仰木彬単語

オオギアキラ

「仰木彬」(おおぎ・あきら 1935.4.29 ~ 2005.12.15)とは、福岡県出身で、昭和30年代の西鉄ライオンズ黄金期に活躍した少年の様な心を持った野武士プロ野球選手)であり、近鉄バファローズオリックスブルーウェーブを率いるプロ野球監督として、選手の個性と自性を尊重した抜と、独自の魔術を駆使して戦ったプロ野球監督であり、二軍で燻っていたイチローをスポットライトの当たる世界へと見出し、世界的名選手へと飛躍させた名将である。 

は仰木監督によって生き返らせてもらったと思っています。
監督はたとえ数試合安打が出なくても、根気よく使ってくれました。
その監督感謝するためにも、いい成績を残したかった。 ~ #51 イチロー ~  
42
5
30

西鉄時代

福岡県立東高等学校から1954年西鉄ライオンズ投手として入団したものの、フリーバッティングで不運ヒットを連打され、監督三原脩から

お前投手としてのツキがないから二塁手転向」

と言われて即セカンドにコンバートされる三原マジックをかけられた1年からセカンドレギュラーに定着して好守備を見せ、野武士集団の一人として長きに渡り中西太豊田と共に西鉄黄金時代内野を支えた。

破天荒集団だった西鉄の野武士達の中でもトップクラスのやんちゃ坊主で遊び人だったらしく、グラウンド外では選手の自性を尊重する三原からも例外的扱いの対とされていた。

 しかし、当の仰木は後年以下の様に述べている。  

よく食べられること、よく飲めること、よく眠れることというのは、ある意味では技術以上の素質です。

1955年5月22日トンボユニオンズ戦で、パ・リーグ記録となる1試合6安打を放つ等選手として活躍しながら、三原脩に師事して時に議論をかわしながらその野球理論を学び、時にベンチで三原脩の横に座ってその揮や導ぶりを学んでいった。 

通算成績 試合 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打率 打点 三振 死球 盗塁
実働14年 1328 3501 428 800 143 22 70 .229 326 670 325 116

西鉄一筋14年もの間プレイした後、1967年現役引退。その後2年間西鉄コーチを務めた。

51
71

近鉄時代 

引退後、2年間西鉄ライオンズコーチを務めた後、近鉄バファローズを率いていた師・ 三原脩に誘われて近鉄の守備・走塁コーチとなり、その後20年間もの長きに渡って名将の片鱗を見せる事なく裏方にし続けた。

そして1988年シーズンから近鉄監督に就任。就任初年度は「いてまえ打線」を率いて開幕前の低評価を覆し優勝争いのデッドヒートを繰り広げ、伝説に残る10.19ダブルヘッダーに敗れてリーグ優勝を逃す。翌1989年シーズンは、前年度の悔しさをばねに戦を繰り広げ、2位オリックスと1厘差でチームを優勝に導いた。しかし同年の日本シリーズでは読売ジャイアンツ相手に開幕3連勝するものの、その後加藤哲郎による死亡フラグにより悪夢の4連敗を喫し近鉄の初の日本一を逃した。

89ドラフトにて8球団競合の末、ドラフト1位で獲得した野茂英雄については、その特異なトルネード投法の矯正は特に行わず、選手の個性と自性を大事にする仰木らしい

先入観なしに白紙で選手を見るには、結果を出す場を作るしかない

と、未知数だからこそまず使うと言うコペルニクス的発想で起用し続け、野茂がそれに応えたかたちとなった。

※この「未知の才を開させる」については、三原脩から受け継いだ魔法の一つと言える。

その後もAクラス入りを続けるものの優勝に縁がい状況が続き、1992年近鉄監督を退任した。  

72
70

オリックス時代

1994年シーズンよりオリックスブルーウェーブ監督に就任し、運命の出会いをする。

2軍にいた当時名の鈴木一朗田口壮を1軍に抜し、その素質を開させた。

特に鈴木一朗イチローは、210安打日本記録を達成する大活躍でチーム躍進の原動となり、イチローの栄光へのりはこの師の運命の出会いから始まったといっても過言ではないと思われる。

イチローよ。なぜ、そんなに沈んでいるんだ。
オマエは今日二塁打を打っただろ。だったら喜べばいいんだ。
チームの敗戦にオマエが悩む必要はない。敗戦を悩むのは、オレの仕事だ  

※なお、「イチロー」の名づけ親は正確には仰木ではい。

その他にも個性的でユニークな選手を多数起用して、毎日変わる打順や意表を突く采配は師・三原脩の「三原マジック」にならって「仰木マジック」と呼ばれるようになった。 

仰木マジックとよく言われますが、そんなの本当はないんです。
あえて言えば確率です。確率が勝敗を決めるのです。

そして阪神大震災の傷もいえぬ1995年には「がんばろうKOBE」をスローガンに、イチローら選手達と奮闘の末、リーグ優勝を果たした。

日本シリーズではプロ入り同期野村克也率いるヤクルトスワローズの前に敗れたが、翌1996年にはパ・リーグ2連覇を達成し、日本シリーズでは長嶋茂雄率いる読売ジャイアンツを相手に4勝1敗で勝利し、初の日本一の栄冠にいた。

2001年に勇退するまでの間、特にイチローとの関係は良好で、「一人の師匠」と尊敬し、MLB行きに揺れた際は、仰木の「もう一年やろう」の一言でポスティングによる移籍を1年先送りにしている。

その後、球団再編騒動から誕生した近鉄オリックスの合併球団オリックスバファローズの初代監督として、両球団で采配をふるった仰木に白羽の矢が立てられ、当時すでに肺ガンを患っていた仰木だったが、

グラウンドで倒れたら本望 

と承諾し、2005年シリーズで1年を迎える新チームを率いた。

しかし、2004年年末に行われた野球殿堂入り記念のパーティーの席では、

今日パーティーでございますが、これは私の生前葬だと思っております

る程病状は悪化しており、2005年シーズン中は、球場の階段も上れない状態になり、シーズン終了後に勇退し、チームのアドバイザーとなるも容体が急変、同年12月

20日にイチローと食事の約束をしている。それまでは生きさせてくれ

医師に訴える程楽しみにしていたイチローとの会食予定の前、12月15日この世を去った。 

監督成績 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 リーグ優勝 日本一 Aクラス Bクラス
実働14年 1856 988 815 53 548 3回 1回 11回 3回

監督としては、選手をやりくりしながら与えられた戦で戦い、特に奇策とも思える采配をふるって「仰木マジック」の名をほしいままにし、打線の入れ替えのしさ等から批判もあったが、仰木の個性を活かして、自性を尊重する姿勢から、トルネード投法野茂英雄や、振り子打法イチローがスポットライトを浴びる存在へと駆け上がり、日本を飛び出してアメリカMLBで活躍するまでになった要員に、二人の最大の理解者たる仰木の存在があった事は事実である。

まさに、現代を生きた野武士、そして魔術師である。 

関連動画

伝説に残る10.19 近鉄vsロッテダブルヘッダー

▼3連勝から4連敗した日本シリーズ

▼前年の辱を果たした日本シリーズでのヒトコマ
 

▼仰木監督の校の校歌

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BB%B0%E6%9C%A8%E5%BD%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

仰木彬

16 ななしのよっしん
2014/02/16(日) 10:28:08 ID: jnCYEDhN4r
伯楽の才の持ちだったんだよなぁ
17 ななしのよっしん
2014/11/22(土) 05:19:47 ID: iu0T6/3KFb
僅かにケチをつけるとすれば投手起用が特定の選手に偏ることが多く、しく厳しかったことだな(特に中継ぎ・SU・抑え)。
投手コーチとの対立は日常茶飯事で、肩を壊した選手も結構いたらしい。

的にそうでなければ勝てなかったのかもしれないし、
にも恨まれずに監督やっていくことなんて不可能なのかも知れないが。
18 ななしのよっしん
2016/10/06(木) 20:37:57 ID: Wg+t/T2z47
>>11
スラムダンク安西先生みたいだな
19 ななしのよっしん
2016/11/02(水) 22:44:41 ID: i4/yPvT9Qs
現役時代の選手名鑑を見たらメチャクチャ童顔
今だったら仰木きゅんとかいって人気が出てたかもしれないな
20 ななしのよっしん
2018/01/20(土) 18:59:57 ID: /4acnvvDNO
2004年清原オリックスに行ってればって金村が言ってたけど
さすがにそこからじゃ手遅れだな...最初から仰木さんのところに行ってれば..
21 ななしのよっしん
2018/06/30(土) 20:01:09 ID: Y1OIsjmSwW
締めるトコロは締めてたんだろうが、良い意味でのびのびさせた監督ってイメージがある(小並感)
テレビ出演時に、女子アナ電話番号を聞こうとして、テレビ局に怒られたって話はホント?
22 ななしのよっしん
2018/12/16(日) 18:48:18 ID: V9ZctZBU9A
あんまコメント付いてないのね
球界の名伯楽と言えばこの人
23 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 03:04:11 ID: kmegtkjiGL
イチロー引退天国でお疲れさんって言ってるのかな?
それともまだやれるやろ!かな?
24 ななしのよっしん
2019/04/15(月) 23:03:14 ID: R/O6T2jixr
>>17
仰木政権で潰れた投手を挙げると
阿波野秀幸加藤哲郎小野和義(以上近鉄)、平井正史野田浩司(以上ブルーウェーブ)がいるな。
他にも小倉恒、伊藤偉、ウィンカルロス、具晟など先発中継ぎ・抑え問わず便利屋使いされた投手が多く、この辺で層をカバーしていた面もあるな。その反面、金田川越英隆のような投手が出てきてもいる。

コーチとの対立では近鉄時代の権藤博との確執が有名だけど山田久志ブルーウェーブで3年仕えたんだな。佐藤義則が初めて導者を務めたのもブルーウェーブ仰木政権時代か。
25 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 01:42:47 ID: R/O6T2jixr
>>24に補足。
今村文昭、嘉勢敏のようなアマ時代投手だった野手を投手再転向させてリリーフとして起用したり、イチロー田口同期ドラ2内野手萩原投手転向させてストレートしか投げられない状況でリリーフで起用(その後のオリックスでも中継ぎの一で居続けた)していたね。
なお今村と嘉勢は長続きしなかった。嘉勢は左のワンポイント中心に01年に70試合登板を達成しているが、翌年以降は不振だった。