東郷平八郎

31 ななしのよっしん
2014/03/26(水) 12:27:45 ID: 6hB5KJ82Zo
>>10
というか、悪い方向に「神様と宮様:が革してしまったのよ。
現役を離れて久しい東郷に関しては身内可さで誤ったという文脈での擁護もできるが、
当時現役だった宮様のほうは全に確信犯なうえに皇族ということで戦後もあまり評価のメスが入ってないぶんなおさらタチが悪い。
32 ななしのよっしん
2014/05/12(月) 11:41:47 ID: 6hB5KJ82Zo
>>20
山本兵衛台詞だね。
その挿話に関してはどうも権兵衛内向けアナウンス的なとこがあり、
海外論者に対してはまた別の言い方をしてたみたい。

兵衛は本来なら大佐限りでクビになるとこだった東郷を特に名しで救い
日清戦争時に優れた国際法知識と冷静な判断を見せた東郷を
大本営の意思によく従い、現場で正確な判断ができる人物として
高く評価していたみたい
日本海戦でギリギリまで連合艦隊出撃を待たせたことでその判断の正しさは明されたんだけど
その後の東郷は山本に見込まれたのとは正反対の人に成り果てていくのがねぇ
33 ななしのよっしん
2014/09/27(土) 17:34:31 ID: dTs3Rn1BT0
話のを折ってすまんが、
国葬にあたっては、英国アメリカフランスイタリア中国など各から派遣された儀礼艦が横浜に集まり、半旗をかかげた。

ってあるけど本当にすごい人だったんだな。
34 ななしのよっしん
2015/01/11(日) 00:57:50 ID: cKwz3Q4IsI
凄い人であるからこそ晩年の老害っぷりは残念でならない
隠居して静かに余生を過ごしていればな・・・
35 ななしのよっしん
2015/02/04(水) 22:49:26 ID: 41BSIQlZym
ただの口うるさい爺様ですませられた所を彼の影を使った者達こそが悪じゃないかなぁ・・・
それに当時じゃとしては間違ってはいないんだよね、たった数年~十数年で戦いが変わる時期だったからこその結果で
36 ななしのよっしん
2015/02/05(木) 13:15:49 ID: WnHZTRP0DO
まぁだからこそ先見性や担がれない確固たる意志が必要だったんだろうな、あの時代
明治山本兵衛大正加藤三郎の評価が高いのはそういう意味でも一流だったからだろうし
37 ななしのよっしん
2015/04/08(水) 05:52:01 ID: QW2pwrTVXp
>>35
戦艦だの空母だのの話は本筋じゃないのよ。この人のやらかしたのはそれよりも軍軍政の関係をにしちゃったことの方がずっと大きなことなんだわ。

軍は軍政優位が定着していたからこそ、彼はの意向で連合艦隊長官に抜され男になった訳だけど
軍縮条約問題と満州事変の対応で東郷は積極的に軍部側の肩を持ち、軍政側の人材を追放してしまう結末を迎えるのに一役も二役も
かってしまってる。担ぎ上げられたで済まされるほど消極的な状況ではなく、軍政優位の体制を維持しようとした将官たちを積極的にこき下ろして足を引っってたからねぇ…。
38 ななしのよっしん
2015/04/17(金) 12:50:55 ID: cF4bvAExGK
大東亜戦争での、徐々に敗北を重ね崩壊していく連合艦隊謀な作戦を実行した大本営、襲で地獄絵図と化していく本土の有り様を、本人が実際見たら「どうしてこうなった」と嘆いたんだろうか…。
39 ななしのよっしん
2015/06/18(木) 16:22:29 ID: QW2pwrTVXp
生前「アメリカ相手に戦っても勝てないなどと口にするとは、これまでをついてきたのか」と
融和をした条約将官たちを罵りまくって予備役に追い込んだ本人ですから…

抑止の概念を理解できなかった彼が果たして炎上する都を見て「自分の責任」と自覚できたか、どうか。
40 ななしのよっしん
2015/06/18(木) 16:53:10 ID: eCaKULBpUy
つまり諸はこう言いたいのだな?
「東郷は木大賞と一緒に明治天皇に殉じてを召すべきだった」


まあ殉死してたらしてたで、まとまりつかずに昭和1ケタ代辺りに軍内でちょっとした流血事件が歴史に書き加えられてた気も。あの辺りの時代の将校、血の気多いから…
41 ななしのよっしん
2015/11/15(日) 22:04:20 ID: waaD9KPUFz
もそんなこと言ってないのに何言ってんだこいつ
42 ななしのよっしん
2015/11/21(土) 09:39:40 ID: 9sf79bfZAH
ちょっと前に武田鉄矢ラジオ番組を聞いて日本海軍は運で今まで勝ってたのか?って思ったことはある
43 ななしのよっしん
2016/01/01(金) 17:09:35 ID: vw8EmuLl4R
晩年、軍での過度な格化に本人も翻弄されてしまったのが、何とも皮だ。

「お袋の眠る青山埋葬してくれ」→軍の計らい(?)多磨霊園に埋葬
を祭る神社なんていらん」→視され東郷神社建立

おまけに宮様ですら「東郷と自分の意見が分かれるようなことはあってはいかん。」ってかなり気にしてたみたいだし…。
44 ななしのよっしん
2016/01/01(金) 17:23:41 ID: PpiRTvoQ/V
>>40
事実、東郷のさんの子は「木の様がうらやましい」と言っていたからな
45 ななしのよっしん
2016/03/09(水) 00:52:25 ID: rJVUHd+C3X
現場指揮官としては有能だけど、悪い意味で頑固親父気質すぎて政治的には色々やらかしたってイメージだなぁ
46 ななしのよっしん
2016/03/20(日) 01:08:33 ID: UOPG4mZfW9
関連に肉じゃがは入れんのか?そっちの記事だとこの人が考案したみたいに書かれてるから。
47 ななしのよっしん
2016/03/20(日) 01:13:47 ID: QW2pwrTVXp
そっちの記事でも結局「拠はない」で終わってるやんw
48 ななしのよっしん
2016/04/28(木) 20:39:25 ID: CxORxzCoyw
バルチック艦隊撃退がこの人の人生のピークで、
打って変わって晩年は老害そのものだからなぁ

せめて黙って引退しとけば晩節を汚すことはなかったのに
49 ななしのよっしん
2016/06/25(土) 09:53:15 ID: PZOGxogGVh
ただの老害ならともかく過去伝説を持った老害界のカリスマだから厄介極まりないよな
50 ななしのよっしん
2016/06/25(土) 20:40:30 ID: lIM2PFHR5a
格化の流れが本人にとって不本意だったなら、晩年の無茶振りなんかは「こんだけ言えばか止めてくれるだろ」ってのもあったんじゃねーかな。
しかし、良くも悪くも既定路線に疑問を持ち込むのが苦手な日本人だとなあ……。現代にも続く悪癖だから、当時はもっといかんともしがたいもんだったでしょ。
一人の人間を大衆が祭り上げようなんて、狂気的といっても過言じゃないしね。
51 ななしのよっしん
2016/07/11(月) 22:17:05 ID: AQqDIaQdyh
日本海戦」が々しくられる一方で、「三船殉難事件」なんてWikipediaで初めて知った・・・
52 ななしのよっしん
2016/10/28(金) 19:14:38 ID: AsOIPrvMsa
まぁ、晩節を汚す、というのは残念ながら否定できないが
一方でロシア南下を挫き日本を救った英雄であることも間違いないのである

>>51
三船遭難事件と東郷に一体何の関係があるんだ?
東郷はその頃もうとっくに墓の下な訳だが
53 ななしのよっしん
2016/11/25(金) 22:56:26 ID: sP+ETiMAXJ
日本国内のみならずアメリカ三笠大好きおじさんとか
海外にも信仰者が多かったしなあ、人種差別がまだしかった時代でこれだもの
54 ななしのよっしん
2016/11/25(金) 23:25:07 ID: cXRot6eoAi
日本世界に誇る英雄なんだからもうちょっとプッシュされてもいいはずなんだけどなぁ

みんなそんなに戦国大名幕末志士が好きか!!
55 ななしのよっしん
2017/01/20(金) 23:26:39 ID: tM5l2JD5sa
英雄なのは間違いないが、晩年にやらかしたことが敗戦の遠因に繋がるからどうにもプッシュし辛いのでは?
56 ななしのよっしん
2017/03/26(日) 10:43:34 ID: QW2pwrTVXp
利用されたも何も、本人が明確に名しで条約人間を「弱」っつって叩きまくってたんだからね。言い訳の余地もない。
57 ななしのよっしん
2017/03/26(日) 21:11:14 ID: jLPUGHKrpA
良いところも悪いところも強すぎる。
58 ななしのよっしん
2017/05/22(月) 02:02:49 ID: OD75/PIhDX
あと、焚きどもと機関科士官を侮蔑して、兵機一系の問題な。
神様と宮様のせいで、軍は滅になっちまったからな
59 ななしのよっしん
2017/07/15(土) 22:43:36 ID: IhR0SyTR+a
>>50
それはたぶん日本人だからこその考え方じゃないかなぁ
リストとかいう存在すら胡散臭いやつを現代においても信仰してる危ないもあるし偶像崇拝禁止だので殺人やらかすも多い
信仰において日本ほどまともなはないと思うわ
60 ななしのよっしん
2017/07/15(土) 22:48:02 ID: jEkIU12Tqo
>>54
今でも充分プッシュされてるだろーがよ。どこまでやれば満足なんだ?

心配せずとも、海外では織田信長坂本竜馬なんかよりはるかに知名度は上だ。