ミエスク 単語

9件

ミエスク

2.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ミエスク(Miesque)とは、1984年アメリカ生産・フランス調教の元競走馬繁殖牝馬である。

マイル路線で活躍した名で、アメリカ産であることから20世紀のアメリカ名馬100選にも第82位に名を連ねている。

概要

NureyevPasadoble、Prove Outという血統。

ヌレイエフは本の他にもシアトリカル、ソヴィエトスター、*スピニングワールド、*ハートレイクなど、そして日本調教としてブラックホークといった活躍を輩出した。
サドブルは他に活躍を輩出しなかったが、半GI1勝のシルヴァーシュプリーム、そして半の子孫にグッドババなどの活躍がいる。
プルーアウトセクレタリアトウッドワードSで破るなどGI2勝を挙げたが種牡馬としてはさっぱりであった。

競走成績

後の名ヌレイエフを所有したスタブロスニアルコスによって生産・所有され、フランソワブータン師に預けられた。

2歳の8月、ドーヴィル競馬場でのデビュー戦(芝1200m)は2着に2身差で勝利。しかし、2戦GI・モルニ賞(芝1200m)はサクラバクシンオーサクラユタカオーなど「サクラ」の冠名で知られるさくらコマース所有のサクラレイコから1身差の3着となる。だが、結果的にはこれが生涯最低順位となった。
3戦サラマンドル賞(芝1400m)ではサクラレイコにリベンジを果たし1身半差で勝利すると、4戦マルセル・ブサック賞(芝1600m)でも2着のミリラムに半身差で勝利。この結果フランス最優秀2歳となった。

3歳になり初戦のインプルーデンス賞を勝利すると、その後も英1000ギニープール・デッセ・デ・プーリッシュ(1000ギニー)を連勝。イギリスではミリラムに1身半差で、フランスではサクラレイコに2身半差で勝利したのであった。英1000ギニーを連勝したのはミエスクが3歳の初戦を勝利したレースに名を冠せられているインプルーデンス以来40年ぶり2頭の快挙であった。
次に向かったのはディアヌ賞(オークス)だったが、これまで経験のなかった2100mという距離もあったか、インディアンスキマーから4身差つけられての2着となる。この後、営はマイル路線に絞っている。

短い休養の後選んだレースジャック・ル・マロワ賞。同年の英2000ギニーを制したドンフォーゲットミーなどの強敵がいたが、2着ナッシュミールから3身差で勝利する。次戦のムーラン・ド・ロンシャン賞ではプール・デッセ・デ・プーラン(2000ギニー)を制した*ソヴィエトスターに2身半差をつけ勝利し、フランスマイル路線の最高峰2競走の連勝を達成した。
しかし、クイーンエリザベスIIステークスではミリラムに5身差をつけられ2着となり、マイルで初のを喫してしまった。なお、この競走はこれ以外の全戦で騎乗したフレディヘッド騎手騎乗停止処分のために生涯でスティーブ・コーゼン騎手が騎乗したものであり、そのがあったのかもしれない。

3歳の最終戦ブリーダーズカップ・マイル。この年はハリウッドパーク競馬場での開催だったが、2着に3身半差をつけ、1分328のコースレコード勝利。この結果、イギリス最優秀3歳・最優秀マイラー、フランス最優秀マイラー、そしてエクリプス賞最優秀芝といったタイトルを獲得した。

4歳の初戦は久々マイルを外れた距離である芝1850mのイスパーン賞。重馬場もあってやや長い距離ではないかとも思われたが2着に短頭差でなんとか勝利ジャック・ル・マロワ賞では3歳最強マイラーの*ウォーニングが参戦してきたが、1身差で勝利し連覇達成。続いてムーラン・ド・ロンシャン賞連覇も狙いに行ったのだが、*ソヴィエトスターにアタマ差で敗れた。

4歳の最終戦は昨年と同じくブリーダーズカップ・マイル。本年はチャーチルダウンズ競馬場での開催だったが、2着ステイレンに4身差で勝利ブリーダーズカップ史上初の同一競走連覇を達成した。

この競走を最後に引退。通算成績は16戦12勝(GI10勝)、マイル戦に限っては10戦8勝という成績であった。4敗したうち3敗は重馬場での競馬であり、やや苦手としていたことがうかがえる。

繁殖牝馬として

ミエスクは生まれ故郷であるアメリカで繁殖生活に入った。そして第1子がいきなりGIとなる。その名はキングマンボプール・デッセ・デ・プーラン、セントジェームズパレスステークスムーランド・ロ・ンシャン賞を勝利し、種牡馬としても日本調教だけでもエルコンドルパサーキングカメハメハといった産駒がおり、キングマンボ系とも呼ばれる勢を築き上げた名種牡馬である。そして第2子のイーストオブムーンはフランス牝馬二冠(プール・デッセ・デ・プーリッシュ、ディアヌ賞)を達成しジャック・ル・マロワ賞勝利繁殖牝馬としても活躍したのだった。

さらに牝系の祖としても非常に優秀であり、孫世代以降にも活躍が多い。GIだけに限定しても、アルファセントーリカラコンティアマーニ、ランプルスティルトキンタペストリースタディオブマンアルパインスターといった競走馬がおり、日本にもランプルスティルトキンの半の*ラヴオンリーミーが輸入され、ドバイターフを制したリアルスティールオークスとなったラヴズオンリーユーという2頭のGIがいる。

なお、キングマンボの全*ミシックトライブ日本に輸入されたのだが、大した活躍はできず用途変更となっている。

血統表

Nureyev
1977 黒鹿毛
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Special
1969 鹿毛
Forli Aristophanes
Trevisa
Thong Nantallah
Rough Shod
Pasadoble
1979 鹿毛
FNo.20
Prove Out
1969 栗毛
Graustark Ribot
Flower Bowl
Equal Venture Bold Venture
Igual
Santa Quilla
1970 黒鹿毛
Sanctus Fine Top
Sanelta
Neriad Princequillo
Sea-Change
競走馬の4代血統表

クロスHyperion 5×5(6.25%)

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/27(月) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/27(月) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP