今注目のニュース
【ナニコレ?】「猫の後ろ足にある肉球」に付けられた、意外と知らない名前
通勤時間が長いと人は「不幸」になるという研究結果
セカオワSaori、夫婦別姓に言及「30年以上慣れ親しんだ名字だったから変えたくなかった」

くるみ割り人形単語

クルミワリニンギョウ

掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

くるみ割り人形とは、

  1. 口の部分にくるみの殻を噛ませて砕く兵隊や王様人形ドイツの伝統工芸品。
  2. ドイツ作家E.T.A.ホフマンの童話。詳細は「くるみ割り人形とねずみの王様」の記事を参照。
  3. 2.を原作にした、ピョートル・チャイコフスキーバレエ音楽。本項で3.について解説する。
  4. 2. を原作にした2018年ディズニー映画。詳細は「くるみ割り人形と秘密の王国」の記事参照。

概要

白鳥」「眠れる森の美女」と並ぶチャイコフスキー三大バレエのひとつ。作曲されたのは1892年と三大バレエの中では一番遅く、交響曲第6番「悲愴」と共にチャイコフスキーの晩年の代表作とされている。クリスマスのお話であるためか、バレエの初演はこの年の12月であったが、その半年前にはチャイコフスキー自らアレンジした本作の組曲バレエに先だって初演されている。

物語は、クリスマスプレゼントにくるみ割り人形をもらった少女クララが、その晩巨大なネズミの王様に襲われたところをくるみ割り人形に助けられ、ネズミの王様を退治すると人形は正体である王子の姿に戻り、クララお菓子へ招待するというもの。バレエは二幕構成で、後述する組曲行進曲人形王子変身するまでの第一幕、妖精たちの踊りや花のワルツは、お菓子舞台の第二幕で演奏される(但し、組曲バレエでは演奏順が異なる)。

後述の組曲版はどれも有名な曲ばかりっているため、様々な場面で使われている。中でも、ディズニー映画ファンタジア」では、バレエとは異なる解釈で曲に合わせたアニメーションが描かれており、この曲を聴くとファンタジアを連想する人も多いと思われる。
また、舞台クリスマスであるため、クリスマスになるとにする機会も多い。例えば、ファンタジア繋がりで東京ディズニーランドは、クリスマスシーズンになると、クリスマスショーやパレードに使われる他、エリアミュージックでは各エリアに沿ったアレンジで本曲が流れているといった具合である。

楽曲一覧

ここではバレエ組曲演奏される曲を、演奏順に紹介する。

序曲
バレエの幕が上がる前に演奏される。「小序曲」「小さな序曲」と表記されることもあるように、こぢんまりとした可らしい作品で、おとぎ話原作にした本作の導入部に相応しい曲に仕上がっている。
行進曲
子供達がプレゼントをもらう場面に使われる。トランペットファンファーレに続いて、弦楽器プレゼントを手に入れて浮きだつ子供達の心を表している。日本では、音楽ファンタジーゆめの影もあって、おもちゃの兵隊が行進する場面を連想する人も多いと思われる。
金平糖の精の踊り
お菓子女王であるドラジェ(菓子の落雁に似た洋菓子の一種)の精霊が踊る。日本ではドラジェが一般に知られていないため、金平糖と訳された。バレエでは、花のワルツより後に演奏される。
この曲が初演された頃に発明された鍵盤楽器チェレスタ演奏し、美しくもミステリアスな雰囲気を醸し出している。そのメロディーから、怪しげな場面にこの曲が使われることも多く、「のだめカンタービレ」や「ガールズ&パンツァー」の挿入曲に使われた。ちなみに、ゲームヨッシーストーリー」の最終面では、この曲によく似たBGMが流れているが、アレンジではなく全くの別物である。
トレパーク
トレパークとは、地方に伝わるロシアの農民の踊りとも、大麦糖で作られたキャンディに似た菓子の一種とも言われている。曲名はこの他にも、「トレパック」や「ロシアの踊り」と表記されることも多い(但し、ニコニコではバレエペトルーシュカ」にもロシアの踊りという曲が使われるため、タグはトレパークと使い分けされる傾向にある)。
テンポが速くスピード感のある曲で人気も高く、運動会の定番曲となっている他、「テトリス」や「パロディウス」などのゲームBGMにも使われている。音楽系のゲームでも「太鼓の達人」や「ドンキーコンガ」に収録されているが、難易度トップクラスの難しさを誇る。ニコニコでは「ドンキーコンガ」の音を使った音MADも作られている。
アラビアの踊り
コーヒーの精がベリーダンスをなまめかしく踊り、明るく軽快な曲が多いくるみ割り人形の中では異質の作品。「ファンタジア」ではやけにエロ金魚が印的。
中国の踊り
お茶の精がフルートピッコロの旋と弦楽器ピチカートに乗せて軽やかに踊る。こちらも、キノココミカルな動きを見せる「ファンタジア」のイメージが強い一曲。
の踊り
フルート三重奏が活躍するこの曲は、ソフトバンクCMに使われたことで一躍有名になった。劇中ではフランスの女飼いが踊るという設定だが、フランスヴァー地方では、木管楽器に使うリード素材として質の良いが取れたと言われている。
花のワルツ
組曲フィナーレを飾るに相応しい、バレエ音楽名曲中の名曲ウィンナ・ワルツを思わせるような優な雰囲気に加え、チャイコフスキーらしくロシア音楽の中にもロマン的な作を織り込んだ作品。は、オーケストラでは脇役になることの多いホルンが担当するが、ホルン奏者にとってはかなりの難曲となる。
ファンタジア」では原曲イメージと大きく異なり、の落葉から氷やに包まれるへの季節の変化が美しく描かれている。また、全編にわたって「くるみ割り人形」の楽曲が使われているアニメプリンセスチュチュ」では、この曲がクライマックスで効果的に使われ、シーンも相まって視聴者に大きな感動を与えた。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP