バビル2世単語

バビルニセイ

『バビル2世』は、横山光輝漫画。代表作の一つに数えられており、過去3回アニメ化されている。

この記事では原作の話を扱う。

概要

中学生の浩一は毎晩バベルの塔の夢を見るようになっていた。ある晩、使者が訪れ、彼はバベルの塔へと連れて行かれる。浩一は大昔にバベルの塔を築いた宇宙人バビルのを受け継ぐ者だった。
バビルは言う。「地球を征するも地球人のために使うもそれはきみの自由だ」と。

かくして彼はバビル2世となり、バベルの塔の全てを与えられ、絶大な超能力を身につけた。
超能力者となった彼にコンピューターが告げたのは、ヒマラヤの地に住まうヨミという男に会うことであった…

最強超能力者バビル2世と、世界支配を企む超能力者ヨミとの死闘のはじまりであった。

この漫画で描かれるのはひたすらバビル2世とヨミとの戦いである。作品は大きく4部に分かれているが、だいたい「ヨミが出てきて倒されるまで」が一つの部になっており、1部から4部までヨミとの戦いであることに違いはない。バビル2世とヨミ以外に特筆するほどの勢は登場しない。

ヨミの物語として

この作品の特徴として、主人公のバビル2世のほうが敵であるヨミよりも強いという点が挙げられる。正面からぶつかってバビル2世に勝てる者はもおらず、ヨミといえども策では勝ちなどない。ただでさえ強いバビル2世なのに、それ以上の戦である3つのしもべと、無敵の防衛を持つバベルの塔がついているのである。

結果、あまりにも強すぎるバビル2世に対し、持てる限りの知恵と不屈の精で立ち向かっていくヨミの姿が印に残る。ヨミはバビル2世を倒すために死を尽くすほかなく、強な部下と兵器を最大限に使いこなし、自らも前線に立ち、バビル2世の弱点を探り、自分の超能力を研究し、あらゆる手段を模索する。その必死なヨミの姿に感情移入した読者は数知れず。

断っておくとヨミも尋常な強さではない。バビル2世がいなければ世界征服も夢ではなかっただろう。バビル2世にとっても脅威となる相手はヨミしかおらず、一でも油断すれば負けるほどの相手である。よってバビル2世も油断どころかあらゆる手段を用いてヨミの基地を叩き潰そうと奔走する。事実、第3部ではヨミのほうがパワーアップして強くなっているのだが、この時は超能力の弱点を認識したバビル2世の戦術によって負けている。

主な登場人物

バビル2世

CV:神谷明(1973年テレビ版)、草尾毅(1992年OVA版)、鈴村健一(2001年テレビ版)

バベルの塔を受け継いだ少年。テレキネシス、テレパシーパイロキネシスに透視に催眠術に顔変化、そしてエネルギー衝撃波と、あらゆる超能力を使いこなす。加えて驚異的な身体を持ち、ビルからビルに飛び移り、で撃たれてもしばらくすれば回復する。
数少ない弱点は超能力の使用に限りがあることで、使いすぎるとしい疲労に襲われる。ただし、この弱点はヨミも同じである。

既に学校には通っていないが、なぜか世界中どこでも学ランを着ている。これは『ジョジョの奇妙な冒険』などでオマージュされている。

山野浩一という本名は「その名は101」(1977年)で設定されたもの。原作で出た名前は「浩一」のみ。アニメ(1973):古見浩一、OVA(1992):山野浩一、アニメ(2001):神谷浩一。

三つのしもべ

バビル1世の残した遺産。バビル2世という作品の中でもっとも有名なファクターであり、様々な作品にオマージュとして取り入れられている。

ロデム

普段はの姿をしている不定形生物人間、建物のなど、何にでも変身出来るすることができ、偵察や支援に行う。
他の2体のしもべとは性質が異なり、テレパシーでの意思疎通が可で、判断も高く命を受けずとも独自に行動することができる。大きさも人間サイズで従えやすく、2世の側近として多くの場面で仕えている。
戦闘は他の2体ほどではないが、数人の敵を一度に戦闘不能にするくらいのは持っている。

ロプロス

巨大な怪鳥世界中を行き来するバビル2世のな移動手段である。ミサイルの直撃にも耐えることができ、口から放つロケットや、あらゆるものを粉砕する超音波高速の飛行が武器。感情らしいものはほとんど見せないが、限定的に命なしで行動することもあった。
一見すると生物のようだがロボットであり、後半で機械の本体を露出する。

ポセイドン

鉄人28号ジャイアントロボにも似る巨大な人ロボ海神の名の通り、での活動を得意としているが陸上でも最強レベルの戦である。その怪力はヨミやバビル2世といえども対抗できず、さらに魚雷レーザーによる高い攻撃と、どんな攻撃も通用しない無敵の装甲を持つ。ロプロス同様、命に従うのみで感情は見せないが、を点滅させて意思疎通する場面もあった。

名前にちゃんとした由来があるのはポセイドンだけのようである。他の2体も元ネタはあるとも言われているが、よくわかっていない。

ヨミ

CV:大塚周夫(1973年テレビ版)、大塚明夫(1992年OVA版)、麦人(2001年テレビ版)

世界征服をたくらむ超能力者。見たは壮年の男性だが実年齢は定かでない。バビル2世と同等の超能力と身体を持つが、その素質はわずかに劣っている。特に、たった一つだけヨミが持っていないがあり、それが超能力者同士の戦いにおける重大な因子となっている。

巨大な組織科学を持っており、多数の秘密基地超能力者を含む多数の部下を従えている。世界中の要人を洗脳改造することで世界征服を実現しようとしていたが、バビル2世がいる限り実現不可能と悟り、途中からバビル打倒を優先して行動するようになる。そして何度死んでも甦る体と精と強運の持ちでもある。

この漫画の半分はヨミの話なので、ある意味、もう一人の役とも言える存在。

標は世界征服だが、支配後のビジョンは不明で、どの程度の悪だったのか、そもそも悪人だったのかどうかもはっきりしていない。もちろん悪人らしく一般人を巻き込んだり改造したり殺したりもしているのだが、部下には優しいことでも有名。その部下想いの性格を利用されて、部下をバビル2世に人質に取られて見捨てられずに超能力を使って助けた結果、バビル2世との戦闘に余を残せず敗北、などもしている。どちらが悪役かわかったものではない。

また、地球を破壊したくないとは言っているし、私利私欲で動いていた印はあまりない。また巨大な組織のトップにしては怒ったり悩んだり喜んだり慌てたりと感情豊かである。

続編『その名は101』

『その名は101ワンゼワン)』は、『バビル2世』の連載終了から数年後に描かれた続編である。ただし明確に第3部の続きとして描かれており、第4部とは褄が合わずパラレル化している。これは横山光輝が第4部を気に入っていなかったためだと言われている。※その当時4部だけ単行本化されていなかった。

概要

ある組織が登録番号101=バビル2世の血を輸血することで超能力者を作っていた。利用されていたことに気付いた101は組織に対して宣戦布告する。

3つのしもべがほとんど登場せず、バベルの塔も出てこない。あくまで101=バビル2世が一人で組織の超能力者と戦っていくのだが、その圧倒的な強さに太刀打ちできる者はおらず、果ては101への恐怖から勝手に組織を裏切る者が現れる始末で、組織を崩壊させずにバビル2世とまともに戦えていたヨミがどれだけ偉大だったか、逆説的によくわかる漫画である。また、戦いに巻き込まれて残な最期を迎える者が非常に多い。

作品一覧

ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球の静止する日-

スーパー横山大戦とも呼ばれる当作において、BF団首領ビッグファイアモデルとなったのがバビル2世である。変態的な人しかいない十傑集が束になってもが立たないという設定だが、バビル2世ならさもありなん。名前を変えて三つのしもべも登場している。

ちなみに正義サイドである警察機構のリーダー・ライセのモデルはヨミであり、きっと部下に優しいホワイト組織なのだろうと想像する。でもビッグファイア様倒せるの?

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%93%E3%83%AB2%E4%B8%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バビル2世

45 ななしのよっしん
2017/10/25(水) 22:06:21 ID: Sy/RX+XvGM
強ぇが流行ってるし今やったら人気でそう
46 ななしのよっしん
2017/11/20(月) 16:26:28 ID: NCHuYxqGyr
つええとは違うでしょ
敵のヨミもめっちゃ強いから全で殺し合ってる
47 ななしのよっしん
2017/12/12(火) 19:23:23 ID: MLni1v4+wt
そのうえ超能力を使うと疲労、使い過ぎたら老化するっていう弱点もある(これはヨミも同じ)+三つのしもべも長所短所がある。

個人的な意見としては、俺tueeeが好きな人間の肌には合わない作品だと思う。

あと最近やってたんだよ、『バビル2世 ザ・リターナー』っていう続編(上の記事にもあるやつ、作者は違うけど)が。評判はアレだけど。
48 ななしのよっしん
2018/01/06(土) 02:47:09 ID: HE5LQ0glvS
俺tueeeというよりは「特別なを持った個人が強大な組織相手に打ち勝つ」タイプかと。
また、バビル2世自身はダンジョンズ&ドラゴンズ属性でいうところの「中立なる善」であり、所謂アメコミヒーロー像に近いかも。

私としては、(強な”しもべ”はいるけど)主人公がたったひとりで強大な組織に打ち勝つところが爽快で面かったよ。
49 ななしのよっしん
2018/03/17(土) 17:07:21 ID: gpn4btEjO5
実際作者アメコミ意識して描いてたところあるしな
50 ななしのよっしん
2018/03/17(土) 18:31:03 ID: SVtcIywndD
ネトフリか何かでリメイクしたら
どんな感じになるだろう
51 ななしのよっしん
2018/06/08(金) 12:09:36 ID: sbP7Uiv2hW
最強主人公に対して敵が死を尽くして挑んでくる、というのは最近の作品だとHELLSINGに近いのではないか
いやHELLSINGももう10年前か…
52 ななしのよっしん
2018/06/25(月) 14:29:47 ID: olgD1Ek7ZW
ある話でロデムの口がすごい悪くなってた話があったな。またみたいなあの話。
53 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 22:55:27 ID: 4UAoeT5K5S
DMC5のVの元ネタ
54 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 10:51:57 ID: +UHNiMFw8v
実際序盤に何回も死にかけるしなバビ
終盤でも宇宙ビールス入りヨミには勝てなかったよだし
なろう層は最強じゃなく無双が好きなだけだから合わないだろう

急上昇ワード