今注目のニュース
台風15号被害でYOSHIKIが出身地を公表!地元民「千葉県館山市の星!」と歓喜する事態に!
ハライチ・岩井、先輩芸人の名前を答えられず 「お前興味ないだろ」
頭に「悪魔の角」を持つ男性、除去手術が無事成功(印)

刑法175条単語

ケイホウヒャクシチジュウゴジョウ

掲示板をみる(97)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

七十五条 わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は然と陳列した者は、二年以下の懲役若しくは二五十万円以下の罰若しくは科料に処し、又は懲役及び罰を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする。
2 有償で頒布する的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする。

-刑法-

わいせつの基準としては、以下の条件が判例として示され、「わいせつ三要件」となった。

徒に性欲を奮又は刺せしめ且つ普通人の正常な性的羞恥心し善良な性的義観念に反する

-「サンデー娯楽事件」最高裁判決より-

三行で

「わいせつ」な文章、絵、写真映像やそれらのデータを配ったり人に着く場所に並べたりしたら犯罪とします。

ネットで配ってもアウトとします。売るつもりで文章とか絵とかデータを持っていてもアウトとします。

「わいせつ」とは、「駄にエロくて普通の人を恥ずかしがらせるような背徳的なこと」とします。

概要

この法律により、成年向けであっても絵や文章でも陰部が露出していなくても、裁判でわいせつであると認められたものは違法とされ、関与した者は有罪判決を下される可性がある。陰部が露出しているかなどは警察が立件・逮捕する時の判断を左右するものでしかなく、裁判においては特に重視されない。実際に、雑誌の文章、小説翻訳小説成年向け雑誌、成年向けマンガなどの作者に有罪判決が下された。

最高裁などによれば性秩序・性道徳の維持が的であるとされるが、道徳の維持を的とする法律というものに問題はないのかという点をおいておくとしても、実際に有罪とされたものには後述の松文館裁判のように「その判断は非常識ではないか?」という例もある。

性秩序・性道徳の維持という面で見ても、性的な創作物の頒布をちゃんとゾーニングしていても基本的に罪だとすることは、犯罪性とエロスが一般のイメージの中で必要以上に結び付けられ、エロ犯罪であり罪悪だから奮するといったそれこそ不健全な方向に向かわせる可性すらある。

これは、伝統的に性を健康でめでたいものとして(例えば、春画はお守りになるとされていた)おおらかに肯定的に捉えてきた日本人の感覚と正反対である。性を商品とすることが不道徳という考えならまだ一理あるが、ここでいう「頒布」とは有償か償かを問わない

モザイクなどのよくわからない基準は、あまりに過剰な規制をかけるこの法律を抑制するための苦の策という見方もできる。ただし、後述のように結局は警察の意思次第でそんな慣習はあっさり視されてしまう現実もある。

なお、のコリーダ裁判(無罪)のように、時代によって性表現への許容度が変わること、慣例として一定の制約が守られるようになっている状況などに配慮した判例もある。ただしこの件では、最初から警察の追及をくぐり抜けることを狙って周到に準備がされていたので、勝つべくして勝ったとも言える。

松文館裁判

非常によくまとまったサイトがあるので、関心があればそちらも参照→リンクexit

2002年発行の成年向けマンガ『蜜室』(ビューティ・ヘア、松文館)が、均的な準で陰部の修正もしていたのにわいせつ物と認定され、作者は有罪が確定。一審では懲役1年執行猶予3年、控訴審では150万円最高裁の上告不受理によって2007年6月14日に二審の判決が確定。裁判ではちばてつや氏も弁護側の人となった。

経緯

高校生息子を持つ親が自宅で「蜜室」を発見

→「少年ターゲットにしているのは明で悪質、性犯罪を誘発する」といった内容の投書が平沢勝栄議員に届く

警視庁OBの平沢議員は警視庁生活安全部へこれを転送平成14年8月12日

警視庁が捜を開始、逮捕(同年10月10日

この件から見えてくるもの

判決文exitでは、性的刺が強い事自体がわいせつ、つまり罪であり、思想的・芸術的価値があればそれは緩和されるがそれもこの作品には存在しない…といったことが述べられている。

描写が美しいなどの芸術的価値があったらむしろ性的刺がより強くなることもあるはずだが、逆に言えば、性的感覚を刺するようなものには芸術性がない、という一つの芸術論がここに隠れている。そういう思想自体には何の問題もないが、特定の思想に基づいて創作物の表現を規制する刑事裁判が行われてしまうという状況は、いくらでも恣意的な判断が入り込む余地があるので不合理かつ危険である。

道徳に厳しい人でも、こうしたもの一般を禁止する事の理と弊常識的感覚として理解するだろう。また、禁酒法がもたらした弊麻薬戦争の大失敗などを考えれば、があるから取り締まればよいというものでもない。ましてや成年向け漫画などは、理作用があるタバコ麻薬などのような客観は確認されていない。

文化的価値について言えば、絵や物語などで表現される創作物において、エロティシズムそのものがそのその時代の言葉や社会の姿を抜きには成り立たない。また、瞳の塗り方一つにも作り手の個性が表れ重要な魅となる。マンガならコマ割りや吹き出しの配置にも色々な方法があり、デッサンから雰囲気まで趣向が凝らされる。

芸術性や思想性で価値がい、あるいはそういう面を重視しない作りだとしても、性犯罪統計からもさして悪影が見られず、性犯罪の抑制に寄与している可性もある娯楽文化を、一般的に価値とするのは理があろう。

限度は必要という意見ももちろん尊重すべきだが、先述のわいせつの三要件だけではあまりにも抽的であり、結局は警察の判断・運用に頼らざるを得ず、作り手も判断しにくい。警察空気を読んで取り締まりをやってくれとすべて丸投げするのはいかにも乱暴で弊もあるが、それが現状なのである。

関連動画

関連商品

外部リンク

関連項目

掲示板

  • 95ななしのよっしん

    2019/08/19(月) 23:44:59 ID: 9zMLeOja2J

    そもそも"成人向け"なのに少年の育成がうんたらかんたらと言われて規制されることもおかしいし、印刷所も出版社も萎縮してを上げないことがおかしい。
    ひとりひとりがを上げろって言ったって、四面楚歌みたいな状況であげられないよ。

  • 96ななしのよっしん

    2019/09/11(水) 19:14:58 ID: rgs36et1ym

    これって表現の自由に抵触しないの?
    判例ない感じ?

  • 97ななしのよっしん

    2019/09/15(日) 02:54:17 ID: KxosAWlkJo

    健全な性道徳に違反しているなら表現の自由は当てはまらない的なのがあった気がする
    チャタレー事件かな?古いし小説での判決だけどこの価値観は未だ引きずってる
    確か較的近年の判決で、これを判例にして表現の自由は侵さないとしたのがあったはず

    健全な性道徳って何だろうね。修正線やモザイク程度で許される健全性らしいが

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP