2巻乙単語

ニカンオツ
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

:文芳社に持ち込んだ漫画ボツでしたの…
きらり:あぁそういえば仰ってましたね~…どんまいです!
:2巻乙程度はいけると思ってたんですけど~~!!!
きらり:そこはかとなくナメてませんか~~??

はまじあき『きらりブックス迷走中!』2巻より

2巻乙とは、まんがタイムきらら系列の作品が単行本2巻で打ち切りになることである。

概要

まんがタイムきらら系列の作品は基本的に連載開始から1年後に単行本1巻が発売され、毎年かなり多くのタイトルが1巻として世に出ている。しかしアニメ化したり長期連載したりする作品はごく稀で、大半の作品がこの「2巻乙」の末路を辿ることとなる。統計exitによると2巻乙する作品の割合は約7割にものぼるとされており、きららにおける限られた連載をかけた生き残りレースがいかに熾なものかを物語っている。

打ち切り作品とは言えコアファンがついていることもしくなく、雑誌発売日に何らかの作品の最終回告知されると、「推しの作品が2巻乙した」とを流すファンの姿がSNS上で見られる。

逆に言えば一度連載さえ決まれば2巻までは安定して出る=最低2年はその作品を楽しめることが保される(一部例外あり、後述)ということなので、打ち切りまでのスパンがさらに短い他雑誌の読者からは羨ましがられることもある。

ちなみに「2巻乙」というワード芳文社認のようで、記事冒頭のように作中に登場するほか、鴻巣覚『がんくつ荘の不夜城さん』2巻の帯のように堂々と宣伝に使われることもある。

(余談だが、2巻乙をネタにした『きらりブックス迷走中!』は2巻、『がんくつ荘の不夜城さん』は3巻で終了している。)

2巻乙を回避するには

話の展開や作者の都合によって終了するケースもあるものの、基本的に作品が続くかどうかは単行本の売り上げ、特に発売後1ヶ後の売り上げ(電子版も含む)が重視されると明言されている(ただし版と電子版のどちらかだけでもダメで両方が一定数売れる必要があるらしい)。某少年週刊誌のようにアンケートの結果も重視されているようだが、まんがタイムきららにおいては売り上げ至上義と言われる面が大きいことは否定できない。というかアンケートの結果を重視するのなら電子版でも送れるようにしろ

記者:実際のところ、2巻で完結するかどうかは、どのタイミングで決まるものなのでしょうか?
担当:単行本1巻を出した最初の1カの売上はかなり大事です。あとは、雑誌のアンケートや作品、雑誌の状況などを見て総合的に判断します。ただ、途中から一気に火がつく作品もありますし、その判断が難しいですね。

鴻巣覚先生へのインタビュー記事exitより

知ってる人は知ってると思うけど版が全然売れなかった!!版が売れないとどうなるかというと、2巻で打ち切りになっちゃう。なんか多分ここまで売れたらオッケーみたいなのがあって、ななどなどなどはそのラインにギリ届いていなかった;;
(中略)
でんでんで、継続ラインに届いていないのになんで2巻で終わらないかというと電子書籍が結構うれた!からでした(中略)重としてはやっぱりの方が重いんだけど、最近は電子の売上も考慮してくれるところが多いとかなんとか・・・(中略)でも!電子版が結構うれただけでは続けられなく!(ラインには届いてないものの)版も一定数売れていないとダメなわけで・・・何がいいたいかと言うと・・・ほんとにあの・・・どっちが欠けてもダメだったんです!!だからホント・・・どんなバージョンでも買ってくれた全員の人にありがとうの気持ちが・・・ある
(中略)
よくと電子、どっちが作者のためになるの!?みたいな議題みますが多分どっちもだと思います。マジだぜ!

宇崎うそ先生のFANBOX記事exitより

きららファンも多くはこの仕組みを理解しているようで、単行本の売り上げに貢献するべくあの手この手を使った作戦が練られている。

単行本未発売の作品の知名度は雑誌読者を除けばほぼゼロに等しいので、1巻発売日前後に推し作品の見どころをSNS上で布教するファンも多い。最近ではきらら編集部公式Twitterも新規作品を紹介する動きが多く見られるようになってきている。また、売り上げに貢献するべく同じタイトルの作品を大量に購入することもしいことではない。推し作品への投資は計画的に。

2巻乙回避につながるかは不明だが、推し作品の作者ファンレターを送るのももちろん一つの手である。あなたの支援の一手が作品の将来を左右するかもしれません。

2巻乙はいつ決まるのか

上述のように、1巻発売から1ヶ後、1巻の売り上げの調子データとしてはっきりと出たあたりで判断されると思われる。例えば、西晶『下を向いて歩こう』では、1巻発売後間もなく打ち切りが宣言されたことが明かされている。慣れた読者であれば1巻発売後のセンターカラーの頻度減少や雑誌内での掲載順位の低下などから2巻乙の足音を感じられるようになるかもしれない。しかし、最近では春雨魔王ツアーへようこそ!』のように掲載誌表を経験した作品でも2巻乙になるケースもあり、決して油断できない。

しいケースでは、みやびあきの『なでしこドレミソラ』は最終回の発表直前に打ち切りが決定したということが明らかになっている(なでしこドレミソラは5巻で打ち切りとなっているが、単行本化のスパンが短い「まんがタイムきららフォワード」で連載されていたため他誌でいうところの3巻あたりに相当する)。

他の作品においても、何巻で終わってもいいように単行本の締めの部分は毎回上手くまとめることが要されるという話も多く聞かれるため、2巻乙のプレッシャーはそういった意味でもきらら作家に大きくのしかかっていると思われる。

2巻乙作品とアニメ化

2巻で終わるような作品にとってアニメ化なんてのまた……と思われるかもしれないが、実は意外とそうでなかったりする。例えば、阿部かなり『みゃーこせんせぇ』は2巻乙した作品にも関わらず、1巻発売後半年ぐらいでアニメ化の打診があったことが作者から明かされている。

また、くろば・U『ステラのまほう』は2巻で、伊藤いづもまちカドまぞく』は3巻で本来は終わるはずだったのだが、アニメ化が決まったことにより打ち切りを回避している。

くろば:『ステラのまほう』も、本当は2巻で終わる予定だったんですよね。いろいろな幸運が重なって今も描かせてもらっていますけど、的には棺桶から出てきて中をしている気分です。

くろば・U、相崎うたう先生へのインタビュー記事exitより

記者アニメ化が決まったとき、どんなお気持ちでしたか?
伊藤:熱が出ました(笑)。もともとまちカドまぞく』は3巻くらいで完結させようと思っていて、そのときすでに次回作の企画を担当さんに出してたんですよ。
だけどアニメ化が決まって、もう少し連載を続けられることになって……。もちろんすごく嬉しかったですけど、こんなこともあるのかという驚きのほうが大きかったですね。気持ちの気温差がしすぎて体調を崩すみたいな。

伊藤いづも先生へのインタビュー記事exitより

このように、本来なら2巻乙で終わるはずだった作品がアニメ化によって命を救われるというケースもあり、まさに2巻乙とアニメ化一重と言っても過言ではない。また、きららではまだ前例がないものの、2巻乙で終了した作品が突然アニメ化する、という可性もゼロではないので希望は捨てないでおくべきであろう。

中には、あfろ先生やはまじあき先生のように過去に2巻乙を経験(『月曜日飛ぶオレンジ。』『きらりブックス迷走中!』)しながらも、後の連載作品でアニメ化を勝ち取った事例もある(『ゆるキャン△』『ぼっち・ざ・ろっく!』)。

2巻乙の亜種

0巻乙

連載が決まったものの単行本が出ずに打ち切りとなるケース。今はあまり見ないが昔のきららではたまに見られていた。単行本の売り上げで判断できないので、よほどアンケートの結果が悪かったか、作者の一身上の都合によるか、作者炎上するかといったレアケースとなっている。

また、大熊らすこ『ハッピーセピア』のように、めに打ち切って次の作品に移るために結果的に0巻とさせられるケースも存在する(ちなみに大熊らすこ先生ハッピーセピア終了から約1年後、『星屑テレパス』できららに復帰している)。

記者:『ハッピーセピア』の連載が終わったときは本当に残念でした。あと数話で単行本1巻ぶんのストックが溜まるタイミングでもあったので。
担当:『ハッピーセピア』に関しては、編集部内でも意見が割れていたんです。単行本を出してもいいんじゃないかと言う者もいれば、そこまで待たず次の作品に切り替えたほうがいいと言う者もいて。
検討を続けた結果、もうすぐ1巻が出せる直前で終了という判断になってしまい、大熊先生には申し訳ありませんでした……。

