今注目のニュース
「臨時休校」でスーパー「ライフ」営業時間短縮 大手百貨店は休業決定も
「機動戦士ガンダム」ザクIIのヒートホークがペーパーナイフになって登場
エイトブリッジ“別府ちゃん”、収録中におしっこ漏らす

Dragonborn単語

ドラゴンボーン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(35)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
曖昧さ回避 この記事はDLCについて書かれています。
者・およびゲーム主人公については「ドラゴンボーン」を参照。
ゲーム本体については「Skyrim」を参照。
TES関連項目 帝国軍からのお知らせ】
帝国は常に「The Elder Scrolls」関係の項を探している。
その気があるなら「TESシリーズの関連項目一覧」に行け。

"You didn't think that you were the only one?"
(まさか自分だけが特別だとでも?)

"He was the first...Dragonborn!"
(は最初の…最初のドラゴンボーンだった)

 

Dragonborn(ドラゴンボーン)とは、Bethesda Softworks販売のRPGThe Elder Scrolls Ⅴ: Skyrim」の第三弾ダウンロードコンテンツである。

Xbox360海外版は2012年12月4日に、Xbox360日本語版は2012年12月21日に、PC英語版2013年2月5日に、PS3英語版2013年2月12日に、PC日本語版は2013年2月25日に配信された。PS3日本語版は、「Dawnguard」「Hearthfire」と共に2013年3月19日に一斉に配信された。なおPS3日本語版に関しては配信から半年間は半額提供される。

概要

ある日、ドヴァキンは町中で奇妙な仮面をつけた不審な人物達に襲われる。

彼らが「ミラーク」なる人物を崇拝し、「ソルスセイム」から来た狂信者だということを知ったドヴァキンは、自らの命を狙われた理由を知るため、件のへと向かったのだった……。

Skyrimの第3弾DLCにして、新たなエリアソルスセイム」を舞台とした大セット
タムリエル支配のため現世への復活を企んでいる最初のドラゴンボーンミラーク」と、最後のドラゴンボーンであるTES5主人公によるドラゴンボーン同士の戦いを描く。

DLCを導入し、スカイリム本編メインクエスト「創始者の」を開始すると、本DLCメインクエストが発生。
ランダムに立ち寄った町中で、奇妙な仮面をつけた二人組の狂信者が襲いかかってくる。それを返り討ちにして死体からメモを拾うとクエストが開始され、ウィンヘルムの港に新しく追加された船に乗ることでソルスセイムに行けるようになる。

なお、今作の舞台となるソルスセイムは、モロウウィンド側の領地である。
第4紀のはじめに発生したレッドマウンテンの噴火により、壊滅的な被害を受けたモロウウィンドの住民達を救済するため、当時のスカイリム上級王からモロウウィンドに譲渡された。
そのため住民の暮らす場所はスカイリムモロウウィンドの両方の文化があらわれている。

なおソルスセイムは、過去作となる「TES3:BloodMoon」においても登場しており、ネレヴァリンTES3主人公)が訪れたこともある。「BloodMoon」においては、スカイリム領土だった第3紀のソルスセイムを見ることができる。

主な登場人物

ミラーク】
最初のドラゴンボーンと言われている男。かつてはドラゴンに仕えたドラゴンプリーストであったが、ある時突然反旗を翻し、ドラゴンを殺し始めたという。
既に死んだものと思われていたが、実は異間で生きながらえており、強大なと共に現世に帰還しようとしている。ドヴァキンミラークの帰還を阻止するために戦うことになる。
これまでは、帝国を築いた第1紀の女アレシア」が最古のドラゴンボーンとされてきたが、ミラークの登場により、ドラゴンボーン歴史神話時代(Merethic Era)へとさらに遡ることが明らかになった。
ハルメアス・モラ
を誇るデイドラプリンスのうちの一柱。
オブリビオンに「アポクリファ」という、限の書物を擁する自身の領域を持つ。知識をデイドラであり、自分の知らない知識を収集する事に恐るべき執着を見せる。
スカイリム本編では禁断の智の書「オグマインフィニウム」をドヴァキンに授け「Dragonborn」のメインクエストでは、ミラークを追い詰めるためにハルメアス・モラを借りることとなる。
なお、本編において出現するハルメアス・モラの姿は、Skyrim本体のみだとエネルギー状の塊でしかないが、「Dragonborn」を導入した状態で進めるとの姿を露にする。漆黒触手数の集合した、異形としか言いようのないおぞましい姿である。
【フリア
ソルスセイムに暮らすスコール族(独自の信仰を持つノルド)の女戦士
自らの住む村人達にミラークによる洗脳の影が出た為、解決策をめてミラークの殿に行った所で主人公と遭遇。事件を解決するために共闘する事となる。
トラップを見つけると主人公に先に行くよう促すなど、結構ちゃっかりした性格。二刀流魔法を使いこなし、コンパニオンとなるNPCの中でも最強の部類に入る。
【峰歩きのストルン】
ソルスセイムに暮らすスコール族(独自の信仰を持つノルド)の呪術師。フリア
自らの住む村人達にミラークによる洗脳の影が出始めたのを食い止めながら、ドヴァキンミラークの帰還を阻止するよう依頼してくる。
一族に関する様々な秘密を知っている為、知識の悪魔たるハルメアス・モラに魂を狙われている。
テルリンセロ
ソルスセイム一の町「レイヴンロック」の場で雇えるダンマーの傭兵
自称「モロウウィンド一の傭兵」は伊達ではなく、フリアと並んで最強補の一に入る。
最初こそで雇われるが、二回以降は「良いが出来たからはいらない」と言って無料仲間になってくれるナイスガイ
稼業によってタムリエル中をしており、彼を連れてスカイリムに戻ってあちこち連れ回すと、思いもかけない思い出話をしてくれる。
ネロス】
巨大なキノコに住むダンマー(ダークエルフ)の魔術師モロウウィンドの名・五大家のひとつ、テルヴァンマスターイザード
召使いの命よりも自分の研究の方が大事という傲不遜な性格ではあるが、ミラークを追う過程で必要となる『の書』入手にを貸してくれる。ついでにドヴァキンを使った人体実験も。

主な追加アイテム

【スタルリム
高い硬度を誇る魔法の氷。
檀に似た性質を持っており「檀の鍛造術」を習得していれば「スタルリムの~」とついた武器や防具を一式作成できる。採掘には特殊なつるはし古代ノルドつるはし)が必要。
【ボーンモールド】
の粉と脂から作られる防具シリーズゲーム内では「削の~」と表記される。
作られる防具は黄色甲殻類っぽい。ソルスセイム衛兵が装備しているのはこのシリーズ
作中に登場する小説によると、その由来についてはホラーじみた謂れがあるようだ。
【キチン】
ソルスセイムに生息するバッタに似た生き物アッシュホッパー」の外格。
これを加工すると、甲殻類のようない防具を作成することができる。残念ながら装備しても蟹光線を放つことはできない。
ノルディック
ノルドの~」とついた装備シリーズ
武器から防具まで一式存在し、古代ノルドの遺跡の装飾を思わせるようなデザインが施されている。ドラグルなどが装備している「古代ノルドシリーズとは別物。
「Dragonborn」導入後はスカイリム各地に湧いて出る山賊・盗賊のリーダー格が装備していることがあるため、手に入れたい場合はいちいち作るより倒して剥ぎとった方がいかもしれない。
【リークリングの
ゴブリンに似た原住生物・リークリングが装備していた
ゲーム配信前はドヴァキンを装備できるようになるものかと思われたが、実際には矢として使えるだけである。
の書】
ハルメアス・モラの支配するオブリビオンの領域「アポクリファ」へのとなっている書物。
一冊一冊がアポクリファのダンジョンに繋がっており、そのダンジョンの一番に置かれているの書を読むことで様々なご利益を得られる。の書を読むことも実績・トロフィーの一つ。
定命の者がこれを読むと漏れなく発狂する、SAN値直葬仕様
の書はソルスセイムにいくつもあり、シャウトを強化できる書、デイドラを呼べる書、パワーを追加する書……など、どれも得られるご利益の内容と選択肢が異なっているので、どんなご利益を得たいかはプレイヤーの選択次第である。
ちなみにの書のひとつ『白日夢』はPerkの振り直しができるという優れもの。
ただし振り直しにも元に戻すにもドラゴンソウルをそれぞれ1つ消費することになる。
ウェアウルフ指輪
今作では「Dawnguard」に加えてさらにウェアウルフを強化することができる。
ある場所の狩人たちを訪ねて指輪を購入すると、ウェアウルフ変身時にが追加される。
なお、その場所にいる狩人全員ウェアウルフであるため、ウェアウルフを持っていない状態で行くと相手にされない。それどころかすぐに離れないと敵対されてしまう。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/29(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/29(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP