今注目のニュース
"むっちりすと"霜月めあ、日焼けで新境地へと躍進
多摩川氾濫の一方で…堤防決壊も“報道されない”秋川を取材 “異例が常態化”する懸念
「美しく成長した綾波レイ!?」 “エヴァ熱”再燃の内田理央、綾波コスプレが透明感しかない

ルイージ単語

ルイージ

掲示板をみる(815)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ルイージ、ルイジ(Luigi)とは、イタリア語男性名でルドヴィーコ (Ludovico) の省略形である。

スーパーマリオシリーズキャラクターであるルイージが有名。(後述)

各国のルイージさん

古いゲルマン古高ドイツ語)の "hluth"(有名な、音の高い) + "wig"(戦い、闘志) に由来する。
別形にロドヴィーコ (Lodovico) など。女性形にはルイージャ、ルイーザ (Luisa) 、ルドヴィーカ (Ludovica) 、ロドヴィーカ (Lodovica) など。複合形にはピエルルイージ (Pierluigi) 、ジャンルイージ (Gianluigi) がある。

また、この名前は(少しずつ変化しながら)ヨーロッパに広まっていったため、参考までに各言でのバリエーションを挙げる。

主な人物

  1. ルイージ(ルドヴィーコ):シチリア王。
  2. ルイージ1~3世(ルイ1~3世):ナポリの対立王兼アンジュ
  3. ルイージ・ガルバーニ:イタリア生物学者。カエルの足の解剖中に動電気を発見(但し本人はカエルの生体内で発生した電気だと思っていたらしい)。電流に関するものを表す「ガルバノ」の
  4. ルイージ・トレッリ:イタリア統一運動にて反墺運動揮し、統一後は商工大臣を務めた元老議員。
    1. 同:WWII期に存在したイタリア潜水艦。名前の由来は4.
    2. 同:I.を由来とする艦隊これくしょん~艦これ~」のキャラクター。詳細はこちら
  5. ルイージ:スーパーマリオシリーズでおなじみのキャラクター。本項で説明。

類似緑の弟の概要

うおおぉぉわああぁぁ~~~~

任天堂が誇る世界人気ゲームキャラクターの一人。マリオ双子赤色マリオに対しルイージは緑色をしている。初登場は1983年アーケードゲームマリオブラザーズ」である。マリオ色違いの2Pプレイヤーとして登場。

このルイージという名前は、任天堂米国法人の社員がイタリア人に多く呂の良い名前を模索して決めたことに由来する。(生みの親である宮本茂マリオに似ているからルイージ(類似)でいいんじゃねええんちゃう」といって命名した、という話は後付けの俗説である。)

ニコニコでは「L」「緑の日陰者」と言われる。

ルイージの特徴・性格

←初期は帽子オーバーオールだった。1988年スーパーマリオ3から帽子オーバーオールに変更された。

初期の性格はイタズラっぽいマリオよりお兄さん肌だったが、吉田戦車漫画の影から卑屈な性格へ変更されていった。また怖がりでオバケ幽霊が大の苦手。多少ドジっぽい、一人称は「」で、マリオを「兄さん」と呼ぶといった設定も生まれた。また、マメな性格であり、マリオ帽子洗濯機で洗うのに対して、一つ一つ手洗いで洗っている。(ルイージマンションでの発言)
1996年N64作品より吹き込まれている。当初はジュリアン・バーダコフという人物が担当し、高めなであったが、海外マリオカート64からマリオと同じチャールズ・マーティネーバトンタッチマリオべると全体的に低めで落ち着いた色となっている。

ルイージの性能

1986年スーパーマリオブラザーズ2では、マリオよりジャンプが高くスリップしやすい(ダッシュブレーキが利きにくい)差別化が図られた。スーパーマリオUSA1988年/日1993年)では、ジャンプ中に足をバタつかせ中に留まる時間が長いという設定が付いた(このジャンプは後年「ばたばたジャンプ」と名付けられている)。マリオUSA以降、マリオより背丈が一回り高く細身な外見となり、帽子にもマリオ(M)と違い「L」の文字が書かれ、パーマなヒゲマリオに対し直毛ヒゲになるなど、見たマリオと区別され、現在に至る。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

1作64から以降の全ての作品に参戦し続ける皆勤賞男。に隠しキャラとして登場するが、for 3DS/Wii Uではルイージの年ということで初めて基本キャラに昇格した。原作べ、明るい表情もあるがネガティブ意識が強い面が多いキャラ付けが特徴。あの永遠の二番手でもある。(DX以降は「緑の人気もの」に呼びめられている。が、英語版for及びSPでの特設リングオーロラビジョンに浮かび上がる通り名は…)

は初作品から一貫してチャールズ・マーティネー氏が担当しているが、DXまでは先述のジュリアン氏を参考にスーパーマリオ64でのマリオバンクピッチを高めに調整して使われていた。X以降はチャールズ氏による同作のための新録が行われ、スマブラでのキャラ付けを取り入れつつもお染みの低いになっている。

マリオ格などを流用したキャラとなっている。(マリオの基本技のモデル替えとしては他にネスがある)。基本構造はマリオと共有しているものの、バランスタイプマリオと違い較的クセの強い(決め技となりうる技が幾つもあるもののギャンブル性が強いなど)キャラという位置づけである。

例を挙げると、上必殺技スーパージャンプパンチ」はマリオのものがふっ飛ばしが控えめな代わりに連続ヒットするのに対し、ルイージでは単発しかヒットせず加えてDX以降は真上にしか飛ばない代わりに出だしで当てると炎系の攻撃判定を有する「ファイヤー昇龍拳ファイアジャンプパンチ」という非常に威・ふっ飛ばしが高いものに変化する(一方、出だし以外で当てた場合は1ダメージ・ふっ飛ばししのカス当たり)、下必殺技マリオの「マリオトルネード」がこれまた連続ヒットする技なのに対しルイージの「ルイージサイクロン」は単発ヒットの代わりに強いふっ飛ばしを持つ…などがある。その他の運動に関しては、「マリオ2」以来のものを引き継いでいる(ジャンプが高い・落下速度がゆっくりブレーキが弱く滑りやすくなるなど)。

DXからは較的多くの通常技が変更され、ネタキャラマリオとの差別化が進んだ。この作品からあの「ルイージロケット」が追加され、暴発版を引けば弾丸のようにかっ飛んでいき、低パーセントダメージ蓄積でも位置次第で相手をバーストできる。ルイージサイクロンは地上だと物凄い勢いで滑るようになり、移動手段や奇襲にも使えるようになった。一方でこの作品のみ一度地上で発動しないと中でいくらボタンを押しても浮いてくれない(通称「充電」)。また、この作品における中回避移動を応用したテクニック「絶」の恩恵を最も受けており、滑りやすいルイージは普通に移動するよりもこれを使うだけで猛スピードで動き回って相手を翻弄する事が出来る。
地味に高レベルCPUが強かったりする(しかし復帰にルイージロケットしか使わず、それ故の自滅も多い)。

Xではマリオトルネードが通常技に降格した影でルイージサイクロンは連続ヒット技に性が変化。前作の「充電」をする必要もボタンを連打すれば簡単に浮かび上がってくれる。ルイージロケットは飛距離も威も抑えられるなど弱体化した。最後の切りふだネガティブゾーン」は奇妙な踊りを踊るルイージの周辺に間が発生し、間内に存在する対戦相手に様々な状態異常マイナス効果を付加して動きを極度に制限する技となっており、踊りが終わった後に動けない相手に確実なトドメを刺せる技として、何より最後の切りふだまでネガティブキャラとして有名である。
前述通り、地味原作の低い色にめられたりしている。CPUの復帰もこの作品以降はスーパージャンプパンチを使うようになったが今度はルイージロケットもルイージサイクロンも使わないので…お察し下さい。

大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS / Wii Uでは切りふだは「オバキューム」に変更。近くの相手を吸い込む。ルイージサイクロンジャンプの慣性がいと前作程浮かばなくなってしまったが、それまで普通飛び道具だったファイアボールの回転率が速くなり、また吹っ飛ばしの高さから下投げからのコンボダメージを蓄積してからの所謂「下投げサイクロン」フィニッシュが猛威を振るった(アップデートファイアボールの隙が増やされ下投げサイクロンもほぼ困難になってしまったが吹っ飛ばし自体は依然強く、むしろ下投げ関連への偏りが分散された分他の技の強さもるようになり結果的に幅が広がっている)。ルイージロケットも強化されているので攻撃の選択肢に入れて良い。
地味に下投げがヒップドロップになったりジャンプモーションが原作のばたばたジャンプに一新されたりしている。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALではつかみ及び投げでもオバキュームを使用するようになり、相手を掴める範囲が広がった(その分隙も出来たので一長一短)。最後の切りふだの方のオバキュームも吸い込める範囲が上昇した。他方、ルイージサイクロンは何をしても前作まで程はあまり滑らなく、浮かばなくなってしまった。
地味に走行モーションがスーパーマリオUSA以降でよく見られる走り姿に変更されたりしている。

上記のネガティブさを反映してか64とDXでは半目グラフィックが多く、アピールマリオ巨大化に対し、ルイージは寂しそうに床を蹴るだけ。いじけてるようにも見える姿はある意味に残りやすく、64CMでも確認する事ができる。このアピールは相手に当てるとダメージを与えることが出来、DXからはメテオ判定が追加され、X以降は相手に当てると「カキーン」と鳴るようになった。X以降はDXからの勝利ポーズとしても披露している前のめりポーズや、一枚一枚ポーズを決めるものの2つが追加されている。

その他

スーパーマリオRPGでは取扱説明書のみの出演だが、ゲーム中にもルイージらしき人物の願い事が聞けるシーンがあったり、エンディングにルイージらしき人物がいたりする。

ゲームキューブルイージマンション』にて初めて役に抜された。もっとも厳密には海外のみで発売されたNESMario is Missing!』という他社製任天堂ソフトにて主人公にはなっている。その後はルイージ生誕30周年として、WiiUでの『NewスーパールイージU』にて再び役に抜された。

マリオゴルフGB』でプレイアブルキャラクターとして登場する。自己紹介ではマリオにも負けない以下の如きボヤキ節を披露している。

ボク、ルイージ。どうやら今回も脇役ぽい予感がプンプンするんだ。どう見てもマリオよりボクのほうがゴルフが上手そうに見えるだろう?なのにどうしてマリオの方がうまい設定になっているんだ?オカシイ!制作スタッフの人達にもの申す!!次回作は「ルイ-ジゴルフGB」でボク主人公にしてゲームを作ってくれ!絶対売れるよ!・・・?

出典:『マリオゴルフGB』|GBキャラクターの紹介exit

DSいただきストリートDS』ではCランクCOMキャラとして登場。いろんなキャラに振り回されながらも、基本的に淡々としたポジティブキャラとなっている。Wii大乱闘スマッシュブラザーズX』及びSwitch大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』でロイ・キャンベル大佐はルイージのことを永遠の二番手」「日陰者」「に勝るなどいない!!」「らりるれろ!」意味不明スネークに説明している。マリオ&ルイージRPGシリーズでは宿敵のクッパにすら存在を忘れられかけており、「緑のヒゲ」などと呼ばれる。以降の作品によっては普通にルイージと呼ぶこともある。

デイジー姫との交際が囁かれているが相は定かではない。

今では任天堂製のゲームで一つのキャラクターとして、独立した地位を確立している。 マリオべると地味立たず報われないキャラという立ち位置で定着しているが、励の意味を込めて応援するルイージファンは数多い。 

類似関連動画

類似関連商品

類似関連静画

類似関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 23:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ポータルサイトリンク

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP