今注目のニュース
米トランプタワー前の通りを「オバマ街」にしよう ネットで署名
「PG12」は何歳から見られる?映画の業界用語
京アニ支援のクラウドファンディング アニメ関連NPOが開始

F-104単語

エフヒャクヨン

掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

F-104とは、ロッキード社の開発した音速戦闘機である。

概要

二世戦闘機であり、アメリカ軍や航空自衛隊ドイツ軍、ギリシャ軍、イタリア軍など西側各に広く配備されていた。現在、軍用機としては全機退役しているが、少数機が民間クロバットチームスターファイターズで運用されている。

背景

F-104を開発するきっかけは朝鮮戦争にまでさかのぼる。

朝鮮戦争開戦直後、アメリカ軍F6FF4UF-51と言った従来のレシプロ戦闘機に加え、直線ジェット戦闘機であるF-80シューティングスターおよびF-84サンダージェットを投入し、レシプロ戦闘機しかなかった北朝鮮軍を効果的に抑え込んでいた。

しかし1950年10月に参戦した中国MiG-15戦闘機を投入してきたことをことにより、アメリカの制権確保は行きが怪しくなってきた。初の遭遇戦ではパイロットの練度が高く、統制のとれていたF-80が返り討ちにすることに成功したものの、速や加速で圧倒的に劣るF-80やF-84では対抗できないことが予想された

この危機を乗り切るため最新鋭のF-86を投入し、MiG-15に対抗することになったが、F-86較してもMiG-15は加速や上昇スピードで上回る性を持っており、これに対抗するためF-86もEの全遊動平尾やFエンジン強化を初めとする良を重ねていったが、パイロットはそれらの点を羨ましがっていた。

ロッキード社の設計士であるケリー・ジョンソンは前線で戦うパイロットの話を聞き、小軽量な機体に大出エンジンを搭載した戦闘機を設計してみようと考えたことによりプロジェクトスタートした。

特徴

エンジンアフターバーナー付きのJ-79ターボジェットエンジンを一基搭載する。マッハ2級の高速性を重視するため、後退を採用せず、には幅の短い直線を採用している。このは極めて薄く作られており、カミソと形容されるほど。そのため整備士が怪しないようゴムカバーの前縁につけられることがある。
の付け根にショックコーンを有する。これによってマッハ2付近における気流の乱れによる吸気効率の低下を最小限におさえることができ、音速の2倍以上の速度を発揮できるようになった。開当初はこの構造が機密扱いとなっており、カバーが取り付けられて見えないように隠されていた。

機体の重量が軽く、その割に推の大きなエンジンを搭載するため、加速性や上昇は当時としては群を抜いており現在ですらある程度通用するレベルにある。反面面積が小さいため面荷重が大きく旋回性はかなり悪い。航空自衛隊はフラップ戦フラップとして使用するなどの対策を施し格闘戦を向上させている。
また、垂直尾翼にT字配置された平尾が急旋回時にの後流に干渉して操縦不能となる事態を防ぐ為、一定の迎えをとると強制的に機首を引き戻すキッカーという機構が装備されている。このことをきちんと把握していないと、低飛行時に機首の引き起こしができずに地面に突する危険性があり、何人かのパイロットがそれによって命を落としている。

機首にM61バルカン砲を1門装備し、AIM-9サイドワインダー空対空ミサイルロケット弾などを搭載可バルカン砲は、F-104の開発当初から搭載することが決定されていたが、アメリカ軍が実戦配備を急がせたため、機材としての熟成が進んでおらず故障が多発したためF-104Aでは搭載が見送られたほか、航空自衛隊向けの機体では、沖縄返還による追加調達機以外は燃料タンクが設置し、機を換装キット形式で調達していたが、予算の問題で全ての機体の分は調達できなかった。また、イタリア軍向けの機体ではAIM-7スパロー中距離空対空ミサイルを搭載するためレーダー改造しており、イルミネーターを載せるため撤去されている。後に延命工事を受けた際に機器の小化によってバルカン砲の装備が復活したが、その後のアップデートにより再び撤去することになった。

運用

開発元であるアメリカ軍では、当初の発注元である戦術航空軍団(TAC)では戦術転換によって、F-104への興味を失っていたが、F-102の後継機として開発していたF-106の開発が遅れたため、F-106が配備されるためのつなぎとして採用されたが、公式に明言されているSAGEシステム対応機材が搭載できないことや航続距離が短く空中給油に対応していなかった事で防軍団(ADC)からは短期間で退役させられた。
戦術航空軍団ではF-104Cをベトナム戦争などに派遣されたものの、北ベトナム軍はF-104との交戦を避けたため中戦の機会はほぼなく、逆に地対空ミサイルの餌食になったり、中国の領うっかり侵入した機体が撃墜されたり、撃墜されたF-104の捜索に出動した機体が空中給油機と接触事故を起こして墜落など、さんざんなにあった。

しかしながらアメリカ軍での不遇をよそに、NATOでは戦闘機として各に大量に配備され、ワルシャワ条約機構軍の侵攻に備えることになった。
ドイツ軍では、本来は高高度高速迎撃戦闘機であるこの機体を低で近接航空支援を行う戦闘爆撃機として運用することになったが、ヨーロッパ特有の悪に不慣れなパイロットが多かったこともあり、大量の事故損失機を出す結果となってしまった。このため、「未亡人製造機」などと不名誉な渾名を付けられるにいたった。また、滑走路を破壊された時でも発進できるよう、ロケットエンジンを装備してゼロ距離射出する試験も行われていた(下記動画参照)。

イタリア軍では、発展であるCL-1200への搭載を的に開発された新レーダーを装備したF-104Sを運用していたため、AIM-7スパロー空対空ミサイルが運用可であり最高の戦性を有するにいたったが、ユーロファイターの開発が遅れたことや、繋ぎであったトーネードF3の運用コストが、当初の予算でまかないきれない額に高騰したことなどで退役が遅くなり、繋ぎの繋ぎであるF-16ADFと入れ替わる2005年まで運用されていた。

航空自衛隊では上述の通りフラップ戦フラップとして扱うことにより、強引に旋回性をあげ、僚機との連携を使いこなし、訓練でF-15を落とした猛者も現れた。
1986年F-15Jの増備によって航空自衛隊からは退役したが、一部の機体はFMS(有償援助)であったことから米軍に返却することになり、そこから台湾軍に再配備されるという運命をたどった。また、そのほかの状態のよかった機体はドローンターゲット人標的機)として改造され、UF-104Jのコードを与えられてミサイルターゲットなどとして全機「撃墜」された。
ちなみに、この航空自衛隊仕様のF-104を選定するに至った第一次F-X選定作業のなんやかんやを描いた小説作品が山崎豊子の「不毛地帯」である。

そのほかパキスタン軍にも配備され、インドとの二度の紛争(印パ戦争)ではインドもF-104との中戦を避けたほか、パキスタン側もF-104とMig-21の対戦を避けていた。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/19(月) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/19(月) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP