最多本塁打単語

サイタホンルイダ
2.1千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

最多本塁打とは、野球における打撃タイトルである。本塁打王とも。

概要

レギュラーシーズンを通じて、所属リーグ内で本塁打が最も多い選手に贈られる打撃タイトルである。規定打席に到達しなくても受賞は可

日本プロ野球においては、セ・リーグパ・リーグの両方で本塁打王のタイトルを獲得したのは、現在は3名のみ。

  1. 落合博満
  2. タフィ・ローズ
  3. 山崎武司

受賞者一覧(日本プロ野球、2000年以降)

2000年代

年度 セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
選手名 球団 選手名 球団
2000 松井秀喜 巨人 42 中村紀洋 近鉄 39
2001 ロベルト・ペタジーニ ヤクルト 39 タフィ・ローズ 近鉄 55
2002 松井秀喜 巨人 50 アレックス・カブレラ 西武 55
2003 アレックス・ラミレス

タイロン・ウッズ
ヤクルト

横浜
40 タフィ・ローズ 近鉄 55
2004 タフィ・ローズ

タイロン・ウッズ
巨人

横浜
45 松中信彦

フェルナンド・セギノール
ダイエー

日本ハム
44
2005 新井貴浩 広島 43 松中信彦 ソフトバンク 46
2006 タイロン・ウッズ 中日 47 小笠原道大 日本ハム 32
2007 村田修一 横浜 36 山崎武司 楽天 43
2008 村田修一 横浜 46 中村剛也 西武 46
2009 トニ・ブランコ 中日 39 中村剛也 西武 48

2010年代

年度 セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
選手名 球団 選手名 球団
2010 アレックス・ラミレス 巨人 49 T-岡田 オリックス 33
2011 ウラディミール・バレンティン ヤクルト 31 中村剛也 西武 48
2012 ウラディミール・バレンティン ヤクルト 31 中村剛也 西武 27
2013 ウラディミール・バレンティン ヤクルト 60[1] ミチェル・アブレイユ 日本ハム 31
2014 ブラッド・エルドレッド 広島 37 エルネスト・メヒア

中村剛也
西武 34

2015 山田哲人[2] ヤクルト 38 中村剛也 西武 37
2016 筒香嘉智 DeNA 44 ブランドン・レアード 日本ハム 39
2017 アレックス・ゲレーロ 中日 35 アルフレド・デスパイネ ソフトバンク 35
2018 ネフタリ・ソト DeNA 41 山川穂高 西武 47
2019 ネフタリ・ソト DeNA 43 山川穂高 西武 43

2020年代

年度 セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
選手名 球団 選手名 球団
2020 岡本和真 巨人 31 浅村栄斗 楽天 32
2021 岡本和真

村上宗隆
巨人

ヤクルト
39 杉本裕太郎 オリックス 32
2022 村上宗隆 ヤクルト 56 山川穂高 西武 41

受賞者一覧(メジャーリーグベースボール、2000年以降)

2000年代

年度 アメリカン・リーグ ナショナルリーグ
選手名 球団 選手名 球団
2000 トロイグロース ANA 47 サミー・ソーサ CHC 50
2001 アレックス・ロドリゲス TEX 52 バリー・ボンズ SF 73[3]
2002 アレックス・ロドリゲス TEX 57 サミー・ソーサ CHC 49
2003 アレックス・ロドリゲス TEX 47 ジム・トーミ PHI 47
2004 マニー・ラミレス BOS 43 エイドリアン・ベルトレ LAD 48
2005 アレックス・ロドリゲス NYY 48 アンドリュー・ジョーンズ ATL 51
2006 デビッド・オルティーズ BOS 54 ライアン・ハワード PHI 58
2007 アレックス・ロドリゲス NYY 54 プリンス・フィルダー MIL 50
2008 ミゲル・カブレラ DET 37 ライアン・ハワード PHI 48
2009 マーク・テシェイラ

カルロスペーニャ
NYY

TB
39 アルバート・プホルス STL 47

2010年代

年度 アメリカン・リーグ ナショナルリーグ
選手名 球団 選手名 球団
2010 ホセ・バティスタ TOR 54 アルバート・プホルス STL 42
2011 ホセ・バティスタ TOR 43 マット・ケンプ LAD 39
2012 ミゲル・カブレラ[4] DET 44 ライアン・ブラウン MIL 41
2013 クリス・デービス BAL 53 ペドロ・アルバレス

ポール・ゴールドシュミット
PIT

ARI
36

2014 ネルソン・クルーズ BAL 40 ジャンカルロ・スタントン MIA 37
2015 クリス・デービス BAL 47 ノーラン・アレナド

ブライス・ハーパー
COL

WSH
42
2016 マーク・トランボ BAL 47 ノーラン・アレナド

クリス・カーター
COL

MIL
41
2017 アーロン・ジャッジ NYY 52 ジャンカルロ・スタントン MIA 59
2018 クリス・デービス OAK 48 ノーラン・アレナド COL 38
2019 ホルヘ・ソレア KC 48 ピート・アロンソ NYM 53

2020年代

年度 アメリカン・リーグ ナショナルリーグ
選手名 球団 選手名 球団
2020 ルーク・ボイト NYY 22 マーセル・オズナ ATL 18
2021 サルバドール・ペレス

ブラディミール・ゲレーロ・ジュニア
KC

TOR
48 フェルナンド・タティス・ジュニア SD 42
2022 アーロン・ジャッジ NYY 62 カイル・シュワーバー PHI 46

関連項目

脚注

  1. *日本プロ野球シーズン最多本塁打記録
  2. *さらに盗塁王も獲得。本塁打王と盗塁王の二つを獲得したのは史上初。
  3. *MLB歴代最高記録
  4. *MLB45年ぶりの三冠王を獲得している

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

最多本塁打

1 ななしのよっしん
2018/09/17(月) 23:47:38 ID: G6QWX0gDTa
パ・リーグ山川で決まるだろうが、今年のセ・リーグになるのか予想もつかない。
バレンティン山田、筒香で競うのかと思ったら、いつの間にか丸がトップでソトと岡本が迫ってるし
👍
高評価
0
👎
低評価
0