編集  

仙台城単語

センダイジョウ

 仙台城とは、宮城県仙台市にある青葉山に建てられた伊達氏の居であり、同時に明治時代に終りを迎えるまでの政の中心地であった場所である。称は青葉城であり、現在の跡地は青葉城址と呼ばれる。

仙台城
日本100名城
別名 青葉城、五
構造 平山
守構造 なし
伊達政宗
1601年(慶長6年)
1871年(明治4年)

概要

 古くから仙台城のあった青葉山にはの類は存在していた。その後、伊達政宗1601年に縄りを開始し、地名を仙台め、その徴として青葉山には仙台城が鎮座することになった。の構造は本丸、二の丸、三の丸から構成されるが、政宗が造営した当初は本丸と西の丸(現在宮城県護国神社)のみであり、山城であった。しかしながら戦国乱世の時代から江戸幕府による太の世へと軍事から内政へと点が移るに連れて、その軍事偏重とも言うべき構成は不便を強いるものとなり、二代伊達忠宗により二の丸が追加される(三の丸については二の丸とセットで作られたと言われている)。

 尚、この件に関しては政宗自身も重々理解しており、忠宗や臣に対して自分が死んだらこんな時代遅れのはさっさと築しろと言っている。

 こうして軍事拠点・仙台城から、仙台政の中心地・仙台城へと変化を遂げていった。しかし近代日本がその産を上げ、その歴史の流れの中で出された諸法令により、仙台城火の洗礼を浴びる事くその役を終えた。
 戦渦こそ経験することはかったものの様々な受難を経験し、現在ではその遺構のほとんどを損失している(昔から修復などは度々行われ、戦前は一部の遺構が旧宝に選ばれはしたが)。しかしながら2003年8月27日にはの史跡に定された。

構造・立地

 仙台城の立地、構造を記していく。

立地

 本の標高は131.6mにある。南側はノ口渓谷絶壁・約80mが、東側は広瀬広瀬へと落ちるような約60mの崖がそれぞれ護りをなしていた。西側は青葉山を覆う原始が寄せ手の進軍を阻む構造になっている。このような立地条件に建てられた本は、イスニアの探検セバスティアン・ビスカイノによって、河川に囲まれ、断崖絶壁の山の上に築かれている上に、その侵入口は一つしかく、大きさは江戸と同じくらいの巨(実際は江戸の次)と評価されている。

構造

 仙台城は先述の通り、本丸(+西の丸)、二の丸、三の丸から構成され、本丸伊達政宗の時代に、二の丸と三の丸は二代・伊達忠宗の時代に作られた。
 本丸へは広瀬にかかった大橋を渡り、大手門から入する。門をくぐると正面に二の丸があり、左折し直進すると本丸へのとなる。途中でノ門をくぐり、本丸の入り口に当たる詰門(現:宮城県護国神社鳥居)を通れば本丸となる。本丸の中心部には大広間があり、それ以外には櫓(やぐら)が多数配備されていた。それ以外では天皇将軍の来訪があった際にのみ使う御成門があったが、一度も使われることはなかった。さらには天皇将軍専用の間があったが、こちらも使用されることはなかった。
 政宗の時代では高い抗堪性を有する本ではあったが、戦国乱世の終焉と共に仙台城リフォームされ、それが次の二の丸・三の丸となる。

 二の丸は現在東北大学川内キャンパスに相当する。政宗死後の2年後、1638年(寛永15年)に着工され、翌年の39年に完成する(ちなみにこれにより山城から平山となる)。要な施設としてはの屋敷や舞台などがあり、規模は東西310m、南北200mであった。政の中心地としての栄を浴した二の丸ではあったが、明治時代においては西南戦争の戦没者招魂祭の花火が不発、そのまま重力に身を任せ二の丸へと降り立った結果、重な二の丸の要施設はほぼ文字通りに帰した。さらに戦災により先の火災を免れた施設もに帰した結果、二の丸の遺構はすべて消滅した。

 三の丸は蔵があり、二の丸の造営時に作られたのではないかと言われている。当時はここに馬場があり、大橋を抜けたすぐに片倉の屋敷、馬場、厩(うまや)、の係をしている役人の屋敷が連なっていた。三の丸跡地は仙台博物館があり、馬場のあった場所は川内(かわうちおいまわし)と呼ばれる地名となっている。

 それ以外の場所では仙台城西側などに広がる原始・御裏(おうらばやし)がある。これらは仙台城の後背を守る地域であり、同時にでもあった。そして最後に残るのが石垣である。

石垣と発掘調査

 仙台城跡では石垣の発掘調が行われ、現在では1期石垣2期石垣3期石垣の区分にて分類がなされている。これらの石垣は、現存する3期石垣が最前面に露出し、その後背に2期石垣が存在し、さらにその後ろに1期石垣が続く形になっている。

 まずは簡単に各石垣の関係を下記に列記する。

 ・1期石垣
 伊達政宗による築時期であり、地形にそってやや傾斜が緩めの石垣である。積み方は野面積み。石材は自然石を中心に割石(わりいし)、詰石で構成される。
  ※野面積みと割石……野面積みとは自然石、つまり採石場から拾ってきた石をそのまま利用する工法で、高排性、頑丈なことが取り柄ではあるものの、取り付きやすく登られやすい不利があった。その上で割石というのは形を決めずにとりあえず石を割った物をす。

 ・2期石垣(政宗~忠宗)
 政宗治世下の頃の石垣で、1期石垣よりも傾斜が10度ほど増した。積み方は野面積みと1期石垣とほぼ同様であるが、石に対して面整形のためのハツリ加工を多用しており、さらには詰石も面になるように行われている。

 ・3期石垣(四代・綱村~五代吉村 17世紀後半~)
 他の石垣と異なり切石積み(整層積み)と呼ばれるタイプを採用。切石積みは従来の自然石をそのまま利用するのではなく、全面に面に近くなるように加工を施す。間には敷きなどを利用。

 々がにしている青葉城址の石垣は、時代劇などでも見慣れた加工の施された石垣であるが、青葉城址は上記の調により当初は天然色全開のゴツゴツとした石垣だったことが理解できる。これについては青葉公園内(野外)にてその模型があり、普段にすることのない石垣の”内部構造”までにすることが出来る。加えて2期石垣では恐らく構築の際に使われた印と思われるマーク(○など)が少なかったものの、3期石垣では、十、○、十の上に^をのように乗せた印、++(冠のような印)、^^(^と^はMのようになるように重なる)などのマークが頻出する。もう一つ特徴的なものは、石垣コーナー部分に”江戸切り”と呼ばれる技法を用い石垣の稜線を引き立たせている。
  江戸切り……石垣の稜線と並行するように、あえてそのラインを強調するために石垣の石を削り込む技法。こうすることで削り込まれた部分が陰影となって強調される。切りとも言われる。現代に言えばエンボス加工か?

関連動画

 

関連動画を追加してください。

関連商品

関連商品がありましたら、こちらに追加してください。


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BB%99%E5%8F%B0%E5%9F%8E
ページ番号: 4772804 リビジョン番号: 1987607
読み:センダイジョウ
初版作成日: 11/11/27 23:22 ◆ 最終更新日: 14/03/10 17:11
編集内容についての説明/コメント: 100名城について
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

仙台城について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2018/01/15(月) 10:16:25 ID: TxnBPx26qX
まあ、青葉城址と通常呼ばれる本丸山城ですな
険しい山の稜線と巨大な石垣を巡るように
の南西部から中心部に向かう細い二線のみの道路が走っているもんで
見事なまでに通勤通学渋滞名所になっている
北に仙台西道路、西に仙台市地下鉄東西線が出来たけど、ほとんど善は
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス