今注目のニュース
「エッシャー感がすごい」「ドラクエで見た」 2枚の階段写真を見ていると…
年収1000万円以上の転職に成功した人の特徴 「問題意識に基づいて目標設定できる」「関係者の調整能力がある」
「専業主婦になりたいと望むのはダメなこと?」21歳女子大生の悩みに忠告相次ぐ「頭の中がお花畑」「望んでなるものではない」

トロン(遊戯王ZEXAL)単語

トロン

掲示板をみる(269)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

トロンとは、アニメ遊戯王ZEXAL」の登場人物である。
CV國立幸根本バイロンアークライトの場合)。

概要

遊戯王ZEXAL第2部「WDC編」以降から登場したキャラクター。初登場はWDC編開始に当たる26話より。
トロン一家長であるにもかかわらず、その姿は一家で最も幼げであり、と口元のみを露出した少年っぽい姿に不似合いな分厚い鉄仮面を常に被り、長いブロンドおさげにした少年、という異様な外見をしている。体格もよりさらに一回り小さく、容姿だけで見るなら間違いなくトロンが最年少であるが、一家長男が「トロンへの非礼は私が許さない」と絶対の信頼を寄せているほどであるため、以上の年長者である可性も高い。
また右手には達と同様に赤色の紋章があり、さらには左がいつもく染まっていてしかも時折発したりもしている。こちらにも紋章と同じくが備わっているのだろうか。

が常に彼の側に仕え、達を通してシャーク(および他のデュエリストナンバーズ所有者)に干渉するなど「体は子供、頭大人」な雰囲気を携えているかと思いきや、趣味は「カートゥーンアニメの鑑賞」というどこかの千年眼みたいな嗜好を持つ。マインド・スキャンは使えないが、伏せカードの透視はできるようだ。
それどころか遊戯王5D'sルチアーノを彷彿させる狂気じみた笑いにも定評があり、薄暗い部屋の中で複数のモニターでいくつものアニメを同時に視聴しては邪気にゲラゲラ笑い転げているなど、大人子供が入り混じったような奇妙な日常生活を送る。そんな趣味から、視聴者達の間では「トロンの使用デッキカード群)はトゥーンか?」などとくも予想と期待が高まっていた。
しかしデュエルではトゥーンではなく、「紋章獣」の名を冠するモンスターや「紋章(メダリオン)」と名の付くカードを使用する。

続く第44話にて儀式を行いハルトが持つ超能力ハルトから奪い取り、物体を異世界へ吹き飛ばす(跡形もく破壊する)を自分のものにし、それを試すためにホテルの一室を柱ごと削り取っている。

Dr.フェイカーに対して並々ならぬ復讐心を燃やしており、一家を率いてWDCへ参加したのも全ては彼への復讐を果たすためであるようだ。もっとも当のDr.フェイカーからは名前も存在も忘れられたようであったが、後述の通り「トロン」という名前が彼の本来の名前ではない以上、忘れられるのも理はいかもしれないが。
一方で、遊馬の事は父親である九十九一馬を通して知ってはいるようで、一と面識があるらしい。
詳細は後述。

ボスキャラの定石として長らく表に姿を現さなかったが、続く第50話にていよいよWDC決勝戦前祭という表舞台へと登場。Mr.ハートランドの見せ場を奪い突如現れ、然とするパーティ参加者達をケーキ大好きなんだ!」子供っぽく振る舞っていたかと思えば、舞台上のMr.ハートランドの元へ歩み寄りトロン。ぶっ潰してあげる!」などと宣戦布告をかまして去っていく。このとき、遊馬にもをかけており、ハルト超能力のおかげなのかアストラルの姿が見えるような素振りも見せていた。
そして、帰りの送迎の中では携帯ゲームに没頭して遊んでいる新たな一面も見られた。
ところであの、トロン専属の照明係はやっぱり兄さんだったのか?
そしてあの携帯ゲームは、SEから察するにKONAMI製のソフトなのか?
続くWDC決勝戦ではデュエル・コースターに乗りながら自らが差し向けた賞稼ぎデュエリストフォール・ガイズ」と遊馬デュエルを観戦しながら進行していたが、続く第54話にて元WDC実行委員であるドロワとのデュエルを行う。ここでついにトロンデュエルシーンが初披露となるのだが、ライフポイントにものを言わせた魔法カードコンボ包囲網アストラルく「璧なコンボだ、隙なんてない」)を展開されたにも関わらずトロンナンバーズの効果で相手モンスターから名前を奪う事でドロワが構築したコンボを逆利用しドロワを追い詰め、さらには紋章のドロワから記憶や精を奪い廃人にしてしまうという罰ゲーム鬼畜ぶりを見せつけ、以上のえげつなさで遊馬達を驚かせる。
マジックコンボで八方塞がりにされたトロン遊馬に対するふざけた態度と、本気の顔の落差には、過去シリーズを彷彿させる恐怖や不気味さを覚えた視聴者も多かったのではなかろうか。
ところでといいといい、デュエル中の精神攻撃トロン一家の常套戦術なのだろうか。
続く57話でもシャークデュエル舞台へ登場。シャークの身内を手にかけたのも全てはトロンの差しである事、そしてそれもフェイカーへの復讐計画の一端であるという事実が判明、シャークトロンの独憎しみを煽るに対して怒りを煮えたぎらせるが・・・

また、トロン一家に起こった悲劇やフェイカーに復讐を誓う理由も、第55話にての口からられることになる。
それによれば、トロンの正体は案の定(というべきか)達の父親であり、かつてDr.フェイカークリス)とともに異次元へのについて研究を進めていた科学者であった。ちなみにここで彼の本名が「バイロンアークライト」であるという事実も判明する。
ちなみにWDC編にて登場した回想の中では3兄弟に加え父親の存在も確認できたが、このシーンが登場した当時から「彼がトロンと同一人物ではないか」とも言われていた。ここでの彼は顔が見えないものの、体格が少年時代以上に大柄であり、髪型髪の色トロンと酷似していたので彼がトロンと同一人物である、という推測はごく普通に浮上する事になったのだが。
その後(旧名:クリストファー)の回想の中でフェイカーと遊馬・一と共に3人で協しての遺跡へと足を踏み入れるが、やがて遺跡ので「異世界へのを開く」という的(=私欲)にんだフェイカーの裏切りによってバイロンは一と共にに嵌められ、異世界へのを開くための生贄として異世界へ送られてしまうのだった。
アドバンス召喚?いいえ、エクシーズ召喚です。
そして異世界から家族の元へ帰還した頃には、作品中でトロンと呼ばれている現在子供の姿になってしまっていたようで、同時に性格も大きく変貌してしまっていたらしい。が一の事についてを知っていた事も、バイロンの助手として共に活動していたためであったようだ。

上記の経緯から、トロン一家アークライト一家?)がDr.フェイカーへの恨みをらすべく行動しているのも納得の余地がある反面、上記の事実視点トロンからられた内容を元にしたエピソードであると思われるため、この内容全てが真実とは言い切れないのもまた確かなのであるが。
そればかりか作中ではドロワとのデュエルを経て、「他者の記憶を封印したり、奪い取る(トロンく『記憶を食べる』)」という千年錫っぽい超能力を披露した事もあり、『トロンの正体とは、バイロンの記憶を食べた何者かがバイロンに成りすましているのではないか?』という予測が出ていた事もあった。
もしも彼らの言うとおりバイロントロンが同一人物なのだとすれば、城之内や御伽の父親海馬三郎やアクナディン達に並んで高橋和希が言うところの「ろくでなし親父の品評会」にフェイカー共々リストアップされるであろう。特にあまりの過さにアニメではなかった事にされた御伽とは共通点が非常に多く、もしかするとトロンと言うキャラルーツなのかもしれない。でも、こっちの方が色んな意味でヤバい気がするのは気のせい。
まぁWDC編が完結した現在は、トロンバイロンが同一人物である事が明らかとなっているようだが。

そしてWDC決勝戦にてトロンはついに、準決勝でカイトを破ったモンスターNo.69 紋章神コート・オブ・アームズ』の召喚をきっかけに仮面を外し素顔を明かす。仮面の下から現れた素顔は何と、左を中心に顔の左半分が深淵の闇そのものを形成しているという恐るべきハルトに続く公式コラージュ顔であった。
トロンく「復讐心を湛えながらバリアン世界を彷徨っているうちに、このような顔になった」との事だが、一体何があればブラックホールを内蔵した顔ができあがるのか。これもやはり紋章の謎なのか。
(ちなみに左い部分はどうやらトロンの左ではなく仮面パーツだったようで、トロンの顔から溢れる闇のを抑える拘束具のようなものであると推測される。もっとも観客には「ARヴィジョンの演出」としか受け取られなかったようだが。)
この脅威のナンバーズに対し、遊馬アストラルと共にZEXALで対抗し壮絶な攻防を繰り広げた結果、強ZWゼアル・ウェポン)のNo.69を破壊され、敗れる。
決着後、スフィアフィールドへ飲み込まれそうになるところを、身を挺して必死に助け出そうとする遊馬の姿を見たトロンはかつて自分と共に同じ遇に遭った一と重ね、「デュエル復讐具じゃない」という遊馬台詞とフェイカーの策略に嵌められた自分を救出しようとしたかつての一意に気づくと、彼は今日までに奪ってきた人々の魂や記憶と共に息子達3人の魂を解放、「家族への思い」を思い出した事に満足しながら、悟り切った表情でスフィアフィールドへ飲み込まれ消滅していった。

やがて第71話、Dr.フェイカー遊馬達のデュエルが決着後にが崩壊を始める中、フェイカーや遊馬達の前に姿を現すと、残された紋章の遊馬達の身柄をの外の安全な場所まで送り届け救出してみせた。
(この時、フェイカーの一連の謝罪の言葉を受け入れて尚且つフェイカーを「友」と呼んでいる事から、フェイカーが遊馬達とのデュエル中口にした「自分をに嵌めてバリアン界への門を開こうとした意」をスフィアフィールドの中で知った(聞いていた?)ものと思われる。)

上記の一件によってトロン全に死亡(消滅)してしまったかのように思われたが、翌週(第72話)で3人の息子達と共に何事もく登場、遊馬カイトデュエルを見届けると帰っていった。
そしてこの時、息子達3人の本名が判明するのだが、兄弟達の名前はそれぞれ

という。家族の中にⅠとが存在しない(登場しない?)理由があるのかは不明。
また、彼ら一家がそれぞれコードネーム(?)で呼び合っているのも、どうやらDr.フェイカーへの復讐を果たすまでは本名を捨てる、という悲壮な決意であると思われる(56話での、Ⅴの発言より推測)。でも家族以外もいない場所でくらいは、本名や称で呼び合ってもよさそうなもんだが。

また、Dr.フェイカーに対する並々ならぬ復讐心が成せる業なのか、子供のような態度で相手を化したり心理の弱い面を的確に突き回しては相手(息子達をも)を激怒させ、前述の『No.69 紋章神コート・オブ・アームズ』を解放するための糧にしたり人心を握したのち駒として思うがまま利用するなど、歴代シリーズを顧みても屈心理フェイズを得意とする煽りスキルの持ちである。
ちなみに、本来の姿であるバイロン息子達を優しく見守ったり、研究に行き詰まる親友のフェイカーに協してみせるほどの穏やかな人柄で、一と共に互いの子供達を自慢し合える仲でもあった。
WDC編が決着した以降は、こちらの人格に戻ったと見ていいようだ。)

その後舞台バリアン世界との戦いへ移っていき、彼の息子たちが遊馬たちと共にバリアン勢との戦いへ身を投じ、彼らのサポートを行ったのち消滅してしまってもなお長らく姿を見せなかったが、ドン・サウザンドが倒されアストラル世界バリアン世界の互いの未来を賭けた最終局面にてようやく登場。ストーリーが「ZEXAL」へ題されて以来、およそ1年半ぶりの再登場である。
アストラル世界にいる九十九一馬と協して、2つの世界が引き寄せあう事態を紋章ので食い止める事で遊馬ナッシュの最終決戦の行く末を一と共に見守るのだった。
なお、トロン達の持つの紋章のの詳細については結局最後まで明らかにされなかったが。 

余談だが、トロンCVを担当した声優國立幸は「遊戯王5D's」でもスライの役で出演している。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

一般項目

使用するカード

 

掲示板

  • 267ななしのよっしん

    2017/01/20(金) 11:05:47 ID: jkLVx/PNoP

    親友に裏切られた上に心も身体も壊れる位さまよったからああなったってちゃんと明言されてるのにね
    ついでにがやっと家族が元通りになったと思ったのにボロボロだったとも言ってるし
    信者とか脈絡なく言い始めてる時点でお察しだけど

  • 268ななしのよっしん

    2017/03/31(金) 01:41:56 ID: XPQ5C7TpTA

    トロン一家復讐劇をちゃんと観てたら「不安定な家族だなんて描写されてなかった」なんて口が裂けても言えんよなぁ、三兄弟がそれぞれ苦しみながらも父親のために身を削ったのに

  • 269ななしのよっしん

    2017/04/28(金) 12:29:10 ID: lDrrYZmVB2

    最も自分の(破滅の)運命に逆らった人物の一人
    即ち最も遊馬アストラルZEXAL)を追い詰めた人物という事でもある
    アニメ作品「ZEXAL」という神様の手のひら「運命」に最も抗ったとも

    後にデッキパワーに加えてバリアンカオスドローを備えトロン以上にZEXALに抵抗する人物が登場するが
    ドロー創造がければ最強かもしれない強さ
    そして恨、復讐家族という人間臭い魅が好き

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP