シグルイ単語

シグルイ

隻腕の士のは を断つことが出来るのか?
盲目士のは 対手に触れることが出来るのか?

出来る 出来るのだ

(「シグルイ」第二より)

シグルイは、南條範夫の小説駿御前試合」を原作とした、若先生山口由)が描く残酷時代劇漫画であり
一種のギャグ漫画でもある。大に描いているがゆえにギャグになってしまうのだろうか?
チャンピオンRED2003年8月号から2010年9月号までの約7年間にわたって連載された、単行本全15巻。

2007年マッドハウスによってアニメ化され、WOWOWにて放映。R-15。全12話。

ギャグ漫画と申したか」

概要

 シグルイはただの劇画ではない。もっとおぞましい何かだ」

「不条理残酷衆道グロテスクラブロマンスギャグ漫画

Happy Tree Friends時代劇版」

登場人物

虎眼流

  • 藤木之助
    一虎双と称えられた高の一人。無口で感情を出さないが、剣術修行にかけては苛なまでにで厳しい。耐えがたきを耐えようとする際に鼻血を出す癖がある。 
  • 良子清玄
    一虎双と称えられた高の一人。虎眼流に入門したのち、類まれな稟で一息に高にまで駆け上った。その才覚と美貌、そして野心が、彼を悲劇へと招くことになる。 
  • 股権左衛門
    一虎双と称えられた高の筆頭。入門当初より、三日三晩不眠不休で言いつけられた稽古をし続けるなど、壮絶な忠心を持つ。練習用の巨大木を軽々振り回す、巨怪力の持ち
  • 岩本虎眼
    虎眼流の創始者。業前は下一だが、性格には酷薄なところも垣間見える。子に対しては処世術を説いたりなどしているが・・・衰えを感じ始めてからは精が不安定であり、時折曖昧になる。 
  • 三十郎
    虎眼流中録の高。 冷静で現実的な性格。同じく下級武士出身の藤木に対しては、読み書きを教えるなど気にかけている様子。
  • 山崎九郎衛門
    ちゅぱ衛門。 
  • 岩本三重
    岩本虎眼。 
  • いく
    い・・・いくぅ・・・ 

舟木一門

  • 舟木一伝斎
    の兜を両断する「兜投げ」を極意とする舟木流の掛川下に名人と謳われた客であったが、上覧試合の際に虎眼と立ち合い、敗れて下あごを失う。 
  • 舟木数
  • 舟木兵
    ぬふぅ。 
  • 舟木千加
    一伝斎のたちに似て怪力だが、放な性格と美貌で子たちの人気も高い。 
  • 屈木頑之助
    ガマガエルにそっくりな醜男。舟木流門下ではあったが、跡騒動の際に追い出される。そののちは独自に編み出した「がま法」で舟木流の高たちを次々にり捨てていく。 

検校屋敷

その他

名言集 

  • 封建社会完成形とは少数のサディストと多数のマゾヒストによって構成されるのだ
  • それはおよそ一切の流に 聞いたことも見たこともない 奇怪な構えであった
  • あれこそは良子様必勝の御構え 明逆流れのお姿
  • 出来る 出来るのだ
  • お美事にござりまする
  • ぬふぅexit_nicovideo
  • むーざん むーざん
  • はかった喃 はかってくれた喃
  • 笑うという行為は本来攻撃的なものであり 獣が牙をむく行為が原点である
  • まくらと申したか
  • ちゅぱっちゅぱっ
  • 心と言う器はひとたび、ひとたびひびが入れば二度とは、二度とは、
  • ものを思うはばかりではない 臓器にも記憶は宿る 筋肉とて人を恨むのだ

葉隠れwikiexit

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シグルイ

257 ななしのよっしん
2018/06/21(木) 06:38:56 ID: GCsOoBZ0qi
この漫画でも殺し屋1とかでも思ったことだが
股師範(や垣原雄など)が口を裂かれているが、
あれ筋肉とかが切れて口を開閉できないのではないか?何らかの支障をきたすのでは?と思ってしまう
医療の知識とかは全くないので教えて賢い人
258 ななしのよっしん
2018/07/01(日) 15:24:54 ID: /KHIEH+pLa
これ原作と違って救われてる部分は藤木が最後の最後に分かり合えた所かなって思ってる。
それも虎口前のりつめた感覚が互いの気持ちを悟ったという爽やかであり、残酷な結果。
の場面で分かり合えていれば……
259 ななしのよっしん
2018/09/20(木) 00:01:25 ID: +HL/W/O1wH
屈木頑之助のエピソードと、原作では最後に藤木と死闘を演じる事になる
笹原との絡みが多かったから、てっきり良子と決着ついた後も続くものかとばかり思ってた
原作知らない友人は「あのガマの話何の意味があったの?」と言ってたが
まあ確かに知らんと蛇足としか捉えられんよなw
260 ななしのよっしん
2018/11/18(日) 01:30:34 ID: MriEd7tIpU
257
試しにやってみようぜ!
261 ななしのよっしん
2019/01/01(火) 02:23:15 ID: JlUsu/XD/Y
>>195
すげー遅レスになるけど、その台詞ラマチャンドランの『の中の幽霊』の記述を引用したものだと思われる。
藤木面に映る腕を見て幻肢痛をやわらげるシーンとか、この本に登場するで作った装置が元ネタっぽい。
262 ななしのよっしん
2019/01/08(火) 12:13:00 ID: uJLQ6oD0Y0
君に「知行、返上いたす」と言ってのけた衛府の七忍犬養幻之介には少しだけ救われたといいますか

先生も内心では藤木之助に、最期はああいう態度で死なせてやりたかった部分もあるんだろうなと思った
もちろん南条先生への筋もあるし、シグルイの結末はあれでいいんだけど、やはり若先生も辛かったんだなと…
263 ななしのよっしん
2019/02/05(火) 07:38:38 ID: uJLQ6oD0Y0
上で明逆流れの考察が出ていたから少し考えたんだが、
そもそも之助とて逆流れの術理を見抜いて対策できたのは、
宿敵の清玄との真剣勝負の経験に加えていくとの繋がりがあって、
その上でを投げると言う奇策を許容するほどの執念ありきで、
他の士たちではこれほど鮮やかに破れる義ではなかった
そもそも原作版だったら股戦の時点で終わってるわけだし、
技としての洗練具合はシグルイ版のほうが間違いなく上だった
ただ之助が、常人にはつけない隙をつくことができただけで

あと逆流れは隻腕の士が流れ星(に近い術理の撃)を放てる
数少ない手段だなとは思った。あとは之助が抜する時のように
頭と肩で身を挟むくらいしか隻腕の流星は成立しないだろうし
264 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 12:06:15 ID: SMmgRlvcHD
登場人物が割と俗っぽいのが面いよな
主人公ライバルである良子師匠に手を出したというしょうもない理由で破滅したりとか
そのおっかない虎眼先生も偉い人にはニコニコ顔して媚び媚びだったりとか
この手の作品にありがちな皆が皆がストイックというわけではないのが却って新鮮だった
265 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 12:18:03 ID: rWC+FK+wrI
>>264
まあ時代劇(特に江戸時代)って割とそういうもんでしょ
良くも悪くも性に大らかな一方、異常に堅苦しく窮屈な武社会
建前上は武士が一番偉いということになってたけど、実質持ってる商人が世の中を回してたという、ある意味最も生臭い時代だったわけだから
266 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 03:18:08 ID: UYH4G0GXpH
明逆流れ自体は「対決」ってタイトル実写映画化してるみたいね
かなり古い映画だからソフト化されてないっぽいけどどこかで見れないかな?