堕姫単語

129件
ダキ
2.1千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

「美しく強いは なにをしてもいいのよ」

堕姫とは、漫画鬼滅の刃」の登場人物。

CV:沢城みゆき

概要

」の頭領・鬼舞辻無惨配下の精鋭「十二鬼月」の更に精鋭・「上弦の」の中の紅一点の1体。無惨から「上弦の陸」の数字を与えられている。一般社会においてはである正体を隠し吉原遊郭遊女屋「京極屋」の看板」として生活。左に上弦、右に陸の文字が刻まれている。

その性格は冒頭の台詞が示す通り性悪かつ自己中心的の一に尽き、自らを一番美しいと自賛し他者を醜いと見下して憚らず、他の自殺にまで追い込んでいる。
特に不細工な人間は忌み嫌っており、そういった人間は食べないほど。
一方で、負けず嫌いな点もあり、ストレスがたまるとあっさりと泣き出してしまう。

なお、は不老である性質上、老いない容姿が怪しまれてしまうため、数十年単位で別のに成り代わっていた。しかし、都市伝説的に「老いない」の存在はられていたともいう。

能力

」の血術のを持ち、過去にそので柱7人を含む隊士22人を葬ってきた。このことから「帯」とも呼ばれている。

その体から生成される帯は硬度・長さなどを自由自在に変化させることができ、撃を受け流すことも時に伸ばしてワープして相手をることも可。帯の中に人間を取り込むことで、その内部を亜空間化させ保管することもできる。
戦闘に特化したものだけではなく、帯から自を持った分身を生成することもできる(之助く「蚯蚓」)。この帯は普段から餌の捕獲や監視のため用いていたが、一方で全に出せなくなるという弱点もある。
また、決して頼りではなく、身体そのものにも定評がある

炭治郎禰豆子の時間稼ぎで随が到着。随に頚をられ敗北した。

その能力の真価

ネタバレ注意

ネタバレ閲覧の権を他人に握らせるな!!
この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
閲覧の際は自己責任猪突猛進!!猪突猛進!!











あっさりやられすぎる展開、仮にも上弦である彼女が下弦並みにあっさり倒されてることに違和感を感じた読者も多いであろう。前ボス猗窩座の強さを考えれば尚更。なお、この時の随の台詞フラグとなっている。

随が堕姫の頚をり一件落着かと思いきや、堕姫が全く消滅せず、随と負け惜しみの口喧嘩をした直後、突如ギャン泣きする。そして、堕姫が「頚られちゃったああ、お兄ちゃああん!!」と泣きわめいた直後、彼女の体に異変が起こる。

彼女本質二身一体のであり、彼女の体の中にはである妓夫太郎(CV:逢坂良太)が眠っている。彼こそが「上弦の陸」の本体。小さくて見辛いが、こちらも右に上弦、左に陸の文字が刻まれている。とは逆。

妓夫太郎はが頸をられた時に覚め、彼女の体の中から現れる。妓夫太郎は瀕死を体に取り込む形で化した特殊なであるため、その体の中に2つの存在を持つ。それ故にどちらも本体であり、どちらか一方の頚がられても、もう一方の頚が事なら生きていることが出来る他、そのられた頚を物理的に繋げて復活させることも出来る。その為、妓夫太郎と堕姫の頚を双方ともらなければ彼らを倒すことが出来ない

である妓夫太郎は致死性の高いを塗ったを使い、そのを血術で撃として飛ばすことができる為、致死を撒き散らされる中で、二人の強の頸をらなければならないという圧倒的な不利な戦いを強いられることになる。
作中では天元とそれに同行した炭治郎善逸之助と戦うも、柱1人+下弦二体を倒してきた剣士3人相手にはも立たず首を刎ねられ、随からきっぱりと「弱い」と偽物として認定される。しかし、随の言葉に駄々をこねる堕姫の帯の中から妓夫太郎が正体を現し、第2ラウンドに突入していった。

最終的には堕姫の頚を善逸之助が、妓夫太郎の頚を随のアシストを受けた炭治郎ったことで撃破に成功した。

過去

いちゃんは貧困の生まれで、助けてくれる人が全くいなかった。堕姫はという名前で、母親梅毒という名前から名付けられた。しかし美しい容姿をしていたため、いちゃんにとって心の救いになっており、それから彼は夫という仕事を始め、妓夫太郎と名乗るようになった。ところがある日、が火傷させられ生死のを彷徨い、自身も遊郭の女将の依頼を受けたに殺されかけた。遊郭の女将は彼を厄介者扱いしていた模様。人間時代の彼らを助けてくれる人はいなかった。それから幸せな人を妬むんだ性格になり、遊郭の女将とを逆に始末した。そして童磨から血をもらいになり、皮にもそれにより堕姫は一命を取り留めた。にならなければ妓夫太郎も堕姫も生きてはいけなかった。

地獄で堕姫は人間時代のの容姿に戻り、妓夫太郎に何度生まれ変わってもになると約束し、その言葉を受けて妓夫太郎も人間時代の容姿に戻り、彼に抱えられながら二人仲良く地獄の業火へ堕ちていった。

関連動画

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

堕姫

267 ななしのよっしん
2024/02/24(土) 17:23:32 ID: LN+1c8JUk+
そりゃになることはなかったかもしれないけど、
瀕死の二人をお館様では救えないんだからあのまま死んでしまっただけでは

いくらお館様でも、この兄妹の心を死ぬまでの短い間に開かせるのは難しい気がする
っていうか結局この兄妹炭治郎にすら最期まで心を開かなかった

この兄妹が最期に救われたのはお互いにとってお互いの存在が全てだったからっていうのを考えると、
他人がこの兄妹を救うのはたぶん理で、この兄妹は自分で自分たちを救うしかなかったんだと思う
👍
高評価
0
👎
低評価
0
268 ななしのよっしん
2024/04/03(水) 22:25:28 ID: b/IL2IIysE
個人的に上弦の中でも一番生々しいというかリアルにいそうな思想してると思う
「持ってないのだから持ってるから奪っていい」という劣等感・被害者意識とその裏返しの特権意識
👍
高評価
0
👎
低評価
0
269 ななしのよっしん
2024/04/09(火) 21:37:02 ID: iL4g7b+Yz7
炭治郎妓夫太郎に何で勝てたのか、正直読み返してもよく分からん。

半天狗の時は憎以外は堕姫より強いくらいっぽいし、猗窩座の時は義勇から今の炭治郎戦闘力は柱レベルだと称されてるから勝てたのも分かるけど。

妓夫太郎も実は獪岳と同じく、上弦の陸が何らかの理由で欠番になったから埋めで上弦の陸になれたとかなのだろうか。
そうとでも考えないと、違和感を感じる。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
270 ななしのよっしん
2024/04/09(火) 22:07:27 ID: LN+1c8JUk+
下弦解体の時点で「上弦は100年顔ぶれが変わらない」だから、埋めって線はない

妓夫太郎堕姫ってお荷物があったのに対し、
殺側は柱+死かまぼこ隊っていう布だから、勝てたことにそんな違和感はないよ

っていうか妓夫太郎は一般にイメージされてるほど強くはないんだと思う
殺側と実が伯仲してるから戦になったせいでやたら強く感じられるってだけで、
的には音柱と互かわずかに上回る程度なんだと思う
譜面完成させた音柱に圧倒されてたぐらいなので)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
271 ななしのよっしん
2024/04/10(水) 01:35:50 ID: kVEk+2XNZ9
いや譜面完成したあと宇髄は攻撃捌いてはいたけど片潰されるっていう致命的なダメージも喰らってたから圧倒はしてないぞあれ
炭治郎善逸之助とも一緒にいなかったら攻撃分散したり攻撃逸らしたりとかがないから飛び血逃げ場ない攻撃で間違いなく殺されてたから差は結構あるしな宇髄妓夫太郎
そもそも最初からし妓夫太郎は泣いてる堕姫慰めてて宇髄無視してるって状況だったのに宇髄に後ろから攻撃されて後少しで当たるって状況を何とかして宇髄ダメージまで与えてるんだし妓夫太郎
👍
高評価
0
👎
低評価
0
272 ななしのよっしん
2024/04/10(水) 01:46:25 ID: kVEk+2XNZ9
>>269
いや堕姫善逸神速で攻撃されたけど首られる前に善逸殺そうとしたけど死んだと思ってた之助がきて何とかされて首られて
妓夫太郎譜面完成させた宇髄妓夫太郎と互にやりあってて宇髄は片潰されたけどその代わりに妓夫太郎に攻撃して身体を傾かせることも出来た所に炭治郎が突っ込んできて炭治郎妓夫太郎に攻撃されたけど痣を発動させることが出来て首何とかれたって流れだから別にそこまで不自然なことではないでしょあれ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
273 ななしのよっしん
2024/04/21(日) 11:12:37 ID: iL4g7b+Yz7
考えてみたら上弦のが痣を発動させた柱にタイマン敗北してるから(上弦の以上はそれだけではタイマンで勝つことは理だけど)
宇髄天元が痣出てたら上弦の陸もタイマンいけたと考えると、不自然ではないか。

炭治郎も痣を発動させてる時は柱レベル(恐らく憎とも猗窩座ともタイマンで勝てはせずとも善戦はできる)だと義勇さんに称されているし。
止めの間、一だけ柱レベルになっていたと解釈すれば、妓夫太郎視点だと柱二人の連携を相手にしてたのと大差なくなるわけで(後の玉壺戦の無一郎の描写を見る限り、炭治郎も痣が発動してる間のみ妓夫太郎が効かなくなってた可性ある)。

妓夫太郎縁壱人形とも半天狗分身体ともべ物にならないほど強いだろうけど、痣が発動してる時の炭治郎が柱レベルと考えれば、勝てるわけない。

縁壱人形や、柱稽古はあくまで痣を常時発動させられるようになるための訓練に過ぎない。

という解釈も込みで、納得できた。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
274 ななしのよっしん
2024/04/30(火) 17:42:45 ID: iL4g7b+Yz7
そもそも妓夫太郎炭治郎の不意打ちのクナイ弱体化してたし、上弦最弱だから弱体化した時点で半天狗分身体以下のレベルに落ちていたと考えると、その意味でも納得できた。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
275 ななしのよっしん
2024/05/11(土) 09:17:44 ID: ymRTtUKKKL
醜い者を蔑む堕姫からすると
半天狗玉壺より格下という現実は屈辱だったりするんだろうか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
276 ななしのよっしん
2024/05/11(土) 22:04:08 ID: LN+1c8JUk+
上弦は皆仲悪いし、堕姫&妓夫太郎も他の上弦と険悪だったと思う

ちゃんは頭悪いから見たイケメンで物紳士で恩のある童磨のこと慕ってそうだけど、
いちゃんは頭良いので童磨異常性を察知して距離を取ってそうなイメージ
👍
高評価
0
👎
低評価
0