ブリーダーズカップ単語

ブリーダーズカップ

4.1千文字の記事
掲示板をみる(47)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ブリーダーズカップBreeders' Cup)とは、米アメリカ合衆国で毎年10月~11月初旬に行われている競馬の一大イベントである。賞総額500ドルの「ブリーダーズカップ・クラシック」を始めとしたG1競走が、2日間の開催で14競走も行われる、アメリカ競馬全体の大一番である。に「BC」の2文字で表されることが多い。

また、ダービースタリオンシリーズプレイヤー生産同士の対戦もブリーダーズカップの名称を用いている(後述)。

概要

1984年アメリカの大手競馬生産者・ゲインズウェイファームの提唱により始まったシリーズで、生産界導の祭典である。アメリカ内の種牡馬所有者に、各種牡馬の種付け料1回分を納付させ、それを賞の資としている。この種付け料納付を行った種牡馬の産駒はブリーダーズカップ登録が優遇される(追加登録料がかからない)ので、種付けをする際および幼駒を売りに出す際のPRにもなる。

すべきは、その1開催におけるG1競走の数である。最初の1984年当時で「クラシック」「ターフ」「ディスタフ(後にレディーズクラシック)」「マイル」「スプリント」「ジュヴェナイル」「ジュヴェナイルフィリーズ」の7つものG1競走がたった1日の中にあるというさは全の、ひいては全世界競馬界の度肝を抜いた。現在ではさらに追加されて14競走となり、格付けもすべてG1。日程も2日間に分割されるまでになった。

施行 競走名 出走条件 施行コース 総賞
6R ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルターフスプリン G1 2歳 芝5.5f(約1,106m) 100万$
7R ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズターフ G1 2歳 芝8f(約1,609m) 100万$
8R ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ G1 2歳 ダート8.5f(約1,710m) 200万$
9R ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルターフ G1 2歳セン 芝8f(約1,609m) 100万$
10R ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル百 G1 2歳セン ダート8.5f(約1,710m) 200万$

以前は1日が中心に構成されていたが、2018年以降は2歳限定の競走を集めたフューチャーズスターズフライデーとして開催されている。

施行 競走名 出走条件 施行コース 総賞
4R ブリーダーズカップ・フィリー&メアプリン G1 3歳以上 ダート7f(約1,408m) 100万$
5R ブリーダーズカップ・ターフプリン G1 3歳以上 芝6.5f(約1,308m) 100万$
6R ブリーダーズカップ・ダートマイル G1 3歳以上 ダート8f(約1,609m) 100万$
7R ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ百 G1 3歳以上 芝10f(約2,012m) 200万$
8R ブリーダーズカップ・スプリン G1 3歳以上 ダート6f(約1,207m) 200万$
9R ブリーダーズカップ・マイル百 G1 3歳以上 芝8f(約1,609m) 200万$
10R ブリーダーズカップ・ディスタフ百 G1 3歳以上 ダート9f(約1,811m) 200万$
11R ブリーダーズカップ・ターフ百 G1 3歳以上 芝12f(約2,414m) 400万$
12R ブリーダーズカップ・クラシック百 G1 3歳以上 ダート10f(約2,012m) 600万$

2日は、いろいろな距離に富んだ構成になっていて、「ターフ」「クラシック」などの注レースも。
2018年以降は3歳以上の競走で構成され、チャンピオンシップサタデーと呼ばれている。
ディスタフ」は一時期、「レディスクラシック」に名称が変更されていたが、2013年より再び「ディスタフ」になった。

もうひとつの大きなシステムが、この競走がアメリカ全土での持ち回り制であることである。つまり開催する年ごとに開催する競馬場が変わるのである。全を飛び越え、1996年にはカナダ競馬場でも開催している。当然ながら開催地によってコースの形状やレース距離なども微妙に変化するが、近年はそれ以上に馬場ダートオールウェザーかの違いも注される。

そしてこの競走はアメリカ外からの挑戦者も多く出走する。特に芝コースで行われるBCターフヨーロッパからの猛者が詰めかける競走として名高い。一方でダートコースの競走には海外組は較的少なく、多くの場合でアメリカ競馬頂上対決になる。

日本からは1996年タイキブリザードBCクラシック挑戦を皮切りに何頭ものが挑んだがいずれも着外に終わっていた。しかし、2021年BCフィリー&メアターフにおいて、ラヴズオンリーユー騎手川田将雅)が初のBC制覇を果たした。また、直後にマルシュロレーヌ騎手・オイシンマーフィー)もBCディスタフを制し、初の日本勢による海外ダートG1制覇を果たしている。

問題点

アメリカ競馬券をかけた一大イベントだが、あまり機しにくくなっている部分も多く見られる。特に持ち回り制に関しては、アメリカ競馬界全体が不況にあえぐ昨今では開催すらできない競馬場が多く、しょっちゅうチャーチルダウンズやサンタアニタパークといった大手の競馬場ばかりが開催している(これはブリーダーズカップを真似日本JBC大井競馬場ばかりで開催されているのと似たような状況ではある)。

そして開催する競馬場が変わると馬場も変化し、ダート馬場オールウェザー素材を採用している競馬場も使われることになる。このオールウェザー馬場は今なお是非が問われる代物で、ダートで強いがあっさり負けるなどから適性が違うとして、これを理由に出走を嫌がる馬主営も少なくない。サンタアニタでは一度採用したものの、はけの悪さから再度ダートに戻しているなど、まだまだ問題は根深い。

そして種牡馬に資を負担させてBC登録に優遇措置を取らせた結果、それに登録のない有(特に外国産馬、またはアメリカ外所属)が追加登録料のために出走をためらいやすくなり、面子が集まりにくくなる弊もあった。この対策のため、アメリカ内外の競走に「ブリーダーズカップチャレンジ」というカテゴリを設け、それらの競走の勝者にブリーダーズカップへの優先出走権を与えるようにした。一応、日本宝塚記念もそのひとつだが、そこからそれを利用して出走したがいないのと同様、他の競走もいまいち機していないのが現状である。
2012年宝塚記念優勝オルフェーヴルも権利はあった。しかし、凱旋門賞へ。当たり前のような感じだが。

BCあれこれ

関連動画

ブリーダーズカップの動画ニコニコ動画上にもかなり多く存在するので、その一部を紹介

BCクラシック

BCターフ

BCディスタフ(旧・レディスクラシック)

BCマイル

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/08(土) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/08(土) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP