トキ(北斗の拳)単語

トキ
6.3千文字の記事
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

トキとは、漫画北斗の拳」およびそれを題材にしたゲーム等の登場人物。

北斗神拳第63代伝承者・リュウケンの養子および子にして、第64代伝承者補の1人。

カイオウラオウ、義ジャギケンシロウを持つ。

概要

北斗2000年歴史の中で最も麗な技を持つ男と言われ、あのジャギですらその実を認めていた。

しかし核戦争の際、人数オーバー寸前の核シェルターケンシロウユリアを入れ、自分は外へと残った。結果的に生き延びたものの死の灰を浴びて不治の病に冒され伝承者のを断念。
以後は以前から志していた北斗神拳を利用した医術で人々を救うすこととなる。

自己犠牲的な性格、長という外見から、イエス・キリストモデルとされている。

トキの拳

ラオウケンシロウが剛の拳であるのに対し、彼は柔の拳。「流を制するは静」と、北斗神拳伝承者であるケンシロウに柔の拳を伝えるのを的としていた。

しかし彼が本当にしていたのは柔の拳ではなく、ラオウの持つ剛の拳であった。

幼い頃に両を亡くし、父親から頼まれていたというリュウケンに養子として引き取られる。しかしリュウケンはあくまで北斗神拳伝承者補として引き取る事を的としており、一子相伝であるが故に養子に迎え入れるのもどちらか1人のみと、その場で2人をがけ下に突き落とす。

しかし突き落とされた2人のうちトキは落下の衝撃で両足を怪してしまい、崖を登れなくなる。ラオウは自分が1人でそのまま崖を登ったらトキを見捨てられてしまうと考え、なんとトキを抱きかかえて片腕で崖を登りきるという荒業を実行。上りきる寸前に「トキと一緒でなくば養子にはいかぬ! トキの面倒はがみる!」と言い残し、尽きて落下しそうになる。リュウケンラオウの底知れぬ意志と秘めた驚愕し、落下しそうになったラオウラオウに抱えられていたトキの腕を掴み、助け上げて養子にする。

トキリュウケンの養子となったが、あくまで伝承者補はラオウのみであり、トキラオウ修行をする事と引き換えに衣食住の世話を受けるだけだった。

しかしある時、トキが可がっていた子犬が、を離した隙にゴロツキによって乱暴され殺されてしまう。それを見たトキは怒りにを忘れ、武器を持った大人であるゴロツキを素手で叩きのめしてしまう。すぐにリュウケンが駆けつけたが、そのの当たりにして、トキが見ているだけで北斗神拳の技を幾つか体得してしまうほどの賦の才を秘めている事を察し、トキ自身の望みもあって、トキ北斗神拳伝承者補とした。

核戦争

かくして北斗神拳修行を正式に開始し、やがて北斗で最も麗な技の持ちとされるまでの使い手に成長した。それ故彼が北斗神拳伝承者に見込まれることはほぼ確実視されていたが、伝承を前にして核戦争が勃発。

ケンシロウユリアと共に急いで核シェルターに避難するが、向かった先のシェルター子供たちで既に満員に近い状態であり、どう詰めてもあと2人しか入れない状態であった。ケンシロウは、トキ北斗神拳伝承者になるという重要な使命があるのだから優先して入れ…と言うが、トキはそれを無視し、ケンシロウユリアシェルターの中に押し込んで自らが犠牲になるを選択。

戦争が治まった後、シェルターから出てきたケンシロウらによって助けられる。辛うじて生きてはいたものの真っ白になり、死の病を患う身体になってしまったため、伝承者のを断念する事になる。

世紀末にて

死の病に冒され伝承者としてのを断念したため、余生を人々を救うために使おうと決意。トキはかねてより、北斗神拳を暗殺拳ではなく医療の一環として活用しようと考えており、そのための活動を本格的に始める。

老人・子供や病で動けなくなった者ばかりが置き去りにされた村に辿り着き、北斗神拳の秘孔の知識を利用して人々に医療行為をし始める。たちまち見捨てられていた村は活気を取り戻し、「触れるだけでどんな病をも治してしまう」と言う噂が広がり、トキのいる村はやがて「奇跡の村」と呼ばれるようになった。

その最中、己の才に溺れてトキ真似事をしようとしたアミバを足蹴にしたことで逆恨みを買い、その結果拳王の部隊の襲撃に会う。暴虐の魔王と化したラオウの事を踏まえてケンシロウに会う必要を感じたトキであったが、病の身のためにこちらから探しに行くよりは待つべきだと感じたため、あえての泣くカサンドラにて捕らわれの身となる。

その後ケンシロウと再会したトキは、「自分がを過った時はお前がその拳でを止めろ」というラオウとの誓いを果たすため、本来の自分のスタイルではない剛拳をもって(彼がしていたのはあくまで敬愛して止まないの拳・剛の拳であった)ラオウを仕留めんとする。しかし、既に病に蝕まれていた彼の体に剛拳の使用に耐えうるは残っておらず、敗北を喫する。ラオウは「己の命と引き替えに強を得る秘孔」刹活孔を突いてまで己をえようとしたの姿を見てたまらず落し、その命を奪わずに去る。

その後、刹活孔副作用によっていよいよ余命が残り僅かとなったトキは、医療活動に従事している最中、ユリアの実であり泰山拳の使い手であるリュウガに強襲され致命傷を負う。が、リュウガ意が己の死を見て激怒したケンシロウ覚醒にあることはちゃんと見抜いていた。そのため、ケンシロウが怒りに任せてリュウガを屠った後、全ての事情を明らかにし、リュウガ遺骸を抱いたまま往生を遂げた。

後付設定による矛盾

最終的にトキ北斗の傍系の血を引く(ラオウカイオウの実)者であり、修羅の国出身とされたが、これはストーリーの方向が変更されたことによる後付設定である。

当初、トキは両の墓の隣に自分とラオウの墓を予め立てており、ここに埋葬される事を望んでいた。
トキラオウとの最終決戦に臨む直前にケンシロウと共にこの墓を訪れており、「私はここで生まれ育った」と明言している。しかしこれは時系列的にケンシロウ修羅の国へ渡るよりもずっと前であり、「ここ」は修羅の国でないことは明らかである。
また、修羅の国編にてラオウトキケンシロウ修羅の国出身である事が明かされた際の回想ではラオウトキケンシロウの3人で修羅の国を出てリュウケンの元へ向かったとされているが、トキラオウリュウケンの養子になった時のエピソードの中にはケンシロウは一切登場していない。

他にも、奇跡の村でのアミバ関連の話では、当初はこれは「変わり果てた姿の(本物の)トキ」とされており、ジャギと同様に元北斗神拳伝承者補を、正当伝承者であるケンシロウが倒してゆくという流れの一環になるはずだった。実際、ジャギが死ぬ際に「まだ2人のが居る事を忘れたかー!」と捨てゼリフを残しており、それに対してケンシロウは「何!あの2人が生きていたのか!」とあまり嬉しくなさそうな驚き方をしている。

しかし、当時のジャンプにはよくある「引き伸ばしや編集部の意向による路線変更のための後付設定」により本物のトキカサンドラにいることになり、アミバというキャラクターが新たに用意された。

そしてトキ世紀末の世においても野心を持たない人格者として設定されケンシロウの味方サイドにつけられた結果、単純な「他の補を倒して行く」と言う筋は消え、ラオウトキ兄弟の関係等がクローズアップされて行った結果、トキラオウ修羅の国出身である事にされ、ジャギのみが北斗と何の関係もい当てだった事になってしまった。

AC北斗の拳

ジョインジョイントキィデデデデザタイムオブトビューションバトーワンデッサイダデステニー
ナギッペシペシナギッペシペシハァーンナギッハァーンテンショーヒャクレツナギカクゴォナギッナギッナギッ
フゥハァナギッゲキリュウニゲキリュウニミヲマカセドウカナギッカクゴーハァーテンショウヒャクレツケンナギッハアアアアキィーンホクトウジウダジンケンK.O. イノチハナゲステルモノ
バトートゥーデッサイダデステニー セッカッコーハアアアアキィーン テーレッテーホクトウジョーハガンケンハァーン
FATAL K.O.セメテイタミヲシラズニヤスカニシヌガヨイ ウィーントキィ (パーフェクト)

AC北斗の拳至上最も麗で鬼畜な強さを持つプレイヤーキャラ。あまりにも強すぎて一時期はトキを使っているだけで蝎の如く嫌われてたりしていた。
剛の拳よりストロングな柔の拳だとか、あれはトキじゃなくてアミバだとか、死の灰をかぶる前のトキだなどと言われている。

  • 秘孔・刹活孔
    詳細は刹活孔の記事を参照。バックステップで回避しても、究極義と言う大技を空振りしたはずのトキの方が先に動けてしまい、あまつさえバックステップの隙にブー小パンが確定する事さえある。食らえばをごっそり持っていかれ、状況によってはそのままテーレッテー
    本来なら一の生を得る代わりに命を削るというハイリスクな秘孔なのだが、相手の了承を得ずに勝手に突きまくるあたりアミバ疑惑を持たれる原因の1つ。なお自分のを突く事も出来る。各種パワーアップと引き換えにするのは「体自動回復がくなる」程度であり、寿命が縮まったりはしない。
  • 北斗無想流舞
    通称「ナギッ」。技のボイスとして「ユクゾッ」と言っているのだが、アーケードだとこれが「ナギッ」に聞こえる事から。簡単に言うと「上下左右好きな方向に移動できて隙もほぼ全く瞬間移動技」。厳密に言うと隙は少しあるのだが、その終わり際の硬直は通常技や再度の流舞でキャンセル出来るため実質隙はい。こいつのせいで(特に降りナギ)あらゆる間合いが死地と化し、前方の離れた位置にいたと思ったら後ろから殴られていたり、ジャンプしたと思った間何故か地面にいて投げを食らったりする。病人で自分で歩く事さえままならず、カサンドラケンシロウを待っていたはずなのに、南斗で最も麗な技を持つレイよりもせわしなく飛び回る。ロケテの時点で、ごく一部のプレイヤーから「このワープ技やばくないか」と摘があったが、それに対する開発の答えは「ガーキャンがあるから大丈夫」だった(らしい)。その結果は言うまでもい。
  • 神の1F当身
    トキは柔の拳の使い手と言う事から当て身技を複数搭載しているが、この性がどれもクソ当て身は強すぎると何でも出来てしまうため、普通は入から当て身で攻撃を取れるようになるまでにいくらか時間がかかるものだが、トキのものは1Fで発生(入了した次のフレームにはもう判定が出ている)。そのためいくらか出遅れても問題なく取る事が出来る。そんな当て身の隙はい事はいが決して大きいとは言えず、当て身に至ってはスカっても着地硬直ゼロ。しかしこんな当て身を持っててもこれがメインにならない辺り上記のナギッが如何にクソ技なのかと…。
  • 北斗有情破顔拳
    詳しくは当該記事参照。AC北斗の拳では全キャラが実用的な一撃必殺技を持っているが、その中でもトップクラスの実用性を誇り、ダウン追い打ちでもヒットする。AC北斗の拳において死因の半分はこれと言われていて、多くのプレイヤートラウマを植え付けることとなった。
  • 各種通常技
    手にクソ必殺技義にを奪われがちだが、通常技も中々にクソ最強クラスの判定とリーチを誇る2Dや、発生が速く連打が効くのに何故か他キャラのものより攻撃レベルが高いため色んな技と相殺を取れるしゃがみ小パンなど中々に理不尽。
    キャラに劣る点もない事はいのだが、劣っている点が1つあったからどうなのだと言わんばかりに他がかけ離れすぎている。
  • 各種パラメータ
    トキは病の身であるという設定で気絶値が低めに設定されており、攻撃を食らうと割りとあっさりとピヨる・・・のだが虚弱体質を反映しているのはそれだけで、体普通ガードクラス普通シンハート様以外にはガークラさせられない根性と、低体キャラ限定の即死コンでは死なない健康さを併せ持つ。さらに中くらい中は膝下に判定がないなど、食らい判定が全体的に小さいためにコンボが入りづらく、バスケ状態になっても落としてしまうこともしばしば。落としてしまうと上記のクソ高性な技による反撃が待っている。

アニメ動画がしょっちゅう権利者削除されるためニコニコにおけるトキは専らこっちのほうである。
というかこっちの印が強すぎてMUGENストーリー動画アミバとごっちゃにされていたり、原作準拠の性格で描写したら驚かれたりしている。

北斗無双

北斗無双でも使用可キャラとして登場。宙に浮いたり北斗有情ローリングバスターライフルを放ったりするなどこのゲームでもストロン病人と化している。

咳き込んだりするなど前述のAC北斗よりは病人らしい…かも。

歴代担当声優

関連動画

トラウマBGM
「これは『暴力テーマ』だ」だの「『終わりの地』だ」だのと散々な言われようだがだいたいあってる

AC北斗における即死コンボの一つ。
このコンボに限って言えばブーストをいっぱい使っていたり、相手がシンであったりなど様々な限定条件があるため、流石にいつでもこんな開幕で2Dで死亡確定な訳ではないが、即死はこれだけではないし、何より1回で死ななかったからと言っても全く安心できないのがトキ

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%82%AD%28%E5%8C%97%E6%96%97%E3%81%AE%E6%8B%B3%29
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トキ(北斗の拳)

186 ななしのよっしん
2018/11/11(日) 18:21:46 ID: sfmocctW09
イチゴ味やら北斗無双やら外伝見てると、一番救世主向きなのはやっぱトキじゃないかと思う
命を助けるだけじゃなくて、自分で生きてけるようについててくれるし
187 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 03:37:08 ID: 0Esg1o/7FF
めて原作読んでみると、トキ最強説に疑問符が浮かぶ


確かにカサンドラから出てきた時はラオウビビ最強だと思うけど、サウザー後のラオウとの決戦時は、もうラオウとかなりの差を付けられてるっぽい

その前に有情断拳をみたラオウは「寸分も衰えてない」と見たけど、いざ戦ってみるとラオウが頑丈すぎて普通に秘孔は通らないわ、柔拳の死取りも想陰殺で潰されるわで全に詰んでる

その後トキ剛拳を使ったのは、ラオウへの憧れ以上に、ラオウ自体に柔拳がもう全に通じなくなってた可性の方が濃厚に思えた

ラオウケンとの戦い以降、どこかで想陰殺獲得しちゃった時点で、トキはもうどうあがいてもラオウに勝てなかったんじゃないかなぁ

病んでなければ五分かもしれんが
188 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 11:05:12 ID: r/O5Xf9Ez1
ケンシロウユリアも伝承者も譲った男が
ラオウへの憧れだけは譲れなかったのが
なぜかは分からないけど感動する
189 ななしのよっしん
2019/09/23(月) 22:08:48 ID: 1wmX+WQX7c
結局ラオウと戦う前に墓参りしたあの村とご両は何者なんだ?
まさかあそこ修羅の国なわけがあるまい
190 ななしのよっしん
2020/09/13(日) 17:18:21 ID: 8KSbQxtCMh
トキ伝と者、両方とも良作だったなぁ
トキが好きな人はぜひとも見てほしい
191 ななしのよっしん
2020/11/23(月) 22:12:05 ID: xwO8WlfG+t
トキ伝見てポロポロ。
ただ、本編の後リュウガが襲撃にくるということを思い出しちゃってそこは微妙な気分。
192 削除しました
削除しました ID: dNw92dFN18
削除しました
193 ななしのよっしん
2021/02/07(日) 13:30:50 ID: k8xhH0LVyI
あー、有情破顔拳ぶちこんでくれねぇかなぁ……
でも本人に頼んでも「命は投げ捨てるものではない」って叱られそうだよな
194 ななしのよっしん
2021/03/24(水) 13:12:38 ID: WFB592uSMn
トキある意味北斗の拳主人公
195 削除しました
削除しました ID: UpTx5sgekl
削除しました