WOLF'S RAIN単語

ウルフズレイン
2.5千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

WOLF'S_RAIN(ウルフズレイン)とは、とは、ボンズ制作アニメ作品 。

概要

した世界舞台に 4匹の若者少女が出会い、彼らは共にだけに許された不安が一切ないとされる世界・“楽園”をし、長く過酷なに出る。

2003年1月から同年7月までフジテレビ系列で放送されたボンズ制作アニメ作品 。

製作開始当初は全26話の予定だったが、製作者側の都合により途中に総集編4話が挿入され、ストーリー完結せずに放送が終了した。2004年1月2月OVAとして27~30話が開された。全30話。

DVDは全10巻。DVDは原則各巻3話収録。第5巻・第6巻にはそれぞれ総集編2話ずつ収録される為4話収録。また第9巻・第10巻はそれぞれ追加エピソード2話ずつ収録。2008725日にはDVDBOXも発売。全30(TVシリーズ26+TV未放映オリジナル4)収録

ストーリー

氷河期を迎え、ゆっくりと滅びへのをたどりつつある。かつて盛を誇ったであろう都市の残骸。今や半分廃墟と化したドーム都市群。人は貴族の支配のもとで消極的な生を受け入れていた。そんな凍りつき、なにもかもが静止したかに思えたに、ある日一人の少年が現れる。

  彼は。その名はキバ

この世のどこかにあるという伝説楽園していた。たったひとつの手掛かり、満月にだけ開くといわれる...「」だけを頼りに。

キバにその姿を現したその時から、彼の中に潜む野生がゆっくり世界を溶かし始める。そして、混沌に呼応するかのように。永き眠りから覚めた少女は、現実を映すことなきき瞳の真実を宿す。留まっていたものたちもやがて動き出す。最初はぶつかりあいながらも、種としての運命覚め、一頭、また一頭と、キバとともに歩みだす若きたち。

  この世のどこかにあるという伝説楽園して。

用語

絶滅したと思われてきた伝説上の生き物楽園すことができる一の存在。

特殊を使うと人間には、その姿が、「人間」にしか見えなくなる。ツメをはじめとするたちはそうやって都市に入り込み人間の中に溶け込んで、その姿をくらましていた。あくまで人間錯覚させるのため足跡、体臭、感触など変身しても隠せない部分がある。

月光により、治癒を高めることができる。

月の光を受けて咲く。「楽園」一面に咲き乱れるとされる。芳香は、楽園の在り処をし示すと言われている。

この世のどこかにあるという場所。かつて人の文明が滅びた時にが暮らしていたとされている。が一面に咲き乱れ、そこには何の不安もなにもないというが、現実にそこにたどりついたものも、そこから帰ってきたものもいない。

貴族文明が崩壊した後に国家政府に代わった自治組織。ドームなどに住む一般人とは較にならないほど裕福な生活準で暮らしている。貴族の大多数が仮面舞踏会を思わせる仮面をつけている。

 

登場人物

キバ    

CV宮野真守)     

主人公白毛人間の姿は黒髪青年の姿になる。今まで群れをなさずひとり楽園”へと導くという“”の匂いを追いめていた。の匂いを感じにやってくる。直感で行動する事が多い。

ツメ    

CV三宅健太)   

胸に傷のある灰色人間の姿は灰色青年少年窃盗団の元リーダー仲間の死や元仲間の裏切りに遭ったのをきっかけに、ドームを出て楽園に加わる。

基本一匹だがトオボエに対してかつて助けられなかった仲間少年と重ね合わせているのか気に掛ける。

ヒゲ    

CV陶山章央)   

首輪をしている毛の人間の姿は茶髪青年。世渡り上手なとぼけた。敏感な嗅覚を持つ。

に溶け込み飄々と暮らしていた所キバに出会い、面そうだからという理由で楽園に加わる。  

トオボエ  

CV下和田ヒロキ)  

右前足に腕輪付けている赤毛人間の姿は右腕に腕輪を嵌めている茶髪少年。幼く極度に臆病。

ずっと人間に飼われていたが飼いが死に困っていたところ、初めて自分以外のであるツメ達に出会い楽園に加わる。

チェザ  

CV小笠原亜里沙) 

桃色深紅の瞳が特徴的な少女一人称は「これ」。

貴族よって“楽園”へと導くとされているから生み出した人工的に創りだされた少女キバが現れたのと同時に眠りから覚める。

 

クエント  

CV石塚運昇)   

元保安官。飲んだくれでウォッカウィスキーなどを常に持ち歩いている。

過去する家族もろとも住んでいたを焼き払われた。を焼いたのはの仕業だと信じているため、復讐のために全ての殺を的として放浪している。ブルーの飼い

ブルー  

CV浅野まゆみ)  

をした毛の猟クエントの相棒を見つけるのが役

ハブ    

CV宮本充)     

刑事クエントを捕まえた事からの存在に気付き興味を持ち始める。シェールの元夫。

シェール 

CV:幸田穂)   

貴族直属の研究機関やチェザを研究していた女性研究者。チェザを探しに立った。ハブの元妻。

ダルシア 

CV黒田崇矢)   

仮面貴族。外見年齢20代。の眼を持つ。研究所からチェザを攫う。人のハモナが楽園病になったことから楽園している。本作では重要度の高いキャラクター

ハモナ  

CV坂本真綾)   

ダルシア人。楽園病にかかりダルシアの元で眠る美女黄緑の長い

 

関連動画

スタッフ

原作BONES・信本敬子

監督岡村天斎

キャラクターデザイン川元利浩

美術デザイン岡田有章/武半慎

メカニカルデザイン:荒牧伸志

美術監督森川

色彩設計:水田信子 監督荒川浩介

音響監督若林和弘

音楽菅野よう子

アニメーション制作ボンズ

プロデューサー

南 /高梨 実/春名剛生

製作フジテレビ/ボンズ/バンダイビジュアル

 

音楽

オープニングテーマ stray

 作詞tim jensen

作曲編曲菅野よう子

 

歌:steve cont エンディングテーマ:「gravity

 作詞troy

作曲編曲菅野よう子

 歌:坂本真綾

 

関連商品

外部リンク

ビクター内公式exit

フジ内公式exit

BONES内公式exit 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

WOLF'S RAIN

7 ベルヌイ
2017/06/03(土) 15:05:57 ID: aWY0P1hsIn
べーせんが崎さんの番組で歌ってるの聞いて久々思い出したわ。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
8 ななしのよっしん
2017/08/14(月) 17:34:43 ID: a5HQVcwgbV
リアルタイムで観てたけど、
この世界におけるの存在が何だかよくわからなかったな
人狼なのか、リアルが色々誤魔化して人っぽく見えるようになっているのか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
9 ななしのよっしん
2017/09/20(水) 03:15:35 ID: OIJxoSXUsL
」が人にを見せていた。絶滅したと思われた「」はを見せることで人に紛れて生きいた
」は楽園めてをすると言い伝えられていて、貴族は「」を餌に「」を釣り出した──

ひたすらに「」をめるキバ仲間に執着するツメ人間社会で丸々と肥えたヒゲ、居場所を失くして宛がなかったトオボエ

やがてそれぞれのカルマえるために楽園す「」と、それぞれの思惑で「」を追う人間達……


【以下ネタバレ】

OPの映像は何度も巡る世界で、ラストを見れば分かるようになっている──って、自分もコメ見て初めて分かった

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
10 ななしのよっしん
2017/12/03(日) 01:30:15 ID: de6Zfom0L0
悪くはない、悪くはなかったんだ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
11 ななしのよっしん
2018/09/26(水) 21:18:27 ID: 4N8a+hRfEK
非常に美しく、そして壮大な物語だった。OVAも観ればより余韻に浸れる。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
12 ななしのよっしん
2020/04/03(金) 11:21:51 ID: BTSGlKxt3n
2000年代一桁前半はこういった空気の作品多いよね。しかもハズレが少ない。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
13 ななしのよっしん
2021/09/03(金) 20:30:49 ID: faq+cflUJ5
何でサントラの2弾はあんなプレミア付いてるの?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
14 ななしのよっしん
2022/07/03(日) 11:26:08 ID: ihWHUQdYc6
腸やみたいな名前はなくて良かったな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
15 ななしのよっしん
2022/09/05(月) 06:20:16 ID: m4VbAJZGFQ
アニメオールタイムベスト5には確実に入る
👍
高評価
0
👎
低評価
0
16 ななしのよっしん
2023/12/04(月) 14:18:19 ID: kZrc77fY2q
放送全26話で、15話から18話の4週連続総集編なんて伝説事故なのに
アニメ制作の酷かった話でもあんまり話題に挙がらない不思議
それだけマイナーなままだったってことかな

なんでも説明すればいいってものじゃないけど、理解させる気がないのもそれはそれで難がある
特に貴族周りの情勢がしばらくわかりづらかった気がする
貴族兵士も顔隠してるのがそれを助長してる部分もあったかも
👍
高評価
0
👎
低評価
0