スーパーマリオ 魔界帝国の女神単語

スーパーマリオマカイテイコクノメガミ

3.3千文字の記事
掲示板をみる(138)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(12)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スーパーマリオ 魔界帝国の女神』とは、マリオ映画化作品である。

概要

1993年開されたハリウッド映画で、CMなどを除くと2020年現在スーパーマリオ一の実写映像作品である。ハリウッドは何やってんだ海外限定で言えばマリオルイージ実写で登場するバラエティ番組もあったりしたのだが、日本ではこれが一。

任天堂アメリカ映画化権を売り出したことで企画が始まったらしいが、任天堂制作自体には一切関わっていない。そのおかげということなのかゲームスーパーマリオとは大きく設定が異なり、とにかくカオスな内容になっている。

舞台キノコではなくニューヨークで、マリオ達も普通アメリカ人として設定されている。一方クッパは6500万年前に絶滅したはずの恐竜の末裔という設定で、異世界から地球を支配しようと企んでいる。当時の海外での扱いの関係かピーチ姫は登場せず、ヒロイン役はデイジー姫が務めた。

マリオルイージクッパデイジーといったメインキャラ以外にも、実はサブキャラクターマリオキャラの名がふんだんに使われている。ただし、「グンバ」(=クリボー)、「トード」(=キノピオ)などと日本語版でも英語名が使われているため、日本人への染みは薄い。また、マリオ・マリオが本名である事の元ネタになった。→(後に任天堂の広報室により否定。詳しくは該当記事で→「マリオ・マリオ」)

映像ソフトは『スーパーマリオ』という邦題のビデオ版が存在していたが、開20周年にあたる2013年にまさかのDVD版が発売された。DVD版のタイトルサブタイトル付きの『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』に戻っている。そして2017年末にはまさかまさかのBlu-Ray版が発売される。世の中何が起こるか分からないものである。

評価

行成績は良くなく、4800ドル(当時のレートで50億円以上)の製作費は半分程度しか回収できなかった。[1]日本開された際は『スーパーマリオコレクション』のCMでも宣伝されたが、配給収入は3億円とアメリカ以上にお寒い結果に。(日本では、よりによって恐竜繋がり+その年トップ行収入であった『ジュラシック・パーク』の開が同であった)ゲームからかけ離れた設定、全体的に漂うB級感から、内容も「これはマリオではない」批判されることが多い。

アメリカでの評価は非常に辛辣で、マリオ役を演じたボブ・ホスキンスは、ガーディアンインタビューで「Q:今までで最悪の仕事は?」「A:マリオブラザーズ、「Q:もし過去を書き換えられるとしたら、何を変えますか?」「A:マリオを演じなかった事にする」などと答えている。[2]パロディー動画の販売サイト『RiffTrax』が発表したファン投票による「史上最悪の映画ランキング」では6位(17755票)にランクインしている。[3]

ただし日本では、言うほど悪くはいという意見も一部では出てきている。翌年に『金曜ロードショー』で放送されたことや、有名ゲーム作品が実写化される際よく引き合いに出されるので知名度自体はそこそこ高い。ちなみに、日本語字幕誤訳で有名な戸田奈津子氏。

また、マリオ年齢職業などの正式な設定は存在していないが、長年不明だった本名を決める元ネタになった。→後に任天堂の広報室により否定。

登場人物

ビデオ販売版と『金曜ロードショー』で放送された日本テレビ版で、マリオ以外の吹き替え声優が異なる。
ビデオ声優日本テレビ声優」の順に表記。

マリオ・マリオ (ボブ・ホスキンス/富田耕生)
主人公ニューヨークブルックリン配管工を営む。 年齢相応に現実的な、気立てのいいオッサン
名字は本作オリジナルの設定(恐らく「マリオブラザーズ」という単から着想を得たのだろう)かと思っていたら、生みのである宮本氏が「マリオ・マリオ」が本名である事を言した。→後に任天堂の広報室により否定。
ルイージマリオ (ジョンレグイザモ/辻谷耕史島田敏)
もうひとりの主人公マリオよりもだいぶ若い青年として描かれている。兄弟かは明言されていないが、少なくとも双子ではないらしい。
やればなんとかなる、といった感じのいかにも主人公ライクな性格で、後に確立したゲームの臆病なルイージとは一線を画する。
ヨッシー
クッパの居であるビルで飼われている恐竜ゲームのようなデフォルメは一切なく、リアル子供恐竜である。
舌を伸ばせるのは一緒だし慣れると可く見えてこないでもないが、とりあえずでっていう」とは鳴かない。
クッパ (デニス・ホッパー/穂積隆信・有博)
じゃなくなった大魔王恐竜世界で前国王閉して恐怖政治を築いた。恐竜世界人間世界を統合して、両世界を支配しようと企む。
デニス・ホッパー氏はこんな役をやっているがフランス最高勲章を受章した名優である。
ちなみに「クッパ」の海外名は「Bowser」であり「ノコノコ」の海外名が「Koopa」…というのは間違い。「ノコノコ」の海外名は「Koopa Troopa」で、「カメ族」の海外名が「Koopa」である。例えばコクッパも「イギー」なら「Iggy Koopa」のように名前に「Koopa」が付く。いずれにせよ、この映画では日本でも海外でも「クッパ」であり(逆にイギーには「クッパ」は付かない)、ノコノコ名前を詳しく知らない視聴者からは「なぜかノコノコラスボスをしている映画」と思われている。他に「ノコノコ」に該当するキャラが存在しないため、本当にノコノコラスボスにした可性もなくはない。ただしのような頭のグンバがノコノコだとする意見も存在する。
デイジー (サマンサ・マシス/日高のり子岡本麻弥)
ヒロイン化石発掘隊のリーダーとしてマリオ兄弟に出会う。
本人も知らなかったが実は人間ではなく恐竜帝国王女で、クッパの手下にさらわれてしまう。
作中ではルイージ仲になり、これがきっかけかどうかは不明だが原作ゲームにおいてもルイージデイジーカップリングされる機会が多くなった。
父親キノコ族であることから、名前こそデイジーだが立ち位置はピーチに近い。メタ的には当時のピーチ海外名が「トードトール」という人名には遠いものだったのでブルックリンで育ったという設定には合わなかったのが原因だろう。トードトールが地上でデイジーと名付けられたという解釈もできる。

そして時は流れ…

そんな黒歴史とも言われかねない映画化から24年、マリオシリーズ映像化に急展開が起きる。何と任天堂が正式にマリオアニメ映画化を画策し始めた。

ニュースサイトなどによれば、2020年までにユニバーサル・スタジオ・ジャパンに新設される「スーパーニンテンドーワールド製作コンビを組んだユニバーサル日本国内でも「怪盗グルー」シリーズヒットミニオンともども大きく知名度を伸ばした製作会社のイルミネーションエンターテイメントとともに実現に向け協議を進めているとのこと。

2021年9月ニンテンドーダイレクトではキャスト情報が解禁。マリオを担当するのは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクリス・プラット本家マリオを担当するチャールズ・マーティネーも別キャストで出演との事。2023年4月に日開予定。
2022年10月ニンテンドーダイレクトでは「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」のタイトルと共にキービジュアル予告映像開された。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *Super Mario Bros. (1993) - Box Office Mojoexit
  2. *Q&A: Bob Hoskins | Life and style | The Guardianexit
  3. *Worst Movies of All Timeexit
この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/04(日) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/04(日) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP