ダース・ベイダー単語

ダァスベイダァ
4.1千文字の記事
  • 19
  • 0pt
掲示板へ

ダース・ベイダー(Darth Vader)とは、映画スター・ウォーズ』に登場するキャラクター
スーツアクターデビッド・プラウズ
ボイスアクタージェームズアールジョーンズ
スタントボブアンダーソン

C-3POR2-D2ヨーダオビ=ワンと並び、スターウォーズで最も人気のあるキャラクターの一人。アナキン時代も含め、スター・ウォーズ本編のうち、すでに死亡している続三部作以外のすべてに出演している。2016年開のスピンオフ映画ローグ・ワン』にも登場した。

概要

本名はアナキン・スカイウォーカーフォースにバランスをもたらすと予言された「選ばれし者」であり、ルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナの実の父親

かつてはクローン戦争で活躍し「恐れを知らない英雄」と賞賛されたジェダイ騎士だった。しかし、ジェダイ騎士団への不信感と妻を失う恐怖からパルパティーン(ダース・シディアス)の誘惑に屈しシスの暗卿に転向。師匠だったオビ=ワン・ケノービとの対決の果てに瀕死の重傷を負い、現在のような尽くめのスーツ仮面をつけるようになった。自での呼吸ができなくなったためスーツには人工呼吸装置が搭載されている。独特の呼吸音が聞こえるのはそのためである。

生身の体の頃はヨーダやシディアスすらもえると言われたほどの潜在を持っていたが、半機械の体となったためにそのフォースの永遠に失ってしまった。しかし、皇帝のもとでの修行やジェダイとの戦いを経て全盛期には及ばないまでも高い暗黒面を獲得していった。歳を経たりベイダー誕生での過程からか、性格も幾分か冷静沈着となっている。しかし直情的な部分はしくなり、敵対する者には一切の情けく、失敗した者・気に入らない者には容赦なくフォースグリップで処刑している。

大柄でがっちりとした体に全身漆黒のような装と、圧倒的な存在感を放っている。スター・ウォーズシリーズで一番最初に登場したキャラクターでもある(モブを除く)。

ダース(Darth)とは Dark Lord of the Sith の略であり、それ単体で「シスの暗卿」の称号である。それゆえ、「ダース・ベイダー」は二重敬称に当たるので注意。

ベイダーとは「ファーザー」をもじったもので、ルーカス自身の父親との確執が反映されたキャラクターであると言われている。実際オランダ語父親のことをvader(ファーダー)と言う。

銀河帝国皇帝となったパルパティーンの右腕としてジェダイ狩りや反乱同盟軍との戦いで活躍。クローン戦争の頃からの直属部隊「第501大隊」を率い多くのジェダイや反乱分子を殺していった。この動きは素く容赦く確実であり、第501大隊は「ベイダーの鉄拳」と呼ばれ恐れられ、ベイダーの名と恐ろしさも銀河中に広がっていった。

第1デス・スターが破壊された「ヤヴィンの戦い」以降は、あらゆる法を無視して活動できる権限と「死の小艦隊」と呼ばれるスーパー・スター・デストロイヤー「エグゼクター」を旗艦とする専用部隊を与えられ、帝国内でのナンバー2の地位を得た。

皇帝に従いながらも 内心は反逆の機会を伺っていた。ルーク子として鍛え、皇帝を倒し銀河の不毛な戦いを終わらせ、子二人で銀河を支配・秩序を作る野望を抱いていた。

「ヤヴィンの戦い」で実の息子(ルーク)の存在を知り自らの権限をフル活用し、血眼になって捜索した。「ホスの戦い」であと一歩の所で取り逃してしまうものの、惑星ベスピンの「クラウド・シティ」で遂にルークと対面する。ライトセーバーでの戦闘ルークを破り、自らが実の父親であることを明かし絶望させシスに引き込もうとするが、またもや失敗し取り逃がしてしまう。

エンドアの戦い」においてを救う決意を固めたルークと再び対面。この時点では既に皇帝に裏切らないよう釘を刺されており、自らが使い捨てにされる事にも気付いていたが、これを運命として受け入れるつもりでおり、ルークからの救いの手も断った。その後第2デス・スター内で、皇帝の面前でルークと2度の戦いに突入。との戦いを拒むルークを一度は追い詰めるも、不用意にレイアを人質にとった発言をした事でルークブチ切れる。ベイダー以上の攻勢の前に耐え切れず右手首を切り落とされ敗北。更に皇帝ルーク暗黒面に引き込むための生贄とされかけるが、ジェダイとして心身ともに成長したルークに助けられる。そして直後に皇帝フォース・ライトニングで苦しめられるルークへ助けをめるによって明面に帰還。捨て身の行動皇帝を殺したが、その時に人工呼吸装置が破壊されてしまう。

最期を悟ったベイダーはルークマスクを外してもらい、自身の息子の成長した姿を確め、息子の腕の中で静かに息を引き取った。遺体ルークが運び出し、エンドアので荼毘に付された。フォースの意思で産まれたベイダーは死後フォースと一体化し霊体となり、同じく霊体となっていたオビ=ワンヨーダと共に戦いを終えたルーク祝福した。

「選ばれし者」であるベイダー=アナキンはジェダイとシスの両方を滅ぼし、その後にルークが新しいジェダイを築く事で、予言にあった「フォースのバランスを取り戻す」使命を果たした。

その他

関連動画

The Imperial March

ダース・ベイダーのテーマとしておなじみ。「帝国のマーチ」を参照。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 19
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダース・ベイダー

375 ななしのよっしん
2022/06/26(日) 12:36:15 ID: QYMW2/6L3+
的に落ち着いてきたからこそ暗黒面パワーを上手く引き出せるっていうのもあるだろうしな。
レジェンズ設定行きになった設定だったかでベイダーになった当初にジェダイ狩りしてたら弱体化が酷すぎてそこらへんのナイト級にすら苦戦してたっていう話もあったぐらいだし。
オビワンのベイダーってEPの9年前だし十分強くなるための時間はある。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
376 ななしのよっしん
2022/06/27(月) 22:45:17 ID: MbQoYbX3j+
ブラ=サガリチノ=リも封じたのに負けてしまった…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
377 ななしのよっしん
2022/06/27(月) 23:20:49 ID: zvoyjG5ZCU
EP4以降へ更に付けした意味では存在意義あったオビワンドラマ
まぁ細かい所が雑だったりしたせいでなかなか評価は分かれるけどもね…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
378 ななしのよっしん
2022/06/28(火) 12:13:26 ID: bHe6WBVcLc
果たしてEP4までだいたい9年くらいの間でどんな事が起こりえるだろうか?
オビ=ワンアナキンへの罪悪感からの解放とかレイアルーク達への希望限界えた様に、ヴェイダーも何らかの事件や戦いでオビ=ワンへの執着を捨て去る事になるのだろうと思うが、どう展開されるんだろう?

噂のメイス生存説がガチになって、帝国時代でもなおジェダイとか共和に執着するメイスとの戦いで過去への執着と決別するなんて話になったりするのかと予想している。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
379 ななしのよっしん
2022/07/09(土) 16:41:40 ID: zolW1eIpGn
ダース・ベイダーが精的に全全開で戦える状態で戦ったらこうなると思う
>>sm35102620exit_nicovideo
👍
高評価
0
👎
低評価
0
380 ななしのよっしん
2022/09/27(火) 12:25:04 ID: x+kqTFM3f0
ダースベイダー声優をやってた人が引退か。91歳まで良く持ち堪えたな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
381 ななしのよっしん
2022/11/24(木) 07:40:29 ID: 8yX6leI7d/
オビ=ワンへの憎しみや屈辱が積み重なって強大な暗パワーを手に入れ、ドヤ顔

「待っていたぞ、オビ=ワン・ケノービ。やっと再会できたな。かつてお前子だったフォースの支配者となるのだ。」
も衰えたようだな」
お前永遠に葬ってやる!」

と勝ち誇るも最終的に勝ち逃げされ、結局一度もオビ=ワンに勝てなかったダース・ベイダーもといアナキン・スカイウォーカー
👍
高評価
0
👎
低評価
0
382 ななしのよっしん
2022/11/24(木) 07:53:28 ID: lOPc34SPPT
>>379
違和感仕事しろアナキンより弱体化したことになったベイダーだけど今の設定ではフォースグリップ(見えないで掴んだり殴ったり)だけはアナキンの頃より強化されてることになってるらしい。
映画の描写との褄もあるんだろうけど。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
383 ななしのよっしん
2022/12/03(土) 12:48:36 ID: 9VqRdfLBji
強さ談義とはそういうものではあるが、そもそも「強い」「弱い」とは?って話にもなるからなぁ。
多少現実への干渉が落ちても、弱いで的確に、容赦なく人体急所を破壊するようになったら、それは弱くなったのか強くなったのか…

どんなものにも表があり裏がある。
直ちに決めつけてしまうことは暗黒面への近だと心得るのぢゃ、若きパダワンよ…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
384 ななしのよっしん
2022/12/15(木) 17:51:09 ID: fRzR7PohzR
ジャンゴのせがれがタスケンに色々知恵を教えてるけどいいのかアナキン?と思ったがその頃にはベイダーも(故)になってるんだっけ・・・?
👍
高評価
0
👎
低評価
0