今注目のニュース
最低賃金「今すぐ1000円以上」「全国一律に」 非正規労働者らアピール
米アダルトグッズメーカー、広告を拒否され地下鉄会社を訴訟へ 「ED治療薬の広告はOKなのになぜ」
ガチョウの羽をめくったら可愛すぎることになったと話題に!

出ましたっ!パワパフガールズZ単語

デマシタッパワパフガールズゼット

掲示板をみる(108)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

パワパフZ

出ましたっ!パワパフガールズZとは、東映アニメーション制作女児向けオリジナルTVアニメ
カートゥーンネットワーク(以下CN)制作の『パワーパフガールズ』をアジア向けにリメイクした作品。

概要

ピーチダンスを思わせる変身シーンクオリティが非常に高いことが有名であり、これの影を受けたMADも数多く見られる。また脱変身パジャマでの変身、敵側モンスターキャラ変身など、1話限りしか使わないものをわざわざ作り起こすことが何度もあり、さらに話題を呼んだ。

CN側からの要望は、原作であるパワーパフガールズアジア圏での知名度が低いためアジア版を作って欲しい、だから原作を気にせず自由に作って欲しい」というものであった。これを受けた東映アニメーションプロデューサーが出したコンセプトは『エロカッコイイ』であり、プロモーション用ポスター映像原作では二頭身でポップな絵柄で幼稚園児であった作とはまったく違うものであった。そのため原作ファンからはその作の大胆な変貌に賛否両論があがった。また制作発表日が4月1日であったため、エイプリルフールに広まったデマだと思った人も多かった。

ヨーヨーシャボン玉ハンマーといった武器をに使い、変身ヒロインものとしては肉弾バトルメインなのが本作の特徴。原作の『パワーパフガールズ』がもともと肉弾戦で戦う作品であったせいもあるが、『ふたりはプリキュア』で有名な作画スタッフ冨田与四一らも参加しているため、アクションシーンは非常に迫があり、またセクシーさを意識した作画作りがされているのも本作の魅のひとつになっている。変身シーンも自社作品『おジャ魔女どれみ』の軽快でテンポが良い演出を踏襲した物に成っており、評価が高い。シリーズ後期になるとスーパーロボットスーパーヒーロー的な合体技が生み出されるようになり、変身ヒロインものの新しい方向性を生み出した。

地上波では7時台の放送ということで内の知名度は低いが、本作の海外での知名度と評価は非常に高く、海外ファンによるファンサイトや、YouTubeなどの動画サイト投稿される動画ファンより多い。特に南ではほとんどの日本アニメが1周期で放送終了してしまう傾向が強い中、本作品は2周期も放送続投が決定している。さらに南ではマクドナルドハッピーセットとして2度商品化されている。それ以外にフィリピンファースフード業界トップであるJollibee(ジョリビー)のKids Meal(マクドナルドハッピーセットのようなもの)でもグッズが商品化された。理由は不明だが、原作の生まれ故郷である北CNでは放送終了後十年経っても放送されていない。当時たまりかねた北ファンが「パワパフZを北での放送をむ署名運動」を起こすこともあった。

地上波では7時台の放送でありながら、変身シーンへそちらがあったり、オープニング水着姿があったり、ヒロインスパッツを切り抜かれてパンツが丸見えになったりと、女児向けアニメとしては異色な作を持つ。

シリーズ構成あの浦沢義雄。そのためシリーズ前期はゆる~いテンポのほんわかな話やギャグ要素が多く、原作から大幅に変されたキャラクターや本作オリジナルキャラクターがときにはヒロインであるパワパフZ以上に活躍するなど、本家を知らない人でも十分に楽しめる内容になっている。シリーズ後期になると、作画による原作オマージュ色が強くなり、OPは原作を意識したシーンキャラクターが登場し、本編では原作を元にしたと思われるエピソードが多くなり、原作ファンの期待に応えた。

キャラクターデザインを担当した、しもがさ美穂らしい絵柄は本作品で評価され、「バトルスピリッツ少年突破バシン」でオリジナルキャラクターデザインに採用され、「バトルスピリッツ」のカードイラストも多数描いている。2014年には怪盗ジョーカーメインキャラクターデザイン総作画監督も務めている。

主な登場人物

ももこハイパーブロッサム
赤堤ももこCV加藤英美里
甘いお菓子とかっこいい男の子に眼がなく、暴走とも呼べる常軌を逸脱した、ときにはおよそヒロインらしくない言動が魅的なキャラ。周りに認められていないが自称パワパフZのリーダー。それでも戦闘中冷静な状況判断と的確な対応策を他の二人に示することが何度かあり、リーダーの資質はあると思われる。ナポリターノというモンスターと駆け落ちしかけたことがある。彼氏がいるというがもとで、全世界どころか宇宙人まで巻き込んだ大騒動を起こしたことがある。イケメンの上級生にデートに誘われたこともあるが、実はカレによる策略であった。という男難の絶えない少女である。
武器はヨーヨー。攻撃は低いがスピードを活かした素い連続攻撃が持ち味。カレとの戦いで危機に陥ったとき、機転を利かせてリボンを武器として使用したことがあった。
担当声優加藤英美里にとっては、初キャラである。
徳寺みやこ=ローリングバブルス
CV宮原永海
お嬢様育ちのため礼儀正しく男子からは憧れの的で、ラブレターをいくつももらっているが、周囲といつもワンテンポ遅れてほんわかしており、その天然ぼけによる周囲とのギャップ差と、なんでも受け入れるおおらかな性格が魅的なキャラシナリオの担当者によって扱いや性格が変わる(不安定?)ため、ボケまくるときもあれば「あの二人には緊感というものがないのですね」といったキツイ突っ込みを入れるときもある。
武器はシャボン玉が出るロッドシャボン玉特性を活かしクッションにする、包み込む、レンズとして使うなど攻守に優れた万で変幻自在な戦闘ができることが特徴。シャボン玉自体も高い攻撃があり、あなどれない。動物と会話をする、ケミカ素粒子線を使わなくても、い粉を浄化できるという特殊がある。
担当声優宮原永海は『おジャ魔女どれみ』で飛鳥ももこを演じている。
松原かおるパワード・バターカップ
CV知子
スカートをはくのも嫌というくらい、女の子らしいことが嫌いなクールボーイッシュキャラ。初期の頃は作品内ではしい常識を持ったキャラとして描かれていた。変身シーンで注意してみないとわからないくらい一ほほをらめる。好きな男の子ができて突然女の子らしい振る舞いをしようとする。変な歌やダンスを強要されて恥ずかしがる。魂がはみ出る?ほど嫌がりつつ投げキッスをする。などといった、ときおりみせる普段とのギャップ差が魅キャラ。普段はボサボだが、下ろすとおかっぱになる。
武器は大ハンマー。パワパフZの中で一番が強く運動神経が高いため、それらを活かした高い戦闘は攻撃の要となっており、彼女が倒されるとパワパフZ自体が窮地に陥ることが多い。1回限りの使用だが、地球を貫通するほど高出線をから出したことがある。
担当声優知子は『FNS地球特捜隊ダイバスター』のジュンペイでおなじみ。

関連動画

関連静画

関連項目

関連リンク

掲示板

  • 106ななしのよっしん

    2018/01/30(火) 00:16:41 ID: 9rKLfrH1mQ

    初めて全話きっちり見たアニメだった...懐かしい。

  • 107ななしのよっしん

    2018/05/24(木) 02:21:58 ID: TupkRFunfw

    原作ゆずりのぐりぐりおめめが何か好きだった

  • 108ななしのよっしん

    2018/06/06(水) 03:34:06 ID: vEk6xmCWJw

    dアニメストアに出ないかな~

急上昇ワード

最終更新:2019/06/21(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/21(金) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP