藤田菜七子単語

フジタナナコ

2.8千文字の記事
掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

藤田菜七子とは、JRA(日本中央競馬会)に所属する騎手である。

概要

1997年8月9日生まれ、茨城県相馬守谷町(現:守谷)出身。

競馬とは関係のない庭で生まれ、藤田小学校6年生の時にテレビ中継で競馬を見て騎手を志す。

2013年競馬学校第32期生として入学同期生は、荻野極、菊沢一、木巧也、坂井瑠星裕太朗。

卒業後の2016年騎手免許を取得。JRAでは2000年騎手免許を取得した西原玲奈以来16年ぶりとなる女性騎手デビューした。

根本康広厩舎に所属。兄弟子は丸山元気と野中悠太郎の2名で、根本厩舎は現代にいてはしい3人の騎手が所属している状態である。


2016年デビュー2013年引退した牧原貴子以降、JRA所属の女性騎手は不在であったが、藤田デビューで3年ぶりにJRA所属の女性騎手復活した。

JRAではなく地方競馬である川崎競馬場デビューとなり、他の同期騎手よりい実践騎乗となった。初騎乗は川崎競馬第1競走で浦和所属のコンバットダイヤ、2番人気に支持されたものの8着に終わった。

JRAでは3月5日中山競馬第2競走にて所属厩舎のネイチャーポイントで初騎乗。3番人気に推され、勝ちに3/4身差となる2着となり、女性騎手の初騎乗では最高の成績を収めた。

3月20日スプリングステークスでモウカッテルに騎乗し、重賞初騎乗。デビューから14日重賞競走初騎乗と重賞初騎乗記録を大幅に上回った。

3月24日浦和競馬第3競走でアスキーコードに騎乗し、36戦で初勝利。次のレースでも勝利し、JRA所属女性騎手初の1日2勝を挙げた。

4月10日福島競馬第9競走でサニーデイズに騎乗し中央競馬勝利牧原が04年6月20日勝利して以来、約12年ぶりの女性騎手による中央競馬での勝利であった。

8月19日イギリスサンダウンパーク競馬場で実施された「レディーワールドチャンピオンシップ」第13戦に出場。JRA所属の女性騎手としては99年の細江純子以来の参戦であったが、レース前に落し放、競走除外となってしまった。救済措置としてアラブ首長国連邦アブダビ競馬場で行われた「レディーワールドチャンピオンシップ」第15戦にも招待されたが15頭中7着であった。

この年の中央競馬での成績は6勝であったが、中央競馬を盛り上げたとして、師匠根本康広氏と共にJRA特別表の対となり、有馬記念フェスティバルの席上において実施された記念品贈呈式に出席した。


2017年1月21日マカオで開催される「マカオ男女混合ジョッキーズチャレンジ」に、JRA代表として武豊とともに招待され参加。対4レースに騎乗し6チーム中5位となった。また、同日に行われたマカオプリントトロフィー(マカオG3、芝1,200m)で海外重賞初騎乗を果たしたが9頭中9着に終わった。

10月21日新潟競馬第11競走の飛特別でベルモントラハイナに騎乗して勝利し、JRA年間12勝。97年に牧原貴子記録した11勝を抜き、JRA女性騎手の年間最多勝利記録更新した。同時に、JRA女性騎手として初のメイン競走勝利も成し遂げた。

この年は14勝を挙げ、2017年中央競馬騎手年間ホープ賞を受賞した。


2018年1月8日中山競馬第7競走でビックリシタナモーに騎乗して2018年シーズン勝利

6月17日東京競馬第7競走でベルクカッツェに騎乗して勝利。この勝利によりGIレース騎乗条件を満たした。

8月19日新潟競馬第3競走、第7競走でそれぞれ勝利。自身初となるJRAでの1日複数勝利を挙げると、25日、新潟競馬第12競走でセイウンリリシイに騎乗し勝利を収め通算勝利数を35とし、JRA女性騎手最多勝記録更新した。

この年は年間27勝を挙げた。


2019年1月27日、中競馬第4レースでコパノピエールに騎乗して2019年シーズンJRA勝利

2月17日東京競馬第11競争フェブラリーステークスでコパノキッキングに騎乗、JRA所属女性騎手では初めてGIに騎乗となった。距離不安を叫ばれる中、掲示板に残る5着と健闘した。

3月24日、中競馬第11レース高松宮記念スノードラゴンに騎乗するも17着に終わった。スノードラゴンはこれがラストランとなった。

6月30日スウェーデンのブローパーク競馬場で開催される「ウィメンジョッキーワールドカップ」に招待され、他地区の10名の女性騎手たちと、計5レースを戦い、自身の海外競馬勝利を含む2勝を挙げ見事に優勝を果たした。

8月10日イギリスアスコット競馬場で開催されたシャーガーカップ女性選抜の一員として出場するも個人10位タイに終わった。

9月14日には中山競馬で28勝を挙げ、自身の持つ女性騎手年間最多勝記録更新した。

10月2日地方競馬大井競馬場でコパノキッキング東京盃(jpn2)を勝利し、重賞勝利となった。女性では西原玲奈以来2人重賞勝利達成(ただし西原が勝ったのは荒尾競馬霧島賞)、ダートグレード競走では史上初の快挙であった。

そのままコパノキッキングで交流GIであるJBCスプリントに挑んだが惜しくも2着。1着は東京盃で2着だったブルドッグボスだった。

12月8日JRA中山メインレースカペラステークス(GIII)にてコパノキッキング勝利。これにより初のJRA所属女性騎手JRA重賞勝利も果たした(女性初のJRA重賞勝利中山大障害を勝ったロシェルロケット)。

12月15日女性騎手初の通算100勝を達成した。

2020年1月11日中山競馬で今年初勝利。通算101を挙げたことで見習い騎手卒業となった。

その後サウジアラビアでの招待騎手として遠征が予定されるも2020年2月15日小倉競馬にて落による左鎖骨折。遠征は白紙となった。

2020年3月20日中山競馬で1Rで復帰するも初勝利4月11日福島競馬まで待つことになる。

2020年4月25日福島競馬1Rを勝利。これにより女性騎手で初のJRA通算100勝を達成した。

その他

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 17ななしのよっしん

    2022/07/06(水) 23:29:07 ID: /SNjVcxL7F

    まあ文が熱系の報道を出すってのは不倫した時にスクープする前振りみたいなもんだからな

  • 18ななしのよっしん

    2022/07/06(水) 23:51:47 ID: J3NIVtpOwo

    ブルーローズシップで3戦連続大外一気やって勝ち上がりに失敗したから、上手い印が全く

  • 19ななしのよっしん

    2022/07/07(木) 09:00:45 ID: Fi7rw84N1p

    さすが文スキャンダルの出し方が上手い

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/11(木) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/11(木) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP