王騎単語

オウキ
6.4千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

「王騎」(おう・き ? ~ 紀元前244年、「王齮」とも書く)とは、中国戦国時代後期の将軍である。王の嬴政(えいせい、後の始皇帝)に仕えた。

ただしくは、「王齮」の「齮」の字と「騎」は別字であるが、ある創作作品により、「王騎」で項立てしている。

創作作品では、同じく将軍であった王齕(おうこつ)と別人とされることが多いが、同一人物説の方が有であるため、この項では同一人物として解説する(「wikipedia」では断り書きはされながらも、別人として項立てされている)。 

の昭襄王(しょうじょうおう、始皇帝の曽祖)、荘襄王(そうじょうおう、始皇帝)にも仕え、軍の2番手となることが多かったが、将軍として活躍した。

概要

歴史への登場までの背景 

王騎については、年齢や出身地など全てが不明であるため、その登場までの歴史背景について、説明する。(この部分は、『史記』では「王齕」表示であることは注意。ただし、『戦国策』では「王齮」) 

春秋戦国時代の後半にあたる(中国の)戦国時代後期、西にあったは、昭襄王の時代にあたっていた。

は、紀元前350年からの商鞅(ショウオウ)の革から、最強となってから久しく、名将・白起ハクキ)に命じて、東のある六(楚、斉、)への侵略を進めていた。 

しかし、紀元前270年、の武将である胡傷(コショウ)が、の武将である趙奢チョウシャ)に敗北する(閼与(アツヨ)の戦い)。

それまで強ではなかったであったが、武霊王(ぶれいおう)の時代に、紀元前307年から「胡騎射(こふくきしゃ)」政策を行い、騎兵を育て上げて、すでに40年近くが経っていた。そのため、軍事に育っており、下を争うを有するようになっていた。 

それから、からを奪うことはあったが、しい対決は起こらず、8年が経過した。 

紀元前262年、白起に命じて、を攻めさせる。白起は、野王(ヤオウ)というを奪い取り、を南北に分断する。の北側にあたる上党(ジョウトウ)という土地は、から孤立した。 

の上党の守(ぐんしゅ、の長官)である亭(フウテイ)は、の軍では抵抗できないと考えて、上党の地をに降することで、連合することで、に対抗しようと考えた。 

元々、は「三」と言われ、が三つに分かれて生まれたである(もう一つは「」)。そのため、とは、仲間意識が強く、上党の民も「に降するよりは」と同意する。 

では反対意見もあったが、「戦国の四君」の一人である平原君(へいげんくん、本来の名は「勝(チョウショウ)」)が賛成したため、の孝成王(こうせいおう)は、上党の降を受けることにする。 

ではさすがにを同時に相手することを避け、まずはを攻めてから、と戦うことにする。紀元前261年、を攻めて、を2つ奪い、まずはに打撃を与える。 

紀元前260年、王騎はに命じられ、軍を率いて、上党を攻めることになった。 

これが王騎の歴史上の初登場である。 

この時、王騎の爵位(しゃくい)は左庶長(さしょちょう)と呼ばれるでは上から数えて11位爵位を受けていたとされる。これは、226年に白起が受けていたものと同じ爵位であった。 

理由は不明であるが、では白起ではなく、王騎がの武将として用いられていた。王騎は、大抜を受けていたのかもしれない。 

王騎は上党を奪うと、4月を攻める。上党の民はへと逃げた。は長チョウヘイ)という土地で、軍を迎え撃った。 

ここに戦国時代後期最大の戦いであるとの決戦である「長の戦い」が行われることとなる。 

王騎が対する、軍を率いる将軍は、名将の「廉頗レンパ)」であった。廉頗は後世に名将の代名詞とされるほどの武将である。 

では、すでに趙奢は死去し、かつてに亡命した楽毅(ガクキ)や田単(デンタン)もこの時にはすでに死去していた。そのため、廉頗白起と並ぶ、中国における当代最高の名将であった。しかも、廉頗が率いる兵は40万人を越えており、軍より多かったと考えられる。 

王騎には充分過ぎる相手であった。 

「長平の戦い」 

(この部分は、『史記』では「王齕」表示である) 

「長」は丹(タンスイ)という河川の上流にある軍事拠点であり、が築かれていた。王騎は丹をさかのぼって、軍を進めた。王騎が斥(せっこう)の兵を出すと、軍の兵士たちが攻めてきた。

王騎の斥が反撃して、軍を打ち破ると、の裨将軍(副将軍)の(カ、姓は不明)も討ち取った(なぜ、このような事態が起きたか詳細は不明)。 

王騎は幸先よく、軍を進める。6月には、軍をさらに打ち破り、2つの砦を落とし、さらに四人の尉(い、「の武将」の役職)を討ち取る。 

7月軍は砦を築いて守ってきた。王騎はその砦も攻め、軍の二人の尉を捕らえ、営を破り、西の砦も落とした。 

いくら軍が強いとはいえ、軍事にまで育ったの軍を名将・廉頗が大軍を率い、守りを固めているところを、ここまで一方的に攻めているところを見ると、王騎も間違いなく「名将」と呼ばれるほどの人物であったと断言しても間違いないはないだろう。 

王騎は軍に戦いを挑ませたが、軍は討ってはでてこなくなった。では逃亡兵が続出していた。 

ここで、では宰相の范雎(ハンショ)がに謀略を仕掛ける。そのために、将軍廉頗から若い趙括チョウカツ趙奢の子)に交代する。でも、白起が上将軍となり、王騎はその副将となった。 

この後の「長の戦い」は軍の大勝利に終わり、の兵45万人は全て「生き埋め」なった。(この戦いの詳細については、廉頗趙括藺相如リンショウジョ)の項参照) 

この戦いでの王騎の具体的な活躍は史書には記されていないが、軍の副将として、大いに貢献したと思われる。 

「邯鄲の戦い」 

(この部分は、『史記』では「王齕」表示である) 

紀元前259年、軍は上党定して、さらに、王騎はを攻め、皮ヒロウ)というを落とす。は、からを譲り受けて、講和を結ぶ。このために、范雎と白起が不仲な関係となった。 

はまた、五大夫(ごたいふ、の上から数えて12爵位。王騎の封じられていた左庶長の次の爵位)である王陵(オウリョウ、前漢の仕えた人物とは同名の別人)を将軍に命じて、の都であるカンタン)を攻めたが、落とせなかった。 

紀元前258年、代わりに将軍になることに白起が辞退したため、王騎が、鄭安(テイアンヘイ、范雎の友人)とともに、軍の将軍に命じられ、を攻める。しかし、8、9か月経っても落とせなかった(この部分は、『史記』では、箇所によって「王齮」表記と「王齕」表記、両方が存在する)。 

では、平原君とその食客の毛遂(モウスイ)の働きにより、楚から援軍が送られることが決定した。楚軍を率いるのは、平原君とともに「戦国の四君」と呼ばれる申君(名は歇(コウアツ))である。 

また、では平原君の妻のにある信陵君(しんりょうくん、名は魏無忌ギムキ))が、への助けに赴こうとしないの軍を奪って、援軍を率いてきた。信陵君もまた、後世に「戦国の四君」と呼ばれる人物で、「名将」と呼ばれる軍事を有していた。 

紀元前257年、からは、李同(リドウ)という人物が決死軍3,000人を率いて、からでてきた攻撃してきた。軍の決死の勢いに李同は討ち取ったものの、王騎は軍を30里(約15km)後退させる。 

そこに、楚との援軍があらわれた。 

王騎は軍を率いて、・楚・連合軍と戦ったが、戦闘は不利であり、死傷者や逃亡者は続出する一方であった。では、白起を起用しようとしたが、白起は断った。 

王騎は、3かは戦ったが、戦況はさらに不利となり、何度も後退した。王騎は、毎日、戦況の報告をしたが、かえって、では、白起は都から追放されることとなった。やがて、鄭安の軍に包囲されて、2万人の兵とともに降する。 

も、兵を全てこの戦いに送っているため、援軍も期待できなかった。 

王騎は、これ以上の戦闘をあきらめ、軍を後退させた。王騎が、を落とせなかったため、は滅亡の危機から免れたのである。 

「各国連合軍」との戦い 

(この部分は、『史記』では「王齕」表示である) 

だが、王騎はこのまま引き下がったわけではなかった。 

王騎は汾(フンジョウ)郊外に駐屯していた軍と合流する。2かほどして体勢を立て直すと、と楚の連合軍を攻める。 

この時のと楚の将の名は不明であるが、少なくとも信陵君申君が送った追撃軍であったことは間違いないであろう。 

王騎は、軍と楚軍の6千人の首をる。軍と楚軍は敗走し、追い詰められて、河で2万人が流れ死んだ。王騎はさらに、汾も攻め落とし、の武将である唐(チョウトウ)に従っての寧新中(ネイシンチュウ)を落とした。 

王騎は確かに敗北に近い後退はしたが、しっかり、リベンジは果たしていた。 

寧新中は安陽(アンヨウ)と名付けられた。この時、でははじめて河にをかけたとあり、位置は不明であるが、王騎が軍に命じて実行した可性がある。 

やがて、白起自害を命じられ、その部下であった司馬靳(シバキン、『史記』の作者である司馬遷シバセン)の先祖)も自害させられるが、「長の戦い」では白起の副将とつとめた王騎は、特に処分が降ることもなかった。 

紀元前256年、の新中(シンチュウ)を攻める。・楚の援軍が来たため、四か国連合軍と戦うが、の武将である楽乗(ガクジョウ、楽毅の一族)と慶舎(ケイシャ)に破られる(※)。 

(※)なお、ここでは、の「信梁」と書かれているが、信梁とは王騎の「呼び名」であると『史記』の注釈で解説されている。「信梁」とは王騎の官職か、役職か、封号か、字か不明。 

やがて、紀元前251年に昭襄王が死去する。代わって、王となった孝文王(こうぶんおう)は即位後わずか3日で死去し、その子である荘襄王(そうじょうおう)に王騎は仕えることとなった。 

紀元前247年、上党をまた攻めて(再度、独立した、もしくは、他についたものか)占領する。は、上党にの直轄地となる「太原」を置き、直接統治することとなった。(この部分は、『史記』では、箇所によって、「王齮」表記と「王齕」表記、両方が存在する) 

やがて、荘襄王も死去し、次の王には荘襄王の子である嬴政エイセイ、後の始皇帝)が即位する。 

秦王・嬴政に仕える 

(この部分は、『史記』では「王齮」表示である) 

紀元前246年、王騎は、嬴政によって、蒙驁(モウゴウ)と麃公ヒョウコウ)とともに将軍に任じられる。この頃、の軍では斉出身の蒙驁が台頭し、の討伐で、多くので落とし、大きな功績をあげていた。 

紀元前244年、蒙驁を討伐して、13を落とした年に、王騎は死去した。 

死去の記述はあっさりしたものであるが、その死は、『史記』の「始皇本紀」と「六年表」両方に記されており、出典となった歴史書では、その死は大きな事件として受け止められたことが分かる。 

王騎については、上述した通り、出身地など全て不明であるが、同姓であり、将軍となる「王翦(オウセン)」が頻陽東郷(ヒンヨウトウキョウ、現在の陝西省富東北部)の出身であり、この土地はの本拠地である関中に含まれるため、(史書には明記されていないが)王翦と同族であるとするならば、の出身である可性が較的、高い。 

評価 

王騎(王齮、王齕)については、史書に具体的に評価がされていたことはなく、様々な中国史の名将ランキングでも、その補にはあがったことはない。また、「長の戦い」においても、はじめから白起が、廉頗と戦っていたという誤解されることが多い。 

創作作品に登場する時も、「ただの白起の副将」という扱いが多く、「守りを固める廉頗の前には全くが立たなかった」とされていることも多い。また、の戦いでは、「信陵君に敗れた」という部分も強調されやすい。 

しかし、実際には、王騎は、軍が軍より軍勢が少ないと思われる段階で、守りを固める廉頗率いる軍相手に多くの武将を討ち取り、砦を破り、かなり有利に戦っている。また、信陵君敗北はしたが、追撃させてきたと思われる軍も破っており、充分に「名将」と呼ばれるに値する戦歴を誇った人物である。 

近年では、『キングダム(漫画)』に伝説的な重要な将軍として登場し、人気を博し、知名度と人気が大きく上昇した。ただし、同作品では「王齮」と「王齕」は別人とされており、「王齮」のみが「王騎」であると扱われており、彼について解説する記事において、「史実では特に活躍は記されていない」とされることも多い。

創作における王騎 

原泰久『キングダム(漫画)』 

ンフフフ」 

ほとんど名の存在であった「王齮」の知名度を飛躍的にあげた作品。本作で、「王騎」という名の表記にされたは大きく、この項でも「王騎」名で項立てしている。 

「戦」、「怪鳥」と呼ばれたかつてのの王であった昭襄王に仕えた「大将軍」の一人である。 

分厚い唇に巨大な体格、三つに分けられたあごに特徴にあり、「ンフフフ」、「ココココ」という独特な笑い方をする 

独特のオカマっぽい柔らかい口調とは裏に、並外れた知略と武中華をまたにかける「下の大将軍」であり、その存在感は昭襄王のひ孫にあたる嬴政王となった時代には、将軍たちの中でも別格と存在となっている。 

登場当初は情熱を失い、戦いの第一線から離れ、あまり政争に関わらない態度をとっていたが、の内乱の末(てんまつ)を見届けて、嬴政の才覚や志を認めてから、のためにを尽くして戦うようになる。 

また、「下の大将軍」を主人公李信に「将軍」としての心構えやふるまいを教え、李信の率いる軍である「飛信隊」の名づけとなった。 

との戦いでは、防衛線において、軍の総大将として復帰する。大将である「龐煖(ホウケン)」とは因縁があった。 

巨大な矛(ほこ)を使い、無双の武勇と、戦場全体をみすえた卓越した知略を誇る中華全土においても屈将軍である。 

史実では「王齮」と「王齕」は同一人物の可性は高いが、本作品では別人として扱われる。王齕もまた、「大将軍」の一人とされている。

関連動画

関連書籍

春秋戦国激闘史exit』 (学研M文庫) 来村 多加史 

春秋戦国時代戦争について、解説した書籍。文庫絶版であるが、現在でも、中古で安く購入できる。 

春秋戦国時代戦争の内容について、時代後期の「楚の戦い」、「越の戦い」から、戦国時代後期の「長の戦い」、「の戦い」までを扱っており、その前後の政治情勢や各についての戦略についても述べて、解説がされている。 

豊富な地図における説明がなされるとともに、挿絵や写真つきのコラムも存在し、春秋戦国時代戦争についての理解の助けとなる。 

王騎が大将・副将として戦った「長の戦い」、「の戦い」についても詳細な説明が行われている。 

続編として、始皇帝戦争についても解説本が出版される予定だったと思われるが、残念ながら、出版には至らなかったようである。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%8E%8B%E9%A8%8E
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

王騎

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 王騎についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改