大熊らすこ先生へのインタビュー記事exitより

0巻となった作品は単行本が存在しない以上、読みたい場合は実際に掲載された雑誌を国立国会図書館なりで探し出すしかないため、後追いしたい人向けのハードルは非常に高くなっている。

1巻乙

単行本全1巻で打ち切りになるパターン。単行本が出るか出ないかという泥の差があるとはいえ、打ち切りの基本的な理由は0巻とほぼ同様と思われる。これも0巻と同様昔のきららでは多く存在していたが、最近はしくなっている。

1.5巻乙

1巻の壁を越えたものの、様々な事情により2巻が出ることなく終了するパターン最終回まで描かれることもあれば、休載になりそのまま再開されることなく終了する場合もこちらも最近ではしくなっている。タイトルのみで刊行される1巻とは異なりこの場合は単行本には1巻とナンバリングされる。

近年問題になったのは、2017年の「まんがタイムきららミラク」の休刊に伴う強制打ち切りである。これにより、うちのまいこ『ななつオンリー!』、ちろり『お願い!ロイヤルニート』といった作品が本来2巻に収録される話を抱えたまま1巻となってしまった。そのためこれらの作品は全1巻にも関わらず単行本を読んだだけでは中途半端なところで最終回と感じられてしまう。現在では単行本未収録回はCOMIC FUZで読めるようになったので少しはマシになった。

3巻乙

2巻乙を回避した作品が次にえるべきぶっちゃけ打ち切り作品とアニメ化作品の界線はこれをえられるか否かと言っても過言ではない。

特にまんがタイムきららMAXにおいてはこの傾向が顕著で、いくら人気のある作品でもアニメ化できなければ容赦なく打ち切りになるという修羅世界となっている。中でも、有馬はんどすたんど!』、晴瀬ひろき魔法少女のカレイなる余生』、相崎うたう『どうして私が美術科に!?』あたりは未だに3巻での打ち切りファンの間で惜しまれている。特に『どうびじゅ』が打ち切られた事実は、きらら編集部の「人気より売り上げ」という精ファンめて認識させることとなっている(ちなみに、相崎うたう先生どうびじゅ終了から約1年半後、『瑠東さんには敵いません!』できららMAXに復帰している)。

記者:失礼な質問かもしれませんが。3巻での完結は予定していたものではなく、打ち切りということになるのでしょうか。
担当:読者、特に学生の方からの反が大きい作品であることは編集部としても認識していたのですが……。単行本の売上などを見て、3巻あたりで「どうびじゅ」は一区切りにして新作にシフトしたほうが、今後の諸々の条件を鑑みて結果よくなるだろうなという判断ですね。相崎先生とは、3巻で締めましょうという話は前々からさせていただいていました。

くろば・U、相崎うたう先生へのインタビュー記事exitより

4巻乙

3巻の壁を突破したものの、4巻で打ち切りとなった作品。とはいえここまで来ると(2巻乙が多すぎるせいで)アニメ化しなくても十分にやりきったという評価になりがちなので、4巻という呼称はあまり使われない。

近年の例だと、キキビビッドモンスターズ・クロニクル』、とめきち『すわっぷ⇔すわっぷ』、スーパーまさら・うみのとも『私を球場に連れてって!』あたりが該当する。

ニコニコ大百科に記事のある2巻乙した作品一覧

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/2%E5%B7%BB%E4%B9%99

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

2巻乙

32 ななしのよっしん
2021/05/19(水) 13:36:01 ID: p3tACyzDjS
前後関係が逆なのでは
アニメ化されなかったら打ち切りじゃなく
打ち切りライン漫画アニメ化される事で延命継続
アニメ化せずとも巻数重ねるマンガはたまにあるし
ラインえてれば続刊では?
33 ななしのよっしん
2021/05/19(水) 14:35:25 ID: QGdp4QCH0S
記事にもあるけどステまやまぞくがアニメ化決定による連載継続パターンだよね。
後は一定ライン以上単行本が売り続けられれば基本的に継続、売れなければ終わりという話なだけ。
34 ななしのよっしん
2021/05/23(日) 19:40:20 ID: Gk8Q/o+iQY
数撃ちゃ当たる方式
35 ななしのよっしん
2021/05/27(木) 22:35:51 ID: BuniSOA3+1
>>32
>>33
それはそれで正しいと思うよ

実際、何年か前は未アニメ化作品にも巻数を重ねた作品がいくつかあった。
三者三葉(11巻発売後アニメ化)、棺担ぎのクロ(全7巻)、かみさまのいうとおり!(全9巻)、はるみねーしょん(全8巻)が該当する。
短期打ち切りが多いと言われるMAXにも落花流水(全9巻)と◯本の住人(全7巻)があった。

しかし、今となっては未アニメ化で連載が巻数が多い作品はない。多くてもせいぜい4巻までだ。
では、今後、アニメ化せずとも巻数を重ねていく漫画が今後現れるのか――私はノーだと思う。
芳文社に言わせてみれば、きらら連載の作品を細々と続けるのはやってられないんじゃないのかね。
36 ななしのよっしん
2021/05/27(木) 23:25:12 ID: BuniSOA3+1
>>35 の続き

打ち切りの理由として頻繁に挙げられる「単行本が売れない」という方便には、二通りの意味があると思う。
一つは、文字通り「単行本が売れないこと」
もう一つは、「連載中の作品が大きな利益を生み出す見込みがないこと」

まんがタイムきらら系列は、アニメ化で一攫千を狙う方針なんだろう。
アニメ制作に出資すれば、単行本の売上が伸びるだけではなく、アニメで出た利益を得ることができる。
アニメの売上は、円盤や配信だけでなく、キャラソンライブ、クッズ化や客演と幅広い。

そもそも、きらら作品は単行本が売れない代わりに、アニメ化で化ける傾向が強い気がする。
ジャンプ漫画ラノベが数十万、数単位の発行部数が表されるけど、
きらら作品の発行部数が表されることは、まずないよね。
37 ななしのよっしん
2021/06/01(火) 01:23:58 ID: p3tACyzDjS
身も蓋もないこと言えば大半が未アニメ化だと知名度ないし
なにより作者も新人が多いから作者の知名度でも稼げない
ずっと描き続けてる人かきららで売れた人だけで
他誌で売れてる漫画家を新連載に呼んだりしないよね
出て行った人が戻ってこなかったりで待遇悪いという噂もあるが

直近だと異なる次元の管理人さんが5巻で大団円迎えたぐらいか
38 ななしのよっしん
2021/06/01(火) 21:07:59 ID: BuniSOA3+1
>>37
きららから出ていってから有名になった作家といえば、昆布わかめしぐれういかな。
逆に、きららに来てから有名になったのは、得太郎原悠衣Koiあたりかな。

>ずっと描き続けてる人かきららで売れた人だけで
>他誌で売れてる漫画家を新連載に呼んだりしないよね
最近だと、『あいまいみー』のちょぼらうにょぽみを本誌に呼んだり、
ロウきゅーぶ!』『天使の3P!』の蒼山サグフォワードに呼んだりしているみたいだね。

あと、少し意味合いが違うと思うけど、Twitter大なフォロワーを持つ作家を以前から呼んでいるみたいだね。こういった作家は、連載順で優遇されやすい。
ねこうめ、ルッチーフ、ひさまくまこ、カエルDXあたりが代表例。
特に、カエルDXは連載作が連載順で優遇されているだけでなく、広報としてもかなり重宝されている。
星屑テレパス』のPR漫画フォワードのおすすめ紹介漫画を作っている。
39 ななしのよっしん
2021/06/20(日) 14:54:04 ID: MO7yvz2Hve
二巻乙ケースは本当に多いし、好きな作品なら尚更悲しいものの
ストーリー自体は綺麗に収まっている」(例:リトルリトル・アリス
コミックス加筆がある」(例:サンタクロースオフ!)ケースは良い方で、
「二巻は単行本化されず、最終回は本誌か電子コミック頼み」もまだマシ
本当にぶった切りコースもあるからなあ…
40 ななしのよっしん
2021/06/20(日) 19:59:06 ID: mw5jqxekAh
記事のタイトル2巻乙(まんがタイムきらら)に変えない?
41 ななしのよっしん
2021/06/20(日) 22:44:54 ID: 0g8LjwUC46
TwitterGoogleとかで2巻乙って検索してもほとんどきらら関係の内容ばかり引っかかるし
わざわざ(まんがタイムきらら)って明記する必要はいと思う

急上昇ワード改

2021/06/21(月)01時00分 現在