高松宮記念 単語

280件

タカマツノミヤキネン

4.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

の最速決定戦
高松宮記念
GI中京競馬場・芝1200m


高松宮記念とは日本中央競馬会(JRA)の中京競馬場で開催される4歳以上・芝1200mのGI競走である。
1着本賞金は1億7000万円(2022年現在)。

なお、競輪競艇にも同じ名前レースがあるが、競輪高松宮記念杯競艇では高松宮記念特別競走と言う名でレースが行われている。
またその他のスポーツ競技でも高松宮記念と名の付いた大会等がある。

ここでは競馬レースについて述べる。

曖昧さ回避 この記事では実際の競馬競走について記述しています。
この競走を元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するレースについては
高松宮記念(ウマ娘)」を参照して下さい。

概要

前身は1967年に創設された重賞中京大賞典」。1970年に皇族の高松殿下から優勝杯が下賜された事から、一旦この年で止の上で、翌年1971年レース名を「高松宮杯」として新設する事になった
2000mの別定重賞「高松宮杯」時代は、ハイセイコーフジパーシアトウショウボーイオグリキャップといったスターホースが数多く出走する中京競馬場最大のレース八大競走・十大競走+中山大障害と並んで全発売競走であった。また当時の良血一族の代表である「麗なる一族」に縁があることでも知られ、イットー、ハギノトップレディハギノカムイオーがこのレースを制している。1984年グレード制導入時にはGIIの格付けが与えられた。その後、1990年代にもダイタクヘリオスナイスネイチャマチカネタンホイザダイイチルビーダイユウサクウイニングチケットヒシアマゾンなどといったスターホースがこのレースで戦った。

やがて稀代のスプリント王・サクラバクシンオーの活躍によりスプリント競走充実の気運が高まったことから、1996年GIに格上同時に1200mに短縮され、1998年から現名称「高松宮記念」に称された[1]
なお、GIに昇格した当初の5月の時期は3歳上(旧4歳以上)も出走可だったが、3歳は出走することはかった。(夏競馬2000mの時期は3歳の出走はあった)

ちなみにGI昇格前は旧・高松宮杯と同じGII・芝1200mで開催されていたCBC賞があり、施行条件的にはCBC賞GIに格上げしたものとも見て取れるが、レースの格などの観点から高松宮杯の施行条件をCBC賞と同一のものに変更して昇格する運びとなった。同時にCBC賞11月開催に変更、またGIIIハンデ戦であった金鯱賞が旧・高松宮杯の施行条件を引き継ぐこととなった。また夏競馬の一大レースの意味合いは札幌記念に受け継がれる形となっている。

当初は6月下旬から7月上旬に行われ、GI格上げ時に5月に移動、2000年に短距離路線の革が行われ、現在では3月下旬に行われる。このレースを皮切りに、GI戦線が開幕する。
また、グロバル・スプリント・チャレンジの第3戦に定されている。しかし外の参戦は時折香港が参戦する程度(同じ時期、というかほぼ前日に、UAEドバイにて第2戦「アルクオーツスプリント(芝1200m)」が行われるから)。[2]

なお、2010年4月2012年1月まで中京競馬場修工事が行われたため、2011年阪神競馬場で開催された。

2020年新型コロナウイルス無観客で行われた。大戦中の時には無観客はあったが戦後になりJRAとなってからはGIレースとしては初の出来事となった。
当初は生ファンファーレが予定されていたが、関係者以外入れなくなりCDに変更になった。
レースではハナ差で1位入線した和田竜二騎乗のクリノガウディーが、残り100m付近で2位入線のモズスーパーフレア、4位入線のダイアトニックの進路を妨したとして、4着に降着になりモズスーパーフレア1位繰り上げ、江田照男以来となる繰り上がりでのGI初制覇となるなど様々な記録が残った。
余談になるが勝利騎手インタビュー新型コロナウイルスの感染対策により、記者すら近づかない形で行われた。インタビューの様子(日刊スポーツ記者のTwitterアカウントより)exit

中京競馬場は、ローカル場で一年間を通じてGIレース(高松宮記念・チャンピオンズカップ)が行われており、中でもこの高松宮記念は、発走前のファンファーレの生演奏が聞こえないほどの盛り上がりを見せる。
GI昇格後初の演奏が妙に下手だったことでも知られている(下記動画を参照)。

主な前走・前哨戦

競走名 格付 施行競馬場 施行距離 間隔 優先出走権
シルクロードステークス GIII 京都競馬場 1200m 8週
阪急杯 GIII 阪神競馬場 1400m 4週 1着
オーシャンステークス GIII 中山競馬場 1200m 3週 1着

歴代優勝馬

  • 回数についているリンククリックすると該当する動画に飛びます。
  • 齢表記は現行表記に統一。
  • 競走名は第1回から第27回まで「高松宮杯」第28回以降は「高松宮記念」。
回数 開催日 競馬場 距離 優勝 性齢 所属 勝利騎手 勝ち時計
第54回exit_nicovideo 2024年3月24日 中京 1200m マッドクール 5 JRA 坂井瑠星 1:08.9
第53回exit_nicovideo 2023年3月26日 中京 1200m ファストフォース 7 JRA 団野大成 1:11.5
第52回exit_nicovideo 2022年3月27日 中京 1200m ナランフレグ 6 JRA 丸田恭介 1:08.3
第51回exit_nicovideo 2021年3月28日 中京 1200m ダノンスマッシュ 6 JRA 川田将雅 1:09.2
第50回exit_nicovideo 2020年3月29日 中京 1200m モズスーパーフレア[3] 5 JRA 1:08.7
第49回exit_nicovideo 2019年3月24日 中京 1200m ミスターメロディ 4 JRA 福永祐一 1:07.3
第48回exit_nicovideo 2018年3月25日 中京 1200m ファインニードル 5 JRA 川田将雅 1:08.5
第47回exit_nicovideo 2017年3月26日 中京 1200m セイウンコウセイ 4 JRA 幸英明 1:08.7
第46回exit_nicovideo 2016年3月27日 中京 1200m ビッグアーサー 5 JRA 福永祐一 R1:06.7
第45回exit_nicovideo 2015年3月29日 中京 1200m エアロヴェロシティ 騸7 香港 Z.バートン 1:08.5
第44回exit_nicovideo 2014年3月30日 中京 1200m コパノリチャード 4 JRA M.デムーロ 1:12.2
第43回exit_nicovideo 2013年3月24日 中京 1200m ロードカナロア 5 JRA 岩田康誠 1:08.1
第42回 2012年3月25日 中京 1200m カレンチャン 5 JRA 池添謙一 1:10.3
第41回exit_nicovideo 2011年3月27日 阪神 1200m キンシャサノキセキ 8 JRA U.リスポリ 1:07.9
第40回 2010年3月28日 中京 1200m キンシャサノキセキ 7 JRA 四位洋文 1:08.6
第39回 2009年3月29日 中京 1200m ローレルゲレイロ 5 JRA 藤田伸二 1:08.0
第38回exit_nicovideo 2008年3月30日 中京 1200m ファイングレイ 4 JRA 幸英明 1.07.1
第37回exit_nicovideo 2007年3月25日 中京 1200m スズカフェニックス 4 JRA 武豊 1:08.9
第36回exit_nicovideo 2006年3月26日 中京 1200m オレハマッテルゼ 5 JRA 柴田善臣 1:08.0
第35回exit_nicovideo 2005年3月27日 中京 1200m アドマイヤマックス 5 JRA 武豊 1:08.4
第34回exit_nicovideo 2004年3月28日 中京 1200m サニングデール 5 JRA 福永祐一 1:07.9
第33回exit_nicovideo 2003年3月24日 中京 1200m ビリーヴ 5 JRA 安藤勝己 1:08.1
第32回exit_nicovideo 2002年3月25日 中京 1200m ショウナンカンプ 4 JRA 藤田伸二 1:08.4
第31回exit_nicovideo 2001年3月28日 中京 1200m トロットスター 5 JRA 蛯名正義 1:08.4
第30回exit_nicovideo 2000年3月26日 中京 1200m キングヘイロー 5 JRA 柴田善臣 1:08.6
第29回exit_nicovideo 1999年5月23日 中京 1200m マサラッキ 6 JRA 藤田伸二 1:08.0
第28回exit_nicovideo 1998年5月24日 中京 1200m シンコウフォレス 5 JRA 四位洋文 1:09.1
第27回exit_nicovideo 1997年5月18日 中京 1200m シンコウキング 6 JRA 岡部幸雄 1:08.0
第26回exit_nicovideo 1996年5月19日 中京 1200m フラワーパーク 4 JRA 田原成貴 1:07.4
1996年(第26回)よりGIIからGIに昇格
第25回exit_nicovideo 1995年7月9日 中京 2000m マチカネタンホイザ 6 JRA 柴田善臣 2:02.6
第24回exit_nicovideo 1994年7月10日 中京 2000m ナイスネイチャ 6 JRA 松永 2:00.7
第23回 1993年7月11日 京都 2000m ロンシャンボーイ 4 JRA 清山 1:59.0
第22回 1992年7月12日 中京 2000m ミスタースペイン 4 JRA 石橋 2:00.6
第21回exit_nicovideo 1991年7月7日 中京 2000m ダイタクヘリオス 4 JRA 加用正 1:59.4
第20回 1990年7月8日 中京 2000m バンブーメモリー 5 JRA 武豊 1:59.4
第19回 1989年7月9日 中京 2000m メジロアルダン 4 JRA 河内洋 1:58.9
第18回exit 1988年7月10日 中京 2000m オグリキャップ 3 JRA 河内洋 R1:59.0
第17回 1987年7月12日 中京 2000m ランドリュウ 5 JRA 村本善之 1:59.8
第16回 1986年6月22日 中京 2000m ラグビーボール 3 JRA 河内洋 2:01.3
第15回exit 1985年6月23日 中京 2000m メジロモンスニー 5 JRA 清水英次 2:03.5
第14回 1984年6月24日 中京 2000m キョウエイレア 5 JRA 田島信行 2:03.9
1984年(第14回)よりグレード制導入。GIIに格付け
第13回 1983年6月26日 中京 2000m ハギノカムイオー 4 JRA 伊藤清章 2:01.1
第12回 1982年6月27日 中京 2000m カズシゲ 5 JRA 田原成貴 2:00.5
第11回exit 1981年6月28日 中京 2000m ハギノトップレディ 4 JRA 伊藤清章 2:01.8
第10回 1980年6月22日 中京 2000m リンドプルバン 4 JRA 田原成貴 2:01.1
第9回 1979年6月24日 阪神 2000m ネーハイジェット 3 JRA 松本善登 1:59.8
第8回 1978年6月25日 中京 2000m ヤマニンゴロー 4 JRA 古川 2:03.2
第7回 1977年6月26日 中京 2000m トウショウボーイ 4 JRA 武邦彦 2:03.8
第6回 1976年6月27日 中京 2000m フジパーシア 5 JRA 大崎昭一 2:01.3
第5回 1975年6月22日 中京 2000m イットー 4 JRA 簗田善則 2:00.2
第4回 1974年6月23日 中京 2000m ハイセイコー 4 JRA 増沢末夫 2:00.4
第3回 1973年6月24日 中京 2000m タケデンバード 4 JRA 2:01.0
第2回 1972年6月25日 中京 2000m ジョセツ 5 JRA 岡部幸雄 2:01.8
第1回 1971年6月27日 中京 2000m シュンサクオー 5 JRA 飯田 2:00.1

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *称された後も古参競馬ファンからは呂の良さからか「宮杯」と呼ぶ人が多い。
  2. *なおシリーズ2018年を最後に休止となり行われていない。
  3. *クリノガウディー1位入線後4位降着による繰り上がり。
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP