永瀬拓矢単語

ナガセタクヤ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

永瀬拓矢(ながせ たくや)とは、将棋棋士である。1992年9月5日生まれ。神奈川県横浜市出身。安恵照剛八段門下。棋士番号276

棋歴

6歳の頃に祖から将棋を教えてもらったのが、将棋との出会い。小学校6年生で奨励会入会し、2009年17歳で四段昇段を決めてプロ入りを果たす。

2011年に18連勝を記録し最多連勝賞を受賞。2012年度には新人王戦優勝加古清流戦優勝を達成、勝率1位賞も受賞。2013年には再び最多連勝賞を受賞。2013年には順位戦C級2組在籍ながら、「竜王ランキング戦通算3回優勝」の規定により六段昇段も決めている。ちなみに、竜王ランキング戦で3連続優勝を達成したのは木村一基に続いて史上2人

2014年度の棋王戦挑戦トーナメントで、当時三冠だった羽生善治を本戦・敗者復活戦で2度破るなどして挑戦者決定戦まで勝ち上がるが、三浦弘行に破れ、惜しくも挑戦を逃す。

2015年電王戦FINALに出場。第2局でSeleneと戦い、衝撃的な勝利を収めた(後述)。同年度の竜王戦ランキング戦でも勝ち上がり、本戦では羽生善治を再度破り挑戦者決定戦に進むも、渡辺明に敗れて挑戦はならず。高勝率で何度も棋戦で勝ち上がっているにも関わらず、順位戦でなかなか昇級できなかったが、同年度の順位戦でようやくC級1組への昇級を果たす。

そして2016年棋聖戦の挑戦者決定戦で、同じく勝てば初のタイトル挑戦となる村山慈明を降し、初のタイトル挑戦。棋聖戦前まで3戦3勝と得意としていた羽生善治棋聖との番勝負は、先にカド番に追い詰めるも、そこから2連敗でタイトル獲得とはならなかった。

2017年竜王戦で1組に昇級。2017年度の順位戦では9勝1敗の成績でB級2組に昇級。翌2018年度の順位戦では10戦全勝で2年連続昇級した。

2019年叡王戦を勝ち上がり、挑戦者決定戦では菅井竜也を破り挑戦者となる。高見泰地叡王との七番勝負は4連勝で勝利し、初タイトル叡王を獲得。令和初のタイトル獲得者となった。続いて王座戦でも斎藤慎太郎王座を3連勝で降し、一挙に二冠となった。また、タイトル2期獲得により八段に昇段。

棋風

デビューの頃は三間飛を得意とする振り飛車党だったが、2013年頃に居飛車党へ転向。かの大名人大山康晴にも例えられる受けの強さは同じプロにも讃えられている。

が、その棋以上に彼の代名詞とされるのが千日手を全く厭わない」姿勢にある。棋士にとって「ちょっと有利かも?」とされる先手番をもっても、不利な状況・おもしろくない状況に置かれたならば、すぐに千日手の筋を手繰り寄せようとする豪腕の持ち

2011年NHK杯に出場した際も、佐藤康光相手にNHK杯では初の“2回千日手の末に勝利、初のタイトル戦となった棋聖戦第1局でも羽生善治相手に千日手の後勝利と、勝利に対する貪欲さは刮すべきものがある。著書のタイトルも、が付けたか「永瀬流 負けない将棋」。

エピソード・こぼれ話

  • 前述の通り“勝利”に対する執念は棋士間でも群を抜いているが、“将棋”に対する生な姿勢も印的。「あなたにとって将棋とは?」と言う問いに対して、生きる的をくれるもの」と断言するくらい。
  • 将棋に才なんて必要ないんです、どれだけ努したかで決まるんです」とやっぱり強く断言する程度の才の持ちでもある。「には才はない、努する才はあるけど」って誰かも言ってたし。
  • したがって趣味将棋。他の趣味として“走ること”を挙げている。
  • 20歳になって一番嬉しかったことは「体がついて、1日10時将棋の勉強をするのが楽になったこと」。
  • 師匠は安恵照剛だが、特にプロでは鈴木大介に、かなりいろいろ心配されたり世話を焼かれたりされている模様。永瀬に「将棋を教えてください」と頼まれ、「この日とこの日とこの日がいてる」と答えたら、「全部お願いします」と返ってきたというのは有名なエピソードとなっている。居飛車転向は鈴木アドバイスによるもの。他に深浦康市にも色々と教わったそうな。
  • アダ名は“永瀬ボーイ”……だが、ニコ生で解説者として登場した際、にこやかかつ容赦なく視聴者と聞き手の貞升南相手にし手講座を繰り広げ、軍曹のアダ名も頂戴する。
  • この”軍曹”のあだ名に対し、「うーん、階級を上げられるように頑ります(笑)。」と答えている。exit
  • さすがに叡王王座の二冠を取ったので、軍曹から昇級して、ニコ生大晦日特番で永瀬中尉と呼ばれるようになった。exit
  • 兄弟子のセガーさんこと瀬川晶司奨励会時代の永瀬に“名刺のつくり方”を相談され、一緒に名刺をつくりに行ったはいいが、なぜか名刺交換のときにその名刺を出さなかった。出さなかった理由を聞かれた永瀬いわく、「だって名刺が減っちゃうんで……」将棋一直線の永瀬らしいエピソードである。
  • 2歳年下の佐々木勇気とは小学生からの幼馴染で、お互いを“ナガセ”、“ユーキ”と呼び合う仲。研究会を共にし、お互いをライバル視しながら認め合っているようだ。別に仲は良くないらしい。exit
  • 将棋棋士と言えば毛筆でのサイン“揮毫”が必須科だが、永瀬のそれはインパクト抜群exit。ぜひそので確かめてほしい。ちなみに本人は「習字をする時間を将棋にあてたい」とっている[1]
  • 父親川崎市ラーメン屋を経営している。ストイックで向上心の高い姿勢は父親から学んだという[2]
  • 対局の際にはバナナを持ち込むことが多い。「世の中で一番怖いものはなんですか?」の質問には「この世からバナナがなくなること」と答えている[3]

電王戦FINAL第2局『伝説の△2七角“成らず”』

電王戦FINAL・第2局へ出場が決まった永瀬。ルールにより貸し出された対戦相手のソフトSelene”と事前練習を積み重ね、インタビューではが勝負の鍵になる」将棋には勝ち負けではない方法がある」と述べていた。

ほぼ全てのファンはこう思っただろう。「あ、千日手やるなコレ」(今回のルールでは16時を過ぎて千日手が成立すると、引き分けになる)

勝負の、永瀬が何を繰り出すのか。ファンの注を集めながら始まった第2局は、相居飛車からのという“コンピュータと戦う人間にとっては相当勝ちにくい戦”となり、進めるうちに千日手に出来る可性も消えていった。

しかし永瀬は互読み合いを6時間以上にわたって続け、決戦の寄せ合いに出た中で永瀬が86手1六角で王手、次いで882七角不成(王手)を放った。あえての“成らず”で、Seleneに時間を使わせるのか?……と視聴者がいぶかる中、事件は起きていた。

Seleneは、・飛・歩の成らずを正しく認識するようプログラムされておらず、Seleneは自玉の王手を放置して892二してしまったのだ。“王手放置の反則”である。

停止するSelene混乱する現場で、永瀬は然と述べた。

「これ、放っておくと投了しますよ」 

「勝ち負けではない方法がある」ってこういうことかー!!(AA略

1時間後、ルールに則り“王手放置の反則”にてSeleneの反則負け。永瀬の勝利となった。局後の大盤解説・記者会見にて永瀬の意、仮に対局が続いていた場合の展開が明かされ、視聴者はまた度肝を抜かれる。

  • バグの存在には練習対局で気付き、再現性も確認。しかし故意で使うつもりはなく、「成っても成らなくても変わらない展開になったら使おう」と考えていた。
  • その言葉通り、88以降を“成”、“角不成”のどちらで読み進めても、一直線に永瀬勝勢の結論となった(棋士ソフト、共に見解一致)。
  • バグは直されている可性もあると思っていたが、ここまで来れば自分の勝ちだろうと考え、時間を使ってもらうためにあえて角不成した。

と、自らの勝ちを読み切った上でバグ摘するという離れ業だったことが判明。さらに練習対局で、長時間では五分だったが、短い持ち時間も含めたトータルSeleneに1割程度しか勝てていないこと、今日の戦では一度も勝てなかったことも自ら告白した。

「1割しか勝てなかったが、本番でその1割を引けばいいかなと思っていた」

とにこやかに普段通りる永瀬。勝利を貪欲に追求する鬼軍曹、勝負のの面躍如であった。

なお、この対局内容自体の評価も高く、勝又清和村山慈明は「電王戦で実で勝ったのは永瀬だけ」と後にっている。

成績

昇段履歴

タイトル履歴

タイトル戦登場履歴

タイトル戦登場回数:5回、タイトル獲得数:2期

一般棋戦優勝履歴

優勝回数:2回

将棋大賞受賞履歴

叡王戦戦績

関連動画

解説も上手いよ! イベントのお手伝いも頑るよ!

電王戦FINAL

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *「習字をする時間を将棋にあてたい」軍曹こと永瀬拓矢七段のストイックな一面を女流棋士が明かすexit
  2. *永瀬拓矢七段、ストイックな「軍曹」の原点はラーメン店の父…棋王戦5番勝負12日開幕exit
  3. *棋士が一番怖いものとは? ~将棋年鑑2018 棋士名鑑アンケートよりexit

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B0%B8%E7%80%AC%E6%8B%93%E7%9F%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

永瀬拓矢

127 ななしのよっしん
2020/07/10(金) 17:02:59 ID: 6EOABH6pCh
>>126
全然タイプは違うんだけど、そういう「怖さ」という意味では加藤一二三と似てる部分はあって、この人を苦にしなかった大山康晴中原誠らのいい意味で神経さって驚嘆に値するなあと
米長邦雄とか有吉道夫とか内藤國雄あたりは、嫌だったのではないかなとも)
128 ななしのよっしん
2020/07/19(日) 19:53:58 ID: So94KIXYuP
千日手王子から持将棋王へ
129 ななしのよっしん
2020/07/19(日) 22:13:51 ID: rzhZRiJC2n
このしぶとさと耐久
やはり大山の後継者はこの人なのでは?
130 ななしのよっしん
2020/07/20(月) 00:48:58 ID: So94KIXYuP
大山名人千日手嫌いで有名だったらしい
(対局が長引いて関係者に迷惑かけるため)
131 ななしのよっしん
2020/07/20(月) 08:51:44 ID: Als2kq98Ah
何で合計1000手ぐらい使って1勝1敗にしかなってないんだろうw
132 ななしのよっしん
2020/07/20(月) 11:03:57 ID: 6EOABH6pCh
大山康晴のしぶとさと耐久というのは、藤井聡太にも通じる「際立った玉の安全度に対する感覚」から生じるものなので、永瀬とは質がぜんぜん違う
それが嫌だから多くの棋士は中盤で良くしようとして技をかけに行って失敗する
でもそういうのを気にせずに中盤の終わりではむしろ悪いくらいのところから「そうかあ、全然悪いとは思ってなかったんだけどなあ」と言って然と寄せていったのが中原誠
133 ななしのよっしん
2020/07/20(月) 13:02:52 ID: hofH8duZ2b
永瀬は常運転だけど、豊島も最後まで諦めずにったりったりしてたよね
一番ぐったりしてたのが記録係というね

トイレにも行かずにそのまま感想戦を始めてたし、気底なしかなこの二人
134 ななしのよっしん
2020/07/20(月) 15:20:34 ID: 6EOABH6pCh
芹沢博文が生きてたら(まあ84歳まで芹沢が生きてるはずもないが)きっと永瀬のことは酷評しただろうと思うが、永瀬は本気で然と「ごありがとうございます」って言うんだろうな
鈴木大介がまだデビュー間もない10代の永瀬に割と辛辣な言葉をかけ続けていたのは、永瀬以外の人間だったら潰れてたかもしれない。ただ、永作芳也にせよ、生き残る人は生き残るんだよなあ)
135 ななしのよっしん
2020/08/01(土) 05:53:26 ID: QS4Vp3ngJ/
勝利への貪欲さみたいな書き方は違うと思うなぁ
どんな棋の人もそれが自分にとって勝ち易いと思ってやってるだけだよ
将棋以外の競技でもそうだけどの問題を性格の問題のように書いてるのは本当にどうかと思うね。特にり強いタイプが高い)の人ほどそういうに書かれる。
136 ななしのよっしん
2020/08/01(土) 13:48:16 ID: hofH8duZ2b
NAGASEが千日手隠語になりつつある

急上昇ワード

2020/08/12(水)19時更新

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

アルトリア・キャスター 火炎猫 異性 主は絶対イグニ生