単語記事: 魔法少女おりこ☆マギカ

編集

魔法少女おりこ☆マギカ』とは、カオス童話的東方同人誌でおなじみのムラ江による、『魔法少女まどか☆マギカ』の外伝となる漫画作品である。
魔法少女おりこ☆マギカ本編は、「まんがタイムきららフォワード」誌上で連載された『魔法少女かずみ☆マギカ』と違い、『魔法少女まどか☆マギカ』と同じく描き下ろし単行本のみでの発売された。

現在刊行中のシリーズ単行本は、全2巻+別編1巻。新約1巻。以下、続刊。

概要

魔法少女まどか☆マギカ』の登場人物を、アニメとは別の視点から描いた作品となっており、新キャラクター3人を加えたオリジナルストーリーとなっている。

第1巻は本来のアニメ放送終了後となる2011年4月12日に発売予定だったが、アニメ放送の延期に伴い発売日も延期されることが発表され[1]、ちょうど1ヶ後の同年5月12日に発売された。
第2巻は更にその1ヶ後、同年6月13日に発売された。

また、翌年の2012年まんがタイムきらら☆マギカ」のVol.2~3において、呉キリカ主人公とした短編『魔法少女おりこ☆マギカ~noisy citrine~』前後編が掲載。2013年発売の「まんがタイムきらら☆マギカ」のVol.5~7において、まどかの事を織莉子が予知していなかった時間軸での織莉子物語である『魔法少女おりこ☆マギカsymmetry diamond~』が連載された。
 これら外伝は同年9月12日に『魔法少女おりこ☆マギカ~noisy citrine~』と、『魔法少女おりこ☆マギカsymmetry diamond~』及びその後日譚であるワルプルギスの夜襲来時の主人公2名とえりか及びゆまを描いた書き下ろし『~the last agate』を加えた形で『魔法少女おりこ☆マギカ[別編]』として単行本化されている。
 Vol.10から『[新約]魔法少女おりこ☆マギカsadness prayer~』連載開始。

ストーリー

本編

魔法少女おりこ☆マギカ

孤高の戦いにあけくれる佐倉杏子正義を胸に見滝原を守る巴マミ、静かに鹿目まどかに寄り添う暁美ほむら。交わることのないはずのそれぞれの魔法少女としての戦いが、『魔法少女狩り』という事件を中心に一本の物語を紡ぎ出す。
それは、彼女たちの運命を変えてしまうような事件――。それは、新たなる魔法少女物語の始まり――。

外伝

『魔法少女おりこ☆マギカ[別編]』収録作

魔法少女おりこ☆マギカ~noisy citrine~』

運命の出会いをした彼女にを掛ける勇気をもらうために「内向的な自分を変えたい」と魔法少女契約を交わした呉キリカであったが、社交的にはなれたものの未だを掛けることが出来ずに居た。
そんなとき、見滝原キリカが人間不信になる切っ掛けとなった幼なじみえりか」が帰ってくる。 

魔法少女おりこ☆マギカsymmetry diamond~』

魔法少女となり、呉キリカとも知り合うことで充実した日々を生きる美国織莉子であったが、未だに「予知魔法」の制御が出来ず、常時発動状態で魔ダダ漏れ状態に困り果てていた。
とある公園でであった少女千歳ゆま」の死のヴィジョンを見てしまい織莉子は予知達成の防止を試みる。
そんなとき縄りの奪取をめざし見滝原を訪れた優木紗々のに捕らわれ、織莉子キリカピンチに陥る。

魔法少女おりこ☆マギカ~the last agate~』

見滝原スーパーセルが観測され避難勧告が出されたの「織莉子」と「キリカ」、そして「えりか」と「ゆま」。

新約

『[新約]魔法少女おりこ☆マギカsadness prayer~』

汚名に汚されたの死の後に、「己の生きる意味を知ること」を願ってキュウべえ契約し、「救済の魔女」のヴィジョンを見た美国織莉子は、学校では級友達から影からこそこそと侮蔑されるという日々を送っていた。
そんな中、ただ一人、っ向正面から織莉子に挑んで来るっ直ぐな少女浅古小巻」が自分と同じ魔法少女であるという事実撃する。



ネタバレ注意 以降の項は、原作ネタバレ成分を若干含んでいます。
続きを読みたい方はスクロールをしてください。


キャラクター

魔法少女

美国織莉子 (みくに おりこ
詳しくは → 美国織莉子にて
主人公魔法少女
呉キリカ (くれ - )
詳しくは → 呉キリカにて
織莉子の親友で魔法少女ヤンデレ
千歳ゆま (ちとせ - )
詳しくは → 千歳ゆまにて
第1巻表緑髪少女
佐倉杏子さくら きょうこ
原作での人物像は本人項で
万引きや不法侵入で生計を立て、ホテルを転々とし暮らしている不良少女
一人ぼっちになってしまったゆまの面倒を見ることになり、彼女と共に生活を始める。
ドライな性格ながらも面倒見の良さは健在で、ゆまには亡くしたの姿を重ね、打ち解けている。
魔法少女仕事について誇りを持っておらず、ゆまには「魔法少女になるな」と再三警告していたが、その事が却ってゆまトラウマを刺し、契約に導いてしまう。
ゆまを唆した織莉子に復讐を誓い、「オトシマエ」をつけさせるべく彼女を探している。
マミとは以前から面識があったようであり、情報交換をする程度には悪くない関係の模様。
おりこ☆マギカ1巻は彼女の話が大半を占めていたため、「あんこマギカ」と呼ばれていることも。
巴マミともえ - )
原作での人物像は本人項で
見滝原を守る魔法少女。この時間軸ではまどか達との繋がりは薄い模様。
キュゥべえから「魔法少女狩り」の噂を聞き、魔法少女狩りに関しての情報収集をしている。
その途中で出会った少女呉キリカから、探し物を見つけた事で「恩人」と呼ばれクレープを奢ってもらうなどしたが、
直後に魔法少女狩り犯人である彼女に襲いかかられ、彼女と戦闘になる。
ゆまスカートを捲られマジ泣きしてしまうという一面も。
マスケット銃や拘束魔法はある程度隙がないと発射出来ないようで、キリカのような高速近接とは非常に相性が悪いようだ。
ちなみに、本作ではアニメ本編で敗れたCharlotteに勝利している。
暁美ほむらあけみ - )
原作での人物像は本人項で
眼鏡なし、ロングヘアーの4周以降のスタイルで登場。
他の原作キャラ世界の存在であるが、彼女だけは原作と同一人物である。
どうもまどかとの穏を重視しているようで、今回の事件は静観しており、関わらないと決めている。
魔法少女狩りについて警告するマミに対して、「私達に接触し(さわら)ないで」と脅迫じみた反応を示している。
まどか魔法少女キュゥべえと関わらせない為の反応であろうが、
もしかすると3周に殺されかけたことを根に持っていたのかもしれない。
優木沙々 
詳しくは → 優木沙々にて
きららマギカVol.5~7で連載した外伝第二弾『魔法少女おりこ☆マギカsymmetry diamond〜』の前編ラストから登場。コミックス魔法少女おりこ☆マギカ本編には登場しない
名前はゆうき ささだと思われるが、現時点では正式な読みは不明。サーカス道化の様な衣装をまとう。
他のから見滝原にやってきた魔法少女で、巴マミや他の魔法少女よりも強いことを示し縄りを奪おうと活動を始め、キリカを襲撃する一方で、学校で孤立している美国織莉子魔法をつかって接近し油断を誘った。
契約の内容は「自分よりも優れたものを自分に従わせたい」であり、これにより魔女であろうが魔法少女であろうが操ることが出来るという強な固有魔法を使える。人間を操る場合には記憶の書き換えを使うのだが、それなりの切っ掛けがあれば、植え付けた偽の記憶は暴かれて効果を失う。
固有武器はロッド
浅古小巻 
詳しくは → 浅古小巻にて
きららマギカVol.10から連載の開始した『[新約]魔法少女おりこ☆マギカsadness prayer~』における新メインキャラ。初登場は前作『魔法少女おりこ☆マギカsymmetry diamond〜』の中編。
[別編]裏表青髪少女
コミックス魔法少女おりこ☆マギカ本編には登場しない
美国織莉子と同じ女に通う生徒。かつて織莉子の属した「良組」と対立する「成金組」に属する少女
他の生徒達が影で織莉子を見下す中、そうした姿勢を侮蔑し、自身はっ向正面から織莉子に敵対するという織莉子く「っ直ぐ」な少女学校内では二人の友人といつも連れだって行動している。
彼女が魔法少女として戦うのを織莉子撃したところから物語は始まる。
魔法少女姿は騎士めいた装束であり、武器は身長程の柄を持つポールアックス。

その他

鹿目まどかかなめ - )
原作での人物像は本人項で
キュゥべえ契約をしておらず、ほむらさやか仁美との穏を満喫中。何故かにぱー☆と言っていた。
第2巻では、顔面からズッコケたり、あまつさえあげな事に・・・・
美樹さやか (みき - )
原作での人物像は本人項で
第2巻からの登場。まどかほむら仁美とは友人関係にあり、学校魔女結界に飲まれた際には、ステッキらしきモノを手に使い魔相手に奮闘。魔女と戦うほむらの救援に向かうという、義侠心にあふれる一面を見せるのだが・・・
キュゥべえ
原作での人物像は本人項で
織莉子に協しているようであり、ゆま契約を果たす。
ムラ江氏により、異様に気持ち悪い容姿になっている、加えても飛んでいる。
杏子に何度も追い返されており、原作以上に空気を読んでない困った営業マンである。
また、今回で杏子からは以前から胡散臭く思われていたことが判明した。
なお外伝以降はを飛ばなくなった。
早乙女和子(さおとめ かずこ)
原作にも登場する、見滝原中学校英語教師まどかさやかの担任。
織莉子キリカの起こした事件に巻き込まれ、衝撃的な結末を迎える。
千歳眞子(ちとせ まこ)
千歳ゆま母親。夫の浮気が原因か、八つ当たりとばかりにまだ幼いであるゆま虐待の限りを尽くしていたが、魔女に襲われ命を落とす。
番外編の一つで別の時間軸を描いた『魔法少女おりこ☆マギカsymmetry diamond~』では、度々民政委員の庭訪問を児童虐待の疑いから受けていたことや、「ついにゆまを殺してしまい逮捕されてTV報道される」という未来予知のヴィジョン織莉子が見るなどと言った姿が描かれた。
間宮えりか(まみや - )
呉キリカの親友。きららマギカVol.2~3で連載した外伝第一弾『魔法少女おりこ☆マギカ〜noisy citrine〜』から登場。コミックス魔法少女おりこ☆マギカ本編には登場しない
元々キリカと親友だったのだが、両親の離婚が怖くなってキリカ万引きの濡れ衣を着せてしまった。
作中では最終的に和解し、『魔法少女おりこ☆マギカ〜the last agate〜』ではワルプルギスの夜に挑むキリカを気遣う様子を見せる。
因みに、「間宮」は母親再婚相手(継)の姓であり、彼女の旧姓(本来の名字)が何だったのかは不明。
シズ
趣の魔女。2話で杏子と対決した魔女、非常に強魔女であり、全マギカ作品の魔女の中でも上位に位置すると思われる。
見たクリーチャーそのものだが、やられても偽のグリーフシード(ハズレ)を出して油断させたり、攻撃にフェイントをかけたり、飛び出す血が呪縛となって相手の身体を切断するなど、知性も高く恐ろしい奇術的な戦法を使う。
杏子を四肢切断するほど追いつめ、彼女に死を覚悟させたが、ゆまの願いによって回復した杏子に粉砕される。
魔法少女姿は、大きなリボンをした可らしい女の子である。
シズル」という名称と攻撃方法から、元ネタリュウゼツラン科の植物であると思われる。

おりこ☆マギカの世界について

魔法少女まどか☆マギカ』のどの周回の話かについてかの確はない。
ただし、以下の様子からある程度推測されている。

[別編]はワルプルギスの夜を倒すことが的なので、1周かそれに近い時間軸と思われる。
[新約]は本編と同じ時間軸と作者ツイートしている。[新約](新しい約束契約)というタイトルなのに前の話というのも妙であるが。

各話リスト

本編

話数 サブタイトル
第1話 魔法少女になろうなんて考えるな
第2話 泣いてなんかないよ
第3話 限に有限なんだ
第4話 絶対に許さない
第5話 そのために私はここにいる
第6話 いつかはいまじゃないよ
最終話 私の世界を守るため

別編

話数 サブタイトル
第1話 ~noisy citrine~[前編]
第2話 ~noisy citrine~[後編]
第3話 ~symmetry diamond~[前編]
第4話 ~symmetry diamond~[中編]
第5話 ~symmetry diamond~[後編]
最終話 ~the last agate~

新編

話数 サブタイトル
第1話 タイトルなし)
第2話 あの少女には出会えない
第3話 ただのやつあたりだよ
第4話 そのために今のわたしは在るのだ

関連動画

関連静画

関連商品

試し読みコーナー

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

魔法少女まどか☆マギカ
アニメ 第一期 テレビアニメ | 劇場版(総集編)
第二期 劇場版(新編)
スピンオフ漫画 魔法少女おりこ☆マギカ | 魔法少女かずみ☆マギカ | The different story
魔法少女すずね☆マギカ | 魔法少女たると☆マギカ
ゲーム ポータブル | オンライン
登場人物 メインキャラクター 鹿目まどか - 暁美ほむら - 巴マミ
美樹さやか - 佐倉杏子 - キュゥべえ - 百江なぎさ
サブキャラクター 志筑仁美 - 上条恭介 - 早乙女和子
鹿目詢子 - 鹿目知久 - 鹿目タツヤ
モブキャラクター 中沢 - ショウさん - エイミー
おりこ☆マギカ 美国織莉子 - 呉キリカ - 千歳ゆま - 優木沙々- 浅古小巻
かずみ☆マギカ かずみ - 御崎海香 - 牧カオル
浅海サキ - 若葉みらい - 神那ニコ - 宇佐木里美 - ジュゥべえ
ユウリ様 - 飛鳥ユウリ - 双樹あやせ - 和紗ミチル - 聖カンナ
すずね☆マギカ 天乃鈴音 - 奏遥香 - 日向茉莉 - 詩音千里 - 成見亜里紗
たると☆マギカ ジャンヌ・ダルク - リズ・ホークウッド
メリッサ・ド・ヴィニョル - エリザ・ツェリスカ 
その他 魔女 - 使い魔 - 魔獣
楽曲 TV版 コネクト | Magia
また あした | and I'm home | (サウンドトラック
劇場版(総集編) ルミナス | ひかりふる | 未来
劇場版(新編) カラフル | 君の銀の庭 | misterioso
関連人物 スタッフ 新房昭之 | 虚淵玄 | 蒼樹うめ
宮本幸裕 | 岩上敦宏 | 岸田隆宏 | 劇団イヌカレー | 鶴岡陽太
アーティスト 梶浦由記 | ClariS | Kalafina | 貝田由里子
関連団体 シャフト | ニトロプラス | アニプレックス | MBS
一覧 関連項目一覧 | 関連商品一覧 | 関連書籍一覧

脚注

  1. *魔法少女まどか☆マギカ第3巻及び魔法少女おりこ☆マギカ第1巻発売延期のお知らせまんがタイムきららフォワード編集部、2011年3月18日

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%81%8A%E3%82%8A%E3%81%93%E2%98%86%E3%83%9E%E3%82%AE%E3%82%AB
ページ番号: 4610197 リビジョン番号: 2272584
読み:マホウショウジョオリコマギカ
初版作成日: 11/04/14 09:28 ◆ 最終更新日: 15/10/09 22:31
編集内容についての説明/コメント: 関連商品に新刊を追加。関連項目ジャンヌ・ダルクの黒文字指定を解除。概要内、単行本発売延期の理由を加筆。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

魔法少女おりこ☆マギカについて語るスレ

679 : ななしのよっしん :2014/10/15(水) 01:42:17 ID: Z6r6gOfdq1
>>678
沙々小巻スレには最新話の感想が載っているよ。探せば他にも有るんじゃないかな。
680 : ななしのよっしん :2014/10/26(日) 10:13:32 ID: K4mdYsmVTb

新約は別編キャラ総出演でいくなら、間宮えりかは登場するだろうか
キリカに揺さぶりかけるにはもってこいなキャラだけど
681 : ななしのよっしん :2014/12/12(金) 20:56:12 ID: rfJS7bQA+n
4人組(5人だった?)の魔法少女集団登場。
おりこもずいぶん人数増えたなー。
682 : ななしのよっしん :2015/02/18(水) 08:50:44 ID: zHP+T7XGAy
龍騎における香川教授なのかな。
683 : ななしのよっしん :2015/02/21(土) 18:42:12 ID: K4mdYsmVTb
今回風見野の魔法少女がなぜ優木を追い回していたか分かったけど、長くやってる魔法少女は皆杏子みたいにグリーフシード第一義で魔女による被者がどれだけ出ようが知らん、みたいなスタンスだと思っていたから意外だったな
マミさんほど徹底してないかもしれないけど正義の味方してる魔法少女はわりといるのか…まあ魔女操作=グリーフシード独占だからシメたってのが実際のところかもしれないけど
684 : ななしのよっしん :2015/03/10(火) 14:41:30 ID: h4Ati3YwIc
中学生って存外潔癖だし(さやかとか織莉子とか外伝主人公達もつまるとこ正義感の暴走があるし)、マミレベル正義の味方やってる人が少ないように、利己的な人間でも魔法を使って殺人とか好き放題する極悪人もそういないだろうし。余裕があるなら尚更。

皆基本的な倫理徳は教えられてる日本生まれだし、あからさまに周りに迷惑かけて、利己的に振る舞う輩はそりゃ嫌われるだろう。
685 : ななしのよっしん :2015/03/19(木) 00:32:39 ID: vNaYW8eutl
新編買ったぜー面かった!
小巻ちゃんが予想以上にいいキャラしてた!だからこそ最期は切ねぇ…

おりこアニメ化しないかなー趣の魔女の結界とかすごくシャフトイヌカレー演出に合いそう。和風だし化物語みたいな感じで
686 : ななしのよっしん :2015/04/02(木) 01:19:08 ID: qnaTeF468X
シャフトのキャパ一杯一杯そうなんで、マギカカルテット全監修で
かずマギおりマギタルマギすずマギを他所の作画高いとこに
頼めたらいいなー、なんて。見る専の気軽な要望
687 : ななしのよっしん :2015/10/19(月) 09:59:10 ID: Z6r6gOfdq1
きらら☆マギカ22号で、ちび織莉子ゆまカラーで2ショット
688 : ななしのよっしん :2015/10/26(月) 21:29:58 ID: YW5sVEUmIN
たるともだけど大人シナリオに直接絡んでくるのが個人的にはなかなか好き
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015