今注目のニュース
芸能人の不倫に興味がない人々「なんで他人の恋愛にあれだけ怒れるんだろう」「わざわざスポンサー調べていてすごい」
カンニング竹山が語る“不倫観”に視聴者ドン引き 「それはおかしい…」
「幅は1.7メートルだ。貴様は通れるか?」 最狭の険道「神奈川県道515号」、やっぱり絶対に通れなかった

市営モンロー主義単語

シエイモンローシュギ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

市営モンロー主義は、交通政策にける黒歴史

概要

一言で言うと、「内の交通は自治体が行うから、民間事業者は入って来るな!」と民間事業者を締めだしてしまう交通政策。
大阪市東京市(現:東京都23区)が行ったが、特に大阪市は後々に大きな遺恨を残す結果となっている。

そもそもの言葉の由来は、かつてアメリカ合衆国ヨーロッパに対して相互不干渉を提唱した「モンロー義」であり、時の大統領の名に因んでいる。

大阪市の場合…

1903年、大阪市電が開業。その頃、民営事業者が大阪市内での鉄道・軌事業に参入しようとしていたが、
1901年に大阪市長に就任した「原定吉」は、

鉄道のような市民生活に必要な交通機関は、利を標準に定されるものではなく、私人や営利会社に運営を委ねるべきではない」

議会でし、それが議会の支持を受けてしまったことが、悪い意味で歴史を動かしてしまったのだ。

市営モンロー主義の被害者

この市営モンロー主義で煮え湯を飲まされた事業者は、に以下の事業者が挙げられる。

上記3社の関係者、特に古社員・OBからは今でも大阪市を恨む者が多い。

京阪の場合

元々京阪天満橋駅をターミナルとしていたが、そこから梅田駅への進出を図ろうと「梅田線」の建設を計画し、鉄道から建設免許を受けたところ、
1920年、大阪市は「梅田進出?縄り荒らすんじゃねえよワレ!自治権侵じゃ!!」と鉄道に干渉し、
結局建設条件に、地上線での建設を許可せず高架線・地下線でのみ建設を認めさせた。そうすると、建設費の面で折り合いが付かなくなり、梅田進出を頓挫させ、淀屋橋駅ターミナル駅となる結果となった。
その一方、新京阪電鉄ことのちの阪急電鉄十三駅を経て梅田進出を果たしており、命運が分かれる結果となった。

ちなみに、この建設中止で大阪電気こと後の近鉄も「四条畷線」(額田駅桜ノ宮駅)の建設が頓挫するという影ももたらしている。

阪神・近鉄の場合

1946年阪神電鉄本社のある野田駅難波駅を結ぶ新線を計画し、難波駅近鉄に接続し相互乗り入れする予定であったが、
ここでも縄りを荒らされたくない大阪市は、並行する新線の免許を申請した。
そこで阪神野田駅から分岐するのではなく、伝法線こと後の西大阪線なんば線の当時の終着であった千鳥から難波へ向かうルートに変更した。
そのことに対し、大阪府阪神近鉄側を支持する方針を示したため、大阪市を益々怒らせてしまう。
1970年代近鉄難波駅まで進出を果たすが、阪神2009年まで大幅に遅れてしまった。。

バスも容赦しなかった

市営モンロー主義はバスにも及んでいた。元々大阪市内には「大阪乗合自動車」という事業者が1924年からバスを運行していたが、それに負けじと1927年大阪市市バスを走らせる。そうすると、過度な競争状態になり、1939年大阪乗合自動車大阪市に買収され営化されてしまった。その影で、今でも大阪市中心部を走るバスは基本的に大阪市バスしか存在しない状態となった。
かつては中央区内本町に「内本町バスセンター」というバスターミナルが存在し、阪神バス阪急バス京阪バス近鉄バス南海バスの5社が乗り入れていたが、渋滞化等の影で撤退、閉鎖された。

なお、大阪市バスはその後、「赤バス」でしくじってしまいもうひとつ黒歴史を生み出してしまう。
しくじり先生もびっくり。

地下鉄規格も容赦しなかった

大阪市営地下鉄車両は、第三軌条方式・架線集電方式・輪式リニアモーター方式の3つがある。
阪神近鉄へのカウンターパンチ路線となった千日前線中央線第三軌条方式であるが、
表向きには架線集電を行わないのでトンネル断面が小さく出来る建設費抑制策とされているが、
その裏では集電方式・建築限界をわざと変えることにより相互乗り入れをさせない防と言われている。
そのため、近鉄東大阪線ことのちのけいはんな線はやむを得ず第三軌条方式で開通させ、その車両を検する時は電動貨車で牽引しないと検場に持っていけないという面倒臭い行為を余儀なくされる結果となっている。
なお、堺筋線1970年大阪万博開催という役割を果たすため阪急の規格に乗っかった。

国からの介入、財政難に伴い黒歴史へ

1950年代後半、運輸省(現在国土交通省)の都市交通審議会によって市営モンロー主義が玉に挙げられた。
地下鉄整備が営資本で行えないという問題点に対し、民間資本による新線建設が望ましいとのアンサーを出したのだ。

市営モンロー主義のターニングポイント1960年代から始まった。モータリゼーションである。
大阪市内に流入する自動車数が爆発的に増加したことにより、電の遅延が頻発するようになり、
電の収益がガタ落ちする。元々地下鉄建設の原資を電収益ありきで考えていたため、
その皮算用が通用しなくなったのだ。それにより、負債が膨らむ→高い運賃→客が乗らない→負債が膨らむという負のスパイラルに陥る。

その後も何度も大阪市都市交通審議会で玉に挙げられ、1963年京阪淀屋橋延伸、1970年近鉄難波延伸が実現。
その頃には、というお上に逆らう体もなくなったことを悟っていた大阪市はそれ以降民間資本を締め出す方針はあまりせず、共存する姿勢を取るようになった。

そして2011年、当時の大阪市長であった橋下徹地下鉄市バス民営化を推し進める発言をしたことから、市営モンロー主義はこれで幕を下ろす。約100年に渡る長いのりであった。

もし市営モンロー主義が行われなかったら

もし仮に市営モンロー主義が行われなかったら、あるいは々と市営モンロー主義をやめていれば、
首都圏のように長距離直通運転が当たり前となっており、梅田難波といったターミナル駅の混雑が今よりも緩和されていただろうと言われている。
まあ、京阪阪神近鉄から恨まれ役を買われずに済んだかもしれない。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/24(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/24(金) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP