フェアリーキングプローン単語

フェアリーキングプローン

フェアリーキングプローン(Fairy King Prawn 香港表記:靚王)とは、1995年オーストラリアまれのセン競走馬である。
香港調教として初めて日本G1を制した

血統と馬名について

Danehillデインヒル)、Twiglet(ツイッグレット)、Twig Moss(ツイッギモス)という血統。
デインヒルは英リーディングを3年連続獲得(2005-2007)しただけでなく、当時としてはしかったシャトル種北半球南半球の季節のズレを利用して、北半球の種付けオフシーズンの時期に南半球の繁殖に種付けを行う事)の先駆けを行い、オーストラリアで9度リーディングを獲得し大成功した名
ツイッグモスはトウルビヨンの血を引くヘロド系ので、オーストラリアで複数のG1を出すなど活躍した。

・・・あれフェアリーキングサドラーズウェルズの全)関係ないの?と思った人もいるかもしれない。この名についてだが、の好物がエビだったようで意味合いとしてはフェアリーキングプローンではなく、フェアリーキングプローン(活きの良い大きなエビor妖精の様に麗な大きなエビ)というのが正しい。

デビュー~安田記念まで

香港競馬日本とは違い9月から翌年の7月までが1シーズンに値する為、本稿では(例:99-00シーズン)と表記する。

97-98シーズン3月デビュー。ここを頭差で勝利し、続く98-99シーズンの緒戦も勝利。そこからは好敵手となるベストオブベスト相手に2戦連続2着。しかしながらベストオブベストの居ないレースを2連勝し、2着を1度挟んで迎えた5月チェアマンズプライズG1現在グロバルスプリントシリーズ)のレースベストオブベストオリエタルエクスプレスタイキシャトルが勝った1998年安田記念の2着)を抑えて重賞初制覇。
2週間後のG2は2着に敗れたが97-98シーズンを8戦4勝2着3回の好成績で香港最優秀短距離タイトルを獲得した。
98-99シーズンの休み明けは7着、2着だったが12月香港スプリントでは各の強相手に2着に1身差を付け勝利した。しかしながら年明けからの2戦共に2着に敗れた所ではフェアリーキングプローンをイウ厩舎からアイヴァ・アラン厩舎に転厩させる。
この転厩の背景には、予てから意識していた日本安田記念の出走に向けて、オリエタルエクスプレスインディジェナススペシャルウィークが勝った1999年ジャパンカップ2着)等のレースの経験が豊富な厩舎に任せると言うのが理由であった。
転厩緒戦のチェアマンズプライズを直線の長い府中を意識するかの如く中を最後方からレースを進めるが首差及ばず2着。それでも営はレース内容に満足し、安田記念へと駒を進めることとなった。

安田記念

この年の安田記念は前年の東西マイル覇者エアジハードが屈腱炎で既に引退している他、グラスワンダー宝塚記念に向かう為本命がおらず、1番人気京都特別、京王杯スプリンカップを連勝していたスティンガーであったがオッズは4.5倍であり、以下ブラックホークキングヘイローシンボリインディらのG1 が続いたが、前年のオークスウメファイバーのオッズが8番人気にも関わらず10.1倍とが勝ってもおかしくないと言わんばかりの混戦を極めていた。
その中でフェアリーキングプローンは39.9倍の10番人気と低評価であった。これまでの勝ちは全て1400以下で距離が持たないと判断されたのだろうが、本の他にもう1頭だけいたイギリスを本拠地とする外のディクタットも同じなはずなのに彼は8.6倍の6番人気に支持されていた。当時の香港競馬レベルヨーロッパ日本よりも格下だと見られていたのであろう。
レースは中団のやや後方を進み、直線で外に持ち出すとグングン加速してまとめて差し切り、最後はディクタットの追撃を1身1/4抑えて香港調教としては初の日本G1の勲章を手にした。
99-00シーズンの成績は7戦2勝であったが、香港スプリント安田記念の勝ちが評価されて香港年度代表・最優秀マイラー・最優秀短距離の3つのタイトルを受賞した。

その後

その後の00-01シーズンも安定した走りを見せ、香港マイルで2着、ドバイデューティーフリー(現ドバイターフ)を2着、チェアマンズプライドを4身差で圧勝するなど香港を代表するとして活躍。しかしながら連覇を狙った安田記念では前年の伸びが全く見られない走りで9着と惨敗。
それでもこの年9戦4勝2着3回の好成績で2年連続の年度代表マイラー・短距離の3タイトルを受賞。
01-02シーズンも現役を続行し、1400mのレースレコード勝したが、直後に右前脚の脚部不安を発症してしまい、復帰をしたが断念、引退することとなった。
通算成績は26戦12勝。4着以下になったのは4回だけであり、後は全て3着以上と安定感抜群のであった。
現役引退後はセンであるが故、香港競馬ファンにいつでも会える様にとの意向で屯門の立騎乗学校(乗スクール)で余生を送っている。

香港競馬と日本

の活躍以降、サイレントウィットネス2005年スプリンターズステークス)、ブリシュラック(2006年安田記念)、ウルトラファンタジー2010年スプリンターズステークス)、エアロヴェロシティ2015年高松宮記念)が日本G1を制している他、2018年宝塚記念でワーザーがミッキーロケット相手に僅差で2着になっている。
また香港競馬の知名度、レベルも急に上がっており、中でもスプリント路線では豪州と並んで世界トップレベルと言えるが、12月香港ミーティングで世界の強が集まっているのが大きいであろう。かつてのジャパンカップでもヨーロッパの強が来日していたが今や香港にその立場を奪われてしまっている。
日本競馬も彼のような際的な知名度を上げるヒーローが現れて欲しい他に、競馬関係者にジャパンカップがどうして創設されたのかをもう一度考え直して欲しいと筆者は願っている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

フェアリーキングプローンに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フェアリーキングプローン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • フェアリーキングプローンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/10/17(木)12時更新