単語記事: 孫悟飯

編集
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

孫悟飯(そん ごはん)とは、鳥山明原作漫画DRAGON BALL』およびそれを原作とするアニメなどに登場するキャラクターである。

声優野沢雅子

同名の別人のキャラクターがもう1人いるが、この記事では孫悟空息子について説明する。
なお、孫悟空の育ての親の孫悟飯については、孫悟飯(孫悟空の育ての親)を参照。

概要

孫悟空とその妻チチの間に生まれた長男である。悟天がいる。
作中初めて登場したサイヤ人地球人のハーフであり、秘められたをもぐ。
名前の由来は、孫悟空の育ての親である孫悟飯である。

そのとは裏に、性格は穏やかで戦闘を好まず、動物と心を通わすこともできる。
成長とともに必要とあれば立ち向かうべき相手に挑む覚悟はできたものの、戦いそのもの、および用な人死には嫌っており、あのセルにも説得を試みるほどである。

ピッコロとは師関係にある。 チチの反対を押し切って、師匠を生き返らせるためにナメック星へ向かったり、内緒で作った師匠とおいのをお披露していることからも、師匠を心の底から尊敬していることがえる。
また、「ピッコロさんだ~いすき」というキャラクターソングもある。

ストーリーへの絡み

幼少期(サイヤ人編~ナメック星編)

幼年期

孫悟空に連れられ、カメハウス挨拶にいったのが初登場であった。最初から敬語を正しく使い、両親には強く残る訛りもないなど、チチによる教育の賜物か非常に礼儀正しかった。また、筋斗に乗れる純な心の持ちである。
しかし、時を同じくして地球を襲来したラディッツに誘拐されてしまう。当時は大変な泣きであり、誘拐後はかなり五月く泣いていた。
自分を助けに来た孫悟空ラディッツに痛めつけられる姿に激怒し、その秘められたを解放しての頭突きでラディッツに多大なダメージを与えた。

ラディッツを撃破したものの、孫悟空が命を落とし、さらに1年後にはべジータナッパが襲来することが判明。
これにより、今度は孫悟空とともにラディッツに挑んだピッコロに半ば拉致される形で連れてゆかれ、ピッコロの元で修行に励むことになる。
最初こそ全で怖がっていたが、この1年間の修行生活は悟飯ピッコロの双方の成長につながっており、堅いで結ばれた師となった。

べジータナッパとの戦闘後、孫悟空は生き返ったが重傷、さらにピッコロ悟飯をかばって落命してしまう。
特にピッコロが命を落としたことは悟飯に強く影を与えており、立ち向かうべき相手と戦う覚悟が固まったのはこの時期である。
そして、地球ドラゴンボール、ひいては師匠であるピッコロを生き返らせるため、悟飯チチの反対を押し切ってナメック星へ向かった。
ナメック星で紆余曲折を経てピッコロの復活に成功。フリーザとの戦いの中で超サイヤ人として覚醒した姿を最初に確認した。そのによるドラゴンボールへの願いにより、地球に帰還した。

少年期(人造人間編)

少年期

地球帰還後、トランクスにより知った新たな敵・人造人間との戦いに備え、勉学と修行を両立させる日々を送る。
実際にはじまった人造人間との戦いでは当初はサポートにあたり、孫悟空ウイルス心臓病を発症したことにっ先に気付いたり、不意をついてピッコロを襲撃していたドクター・ゲロを殴り飛ばすなど的確なアシストを見せていた。
セルという新たな脅威を前に、孫悟空の発案でとともに精神と時の部屋で修行を行い、超サイヤ人覚醒。さらに孫悟空の見出した超サイヤ人フルパワー(第4段階)習得もあり、べジータトランクスすらぐ実を持つ戦士に急成長する。

セルとの決戦において、当初は戦いに消極的であり、強い相手と戦いたいセル悟飯の秘められたパワーを引き出すべく痛めつけてきても、それに耐えるばかりであった。
しかしセルジュニア仲間まで痛めつけられる中、自然する心を持った人造人間16号が、セルによって残に破壊されたことでついに激怒し、秘められたの一端”よりも超サイヤ人2への到達”を見せ、セルを圧倒。
ところが超サイヤ人化の副作用である精高揚により増長してしまい、避けられたはずの孫悟空の死を防げない悲劇を起こしてしまったが、最後は界王にいる、そして秘められた自身の爆発させての「親子かめはめ波」でセルを撃破。はじめて自らの手で地球を救った。余談だが、アニメではアナウンサーからは弁当売りの少年と言われていた。

弁当売りの少年精神と時の部屋での修業後は文字通り見違えるほどのビジュアル的な成長を果たしており、ピッコロ譲りの肩パットマントを羽織った魔族姿の悟飯は非常に人気が高い。人造人間編のラスボスであるセル劇場版ボスであるボージャックを単独で撃破するという快挙を果たすなど、この時期の実質的な主人公として覚ましい活躍をみせた。

この時期に行われた人気投票では主人公である悟空を押さえて一位を獲得しており(得票数51,921票)、ミリオンセラーを記録したSFCソフト超武闘伝』『超武闘伝2』の姿もこの少年期であるため、「悟飯と言えば少年期!」という人も多いのではないだろうか。

青年期(魔人ブウ編)

セルを倒して以後は勉強に専念し、オレンジスターハイスクールに全教科満点の成績で入学することができた。自宅とハイスクールは非常に遠いが、寮生活などはせず筋斗舞空術によって普通通学していた。
この頃、自分の正体を隠しながら悪などを倒すため、衣装をブルマ製作してもらって「グレートサイヤマン」として活動する。
武闘としての自らの成長を的とし、非常時にのみそのを振るうことが多い戦士Z戦士)においては極めて稀なスタンスであり、自らの得たを悪を抑えるべく日常的に行使すると決意したことは賞賛に値する。
しかし、そのネーミングセンスやら美的感覚には少々常人とかけ離れた所があり、また孫悟飯の実が大きく手加減しても、一般的な悪人とはと地ほどの戦闘力差があることから、結果的にコメディリリーフのようになってしまった。
なお、美的感覚については、ナメック星にてかつて出会ったギニュー特戦隊の影があるのではないか、ともいわれている。

アルティメット悟飯魔導師バビディ襲来に伴って再び戦いに赴くが、勉強に専念していたため、秘められたを引き出して戦ったセル戦からは実が多少落ちていた。
それでもセルに匹敵する実を持つダーブラと互に戦うが、現れた魔人ブウには敗を喫して瀕死の重傷を負う。
その後、界王神に助けられ、界王神界にて伝説・Zソードを超サイヤ人化することで引き抜き、一時はZソードでの剣術を練習していたが、Zソードが事故で折れたから出現した15代前の界王神により真実を知り、剣術修行をやめる代わりに潜在限界以上に引き出してもらい、顔つきが変わった。
地球に帰還し魔人ブウを圧倒したが、ゴテンクスを吸収した魔人ブウにはが立たなかった。その後魔人ブウに吸収されてしまい、孫悟空ベジータに助けられたが、地球の崩壊から逃れられず死亡。その後はナメック星ドラゴンボール生し、悟空元気玉に協した。
なお、このときの形態は超サイヤ人とは異なり、作中では正確な名前は言及されていないものの、一般に「アルティメット悟飯」とよばれている。

神と神編

幼い頃の夢であった学者になれたようで、孫一家の中では社会的に働いている。またビーデル結婚しており、パン父親となっている。破壊神ビルスとはアルティメット状態で戦ったが、一撃で倒された。悟空超サイヤ人ゴッド変身させる際は超サイヤ人となっていた。またこの時妻のビーデル妊娠していると知り喜んだ。

復活の「F」編

復活の「F」編

パンが誕生してからは修行を全くしなかったらしく、超サイヤ人変身しなければならないくらいにまで戦闘力が落ちる。着をなくしたためジャージ着替えフリーザ軍との戦いにかけつける。

タゴマの体を乗っ取ったギニューとの戦いで超サイヤ人変身し、ギニューを2発の攻撃でダウンさせたが、パワーアップしたフリーザに甚振られた。重傷を負いつつ再び超サイヤ人変身放出を使い果たし廃人みたいになってフリーザに止めを刺されようとしていたところを、地球に帰還した孫悟空に救われ、仙豆で一命を取り留めた。
その後は悟空フリーザの戦いを静観。ゴールデンフリーザが倒された後にカプセルコーポレーションで行われたパーティーで、ピッコロに再び修行を付けてもらうように頼んだ。

破壊神シャンパ編

破壊神シャンパ編破壊神選抜格闘試合が行われることになり、ベジータは「潜在が高い」という理由で悟飯推薦したが、悟空は「勉強ばっかで着をなくした」という理由で却下された。その頃悟飯ピッコロと共に修行し、体を鍛え直した。第6宇宙と第7宇宙の格闘試合が行われると悟空から聞き、自分を推薦したが、学会と被ったために断念した。

学会でのスピーチ大学教授に評価され、子に選出されようとしていたが、ほとんどに帰れない仕事だったために、家族のために断った。

ドラゴンボールGT

究極のドラゴンボール集めに加わろうとするが、ベジータの提案で孫悟天トランクスが同行することになったので地球留守番することになった。しかし実際は悟天ではなく、パンがついていった。

1年後、ベビーに操られた悟天と交戦した末にベビーに操られ、ピッコロと交戦してかめはめ波で吹き飛ばした。パンも襲って止めを刺そうとしたところウーブに止められた。ベビー洗脳が解け、地球が崩壊する際にピッコロテレパシーで会話し、今生の別れで涙を流した。

一星龍との戦いでは悟のマークがついた胴着で一星龍と戦った。

別の未来の孫悟飯

未来悟飯

人造人間編で現れたトランクスが来た未来は、「地球に襲来したフリーザを倒した後、孫悟空ウイルス心臓病で死亡する」ことでフリーザ編以降において別の展開を迎えていた。その世界において悟飯は、心臓病で失い、さらに人造人間に師匠であるピッコロを含む多くの戦士が殺されてもなお戦い続ける、地球最後の戦士として人造人間に立ち向かっていた。
片腕を失う等の悲劇に見舞われながらも、ハンデを感じさせない奮闘を見せたが、及ばず戦死。
アニメ版においては、彼の死が、トランクス超サイヤ人覚醒させるきっかけとなった。

こちらでは大変厳しい世界での戦いを強いられていたため、本編世界とは違うシリアス青年悟飯として人気が高い。
父さんみたいに強くなれるかもと思った」ことから、仙流胴着をベースとしたオレンジ色の胴着を着ており、魔人ブウ編以上に短く刈り込むなど、外観的にも正史でのアルティメット悟飯に近い精悍な印を受ける。

また、に修行をつけてもらう暇がなかったようで、戦闘スタイルが幾分ピッコロ寄りになっているのも特徴である。
しかし、精神と時の部屋では修業していなかったようだ。
これは、部屋の存在を明かす前に、ピッコロが人造人間との戦いで死亡し、それにより神様も消滅したことや(ミスター・ポポも何らかの理由でいなくなったと思われる)、孫悟空が存在を明かす前に、悟空自身が死んでしまったため、部屋の存在を伝える者がいなかったためである。
また、孫悟空が亡くなった時期の都合上、この未来では悟天は誕生していない。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AD%AB%E6%82%9F%E9%A3%AF
ページ番号: 774427 リビジョン番号: 2381060
読み:ソンゴハン
初版作成日: 08/12/15 19:32 ◆ 最終更新日: 16/07/07 23:35
編集内容についての説明/コメント: ストーリーへの絡み:全体的に加筆、イラスト3件追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


孫悟飯(スーパーサイヤ人2)

孫悟飯

孫悟飯

孫悟飯

孫悟飯

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

孫悟飯について語るスレ

1350 : ななしのよっしん :2016/08/28(日) 14:20:10 ID: /nmxvfJD4c
>>1329でも書かれてるが、地球人との交配でサイヤ人の血が薄くなったというよりは、環境がよくなかったのかなって思う。
いきなりレベルの違いすぎる実戦に投入されて、同世代の競い合うライバルもいない
戦いを好きになる要素がない。
1351 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 00:29:29 ID: zciuLTzrVh
流れとは関係なく、個人的に気になったことなんだが
鳥山明が言ってた「皆が超サイヤ人3だと思ってたものを、自分は超サイヤ人2だと思ってた」という旨の発言から察するに

よく議論の的になる、ブウ編でダーブラと戦い、対ブロリー戦で変身した前が一本だけの青年悟飯の姿は、鳥山明超サイヤ人1の本気=超サイヤ人2だと思って描いてたことからくる誤解なんじゃないかと思った

つまり、本当は超サイヤ人2にあたる姿として前が一本の超サイヤ人を描き分けておきながら、鳥山明自身は2の存在なんて1の本気程度にしか覚えてなかったから「え? あれ1でしょ? だって2は伸びるじゃない」と言うに最近まで捉えていたんではないかと
1352 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 17:24:14 ID: lrfE/TEv4O
>>1346 >>1348
悟飯がディスられてるとかかれてるとかじゃなくあそこまで弱体化させたことが批判の元なのでは

別に悟飯というキャラ自身がかれてるわけじゃなくて
むしろ逆で悟飯をそういう扱いをしたスタッフ側への批判なんじゃ
1353 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 17:37:16 ID: lrfE/TEv4O
文章が崩れてしまった

>>1338
セルゲームにしてもあれは悟飯自身の調子に乗る資質というよりは
まだ未熟な時期に2に覚醒してキレた状態だからこそのものだと思う

今まで自覚だったのに少年期にもなると「自分はキレるとな戦いをしてしまう」
と気付き始めるほど精面で成長してたからこそ、当初はキレることをしてたんだしね
1354 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 17:48:53 ID: cHH8/Od7+B
弱体化が自然かどうかってのが争点なら自然としか言い様がない

アルティメットは修行によって得たものではなく老界王神限界を越えて引き出された仮初めのだしあれからたいして修行もせず特にビーデル妊娠後は学会や育児の準備に専念するようになっただろうから鈍るのは当然
1355 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 19:53:35 ID: lrfE/TEv4O
>>1354
もう何度も言われてるけど不自然なのは鈍ることじゃなくて鈍る規模ね

Tレックスを持ってた戦士が急ハムスターにまで下がるのは不自然過ぎるとしか言いようが
あんな規模で弱体化なんて原作にも当然かったしF編以前であの規模で弱ることを想定した人も全くいなかった
1356 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 19:57:18 ID: dv/uRKV8au
お前もう終わったことに対してまだウダウダ言ってたのか
1357 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 20:02:00 ID: lrfE/TEv4O
いや>>1354自然不自然かを争点にしなきゃ別に「ウダウダ」とは言わなかったよ
1358 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 21:53:14 ID: c3L6/XEZYM
そうじゃなくていい歳こいて過剰反応はみっともないって話だろ
1359 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 22:59:11 ID: lrfE/TEv4O
いや過剰反応どうこうの話じゃなかったと思うけど
自然することが過剰じゃなくてそれに反論することが過剰であるという理由こそわからんし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015