今注目のニュース
「毎夜、隣室から聞こえる女の泣き声。いったい、あなたは誰を呼んでいるの...?」(大阪府・30代女性)
完全同居の姑が嫁に放った…耳を疑う驚きの「姑語録」3選
元アメリカ空軍兵士が日本で念願の「カツカレー」を食べた結果

ストッパー毒島単語

ストッパーブスジマ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ストッパー毒島とは、ヤングマガジンにて1996年から1998年にかけて連載されていた野球漫画である。

全12巻。作者ハロルド作石。

90年代半ば(9597年)のプロ野球界が舞台となっている。

実際に活躍していたプロ野球選手監督、関係者などが実名で登場し、当時のプロ野球界に関する小ネタも多い作品である。

あらすじ

プロ野球入りを高校生毒島大広は、非な才を持ちながらも素行不良から野球部に入れてもらえず、学外での乱闘事件をきっかけに高校も退学になった。

しかし毒島中学生の頃から見ていたパ・リーグの弱小球団・アスレチックスの木暮スカウトの働きもあり、1995年ドラフト会議アスレチックスから8位名を受ける。

入団を渋る周囲の人間を自慢の剛速球で捻じ伏せた毒島は、チームストッパーを志願、シーズン60セーブ」と「チームリーグ優勝」を標に掲げ、プロ野球選手としてキャリアを歩み始める…。

京浜アスレチックス

パ・リーグに所属する球団。かつてリーグ2連覇をするなど黄金時代を築いたが、黒い霧事件によりの大半が球界から追放されて以来、長く低迷を続けていて、30年近く優勝から(Aクラスからは20年)遠ざかっている弱小球団。
周囲からはお荷物球団と揶揄されており、常に身売りの噂が絶えない。

ユニフォームデザインオークランド・アスレチックス真似して(パクって)モデルにしている。

本拠地は駒沢フィールド日本一の収容人員を誇るメジャー式の球場だが、常にガラガラの状態。スタジアム取り壊しの話もでている。

チームマスコットキツネモチーフとしたチックくん。しかし全く人気がない。

登場人物

京浜アスレチックス所属

他球団に所属する架空選手

その他登場人物

実在する登場人物(一部のみ)

ここでは劇中に登場した実在する登場人物の中から印的なシーンがある人物を一部のみ挙げていく。
(登場した実在人物全て挙げてしまうときりがないため。)

その他、多数の実在人物が登場。

関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 02:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP