ニアークティック単語

ニアークティック

ニアークティック(Nearctic)とは、1954年まれのカナダ産の競走

世界的大種アルコをに持ち、競走としてカナダを中心に走り活躍した。
としてノーザンダンサーを送り出したが、息子世界を塗り替えたせいか今一知名度が低い。

名前は生物地理の区分で、北アメリカ大陸グリーンランドを示す「新北区」を意味する。

生い立ち・競走馬時代

Nearco、Lady AngelaHyperionという血統。

イタリアが誇る名であり、ナスルーラロイヤルチャージャーなど大種サイアーオブサイアーズの代表格。ハイペリオンは英ダービーにして英リーディング6回の大種
母親は一大系の祖、プリティーポリーの一族に属している。活躍は本以外にステークス優勝を何頭か出し、ノーザンテーストが彼女の孫にあたる。良血である。

血統表(外部リンク)を詳しく見ると、結構セントサイモンが濃い。
因みに本が活躍していた当時、ネアルコ×ハイペリオンの配合はあまり良くないと言われていた。

カナダの実業にして名エドワードテイラーの手によって生産された本カナダでキャリアスタートさせ、通算47戦21勝。アメリカへ遠征してコースレコード勝利を収めた事もあり、に短距離からマイル戦でその快速を遺憾なく発揮した。4歳時にはカナダの年度代表に選ばれている。

種牡馬入り後

1960年(6歳)から種入り。当初テイラーが保有していた牧場で種生活を送っていたが、後にアメリカシンジケートが組まれ、アメリカを据える事となった。

1961年に初年度産駒が生まれたが、その中にかのノーザンダンサー(Northern Dancer)がいた。ノーザンダンサーカナダからアメリカクラシック二冠を達成。種入りすると、文字通り世界の血統地図を塗り替えたノーザンダンサー以外にも活躍がおり、に英2000ギニーやジャックマロワ賞を優勝したノノアルコがいる。通算で7回のカナダリーディンサイアーとなった。

1973年に慢性的なリンパ節炎により、安楽死の措置が執られた。享年19歳。遺骸は故郷の牧場に埋葬され、死後の1977年カナダ競馬殿に選出された。

今のニアークティック系

ノーザンダンサー系

ニアークティックの代表産駒であるノーザンダンサーだが、種入りするとナスルーラ30年くらい掛けて世界中に広まったのに対し、その倍のスピード世界中にその血を広めた。2018年現在でもヤバいくらい血が広まっており、欧州サドラーズウェルズ、北ストームキャット豪州ではデインヒル流を占める。日本でもマルゼンスキーノーザンテースト、モガミなどが流行していた。

ノーザンダンサー流から陥落することは多分い。ニジンスキーヌレイエフの直系が衰えつつあっても、サドラーズウェルズやストームバード、ダンジグヴァイスリージェントが活発です。

非ノーザンダンサー系

ノーザンダンサーい時期から活躍したため、ニアークティック系≒ノーザンダンサーと考えられる事もあるが、どっこいノーザンダンサー以外も健闘している。

代表例はアイスカペイド(Icecapade)である。競走としてはそこそこといった所だが、種入りすると第1回BCクラシック優勝ワイルドゲインを輩出。そのワイルドゲインも種として活躍し現在でも系は存続している。日本ではワイルドラッシュ・トランセンド子がダート戦線で一定のニッチを確保している。

他にもノアルコ(Nonoalco)が英1000ギニー優勝ケイティーズを送り出し、その系子孫にヒシアマゾンアドマイヤムーンがいる。渋いところでは有馬記念優勝ダイユウサクを輩出。系は今でもオーストラリアに残っている。

決してノーザンダンサー一辺倒な種ではない。それだけは言いたかった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ニアークティック

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ニアークティックについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード