ポイズンピンク単語

ポイズンピンク
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ポイズンピンクとは、2008年2月14日バンプレスト(現:バンダイナムコゲームス)から発売された、PS2専用のSRPGである。開発は、サモンナイトシリーズでおなじみフライプラン

概要

ゴスロリやらショタやらお様やら美男子やらやらがドロドロしたダンジョンの中で魔神を狩るゲーム

人気作品『サモンナイト』を生んだ、バンプレストフライプランコンビで新たに作り出された、新規タイトルサモンナイトシリーズBLACK/MATRIXシリーズに続き、新たな分野へと手を伸ばした意欲作である。

従来のフライプラン作品にはなかった、非常にダークハード世界観と雰囲気が特徴。サモンナイトや他のRPGのように、作品中の世界を広げることはなく、突如現れたダンジョンの中での閉鎖的な出来事のみを描くことで、直接登場はしない世界・王で起こっている出来事が明らかになっていく。

キャラクターデザインも大きく意趣を変え、幻想的な絵柄が特徴的なtomotikaを登用。敵として登場する『魔神』のデザインには、仮面ライダー電王イマジンデザインなどを担当した韮沢靖や、バンダイ玩具デザインなどで有名な安藤メインに据えたほか、著名なデザイナーがこっそり参加している。

売り上げ・アマゾンでの評価・ファミ通での評価共に芳しくなかった。特に戦闘時のロードの長さや、経験値獲得などのためのフリー戦闘がないなどのシステム面で厳しい評価を受けたほか、会話時などの一枚画とプレイ中に流れる3DCGムービーでのキャラクターの容姿が著しく違うことも、デザインに惹かれたプレイヤーを痛めつけることになり、しまいには当年のKOTY話題に上がってしまうほどだった。しかし、他の作品には見られないようなそのダーク世界観は人気が高く、システム面にを瞑ってでも楽しむプレイヤーも多い。

ストーリー・設定

人の地に、魔と精霊が存在していた時代――

世界アーレア。そのサンディークス大陸北欧一帯を、1400年の長きにわたり統治してきたバルダミアン。そこには、騎士団の若き団長との婚約を間近に控えている、バルド王のルナーシェがいた。

しかし、婚約を10日後に控えたある日、ルナーシェ然と姿を消し、同時に王の辺に突如として界ベセクが現れる。不安と恐怖が中を駆け巡り、評議会が明確な対処を打ち出せない中、バルド王は驚くべき明を発表する。

「身分、民族、信仰、の何事も問わぬ、会ベセクの最深部に連れ去られしを救い出せ。さすればノゾミの褒美を与えん」

そして、バルド王の明の前後、人間駕するを持つ異形の者、『魔神』が支配する界ベセクに赴くいくつかの人影があった。
禍々しい魔を放つ古びた本を抱え、導きの賢者を傍らに、氷の微笑を浮かべる少女バルダミアン騎士団長であり、同時にルナーシェの婚約者でもある騎士。次期教皇補とまで評されるで、魔法を自在に操るバルド教の若き官。

それぞれ思惑も的も異なる彼らの運命を、界ベセクは静かに飲み込んでいく…。

物語は、上記のあらすじの中に登場する3人の主人公パート、加えて隠しパートである2人、全てクリアした後の最終章の、計6編で構成される。

最終章以外は同時進行、もしくは時系列が不明瞭であり、どれか1つをクリアしたのでは物語は解けない。1つのパートクリアした後は、他のパートクリアすることで、残されたが解けていくという仕組みになっており、非常に複雑に結びついているため、繰り返しクリアしないと理解・解明できない部分が多い。

しかし、それを踏まえても台詞回しや物語の流れは難解であり、このことは本作の不評にもつながっている。

登場キャラクター

前述の通り、ストーリーと設定が非常に複雑である上にが多いため、全て書き起こすことは出来ない。ウィキペディアのような便利なまとめは一切ないため、自分で買ってプレイしてまとめることを勧める。

テージ編

『クク族は食べ物じゃなあああい!!』 『クク族を元に並べればぐっすり眠れるのよ!』 『べ、別に膝枕をしてあげようなんて思ってないんだからね!』 『私は脱いだらかーなーりすごいわよ?』 『伝説ロリ王と称してあげるわ!!』 『恨んでキッチンに出たら、一族根絶やしにしてあげる』 『アナタはどっちが趣味なの?』

  • ティカ 『罪き咎の烙印を持つ少年 CV:冬馬由美
    ショタ+邪気眼属性14歳。テージとは対照的に年相応の幼さを持っており、ラキやテージのチートっぷりについていけない部分がある。彼女らのからかいに対してを荒げて反論するなど、未熟さが立つ。
    魔術を使えないはずなのに何故か界に侵入していた。殺されそうになった所をテージに拾われ、強引に従属の契約を結ばれる。以降、一方的に部下としてテージに引き回されることになる。
    邪気眼属をいいことに、人格が変してるから、という理由でネタ会話を詰め込まれた不遇のキャラクター。また、多少打ち解けたテージに対して膝枕を要するなど、妙な方向に度胸のある性格でもある。

『答えはきいてない』 『テージと同じ風呂なんて理だろ』 『もう萌えの話はいいよ!』 『いわゆるツンデレってやつかな』 『ウェーイ』 『アハハハハハハハハハ!』 『黙れエロキュラス』 『一度でいいからテージの膝枕で眠ってみたいんだ』

青春ワン』 『テージのにそれは…』 『テージを背中に乗せるガチでウィナー』 『この年齢にはありがちだ』 『小僧、前かがみになるな!』

関連動画

 

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ポイズンピンク

5 ななしのよっしん
2013/03/04(月) 13:24:50 ID: FRYsOxc6dj
これ手に入るお金少なかったりレベル上げにくかったりとか捕縛システムとか難易度高くて楽しかったんだけど撤退とか面を最初からとかのリセットをつけてほしかった

うまく捕縛できなかったりすると本体リセット直行でストレスたまったよ・・・w
6 ななしのよっしん
2013/05/11(土) 03:58:15 ID: FRjwzEnt3U
ダークな雰囲気を売りにしていると思いきや、
普段シリアスキャラ戦闘中いきなりギャグに走ったり、
上の方で書いてあるような芸人ネタ魔物に喋らせたりと、
自分たちで自分たちの作った世界観を壊している所が嫌だった。
ドラゴンシャドウスペルでも似たようなことやってたけど・・・・・・。

こういうのがなければ、まだをつむってプレイできたんだけどなぁ。
7 ななしのよっしん
2013/09/15(日) 11:02:56 ID: 4rIe9/Jcwt
このゲームだけはネタもなぜか楽しめたな
普段は寒いと感じるだけなのに
8 ななしのよっしん
2013/10/05(土) 22:17:21 ID: H+/Rz1C2X7
FFTにはまってそれに似たゲームをやりたくてこれ買ったな
FFTやった後だったからゲとしか感じれなかった
最近やったらそれなりに面かったわ
9 ななしのよっしん
2014/05/12(月) 21:35:03 ID: lFyQE2yHPj
やりごたえのあるSRPGめてるならお勧め
は投げた
10 ななしのよっしん
2016/01/18(月) 23:31:06 ID: waUFzjwA8u
友人の意見にから鱗が落ちたわ

「一定ターンを過ぎると魔神が流行の芸人ネタとか口走るのは、ベセクのが介入者である俺らに回ってくるからであって、俺らの勝手な誤認。本当は魔神普通にしゃべってるんだよ」・・・らしいぞ!そいつの頭の中では。ありそうな気がしなくもない
11 ななしのよっしん
2016/10/18(火) 07:10:05 ID: VY1AeZos2d
ファイナルクリア記念
荒は多いが魅もたっぷりのゲームでした
売れていればポイズンピンク2が出てもう一つの魔本のストーリーられたんだろうなぁ

一番好きなキャラクターペルソナちゃんです!背中見せてるポーズかっこいい!
12 ななしのよっしん
2017/05/05(金) 02:38:18 ID: +IWX4nGR8j
世界観に惹かれて入手したけど、チェスゲーと分かって一気にやる気ダウン
戦闘中の会話が段々厨二臭くなってきたなーと思ってたんだが
芸人ネタとか喋るのか…魔神
急にイヒヒとか笑い出したり、名前の割に低俗ならだなとは思ってたが…

だがラキはいいぞ、すごく。ゲデヒトニス属性とか最高やん
テージもダークハーマイオニーみたいで可愛い
ラキとテージの為だけにやってると言ってもいい
13 ななしのよっしん
2017/05/05(金) 11:36:55 ID: +IWX4nGR8j
あでも魔神育成できないのはメンドイな
育成できないってことは同じ種類の魔神でも
よりレベル高いのを捕まえなきゃいけないってことじゃん
ユニットターン制ってこれが初めてだから
近いシステム過去にやった経験あるポケダンみたいなものだと考えてみたが違ったな
魔神の育成くらい自由にさせてくれ
14 ななしのよっしん
2017/07/31(月) 14:23:28 ID: fnviwFmDcN
曲だけはだと思う

急上昇ワード