろでYoumzainがしれっと3年連続2着という記録を成し遂げた。ナイスネイチャだったか……。この勝利を最後に引退アメリカ遠征も計画されたがわなかった。

通算9戦8勝、GⅠ6勝。負けはデビュー戦の1度きり。着差こそ大きくはなかったが、常にそれ以上の強さと安定感を見せ続けた。

GalileoMontjeuGiant's Causewayなど数多くの名に乗り、この年を最後に引退したマイケル・キネーン騎手をして「生涯最高のパートナー」と言わしめた。また、シーザスターズとのコンビでは、相手の作戦を看破し、仕掛けを1ハロン遅らせるという神業を見せた英インターナショナルSや、引っ掛かった彼を中団に抑え、直線で巧みな進路どりを見せた凱旋門賞など、キネーン騎手の好騎乗が数多く見られた。最高のと最高の騎手が出会った結果、稀代の名が生まれたと言えるだろう。

シーザスターズは生涯を通じてアイルランド無敵の名伯楽エイダンオブライエン営にマークを受けた(シーザスターズを管理していたのはSinndar、アラムシャーなどを手掛けたジョンオックス調教師)。4頭立ての英インターナショナルSは本を除く全オブライエン厩舎、チャンピオンSには3頭のラビットを含む5頭を送り込んだというからその執念がうかがえよう。しかしシーザスターズはそれをことごとく叩き潰し、オブライエン営は結局シーザスターズに勝てなかった。オブライエン涙目。まあこの時オブライエン厩舎からシーザスターズにぶつけられたFame and GloryRip Van Vinkleなどは後にいくつもGⅠを制するので、決して弱いわけではなかったのだが…。相手が悪すぎたと言うほかない。

種牡馬として

これだけの成績を残したシーザスターズは当然種として大きな期待を寄せられ、初年度の相手には凱旋門賞Zarkava日本でGⅠ7勝し引退アイルランドに渡っていたウオッカなど世界的名が集まった。

こうして2013年ファーストクロップデビューした・・・のだが、重賞ホースこそ出たもののいまいちパッとせず、「まさか期待外れか!?」と思われた。

ところがどっこい、2014年になると外ラチまでぶっ飛びながらドイツダービーを11身差で圧勝したSea The Moon敗でキングジョージを制したTaghroodaらが大活躍し、2世代のみでサイアーランキング12位を記録し一躍種としての評価を高めた。その後しばらくGⅠが現れずファンや関係者をやきもきさせたが、2016年にHarzandが英ダービーを制し親子制覇を達成。この世代から4頭のGⅠが現れ英リーディング3位にまで登り詰めた。その後も名長距離Stradivarius、オークスSea of ClassなどのGⅠばを輩出している。

血統・実績・実人気いずれも文句のつけようがなく、すでに8度の英リーディンサイアーにきこの世の謳歌するGalileoと共に、これからの欧州競馬を背負って立つ1頭と言えるだろう。

血統表

Cape Cross
1994 鹿
Green Desert
1983 鹿
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Foreign Courier Sir Ivor
Courtly Dee
Park Appeal
1982 鹿
Ahonoora Lorenzaccio
Helen Nichols
Balidaress Balidar
Innocence
Urban Sea
1989 
FNo.9-h
Miswaki
1978 
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Hopespringseternal Buckpasser
Rose Bower
Allegretta
1978 
Lombard Agio
Promised Lady
Anatevka Espresso
Almyra

関連動画

ほろ苦いデビュー

クラシック戦線での活躍

戦線をひとしきり制圧

凱旋門賞での雄姿

ついでに、孝行息子の大暴走活躍

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/16(土) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/16(土) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP