Rise of the Ronin 単語

352件

ライズオブローニン

3.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Rise of the Roninとは、2024年3月22日に発売されたゲームである。通常版はCERO:Dで、Z VersionCERO:Z。

概要

ゲーム情報
ジャンル アクション
アドベンチャー
開発 Team NINJA
販売元 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
機種 PS5
発売日
配信日
2024年3月22日
価格 通常版:¥ 8,980
デジタルデラックス版:¥ 9980
その他 --
ゲームソフトテンプレート

仁王』や『NINJA GAIDEN』で知られるTeam NINJAが贈る戦闘重視のオープンワールドアクションRPG

幕末日本舞台に名もなき浪人となって、和と洋が入り混じる19世紀後半の世界疑似体験しつつ歴史に介入する。

主人公は「隠し」という二人一組のユニットに属していて、ゲームを開始時にまず隠しの二人をそれぞれキャラクタークリエイトデザインし、途中で一人をメイン主人公として選択することになる。選ばなかったほうは「の手の」となって歴史の裏で暗躍する。

プレイヤー幕末に活躍した歴史上の重要人物と様々な形で出会うことになる。坂本龍馬桂小五郎吉田松陰勝海舟などのメジャーどころから、千葉佐那やアーネスト・サトウ、楠本イネなどのマニアックなところまで、かなり雑多。

舞台は大きく分けて、横浜江戸京都の三都市

オープンワールドながらミッション制を導入しているため、ミッション中はその地域の内容が変化する。

銃器などの武器に複数の流パリィなどを駆使する深くごたえのあるアクションが満載。特に流武器にはそれぞれ相性があり、敵に合わせて柔軟にスタイルを変えるのが肝となる。Z Versionだと首がポロポロとれる。

戦闘時はスタミナを消費することなく走り続けられる。

坂本龍馬からもらう懐中時計をいじることで変化する。

美しく描写された世界や鉤縄、そして開発がもっとも期待する移動手段だという独創的な滑装置「機流(あびきる)」などを用いて探索するのも楽しみの一つ。

オンラインは最大三人のマルチで、PlayStation Plusに加入する必要があり、PVPはない。

Team NINJA製だけあって死にゲーライクな点も多いが、難易度の選択は可

フリーシナリオではないため、当初喧伝されていた「ストーリーの変化」や「自分だけの幕末」というのは少々誇大広告感があり、発売時期からするとグラフィック微妙だが、実在した人物と交流を深めながら幕末を生き抜いていくストーリー日本人からしたら相当面く、限りなくストレスフリーデザインと充実したキャラクタークリエイトなどもあり高評価を獲得している。

を行ったり来たりする主人公とそれを思いのほか柔軟に受け入れる各勢が突っ込まれがちだが、事実上の相棒である坂本龍馬が実際そんな感じだったのでこれに関しては史実通りなのだろう。

あらすじ

ペリー暗殺と密書の奪取を命じられた主人公は、密書を手に入れるも、青鬼というびの襲撃を受け、片割れと生き別れてしまい、幕府からの報復で故郷と師も失う。

何にも縛られぬ浪人となった主人公は、片割れとの再会を見てに出る。

そのの中で時を同じくして台頭、あるいは頭を現してきた幕末生きる革新的な人物たちと因縁を紡いでゆく。

用語・システムなど

関連動画

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/27(月) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/27(月) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP