今注目のニュース
「嬲る」←漢字「男」を構成に含む難読漢字4選!
輪っかになったヘビ、餌と間違えて自分の尾を飲み込む(米)<動画あり>
美人コスプレイヤー岩瀬唯奈が『リゼロ』レムのセクシーバニーガール姿で登場…夏コミケC96二日目フォトレポート【写真46枚】

Halo 4単語

ヘイローフォー

掲示板をみる(252)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

覚めよ、チーフ。古(いにしえ)との運命の戦いが始まる。

 『Halo 4』とは、2012年11月8日マイクロソフトから発売されたXbox360用のゲームソフトである。

概要

『Halo 4』は2007年に発売した『Halo 3』の直接的な続編となっており、本作から始まる3部作はヘイローを管理する者リクレイマーの名が冠せられた“Reclaimer Trilogy(リクレイマー・トリロジー)”と呼ばれている。

『Halo 4』の物語は、Haloオリジナル・トリロジーHalo: Combat EvolvedHalo 2Halo 3)の主人公マスターチーフことJohn-117行方不明となった『Halo 3』のラストから繋がっている。
(『Halo 3』を難易度レジェンドクリアした際に見ることができるエンディングでは、彼らが乗ったフリゲート艦『Forward Unto Dawn』が惑星に引き寄せられる様子が確認できる。)

に包まれた惑星レクイエム” に降り立ったマスターチーフを待ち受ける、復讐にとらわれた悪意の存在と想像を絶するテクノロジー。それは人類と全宇宙の運命が再び翻弄される新たな戦いの始まりだった。

登場人物

マスターチーフ(Master Chief Petty Officer John-117)

CV小山力也

HALOシリーズ(ReachやHalo Warsなどの外伝を除いて)の主人公であり、本作の主人公である。本名はジョン
6歳の頃UNSCに誘拐され、さまざまな訓練や法外の人改造手術を受け『スパルタン-』の一員となる。

その後人類-コブナント戦争覚ましい戦果を揚げ、エリート族のアービターとともに戦争を終結させ、伝説英雄となった。しかしアークからの脱出の際、アービターとは別々となってしまい宇宙の果てを戦艦の残骸の中でコルタナと 共に漂流することとなり、コールスリープへと入ることとなる。

そして、HALO3エンディングから約4年の日が経ち、船の残骸の中に何者かが入ったことにコルタナは気づき、チーフを起こすこととなる。

その後、チーフは船の残骸ごとダイソン球である“レクイエム”に吸い込まれ、に満ちたこの惑星を探索していくこととなる。

コルタナ(UNSC AI number 0452-9,Cortana)

CV藤村歩

UNSC高性AIで、そのAIのなかでも“創造性”にも優れる〝利口〟なAIの1人である。
〝利口〟なAIは他のAIべて知識や創造性は、制限なく成長させることが可となっている。
AIは自らの姿をホログラムで表示することができ、その姿はそのAI自身が好んでいるもので表示しているようである。 コルタナは、女性の姿をしている。

コルタナは、スパルタン-計画の中心人物であるハルゼイ博士クローンから作られており、ある意味ハルゼイの分身とも言えよう。
彼女はとある作戦で、一緒に行動するスパルタンを選ぶこととなり、マスターチーフことJhon-117を選んだ。
彼女く、彼はほかのどのスパルタンよりも大きな勇気を持っておりもっとも運に恵まれているからという理由で選んだようだ。実際彼は、リーチでの戦いが終わった時点で一生き残っている(本当はほかにも生きているスパルタンはいるのだが行方不明という扱いを受けている)スパルタンなので本当に運に恵まれているかもしれない。

彼女は初代ヘイローから常にチーフと共に行動していたが、コブナントの本拠地のハイチリティに突入した際、単身残ることになり、フラッドのグレイマインドに苦しめられることになる。その後彼女チーフによって助けられ、フラッドを不全なヘイローを起動させることにより殲滅した。

その後チーフと同じく、宇宙を漂流し、“レクイエム”に吸い込まれチーフとともに捜索していくこととなる。
『八年前、私は稼働し始めた。(I was put into service eight years ago.』
AIたちは7年から退化する。(AIs deteriorate after seven.)』

E3プレイ動画入りのトレーラーの最後の方で、コルタナが述べているセリフである。
前述したとおり、彼女は制限なく知識を貯めることができ創造もできる。しかし、その代価に年が経っていくにつれ   自己干渉をするようになり、正常に作動をしなくなる。そのため、普通AIは7年経つと‘死ぬ’ことになる。
しかしコルタナはもう稼働し始めてもう8年に突入している。そのため、リクレイマー・トロリジーではコルタナの寿命についても深く関係してくるだろう。

コヴナント(Covenant Empire)

宗教的な関係で異人間で同盟が結ばれた団体、別名コヴナント帝国である。

彼らはフォアランナーのことをと信仰し、なるリング、いわゆるヘイローを起動することで〝大いなる立ち〟が  成就すると信じている。この預言は、コヴナント最上位を占めているプロフェッツ族の預言者によって広められ、それを信じた同盟者たちはなにがなんでもHALO起動しようとした。

しかし、エリート族のアービターであるゼル・ヴァダムが任務を通じてHALO真実を知るとエリートハンターの大多数は同盟から抜け出し、人類と共同戦線をることとなる。グラントもエリートと共に抜け出そうとしたがブルートに言いくるめられ残ることとなる。

その同時期、本拠地のハイチリティグレイマインドを筆頭とするフラッド達によって占拠されることとなる。
その際生き残った者たちは戦艦に乗り込み、全てのHALOを起動することができるアークへいくため、そこへ移動することができるポータルがある地球へ攻撃してくることとなった。

そして預言者アークHALOを起動しようとする直前に、アービターエナジーソードで殺され、事実上コヴナント帝国は崩壊することとなった。

コヴナント崩壊後、反乱を起こしたアービター側のエリートと、生き残ったコヴナントは内乱へと移っていくこととなる。HALO4ででてくるコブナントは、どちらかの勢か分からないがいままでとは姿が異なっており、このどちらかにも属さない新たな勢かもしれない。

以下軽くネタバレ
Halo4で登場するコブナントは〝storm〟コヴナントと呼ばれ、今だ預言者の〝大いなる立ち〟を信じている少数で、反対勢と対抗するために〝レクイエム〟に隠された『何か』を探すために来ている。

フォアランナー(Forerunner)

フォアランナーは約十万年前まで全銀河を支配していた種族である。
知られていることは少ないが、コブナントを大きく上回る技術や文化を持っていることが知られている。
とても強な種族で、フォアランナーよりも技術が上と言われたプリカーサーを絶滅させるまでのを持っていた。

旧人類も15万年前まではフォアランナーと同じ技術を持っていたが、フラッドに遭遇し遺伝子レベルでの対策でフラッドを一時的に殲滅することに成功するが、多大な被害を受けたので別銀河のフォアランナーを攻撃して今までの繁栄を取り戻そうとした。しかしフォアランナーのの前では抵抗もできず、石器時代前まで「解体」された。
この時、フォアランナーはなぜ旧人類が攻撃をしてきたかがわからなかった。その9000年後、フォアランナーはフラッドの侵略に見舞われることになる。千年近くまでフラッドとの戦争は続き、フォアランナーのすべての技術をもってしても抑えることはできなかった。

そして彼らがとった最終手段がHALOの起動である。もはやフラッドを絶滅させるためには、フラッドの“餌”となる知的生命体を消すしかなかったのだ。彼らは後の知的生命体にフラッドの対策のためにフラッドの胞子をサンプルとして各HALOに残し、HALOを起動して絶滅した。

HALO4ではフォアランナーが創造したと思われる“レクイエム”を探索していくので、前3部作以上にフォアランナーが関係してくるようだ。

プロメシアン(Promethean)

プロメシアンは、フォアランナーの社会の中で2番の地位であるWarrior-Servantの中でもっとも高で崇め立てられていた団体である。後述するダイダクトもプロメシアンの一員である。

彼らは、約4メートルの高さと800~1000キロの体重で手で人間の頭がいを粉砕するほどのを持っている。
要するに、フォアランナーのスパルタンということだろう。

初代ヘイローリメイクでもギルティスパークはターミナルで

『ああ、でもここにプロメシアンの一部隊でもいてくれたら 彼らなら、この事態を解決してくれるでしょうに もっとも…』

『そうなれば「彼」も一緒でしょうから あの怒りを静められるライブラリアンがいなければ…』

リクレイマーにとってはフラッドよりも厄介な敵になるかもしれません』

これは、アルファヘイローでの人類とコヴナントの戦いはプロメシアン1部隊で解決できるということである。

HALO4では、プロメシアン本人ではなく、プロメシアンの名が入っているAIPromethean Knights、 Promethean WatcherPromethean Crawlerの登場が判明している。これらのAI兵器プロメシアンとの間にどのような関係があるかは不明である。

まだ判明してないが今作で関わってくる可能性がある人物

ダイダクト(Didact)

ダイダクトは、フォアランナー軍の最高官として知られており、高い地位を持っていた人物である。詳細なことは分かっていない。彼は人類-フォアランナー戦争で名を上げ、地位を上げることとなった。フォアランナーの科学者、ライブラリアンとは人関係にあった。

フラッドとの戦争のさなか、フォアランナーは彼らを絶滅させるためHALOを作るという考えに至ったが、ダイダクトはHALOの使用に反対していた。彼はフラッドの猛威を止めるため最前線で戦闘を繰り広げるが、フォアランナーのAI
メディカントバイアス〟の裏切りにあうなどしてHALOの起動を余儀なくされた。そしてHALOを起動し、多くの知的生命体と自らの種族を犠牲にしてフラッドとの銀河をめぐる戦争に終止符を打った。

HALO4の実写ムービーでは、UNSCインフィニティーのPCダイダクトに似たマークが映り船が制御不能になったり、E3プレイ動画の最後のあたりで

『長い間この時を待ちわびていたぞ、リクレイマー(I have long dreamt of this day,Reclaimer.)』

が聞こえてくる場面で『古代悪魔覚め(AN ANCIENT EVIL AWAKENS)』の後ろでもダイダクトに似たマークが映っている。しかし、本物のダイダクトのマークとは少しだけだが違っていたり、色がではなくだったり少し異なっている。

マルチプレイについて

今作のマルチプレイは、Halo4本編でも物語に関わってくるとされるUNSC Infinityを中心に展開される。
この約5.6キロもの大きさを誇る船は、約20年の日をかけ、コブナントとの戦争最後の切り札として利用されるはずだったが、戦争が終了しその必要はなくなった。

その後、この船は1万7千人の船員と共に、フォアランナーの技術解析のため宇宙立つこととなる。
しかし惑星レクイエム”へ近づいたとき、船は何者かに制御を奪われダイソン球の中へ吸い込まれることとなる。 

War Game 

UNSC Infinityは、スパルタン-演習施設としても利用されている。戦後、生き残っていたスパルタン-はその他の志願兵と共にスパルタン-へと移り変わった。

War Gameではスパルタン-は、仮想現実の中で戦闘シミュレーションという形で他のスパルタンと共に自らのスキルを争っていくこととなる。

Halo:reachの頃にも、ロードアウト(自分で使いたい武器を選ぶ)は存在していたが今作ではさらにが深くなっているらしく、武器の選択だけではなく、追加弾薬などの細かな部分も変更することが可となっている。
モードInfinity Slayer」ではマップ上にランダムに武器が支給されるOrdinance DropOrdinanceメーターと呼ばれるさまざまなメダルkilling spreeやアシストなど)でポイントをためることで、武器やグレネード、追加オーバーシールドなど)の3種のうちから1つを要請できるシステムも追加される。

Spartan Ops

最大4人プレイヤーで行われるco-opモードである。プレイヤーはUNSC Infinityのスパルタン-としてさまざまなミッションをこなしていくこととなる。ソロでやることも可
またフレンドがいなくても、マッチメイキングによって複数人で気軽にプレイすることが可になるようだ。

このモードステージ配信で、毎週1エピソード(5つのミッション)が配信され1ミッションあたりのプレイ時間は15~20分あたり、1シーズン50ミッションを配信との予定。開発者が1stシーズンとして言及していたため、2nd3rdシーズンというように続いていく可性がある。
Halo:reachHalo3:ODSTco-opモードと存在していたファイアファイトストーリー展開が皆無だったが、スパルタンオプスには1エピソードごとにCGIムービーが存在し、本編とは異なるもう一つのキャンペーンとしても楽しむことが可だとのこと。

物語時系列としては、Halo4の本編キャンペーンから約6か後ということが開発者の発言から判明している。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/17(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/17(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP