今注目のニュース
ヤフーとアスクルでバトル勃発 「業績悪いので社長退任を」「だが断る」 背景にある「LOHACO」問題
魚卵うめぇ!深海920メートルの海底で、魚の卵をむさぼるハングリーなカニのレア映像(アメリカ)※ツブツブ注意
VTuber「ゲーム部」声優、やっぱり変わっていた 運営社が発表、残る2人も変更へ

始祖神ライフォス単語

シソシンライフォス

掲示板をみる(72)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「始祖神ライフォス」とは、テーブルトークRPGソード・ワールド2.0」に登場する古代(エンシェント・ゴッド)であり、ラクシア世界に最初に誕生したである。

格言

隣人せよ。調和の中にこそ、平和は生まれる」
「秩序こそ、平和を守る大いなるであり、である」
「奪うべからず、騙すべからず、殺すべからず。与え、信じ、命を共有せよ」

概要

紀文明シュネルア時代に、自ら第一のルミエルに触れて誕生したラクシア世界最初ので、多くの人間に信仰されている為、知らない者はいないといわれる程の知名度を誇っている。

温厚な性格で共存共栄の調和と平和を重視し、友愛を大切し、話し合いをもって問題を解決するように説いている。

騎士神ザイアに導いたのも始祖神ライフォスである。

信者達は、勢としては破格の規模を誇るものの平和する者が多く、「寛容」「秩序」「慈」をもって年長者を敬い、弱者に手を差し伸べようとする。
また信者からは始祖神ライフォスを々の王として他のよりも上位だと認識されている。しかし共存共栄を良しとする始祖神ライフォスに対して年功序列的な評価をしている事等、異論を唱える者も多い。

戦神ダルクレムは永遠のライバルである。
始祖神ライフォス自身は、当初蛮族との融和も望んでいた。しかし戦神ダルクレムからを向けられて々の戦争を引き起こされり、尽く裏切られてしまった。
そのため、現在教団は蛮族の存在を認めていない。蛮族に対しては戦う事を推奨しており、相容れない存在としている。
蛮族を忌避していることから魂の穢れに対しても否定的である。

像は、々のを印づけるような穏やかな顔した壮年の男性として描かれる事が多い。
印は3つの輪を重ねた調和をイメージしたものとなっている。

特殊神聖魔法

始祖神ライフォスの特殊魔法は、精に作用するものが多く、術者と対を協させるものも多い。
特に戦闘に見えて役立つような魔法が少なく、補助用としても使いにくいと評価される事が多い。
このせいで時折「人類にはすぎた」と言われることも。

ただし、【グレイスオブルミエル】だけは別格の評価を受けている。この魔法の為だけにライフォス官になる高レベル冒険者もいるくらい。

※より正確には、「使いこなすために頭を使う必要がある」と言った方が近いかもしれない。

サーチ・バルバロス

  • レベル2の特殊魔法
  • 半径30mの範囲内の蛮族を探知する結界を展開する(一だが)。
  • 範囲の広さを生かして、蛮族を探したい時に役立つ。
  • しかし、以下のような欠点かあるため、過信は禁物である。
    • 分かるのは、効果範囲内に蛮族が「いる」か「いない」かのみ。数や位置は特定できない。
      まずこの時点で、用途が限られてしまう。
      使用例)「この近辺の蛮族をサーチ&デストロイするか」という時に、探索するか否かの標にする。
    • は「半径30m/すべて」なので、《魔法制御》でも範囲内の任意の者を対から除外することはできない。
      術者以外に蛮族がいるPTでは、実質意味のない魔法となる。
    • となった蛮族には、探知された事が伝わってしまう。
      そのため、視界外にいる蛮族から襲われても、逆に逃げられても文句は言えない。
      かくれんぼ中の使用は避けるべきである。
    • 視界内にいるなら、Lv1基本魔法【バニッシュ】で代用できてしまう場面も少なくない。
      というか、視界内にいるキャラクターが蛮族か否かを正確に判断できる魔法は【バニッシュ】しかない。
      【サーチ・バルバロス】は範囲が広すぎるため、範囲ギリギリを通りすがった蛮族や、地下に隠れ潜んでいる蛮族まで対になる恐れがある。信頼性を確保するには、地下に蛮族がいないと保障された、半径30mのだだっ広いドームが必要になる。
      さらに、具体的に蛮族がで、何体いるかも不明である点がつらい。群衆の中に1体だけなのか、複数体いるのか、全員蛮族なのかで対処法が変わるからだ。
      最後に強いて挙げるなら、「理性を以て暴走した蛮族」と「理性を失って暴走した蛮族」どちらが怖いかも考えて、優劣を判断するべきである。
    • どうでもいい話だが、高レベル帯なら【セイクリッドフィールド】でも代用できる。
      範囲が三倍以上、消費MPも高すぎるので、どうしても【サーチ・バルバロス】が欲しくなったら、補として思い出すといい。
      ……ちなみに、こちらは蛮族にばれるとは明記されていないし、アンデッドの有も判別できる。
  • とは言え、【バニッシュ】は「抵抗:消滅」なので抵抗される恐れがある点、暴化させてしまって事態を悪化させる可性がある点など、優位性が全く存在しないわけではない。
    紛れている蛮族が魔法を使えないと特定できるなら、暴走させて命中ボーナスを与えるのは下策である。
    また、NPCは他人からの魔法に抵抗するのが普通なので、「抵抗したから蛮族」と決め付けるのは暴論である。
  • 言うまでもないが、術者が蛮族であれば本人が引っかかるため事実上効果がない。
    ↑WT16に『広範囲に効果を与える魔法において、その射程が「術者」となっているものは、術者自身を魔法の効果に含めるかどうか、術者が選択できます。』とある。
    この魔法も「射程:術者」であり、自身を除外して魔法を行使する事が可。よって、術者本人が蛮族なだけなら十分に活用

マインド・センディング

  • レベル4の特殊魔法
  • 30メートル範囲内の対1体と術者の心を繋いで感応させ、術者の思考を対読み取れるようになる。
  • 効果時間は10(1ラウンド)のみ。その間、術者の思うことが対に伝わる。
    • 「今【マインド・センディング】って魔法で話しかけてるんだけど~」なんて長に話し始めたらそれだけで効果が切れる。
      かといって、この魔法のためだけに《魔法拡大/時間》を取る訳にもいかないので、悩ましいところである。
  • 「術者→対」の一方通行である。対から術者に伝心する事はできない。
  • 言葉を伝える場合、術者が思いを伝える際の言を対が知っていないと理解してもらえない。
  • 言葉のほかに、大まかなイメージを伝えることもできる。これにより動物などとも多少の意思疎通(一方通行)が可。うまく使えば動物幻獣などを味方につけることが可かもしれない。
  • 「見えている対に一言話しかけたいが、それ以外の者に内容を聞かれたくない。でも【マインド・センディング】を唱えた事は最悪ばれても構わない」状況で使える。つまり、色々考えて使う必要がある。
    相手に聞かれてはまずい、何らかの合図等に使うなどである。
  • 魔法拡大/数》を使えば一度に複数の対にかけられるので、味方に敵に聞かれたくない短い作戦を伝えたりすることも可。PL会話での不自然な連携をGMが嫌う場合などには有効か。
  • 闇の妖精魔法マインリンク】と異なり、がつけないわけではない。もっとも、使うのはライフォス官なのでそうそうをついたり騙したりはしないと思うが。
  • 使い魔シースルー等と組み合わせて視覚を確保すると多少使いやすくなる。
  • また、ナイトメアなら異貌化中は詠唱魔法が使える為、テレパシーっぽく使える。……事前に異貌化していれば。

ピース

  • レベル7の特殊魔法
  • 30メートルまでの半径6メートル範囲内にいる対(最大20体)の敵意を失わせて戦いをやめさせる。
  • 抵抗に失敗したは、闘争本が抑制されて積極的に戦いに参加しなくなる。また可な場合は戦いをやめさせようとする。
  • 抵抗に失敗したが他人から攻撃を受けるか、敵対的な行動を受けると効果は解除される。
    • GM裁量も絡むと思うが、「戦闘をやめさせる」効果なので戦闘継続されていれば条件に解除ではないと思われる。
  • 効果を発揮するかしないか状況次第な部分が強く、たとえ効果を発揮しても一時的なものに過ぎないのが欠点。(魔法の効果が切れたらまた襲われる可性がある)
  • に、戦闘する事に良心が痛む対に使うことになるだろう。人族はもとより、うっかり怒らせてしまった動物妖精補か。
    敵に操られてる対に行使する、というのも覚えておくといいかもしれない。
  • 他の用途として、戦闘を避けてリソースを温存するという手もある。妖精とか、倒しても戦利品出ないし。
    【ピース】自体の消費MPもあるので、戦局を見極めて、もっとも消費の少ない方を選択したい。

グレイス・オブ・ルミエル

  • レベル10の特殊魔法
  • 30メートル範囲内の対1体に「加護」を与える。
  • は、すでに持っている「加護」を除いて、以下の中から1つを行使できる。
  • 特に運命変転の強さはがかっているため、必然的にこの魔法の評価も高い。消費が重いのと、効果時間が1時間しかないのが数少ない欠点。
  • 人間に運命変転をもう1個つける事は出来ないので、人間が多いPTだとちょっと損をした気分になる。それでも強いけど。
  • そのほかにも炎身で炎を効化、優しき水中行動&水中で発で命中回避+1などを得られるので使い方次第でとても有効。
  • 魔法拡大/数》で複数を対に行使する場合、付与する「加護」を個別に選択することは出来ず、すべての対に同一の「加護」を付与することとなる。
  • 種族特徴強化採用時は、付与される「加護」は1レベル相当のものになる。

プロミスト・サークル

関連動画

▼ラ「神話捏造されるし・・・」

▼ラ「いろんなところで不憫な扱いですが・・・」

▼ラ「私の自慢のです。ドレイクだけど良い子です。私のことはお義父さんと言っていいのだよ」

▼ラ「お義父さんうれすぎてつい奮発しちゃった」

▼ラ「私のした調和のを示してくれるのは彼女たちかもしれない・・・」

関連商品


関連コミュニティ

関連項目

???
ラクシア々(参考資料:ウィザーズトゥームp.138々の相関図・訂版」+カルディアグレイスp.83-84
第一の(人族サイド 第二の(蛮族サイド
古代 始祖神ライフォス 太陽神ティダン 炎武帝グレンダール
賢神キルヒア 妖精神アステリア 戦勝神ユリスカロア
戦神ダルクレム 死の神ザールギアス
大神 騎士神ザイア 月神シーン
酒幸神サカロス 慈雨神フェトル 秘隠神クス
腐敗の女神ブラグザバス 不死神メティシエ
眠りの神カオルルウプテ フラクシス
風来神ル=ロウド 狂神ラーリス
水の神ルーフェリア 融合神リルズ 纏いの神ニールダ
器械神レパラール 剣神ヒューレ 韋駄天ラトクレス
刃神マキシム 鉄槌神エセルフィン 竜帝神シムルグ
学護神エッケザッカ
毒薬の神テメリオ 宥和神アーメス

関連リンク

掲示板

  • 70ななしのよっしん

    2018/12/19(水) 13:40:27 ID: B93B3BrLXz

    逆を言うと、たいていのものを愛し受け入れる以上、ちょっと『奮して過になってるだけの自分の信徒』程度は「困った子たちだ」と苦笑しながら受け入れて当然とも言えるわけだから……

  • 71ななしのよっしん

    2019/02/05(火) 01:37:51 ID: wYu5Wy2Ev7

    >>70
    どこかで見たダルクレムが最初のナイトメア説が本当なら、ライフォス戦争仕掛けたのも、そういう狂信者でも何でも受け入れてしまう点が相入れなかったのかもねぇ。

  • 72ななしのよっしん

    2019/06/04(火) 19:15:25 ID: poFELcKNqg

    >>70
    なかなか興味深い解釈だな。ただまあその解釈を採ると、よりにもよってあの“狂神ラーリス”のマイルド版みたいになってしまうのが困りどころ、かなあ。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP