ハート(仮面ライダードライブ)単語

ハートサマ

ハート(仮面ライダードライブ)とは、特撮ドラマ仮面ライダードライブ』に登場する友達募集中の導者である。

演:蕨野友也

友達に会いに行くんだ、概要をくれ

仮面ライダードライブに登場する人工生命体「ロイミュード」の導者。
108体存在するロイミュードたちのことを「友達」と呼び、覚醒した彼らを率いてとある的のためにあらゆる事件で暗躍する。
最初期に作られた三体の試作のうちの一体であり、クリム・スタインベルトベルトさん殺した本人。
更に、初めて人間の姿をコピーした(させられた)ロイミュードでもある。

細かいことを気にしない立ちたがり屋で、時に強引に事を進める上にやること成すこと手(わざわざ『友達』に会うために若者からスポーツカーを奪ったりetc.)で、逆の性格のブレンにはしばしばその行動を咎められている。
理想の上司』を具現化したような男であり、以下の通り素晴らしいカリスマ性と仲間想いな性質の持ちである。

  • 同胞のロイミュードたちを「友達」と称し上級下級の身分を問わずとても大切に想っている。
  • 仲間覚醒すればわざわざ会いにいくほど大喜びし、死ねば酷く悲嘆に暮れるほど仲間想い。
  • 非常に寛大な性格で、仲間が失態を犯しても大抵のことは笑って済ませ、酷くてもやり直しのチャンスを与える。
  • 部下の的のためなら囮役を引き受けることも、命懸けで弔い合戦に駆り出すことも厭わない。
  • 快な性格なためをしがちだが、そのことについて素直に謝ったり、助けられれば当然礼を言う
  • 主人公の実を認め、敵対する種族でありながら「い男」と称賛し、パワーアップしても嬉しそうに笑う。
  • 敵対する人間に対しても「学ぶべき対」とし、その複雑な感情構造に感慨を抱いたり、進化の参考にしている。
  • 一度自分を殺した仮面ライダープロトドライブ=チェイスに対しても、同じロイミュードである「友」として受け入れる。
    更にチェイスの記憶が戻り、彼が仮面ライダーに戻ろうとしても、彼に決断を委ねてそれを受け入れる。
    そして、最後の戦いで散っていった時には「敵としても味方としても尊敬できる戦士だった。」とつぶやいた。
  • メディックが「進化できるようになる(というか液体?)」を作ろうと、仲間実験体にしたことを叱りつける。
    だが見捨てたりはせず、「進化へのは自ら切り開いてこそ価値がある!」と諭し、最大の驚異であるドライブ タイプトライドロンと戦い見事撃破する。
  • 自分を拷問した蛮野の息子に「気持ちは解らんでもない」と言い、フォローを入れる。

このような人格のため、当然と言えば当然なのだが幹部らからの信頼は絶大であり、ブレンメディックが彼の側近を争い内乱が勃発するほど。

序列が上である001ハートナンバーは002)真影壮一からも『王の器』であると称され、導者としての立場を一任されている。

注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任でひとっ走り付き合えよ!

 

 

 

 

 

 

ロイミュードの王は最期になにを得たか

蛮野の野望が膨らむ最終決戦を前にして、自身を一番に愛していたブレンが、ハートメディックを救い出すために消滅することとなり、機械であるはずの彼は初めて泣き崩れることとなる。

そしてブレンを死に至らしめた蛮野に「死以上の屈辱を味わわさせてやる」として、これまで拒んでいたライダーらとの共闘に踏み切り、蛮野の野望を打ち砕くために彼らと共に最後の戦いに挑む。

最終決戦では、ブレンの想いを理解したメディックにより進ノ介は救われたものの、最後の友であった彼女は消滅。
最後に残ったロイミュードの王は、進ノ介と共闘することにより、蛮野の「実にな野望」であるシグマサーキュラーを打ち砕くことに成功した。 

ビルから落下した進ノ介を助けた後、意識を取り戻した彼に共存の意味を込めた手を伸ばされるが、ハートはそれを拒んで自ら立ち上がり、人類とロイミュード最後の戦いを始めるため彼に拳を向ける。
進ノ介は反撃せずにハートの攻撃をひたすらに受け続け、蛮野の被害者であり、本当の悪ではないならロイミュードと分かり合えるはずだと説得するが、ハートはそんな進ノ介をお前は甘い!」と断じ、決着をつけようとする。
しかしシグマとの戦いで傷ついていた体が限界を迎え崩壊を始めており、進ノ介と戦って消えたいがためにこの時まで耐えていたのだった
 
最期に、人間を越えようといろいろなものを学ぼうとし、消えていった自分達の存在があったことを忘れないで欲しいと進ノ介に涙ながら願うハート。 

泊進ノ介…せめてお前だけでも覚えていてくれないか。『ロイミュード』と言う、このの新たな『生物』になろうとしたらが、いた事を…!」

「当たり前だ…!忘れるものか……!!」

ありがとう……最後の最後に…、友達が…、1人増えた。初めての…、人間の……」

ロイミュードの王」は身勝手な人間に生み出され、虐げられ、友達を次々と失い、それでも見返そうと努していた。 より友達たちを愛していたにも関わらず、最後の一人となってしまったロイミュードの王は、その直後は孤独に打ちひしがれていたのかもしれない。
しかし、ただひたすらに友を想い戦い続けてきたは、決して一人ぼっちになることはなかった。
最後の最後に得た、自身や友達を理解してくれる友に見守られ、静かにその生涯を終えることができたのだ。

人間えようと友を率い闘いに身を投じてきた王は、人間の友ができたことへの喜びの涙を流しながら、愛しされる友たちが待つ場所へと立っていったのであった――。

そしてその立ちを、進ノ介と子は、静かに敬礼を以って見送った……。

ロイミュードの王はなぜ仮面ライダーの力を手にしたのか

2016年11月16日、新たな「ドライブサーガ」として発売された「仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート」では主人公を務める。

沢神りんな西城究詩島剛がチェイスを復活させる実験を行っていたところ、チェイスではなくハートブレンメディックのコアを内包した状態で復活してしまう。時を同じくしてロイミュードと思われる怪物による事件が発生、ハートロイミュードの王としてけじめをつけるため、刑事となって追田現八郎とバディを組み、事件の調に乗り出す。

やがて怪物の正体がロイミュードの思念の集合体である「ロイミュード5886(0~108までの全ての数字を足した数)」であると判明。ハートフルパワーを出しきれず一度は敗れるも、再会した泊進之介や追田警部から「人間の心」を学んだハートは、使えば再びコアが消滅してしまう一度きりの手段としてブレンメディックらと共に「仮面ライダー」に変身する決意を固める。

お前たち二人と悲しい泣き別れをした。だが今度は三人一緒なんだ、何も怖いものはないじゃないか。」

ロイミュード5886を倒したハートたちは、追田現八郎を「二人人間友達」と認め、そして三人共に再び消滅した…

余談

脚本家三条によれば新撰組近藤勇モチーフであるとのこと。

各媒体での裏話く、ブレンの最期の直前にハートは彼のに触れているが、それはキスをするつもりの行為であった、とのこと。これは性別のないロイミュードゆえの純な「」を、人間の最大限の情表現を模倣して、亡くなろうとするブレンに伝えようとしていた所以の行動であるとられている。
最後の最後まですれ違ってしまった彼らではあるが、そんな伝えられなかった三つ目の言葉と交わせなかった行為こそが、より人間に近づきながらも機械生命体ゆえの純さを持った、二人の「」の形だったのかもしれない。

中の人である蕨野友也は「オールスター感謝祭」のミニマラソンで、初出場ながら優勝するほどの身体の持ち。更には身長185cm以上の上背かつ非常にガタイが良く、本編第12話では何故か上半身裸になって、その体美を惜しみなくしている。
そんな厳つい見たに反して、その実は猫カフェカフェに通ったりしているなどがつくほど純青年であり、ブレンメディックが亡くなった際は自身が「壊れた」と言い表したり、進ノ介との最後の決闘シーンでは、進ノ介役である竹内氏と互いに心が通じ合っていたと振り返るなど、役へのシンクロ度や熱意から、まさにリアルハート様であると称するも多い。

ハートロイミュード

スパイダーロイミュード002が「覚醒」した進化ロイミュードで、心臓モチーフとした深紅のボディを持つ。

とても高い戦闘を持っているが、怒りが頂に達すると「デッドゾーン」をえてしまい、ハート本人でも制御できないぐらいに暴走してしまう欠点を持つ。
しかし人間を学び日々進化を重ねているようで、デッドゾーン反動も徐々にしつつあり、更なる進化の兆しがわれつつある。

その強さの秘密は、「戦う相手より強くなる」というである(てつをの「不思議な事が起こった」やアギト完全生命体イフを彷彿とさせる)。
このにより、進化態を倒すがあるタイプトライドロンを進化せずに倒すという、ものすごい戦闘を保有している。

超進化態

ハートの喜びの感情が最大限までに達した時に覚醒した姿。
他の進化態と同様にく体を持ち、戦闘力もとても高い。
衝撃破の威は格段にパワーアップしており、一撃で大地を揺るがすパワーを発動させるほど。

注意 この項は、ドライブサーガネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任でひとっ走り付き合えよ!

 

 

 

 

 

 

仮面ライダーハート

FireAll Core…!
ドライブタイプミラクル!

「…変身…!」

ハート!ザ・仮面ライダー!!

ドライブサーガ 仮面ライダーハート/仮面ライダーマッハ」で登場した、ハートの新たな姿。
チェイス復活実験に用いられたある装置が変化したシフトカー、「シフトハートロン」をシフトレスに装填することで変身する。
シフトハートロンを操作することで「バイルカキマゼール」が発動し、ブレンメディックのを使用できる。

ドライブサーガが初出の仮面ライダーであるが、後に3DS専用ソフトオールライダーレボリューション」に(ハート超必殺技演出として)登場。

新しい関連動画、欲しくないか?

まだありません。

関連商品

関連項目の友達に会いに行こうか

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88%28%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハート(仮面ライダードライブ)

332 ななしのよっしん
2016/07/02(土) 04:09:43 ID: n98J1c3Khv
シフトトライドロン部分とハート怪人態部分は案外違和感なく染んでるんだけど
それらを全部帳消しにするくらいツノのインパクトすごい
333 ななしのよっしん
2016/07/02(土) 06:59:27 ID: liaBCzD7hh
ライダーハートってレッドドラスじゃんw
334 ななしのよっしん
2016/07/03(日) 12:47:27 ID: eoAcUFjl5n
仮面ライダーハ-トのデザインには驚いたけど、手がけたのがロイミュードデザインした人、さらに言えばS.I.C.シリーズ手がけた人だって知ったらなんか納得してしまった
335 ななしのよっしん
2016/07/23(土) 20:17:34 ID: orKGaVeo2U
がどうこう言われてるけど、正直なところハートロイミュード仮面ライダーの要素をすごく良い感じのバランスで調合した秀逸なヘルメットデザインだと思うんだよなあ
あのを残す方向で踏み切ったのは流石プロデザイナーさんって感じする

ただそこから下はほとんどタイプトライドロン流用なのがちょっと気になるけど
336 ななしのよっしん
2016/09/14(水) 17:04:01 ID: da9DNrEteJ
タイプデッドヒートにしてもチェイサーマッハにしても
この作品のニコイチ形態は文字通り切って貼りましたみたいなデザインだから
ライダーハートデザインも一貫性があるっちゃある
コアドライビアの変身システムはそういうものなのだと言われれば納得するしかない
337 ななしのよっしん
2016/11/19(土) 02:18:53 ID: Uv+fjkK20G
正直バイルカキマゼールに「かき混ぜる」要素はないと思う
338 ななしのよっしん
2016/11/22(火) 00:03:24 ID: Tu9QHo20s1
ブレンたちのを借りて仮面ライダー!?
爆誕タイプスピードワイルドテクニックハート
上からテク二スピードワイルドと成り立ちます
339 ななしのよっしん
2016/11/29(火) 02:39:03 ID: GV9aN/vJlo
まあドライブに出てくるの究極レベルってどれもが
複数の団結融合だからな…
340 ななしのよっしん
2016/12/07(水) 18:58:11 ID: Uv+fjkK20G
>>337の続きだけど、カキマゼールでハートブレンメディックが一つのタイヤになるのだったらなーどんなデザインかなーと妄想したりする
341 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 14:34:21 ID: 6mBz5aAZGO
例のドライブサーガ新作ではどんな感じの拾われ方になるんだろう
ブレンはこの人の存在があってこそのキャラだったし、全くノータッチってことはいと思うが

急上昇ワード